【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

渋谷の自遊空間に行きたいと思っているのですが個室にはちゃんと扉がついてますか??マンボーみたいな扉がいいのですが。
ってのも今日、自由が丘のワイプという店に入ったら扉が少し(20センチぐらい)しかついてなくてしかも18歳未満は扉を開けてご使用くださいと言われ通る人に何回も見られたので今度はちゃんとしたとこに行きたいなと。誰か教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

日暮里の自由空間も扉とは名ばかりの簡単な目隠し程度でした。


マンボーにしときなさい。
    • good
    • 1

漫画喫茶・ネカフェ等の個室は閉鎖空間としないようにとの指導が業界団体および当局からでています


以前完全個室だったネカフェもどんどん開放型に変えられています

渋谷は知りませんが他の自由空間は扉はありませんでした

この回答への補足

なぜマンボーは扉がついているのですか??また扉はなぜつけちゃいけないんですか??

補足日時:2008/03/08 22:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「観点」と「視点」の使い分け

「観点」と「視点」は、どう使い分けたらいいでしょうか。用例なども含めて、教えてください。

Aベストアンサー

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります。

一方、「観点をかえる」といった場合、視点と同じ意味合いを持ちつつも、単なる方向だけではなく、「考える次元や、そもそもの思考の基盤をかえる」という意味が加わると思います。

したがって、私の語感では、例えば、「哲学とは無関係に思われた事柄を、そもそもの前提を見直して、哲学の立場から考察すると」という場合、「哲学的観点に立てば…」とは言いますが、「哲学的視点に立てば…」はやや表現の適切さに欠けるように思われます。
 ただし、「そもそもの前提を見直さないで、単に考えの方向を変えてみて」という意味でなら、「哲学的視点では」とも言えると思います。

視点と観点とは、totanさんが挙げた:
視る→まっすぐ目を向けてみる、一点を集中して見る。
観る→多くを並べてみくらべる、広く見渡す。
という漢字本来の意味内容をかなり正確に引き継いでいるのではないかと感じます。

以上、私の語感でした。

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります...続きを読む


人気Q&Aランキング