ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』三男アリョーシャの母親の名前は、なんでしょうか?
わかる方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ソフィア・イワーノヴナです。


ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』は、ド゜スエフスキーの作った、名作であります。
ドスエスキーのことを詳しく書いたURLがあります。
それと、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』についての
URLも貼って置きます。
ドスエスキーについて
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(ロシア語:Фёдор Михайлович Достоевский、1821年11月11日(ユリウス暦10月30日) - 1881年2月9日(ユリウス暦1月28日))はロシアの小説家、思想家である。レフ・トルストイやアントン・チェーホフとともに19世紀後半のロシア文学を代表する文豪である。その著作は、当時広まっていた理性万能主義(社会主義)思想に影響を受けた知識階級(インテリ)の暴力的な革命を否定し、キリスト教、殊に正教に基づく魂の救済を訴えているとされる。実存主義の先駆者と評されることもある。なお、姓は訳者によってドストエフスキイ、ドストエーフスキイ、ドストイェーフスキイなどと表記されることもある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A7% …
ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7795/pis …

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9% …
複雑な構成を持つ長大な作品で、信仰や死、国家と教会、貧困、父子・兄弟関係などさまざまなテーマを含む深遠な思想小説である。イワンがアリョーシャに語る「大審問官」は特に有名。

『罪と罰』と並ぶドストエフスキーの最高傑作であり、世界の文学の傑作の一つと高く評価されている。この作品に題をとった映画や劇が数多く作られている。

二十世紀の有名な哲学者であるウィトゲンシュタインは「『カラマーゾフの兄弟』を最低でも50回は精読した」と言っている(第一次世界大戦従軍時の数少ない私物の一つが『カラマーゾフの兄弟』だったため)。

なお、作者自身による前書きにもあるとおり、当初の構想ではこの小説はそれぞれ独立したものとしても読める二部によって構成されるものであったが、作者の死によって第二部(第一部の十三年後の物語)は書かれることなく中絶した。ただし、小林秀雄が評するように、本作は「およそ続編というようなものがまったく考えられぬほど完璧な作品」となっている。

ちなみに続編に関しては、創作ノートなどの資料がほとんど残っておらず、友人知人に宛てた手紙に物語のわずかな断片が記されているのみである。ドストエフスキー本人は続編制作への意欲を手紙に書き表していたが、その三日後に病に倒れた。残された知人宛への手紙では、『アリョーシャがリーザとの愛に疲れ、やがてテロリストとなり、断頭台へのぼる』というようなあらすじが記されてあったらしいが、異説も出されている。どちらにせよ、続編の真相は闇の中である。

2006年から2007年にかけては、新訳(亀山郁夫訳)が古典文学としては異例のベストセラーになり、話題となった。また、東大教官を対象に行われたアンケートでは、全ての分野の本の中で、「カラマーゾフの兄弟」が、「新入生に読ませたい本」の1位に選ばれた。


[編集] 登場人物
アリョーシャ(アレクセイ)
地主フョードル・カラマーゾフの三男。後妻の子。神の愛によって肉親を和解させようとする
ドミートリイ(ミーチャ)
地主フョードル・カラマーゾフの長男。27歳。退役軍人。放埒で堕落した生活から抜けきれない、直情型の人物。フョードルの企みによって、自分の全財産がどれほどなのか知らぬままありったけの金を使い込み、それによってカテリーナに3000ルーブルの借金をしてしまう。さらにグルーシェンカをめぐってフョードルと醜悪な争いを繰り広げ、それが最悪の結果を呼び起こす。
イヴァン(ワーニャ)
地主フョードル・カラマーゾフの次男。24歳。後妻の子。理科大を出た知識人。合理主義・無神論を気取っている。彼が語る『反逆』、『大審問官』、そしてその中の「神がいるのであれば、どうして虐待に苦しむ子供たちを神は救わないのか?」との現実性に迫る言葉は、この作品のテーマをもっとも如実に表したものとして有名。
グルーシェンカ(アグラフェーナ)
美しい美貌を持つ奔放な女性。ドミートリイとフョードルのどちらともが狙う妖艶な美女だが、どっちつかずの態度を崩さない。かつては清純な娘で、婚約者に捨てられた過去がある。
カチェリーナ(カーチャ)
ドミートリイの元上司の令嬢。ドミートリイの婚約者。高慢で自尊心が非常に高く、ドミートリイを愛するというよりは哀れな婚約者を一途に救う令嬢という自分の立場に酔っている節がある。後に裁判で、ドミートリイを救うため証人として出廷したが・・・。
フョードル
カラマーゾフ家の家長。強欲で好色な成り上がり地主。モデルは、ドストエフスキー自身の父親である(彼の父親は、強欲好色というより、癇癪持ちの暴君だったという)。
スメルジャコフ
カラマーゾフ家の料理番。フョードルの隠し子(とされる)。イワン独特の無神論に心酔している無神論者。てんかんの発作という持病を抱えている。
ゾシマ長老
アリョーシャの修道院の長老。余命幾許もない。聖人君子とされ、修道院には彼のご利益にあやかろうとする人でいつもあふれている。だが、死後、彼の遺体によって、一つの事件が起こる。
あらすじ
地主フョードル・カラマーゾフの息子たち、性格がお互いにまったく異なる3人の兄弟ドミートリー、イワン、アレクセイ(アリョーシャ)と、フョードルの使用人で、その息子であるとは認められていないスメルジャコフの物語である。フョードルの殺害、また、その事件をめぐる裁判を描く。
直情的な性格の長男ドミートリイは、借金に悩み、遺産の相続や、グルーシェンカという女をめぐって父親と激しくいがみ合う。グルーシェンカのことが原因で、気位の高いカチェリーナとの婚約も破棄される。皮肉屋で知的な次男のイワンは、カチェリーナのことを愛しており、カチェリーナを冷たくあしらう腹違いの兄ドミートリイに憤る。皆に愛される性格の敬虔な三男アレクセイは敬愛する老僧ゾシマに導かれ、修道院での生活を始める。
フョードルが死体で発見されたとき、真っ先に嫌疑がかけられたのはドミートリイであった。人々はドミートリィの父親殺しを信じて疑わない。だが、ドミートリィは一貫して、無罪を主張する。判決の前日には、スメルジャコフが自殺、直後にイワンが危篤と、周辺では不穏な事態が絶えない。そんな中、ついに運命の判決が下る・・・。

詳しくはURLを参照下さい。
    • good
    • 0

ANo.1さまのおっしゃるとおり、ソフィヤです。


私はイワンが好きでした(笑)
    • good
    • 0

ソフィア・イワーノヴナではないでしょうか。



http://www.geocities.jp/honnomado/dosuto_4.html
http://www013.upp.so-net.ne.jp/hongirai-san/yomo …

取り急ぎ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカラマーゾフの兄弟、イワン大審問官。ファウスト?8世紀?

いまカラマーゾフの兄弟光文社の2巻を読んでるところですが、
よくわからない疑問が、二つあります。

1●16世紀のスペインを舞台にした大審問官で、
キリスト再臨?に直面した、大審問官が、
キリスト?に
「我々はおまえ(キリスト)とでなく、あれ とともにいる」
「あれ(悪魔)からちょうど受取って8世紀になる」告白

これは悪魔との取引を示しているようですが、
つまり8世紀の何かの歴史事件を示唆してるんでしょうか?
また、この16世紀スペインの救世主再臨も、どこかで
ノストラダムスの漫画、MMRかなんかで
聞いた事あるようなネタですが、確かなルーツあるのでしょうか。

800年、歴史年表をチラ見したら、カール大帝くらいしか出てきませんでした。

2●『ファウスト』の暗示とは?

イワンの大審問官の後、兄弟が別れるシーンで。
イワンの後姿が、
「右肩の下がり、体の揺れ…」が妙だと、弟アリョーシャが気づく。

これは、『ファウスト』のある場面を暗示していると解説にあったのですが。
解説は示唆するだけで、種明かししてくれませんでした。
ただでさえ、1000ページ以上、カラ兄で大変なのに、
いまさら、『ファウスト』まで読む時間が確保できません。

誰か、古典・歴史などに詳しい方、教えてください。気になって仕方がないです。

いまカラマーゾフの兄弟光文社の2巻を読んでるところですが、
よくわからない疑問が、二つあります。

1●16世紀のスペインを舞台にした大審問官で、
キリスト再臨?に直面した、大審問官が、
キリスト?に
「我々はおまえ(キリスト)とでなく、あれ とともにいる」
「あれ(悪魔)からちょうど受取って8世紀になる」告白

これは悪魔との取引を示しているようですが、
つまり8世紀の何かの歴史事件を示唆してるんでしょうか?
また、この16世紀スペインの救世主再臨も、どこかで
ノストラダムス...続きを読む

Aベストアンサー

1.754年のピピンの寄進が該当するのではと思います。これによって、教皇領が始まり、教皇が世俗領主の顔を併せ持つようになったということです。

2.ファウストとの関連はわかりませんが、キリスト教では「右」が尊重されています。例としては、キリストの十字架のときに、同時に処刑された二人の罪人がいますが、右側の罪人はその場で悔い改めて、キリストから天国に入るのを許されており、対照的に左側の罪人はキリストを侮辱しています。さらに、キリストの昇天後は、父なる神の右に座していると言われています。こういうことからみると、イワンの右肩が下がっているということは、キリスト教的な理想からは縁遠い姿を象徴しているんでしょうか。

以上参考まで。

Qカラマーゾフの兄弟

「カラマーゾフの兄弟」を読みたいのですが、どなたの訳の物が読みやすいでしょうか?

amazonの書評を見ると、亀山郁夫外大教授の訳本(光文社古典新訳文庫)が読みやすいという意見が多かったです。

ご教示を賜ることができましたら幸甚に存じます。

Aベストアンサー

 私も原卓也訳(新潮文庫)でしか読んでいないので、あまり参考にならないかもしれませんが、以前(今年の3月頃)NHK/BS2の週間ブックレビューで、作家の清水義範が「お勧めの1冊」で「亀山郁夫訳( 光文社古典新訳文庫)」を紹介していました。記憶が曖昧なのですが、たしか「複雑な名前を簡略化するだけでもこんなに読みやすくなるんですね、初めての方にはぜひお勧め・・・」みたいな紹介をしていました。
 亀山郁夫訳を読んでいないので間違っているかもしれませんが、例えば、いきなり出てくる主人公の名前《アレクセイ・フョードロウィチ・カラマーゾフ》の名前が簡略化されているのかもしれませんね《アレクセイ・カラマーゾフとかに》。
 
 いずれにしても、個人的には『カラマーゾフの兄弟』は相当な長編にもかかわらず何度も読み返したくなる小説で、読み返すたびに新しい発見というか小説を読むことの楽しさを教えてくれる1冊です。亀山郁夫訳の新刊でもぜひ読みたいと思っています。

 もしドフトエフスキーの作品が初めてなのでしたら、読みやすいと評判の「亀山郁夫訳」で読み始めるのもいいかもしれませんね。

 取り留めのない意見で申し訳ありませんでした・・・。

 

 私も原卓也訳(新潮文庫)でしか読んでいないので、あまり参考にならないかもしれませんが、以前(今年の3月頃)NHK/BS2の週間ブックレビューで、作家の清水義範が「お勧めの1冊」で「亀山郁夫訳( 光文社古典新訳文庫)」を紹介していました。記憶が曖昧なのですが、たしか「複雑な名前を簡略化するだけでもこんなに読みやすくなるんですね、初めての方にはぜひお勧め・・・」みたいな紹介をしていました。
 亀山郁夫訳を読んでいないので間違っているかもしれませんが、例えば、いきなり出てくる主人公の名...続きを読む

Qカラマーゾフの兄弟父親殺しの犯人は?

ドストエフスキーの《カラマーゾフの兄弟》の中で、下巻に父親殺しで長兄が逮捕される事になりますが、本人は犯行を否定し、父のフョードルと同居していた異母兄弟スメルジャコフが真犯人だと主張、スメルジャコフは犯行を匂わせる遺書を残して自殺、次兄のイワンはスメルジャコフから預かったと(とイワンが主張)される、犯行の時に強奪された金を持っています。
さらに三男のアレクセイは、長兄が犯人でないと主張しますが、元長兄の婚約者が殺しを決定付ける書類を持って証言します。

ここまで書くと長兄が犯人で、本人が罪を逃れる為に言い訳をしている。と考えられますがそうするとスメルジャコフが自殺するイミがわかりません。。

結局犯人が誰であるという核心的な文章がなく、最後は三男の知り合いだった子供のお葬式で話が終わります。

もう3回程読んでますが、犯人はやはり長兄のドミートリーなのでしょうか・・?。この話を読んだ方、教えて下さい。

Aベストアンサー

 第十一篇 第八において、スメルジャコフがイヴァンに、犯行を自白しているのではないでしょうか。

Q「カラマーゾフの兄弟」のイヴァンについて

久しぶりに読みたくなって、ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を手に取りました。

キリスト教のことや、ロシアのことについて知識は全然無いのですが、それなりにおもしろく読みました。

ただひとつわからないのというかしっくりこないのが、アリョーシャに「大審問官」を語った理性人のイヴァンが、ドミートリーの裁判の直前に人格が壊れていくところです。スメルジャコフとの会話が引き金になっているようですが、冷静な無神論者のアイデンティティを崩壊させたものは何だったのでしょうか?

ちなみに私が読んでいるのは、米川正夫訳の岩波文庫版です。

Aベストアンサー

以下は文学的な分析ではなく、本の所感ですが、どうかお許しください。

-------------------------------------------------
『大審問官』の話のとき、「神はいない。ゆえに全ては許される」
といったイヴァンが、フョードル殺しの種明かしをする
スメルジャコフに向かって「そんなこと、神が許さない」と言う
シーンがあります。このときピンときました。

人はわかりやすいように、神と悪魔、善と悪という
二元的なものの見方をしますが、現実はそんな単純ではありません。
ヘッセの「デミアン」のうけ売りではありませんが、
神は世界の全てを含んでいて、
その世界の一部である私たち人間も全てを含んでいる。
しかし単純に人間が栄える(良く生きる)ためには、
押さえ込んだほうがよい性質がいくつかある。例えば残忍さ、卑怯さなど。
人間はこれをわかりやすく、押さえつける理性を神とよび、
押さえつけられる本質を悪魔と呼ぶのでしょう。

イヴァンは「理性」の源泉である明晰、明朗な判断を鍛えたかった、
つまり、従来のロシアの神には懐疑的でも、
それに代わる神を見つけたかったのではないでしょうか。
しかし純粋に理性だけ磨いていくと、
取り残されていくもの、取りこぼされていくものがあるということを
スメルジャコフが暗示しているように思えました。

最初に戻りますが、
「全ては許される」の中には、「殺人も許される」が含まれていて、
スメルジャコフはイヴァンによりそれを許可されたとほのめかします。
「そんなこと、神が許さない」の「神」は、もちろん
イヴァンの拠所(アイデンティティ)である彼の「理性」です。
彼の「神」は、スメルジャコフを理解できなかったのです。

> イヴァンの冷静な無神論者のアイデンティティを崩壊させたものは
> 何だったのでしょうか?
イヴァンの「神」へのアプローチからくる、
殺ぎ落としていったがゆえの自分自身の脆さと
殺ぎ落としたいったものからやってくる衝撃
ではないでしょうか。

以下は文学的な分析ではなく、本の所感ですが、どうかお許しください。

-------------------------------------------------
『大審問官』の話のとき、「神はいない。ゆえに全ては許される」
といったイヴァンが、フョードル殺しの種明かしをする
スメルジャコフに向かって「そんなこと、神が許さない」と言う
シーンがあります。このときピンときました。

人はわかりやすいように、神と悪魔、善と悪という
二元的なものの見方をしますが、現実はそんな単純ではありません。
ヘッセの「デミアン」のう...続きを読む

Qドストエフスキー『悪霊』についての疑問

ドストエフスキー『悪霊』についての疑問
少し細かい質問なのですが、登場人物について気になる点があります。
第二編第七章一で秘密の会合のシーンがあります。その会合に出席している人のことなのですが、この町の市長の息子が出席していたと書いてあります。そして、『この男のことは、可憐な中尉夫人のできごとを話すとき、すでに説明しておいた。』(岩波文庫で下巻94ページ)という記述があるのですが、『可憐な中尉夫人のできごと』というのはどこに書いてあるのでしょうか?見つからないので教えてください。

Aベストアンサー

私の持っているのは新潮社版の江川卓訳のものですので、正確なページは分かりませんが…

第二部第五章一にその場面があります。ある夜会にて中尉夫人は婦人外套ほしさにトランプ賭博に手を出し大負けをします。払う金がない夫人は亭主に黙って町長の息子から金を借りようとするのですが、町長の息子はひどいやつで、彼女の頼みをはねつけたうえにそのことを亭主にばらしてしまうのです。

だいたいこんな内容です。ちなみに私の手元の本の場合、第二部第五章一が始まって4ページ目にありました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報