最近の映画はつまらないので見てませんが、昔の映画は良い邦題がついていたな、とつくづく思います。
逆に、最近の映画で「よくぞつけてくれた!」というような邦題にも出会いません。
「ダイ・ハード」はフランスでは"Une journee en enfer"--言い得て妙です!
昨今の映画でこんなスグレモノの邦題、あったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

最近の映画の邦題で、私がなかなかかな~と思うのは、以下のとおりになります。



○海の上のピアニスト
(原題「The Legend of 1900」)
○めぐり逢えたら
(原題「Sleepless in Seattle」)
○氷の微笑
(原題「Basic Instinct」)
○ランボー
(原題「First Blood」

他にも思い出せば、まだまだあるかもしれません。
ところで、

>「ダイ・ハード」はフランスでは"Une journee en enfer"--言い得て妙です!

これって、日本語訳にするとどうなるんですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

好い例を沢山、ありがとうございます。
そういえば「冷たい月を抱く女」(Malice)も名訳だと思います。

「ダイ・ハード」のフランス語版は、「地獄の一日」という意味です。
「世界一運の悪い男」のコピーにぴったりのタイトルだと思います。
ハリウッド映画や日本映画のフランス語タイトルも、結構楽しめますよ。

お礼日時:2002/11/10 22:27

『マルコヴィッチの穴』です。


原題は"Being John Malkovich"ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは映画のシーンをうまくタイトルに生かしてくれましたよね。
この訳も快挙、でしょう。
ありがとうございました。私、マルコヴィッチが好きだし!

お礼日時:2002/11/11 17:24

NO.1 crocsさん、NO.15 eleさんがお出しの『明日に向かって撃て!』は、


私も一票投じます。
内容的にも邦題の通りで、名作ですね。

『愛と追憶の日々』『愛と哀しみの果て』『愛は静けさの中に』
『夜霧のマンハッタン』…などは、やはり原題よりも、邦題の方がロマンチシズムを感じて良い題だと思います。


『華麗なる賭け』(The Thomas Crown Affair)…近年原題でリメイクされましたが、内容的・題名・俳優も元のものが断然良いです。比べものになりませんね。

『大脱走』(The Great Escape)…これも、グレート・エスケイプ、などと
するより断然、「大脱走」の方が緊迫感あって良かった題だと思います。

昔の映画はほんと、良いものがたくさんありましたね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや~、私は逆に「愛」「青春」「哀しみ」は邦題の禁句にしたいですね。
"Term of Endearment""Officer and Gentleman""Les Un et les autres"
など、テーマとは関係ない、何がなんだか訳がわからない邦題がついているのが、腹立たしいんですよ。

「華麗なる賭け」は「華麗なるギャッツビー」同様すぐれものだと思います。
古くは「招かれざる客」。これも歴史に残る名作であると同時に名訳ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/11 17:23

「101匹わんちゃん(大行進)」です。


原題の「101ダルメシアンズ」では、
かわいさが全然伝わらないです。
「わんちゃん」と表現したところがいいです。
ダルメシアンのことを今だに
「101匹わんちゃん」と呼んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう、このアニメ、何故「大行進」が取れてしまったのでしょう。
子供には長すぎるから?私の子供時代には違和感なかったけどな~。
アニメは絶対夢を奪ってはいけないから、タイトル付けも大変ですよね。
余談ですが、「千と千尋の神隠し」のフランス語版はただの「チヒロ物語」。
あんまりですよね。
「わんちゃん」の発想は忘れてほしくないですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/11 17:18

「駅馬車」


このタイトルを付けたのは故淀川さんだそうで、彼がいなければ「地獄~」というタイトルになるところだったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「駅馬車」は往年の名作ですね。「地獄~」とはまた、あんまりな。
やはり映画に良いタイトルをつけられるかどうかは、映画に対する愛情のなせる技なんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/11 17:14

私の好きなのは



寒い国から来たスパイ
ロシヤより愛をこめて

反対に悪い例をひとつ
Coalminer's daughter(炭鉱夫の娘)
がなんで、歌えロレッタ愛のために!
になっちゃうの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「歌えロレッタ...」の同類が"Butcher's Wife"です。
「肉屋のかみさん」のはずが何だったか忘れましたが、すご~くロマンチックな、瞳にお星様キラキラみたいなタイトルがついてました。
007シリーズは邦題を変えたら、客の入りが良くなった例ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/10 22:53

二番目の回答者kyoko-fanfunさんが逆さまの、


「この映画の邦題はどうしてこんなんなんだ!?原題と邦題があまりにも違う映画」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=309646
って質問を出しています。

ここで何故かいい邦題ってことで私は
「俺たちに明日はない」 BONNIE AND CLYDE
「明日に向かって撃て!」 BUTCH CASSIDY AND SUNDANCE KID
をあげています。米映画は何故か人名をタイトルにしてるのが多いんですよね。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「俺たちに明日はない」は、どうやったらこういうタイトルにありつけるのか、是非知りたいと、子供ながらに思った例です。
固有名詞を変えるのは大変な作業ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/10 22:50

タイ映画で、『アタック・ナンバーハーフ』というオカマのバレーボールチームの映画がありました。

英語では"SATREE-LEX"と書くそうですが、原題を直訳すると「鉄の女」とか。邦題が日本ならではのものであることは言うまでもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういう日本的発想をうまく利用したのは拍手したいですね。
このグループには「死霊の盆踊り」も入れてあげてください。
ありがとうとざいました。

お礼日時:2002/11/10 22:47

映画の邦題、同感です!


近頃の映画はそのままカタカナで意味不明ですよ。

個人的に好きな邦題は『戦場にかける橋』かな。

そう言えば夏休み頃やってた『トータル・フィアーズ』の原題は『The sum of all fears』だったけど、良く考えましたねぇ、この邦題は。
カタカナ英語だと『トータル・フィアーズ』の方が意味が取りやすいかも。
これには拍手?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。カタカナを逆手に取る、という方法もアリですね。
でも和製英語を氾濫させる要因にもなりそうだし...。(もうなってるか)
これからもカタカナ邦題、チェックします!
良いご指摘、ありがとうとざいました。

お礼日時:2002/11/10 22:45

私の好きな邦題は「愛情物語」(The Eddy Duchin Story)


 原題は、ピアニスト、エディー・デューチンの生涯を描いた作品ということから「エディー・デューチン物語」という意味ですが、こんな味も素っ気もない邦題より、「愛情物語」という邦題のほうが、この映画にぴったりと思います。
 このタイトルが、わが国でTVドラマや、つまらないアイドル映画のタイトルに使用されることが多いのには、全く腹が立ちます。
 なお、先の方が挙げられていた「風と共にに去りぬ」の原題(Gone With The Wind)は、直訳すると「風と共に散ってしまえ」という、命令形になるそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これも好い例を、ありがとうございます。
あのショパンのノクターン作品9の2は、「愛情物語」のテーマ、って言えばわかるくらい知名度がありますからね。
映画の内容からみてもまさに「愛情物語」でしたね。

お礼日時:2002/11/10 22:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『地獄の黙示録』という邦題

フランシス・フォード・コッポラが監督した映画である、原題『Apocalypse Now』に、『地獄の黙示録』という邦題をつけたのは誰なのでしょうか?
字幕を担当した方でしょうか?

由来は、原作となっている『闇の奥』の中の「地獄」から来ているかと思われますが、(この「地獄」でさえ「The horror!」の訳語として適切かどうか疑問が残ります…。)、『Apocalypse Now』という映画の内容を表すには不適切だと思われます。何か意図のようなものでもあったのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画の邦題を決めるのはその映画を配給した配給会社です。
なぜ地獄にしたのかは中野好夫氏が翻訳した原作小説の最後の「the horror,the hprror」が「地獄だ、地獄だ」と訳されていることや、戦争=地獄、というイメージが配給会社の人たちにあったんじゃないかと思います。

一般的にはコンラッドの「闇の奥」が原作とされているようですが、映画全体はマイケルハーの「ディスパッチズ・ヴェトナム特電」から来ているところが多いようです。全体のモノローグや戦闘シーンや登場人物なども、ハーのものを相当に参照にしているそうです。
これを配給会社の人たちが読んだかどうかはわかりませんが、ヴェトナム戦争の実態がかなり生々しく書いているので、こんなところからも戦争=地獄のイメージが思い浮かぶのかもしれません。

ついでですが、ラストのセリフは初公開版では「地獄だ、地獄だ」でしたが評判が悪かったようで、長尺版では「地獄の恐怖だ」と改められていました。
英語と欧米の文化に詳しい人だと「the hprror=背筋が凍るような質の恐怖」ということで、地獄よりもどこか抽象的な”恐怖”というニュアンスでの字幕にしたほうがよかったと感じている人は多いようです。

この映画よりも先に公開されたヴェトナムもの「ディアハンター」(当時メジャーのひとつだったユナイト映画配給)がそのまのタイトルだったので、配給した会社(ヘラルド映画:純粋に日本の資本の配給会社です)がもっと過激なタイトルにしたかったんだと思います。
正式なタイトル決定前は映画雑誌の製作中の映画情報には「戦争の黙示録」だったか「現代の黙示録」だったか、そんな邦題で紹介されていたと思います。

映画の邦題を決めるのはその映画を配給した配給会社です。
なぜ地獄にしたのかは中野好夫氏が翻訳した原作小説の最後の「the horror,the hprror」が「地獄だ、地獄だ」と訳されていることや、戦争=地獄、というイメージが配給会社の人たちにあったんじゃないかと思います。

一般的にはコンラッドの「闇の奥」が原作とされているようですが、映画全体はマイケルハーの「ディスパッチズ・ヴェトナム特電」から来ているところが多いようです。全体のモノローグや戦闘シーンや登場人物なども、ハーのものを相当に...続きを読む

Qこの映画の邦題はどうしてこんなんなんだ!?原題と邦題があまりにも違う映画

原題と邦題が全然違ったものになってしまってるってこと、よくありますよね。
最近の映画で例えると「サウンド・オブ・サイレンス」の原題は
「その言葉を言うな」
「ニューヨークの恋人」のそれは「ケイトとレオポルド」ですよね。

このふたつに関しては、どうしてそうしたのか理解できるし違和感はないです。
でも、中には原題と全然違う言葉が邦題になってる映画ってありますよね。
メチャ古くて恐縮ですが、「明日に向かって撃て!」なんて、
内容とは全然違ってる。題名からすると明日への活力を感じるんですが、
主人公の二人は破滅への道を辿ってるだけだもん。

こういった、内容とは全然かけ離れた言葉による邦題になってしまってる映画というと、
皆さんはどんなのを思い出しますか?
尚、お礼に数日かかると思いますのでご承知置き下さいね。

Aベストアンサー

007シリーズの1作目も原題は「Dr.NO」が「007は殺しの番号」
原作本が日本で最初に紹介された時は、なんと「医者はいらない」

Q念仏堂にある地獄の人形

昔墓地の近くに念仏堂が有り、その中に地獄の様子を表現した人形が、
50体位奉られていました。現在は地区の集会所の一室に奉られていますが、何故地獄の人形なのでしょうか。念仏と地獄の関係も理解出来ません。かなり不気味な人形ばかりです。ご存知の方よろしく回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
念仏堂に地獄の様子を表現した人形があるという風習は
質問を読んで初めて知り、大変興味を持ちました。

正しいことは存じあげません。
以下に述べますのは私の推論です。

(1)念仏は極楽浄土に行くために唱えるものであったようです。
平安時代末期、京都の六波羅蜜寺の開基とされる空也上人が
「念仏を唱えさえすれば誰でも極楽浄土に行ける」ととき
「南無阿弥陀仏」と唱えながら踊る「踊り念仏」を流行らせたそうです。
これによって、それまでは皇族や貴族などごく一部の人のものであった仏教が
民間のものになったとされます。

(2)次に人形ですが、

『日本書紀』垂仁紀には、野見宿禰が日葉酢媛命の陵墓へ殉死者を埋める代わりに
土で作った人馬を立てることを提案したことが記されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%B4%E8%BC%AA

これが日本における人形のルーツかな、と思います。

人形は奈良時代の遺跡からも発見されています。
呪詛に使ったものと考えられています。
http://toki1935.exblog.jp/m2007-06-01/

丑刻まいりの藁人形にみられるように
人形とは本来は「みがわり人形」であったようです。
今でも六月の晦日には
「夏越の祓」「大祓」などといって、紙の人形(ひとがた)に息をふきかけて自分の穢れを人形に移し
川や海に流すという神事が行われています。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~yuka0225/kyoto6/630kihune.htm

雛人形などももともとは
紙や木切れでつくった人形を川や海に流すというものでした。
つまり、雛人形とは女性のけがれを人形にうつす身代り人形だったのですね。
豪華な人形がつくられるようになってから、人形を流すという風習はすたれたようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%81%E3%81%97%E9%9B%9B

(1)(2)から考察して、墓地の近くの念仏堂に地獄の様子を表現した人形が奉納されているのは
墓地に葬られた人が極楽浄土へ行くために
かわりに人形に地獄へいってもらう、という意味があったのかな、
と思います。

※私は民俗学を研究している者で、興味があります。
さしつかえなければどのあたりの風習なのか、教えていただけませんでしょうか。

こんにちは。
念仏堂に地獄の様子を表現した人形があるという風習は
質問を読んで初めて知り、大変興味を持ちました。

正しいことは存じあげません。
以下に述べますのは私の推論です。

(1)念仏は極楽浄土に行くために唱えるものであったようです。
平安時代末期、京都の六波羅蜜寺の開基とされる空也上人が
「念仏を唱えさえすれば誰でも極楽浄土に行ける」ととき
「南無阿弥陀仏」と唱えながら踊る「踊り念仏」を流行らせたそうです。
これによって、それまでは皇族や貴族などごく一部の人のもので...続きを読む

Qトゥモローネバーダイの邦題(内容)を教えて下さい。

英語に疎いもので教えて下さい。
また、誰が出ていてどんな映画かも教えて下さい。
よろしくお願いします。
何かの雑誌でおもしろいと記事が出ていてずっと気になっています。

Aベストアンサー

5代目ジェームス・ボンドのピアース・ブロスナンの2作目です。ボンドガールは#3の方が書かれているミシェル・ヨーでジャッキー・チェンの「ポリスストーリー3」にも出演していた香港一のアクション女優です(私はそう思ってます)。「トゥモロー・ネバー・ダイ」でもボンドを喰うアクションで、それが人気につながってます。某映画館の007人気投票でも一位を獲得していました。
DVDを持っているくらい気に入っている作品です。ot_domoさんも是非見てください。

ちなみに#3nCMに出てるのはチャン・ツイィーだと思います。確かに「グリーン・デスティニー」でミシェル・ヨーと共演していましたが・・・。

Q地獄の思想を読むとどんなふうに人生が変わりますか?

地獄の思想を読むとどんなふうに人生が変わりますか?

Aベストアンサー

地獄って、日本古来の黄泉の国と仏教が合わさって出来た考え方なので、特に気にする必要は有りません。
子供のしつけに、怖がらす為に、「悪い事すると地獄に落ちて、閻魔様に裁かれて、鬼に怖い目に合わされるよ。」ぐらいの思想です。

極楽(天道)、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄と六つの世界を輪廻転生すると言う考え方のひとつの苦しみを表しています。

これ、全て現世にある苦しみや現象なんですよ。

物を盗んだり、暴力ばかり、そんな人の嫌な面ばかり持った人が集まって反省する世界です。約束しても守らないし、言う事を聞かないと暴力を振るい、邪魔になると殺す。こんな人達と生活できるはずがありません。
そう言う事を教える為に作られた世界です。

本来、この六道を輪廻する事を辞めるのが解脱です。成仏すると言うのは、死ぬことや極楽に行く事じゃなく、輪廻の輪から抜けて解脱する事なんです。
だから、解脱したお釈迦様は生まれ変わって戻ってきません。お釈迦様の生まれ変わりという人は嘘ですから注意しましょう。

地獄の思想ってどんなのかわかりませんが、知らないより知ったほうが人生に選択枝が広がるでしょう。
でも、仏教の思想も勉強してね。
特定の宗教団体には入らないで、お寺さんに聞けばいいと思いますよ。

地獄って、日本古来の黄泉の国と仏教が合わさって出来た考え方なので、特に気にする必要は有りません。
子供のしつけに、怖がらす為に、「悪い事すると地獄に落ちて、閻魔様に裁かれて、鬼に怖い目に合わされるよ。」ぐらいの思想です。

極楽(天道)、人間、修羅、畜生、餓鬼、地獄と六つの世界を輪廻転生すると言う考え方のひとつの苦しみを表しています。

これ、全て現世にある苦しみや現象なんですよ。

物を盗んだり、暴力ばかり、そんな人の嫌な面ばかり持った人が集まって反省する世界です。約束しても守...続きを読む

Q今晩は。ホラー映画が大好きですが、昨今は、痛~い系映画が多くて、これの

今晩は。ホラー映画が大好きですが、昨今は、痛~い系映画が多くて、これの楽しみ方がいまひとつ分かりません。
それでもドキドキしたいので、ホステルやフロンティアなど観てみました。

ホステルに至っては、監督のイーライ・ロスが評価される理由が分かりません。

友人から「マーターズ」というフレンチホラーがかなりやばいと聞きました。
ネタバレは気にしませんので、この作品を好きな方、その凄さ、面白さを教えてください。

見ようか迷っています。

Aベストアンサー

もうすでにご覧になられたでしょうか。このマーターズはホラーのジャンルに入らないのではと思います。
まったく怖くはありません。残酷かといえばそうでもありません。
数シーンは残酷っぽいですが、ホラーを見慣れてると作り物だとすぐバレてしまう程度の作りです。全編血まみれではありますが、この血も本物っぽく見えません。でも確かに痛い映画に間違いはありません。
音声も最近は5.1chサラウンドが当たり前ですが、この映画は単なるステレオ音声だけです。音に迫力はありませんでした。
見ても後悔するほどヒドイ映画ではありませんが、見てよかったと思えるような映画でもありません。時間が有って他に見るものが無ければ良いのでは。唯一女性がショットガンで両親と男の子と女の子の4人を射殺するシーンは、ハリウッドにも負けていないです。鬼気迫る演技にゾッとしました。
マーターズより少し前に作られた、同じフレンチホラーで「屋敷女」はご存知でしょうか。
この映画は様々なホラー映画の頂点に達する最強ホラーだと思います。
マヌケな警察官を除けば他には文句無しの出来です。ラストがあまりにむごいとして、数シーンを黒く塗りつぶす修正が行われているほどです。今までにこんな修正したホラーは聞いたことがありません。それほどすごかったです。
もしご存知で無ければ、お勧めです。下のサイトで予告編をご覧下さい。

参考URL:http://www.cinemacafe.net/official/yashiki-onna/

もうすでにご覧になられたでしょうか。このマーターズはホラーのジャンルに入らないのではと思います。
まったく怖くはありません。残酷かといえばそうでもありません。
数シーンは残酷っぽいですが、ホラーを見慣れてると作り物だとすぐバレてしまう程度の作りです。全編血まみれではありますが、この血も本物っぽく見えません。でも確かに痛い映画に間違いはありません。
音声も最近は5.1chサラウンドが当たり前ですが、この映画は単なるステレオ音声だけです。音に迫力はありませんでした。
見ても後...続きを読む

Q閻魔~地獄の大王 と、 天の帝(神様)は、本来は、対立するものでしょうか?それとも仲良いのですか?

民俗学カテゴリーとかが無かったようですので一瞬戸惑いましたが。、深い事を御聞き出来そうなのでこちらのカテゴリーに致しました。
どうも。

天国と地獄の関係について、またそれぞれに住む者達についてなのですが、一応ちょこっと思う事がありましたので。


ここで地獄の閻魔様なのですが、地獄そのものが、生前悪事を犯した罪人を裁く場所の筈なんですよね?
ここでその閻魔様は、良い行いをした者とそうで無い者をちゃんと分ける筈なので、良い者の筈なのですが、
良くあるロープレとかのいい加減そうな外伝には、
「地獄が邪悪」で「天国が極楽で最善」となりますよね?

地獄に住む者は、悪い者を裁く役目をしている筈が、良く、
ディズニーのヘラクレスと言う話では、
冥界の王ハデスが、冥界では在任を苦しめる傍ら、
「全世界を支配する為に、『神の子であるヘラクレス』を亡き者にしようと企んで」いますが。

では、ここで罪人を裁く地獄と言うのは、悪者を裁くのか、またそこで地獄そのものが邪悪で冷たい、と言う矛盾が、どうにもこんがらがります。
でも天国が暖かくて苦難、悲哀が存在しないのところは筋が通ってて解るのですが、

地獄が邪悪で天空の帝様(神)を倒して世界を支配する、
そのシチュエーションが作られると、
どうして地獄で罪人をも裁くのか解らなくなりますね。

ここでなのですが、
地獄にいる者と、天界にいる者は、仲は良いのでしょうか?仲良くして普段は会わない、また会えない、とこんなところになりますか?
でも矢張り、元々は対立していたとかですか?
それとも地獄の王と天国の王は、矢張り御互いを支え合い、役割分業をこなしているだけでしょうか?

ロープレや漫画では、地獄にいる鬼や番犬が、悪として地上の皆に見境無く襲い掛かって来ると言う事で、どうなっているものか、と時折考えますが。

どうして人をきちんと裁く筈の場所が、また邪悪であるのかと。
生前、邪悪だった人間は、地獄の者達とそのまま仲良くなってしまっても良いと言う設定にしても、筋は通ると思うのですが。
でも良い行いをする者が多いと、最後は矢張り天が勝つとか。

それとも、善人だろうと悪人だろうと、地獄に落ちたなら誰彼構わず食われる、とそう言うものですか?
地獄で思い罰を与えられ、天界では永遠の命に、無限の褒美。
悪人の方が、地獄で良くやったと歓迎されて地上と天界を潰す仲間入りにされる、そこで仲良くと言う設定になら、何らかの二次創作でうまく作られなくもないようにも思えるのですが。

でもやっぱり天国と地獄の関係は相対的ですか??
両極とは言え、両方とも悪を蹴落とす、と。
やっぱりいい加減な物語をアテにしてはいかねいと言う事ですかね。
教えて下さい。

では。

民俗学カテゴリーとかが無かったようですので一瞬戸惑いましたが。、深い事を御聞き出来そうなのでこちらのカテゴリーに致しました。
どうも。

天国と地獄の関係について、またそれぞれに住む者達についてなのですが、一応ちょこっと思う事がありましたので。


ここで地獄の閻魔様なのですが、地獄そのものが、生前悪事を犯した罪人を裁く場所の筈なんですよね?
ここでその閻魔様は、良い行いをした者とそうで無い者をちゃんと分ける筈なので、良い者の筈なのですが、
良くあるロープレとかのいい加減...続きを読む

Aベストアンサー

閻魔ってリグベーダのヤマなんですね。

ヤマというのは最初の人間で人間の祖とされています。
で、最初に死んだので、冥界の王とされたんです。


>地獄にいる者と、天界にいる者は、仲は良いのでしょうか?

ヤマは悪とかそういう者とされていたのではなく

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%BB%E9%AD%94
『人間で最初の死者となったゆえに死者の国の王となった。インドでは、古くは生前によい行いをした人は天界にあるヤマの国に行くとされた。しかし後には死者を裁いて地獄に落とす恐るべき神と考えられる様になり、ついには単なる死神としても描かれる様になった。』

でしたが

『中国に伝わると、道教の冥界思想と関連付けられていた泰山府君と習合した。

やがて晩唐に撰述された偽経である『閻羅王授記四衆逆修生七往生浄土経』(略して『預修十王生七経』)により十王信仰と結び付けられ、地獄の裁判官の一人として「人が死ぬと裁く」という役割を担い、信仰の対象となった。現在よく知られるあの唐の官人風の衣を纏った姿はここで成立した。』


そして日本に入ってきて死んだ時裁く裁判官みたいなものが閻魔ってなったんです。


>何らかの二次創作でうまく作られなくもないようにも思えるのですが。

推測近かったですね。
伝わる過程で集合していったので、今の閻魔の概念になったわけです。


>どうして人をきちんと裁く筈の場所が、また邪悪であるのかと。

日本だとイザナミが死の国に行って、イザナギが地上に戻ってきてみそぎをして、イザナミと決別したって変化したように、穢れの思想がはいってきて、穢れたところ=死の国ってなったみたいです。


>でもやっぱり天国と地獄の関係は相対的ですか??

エジプト版だとオシリスだと思いますが、もう一人いるんですね。
マート。
裁判官じゃなく弁護士のバッジにもなっているてんびんで人の罪の重さを量る人。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A2%E3%83%88

で、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%83%93%E3%82%B9
『またオシリスが冥界の王となる以前の冥界を支配、管理しておりオシリスが冥界の王となった後も彼を補佐してラーの天秤を用いて死者の罪をはかる役目を担い、その様子はピラミッドの壁面などに描かれている。』

で、真理をてんびんが罪を決定すると
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%BB%E8%80%85%E3%81%AE%E6%9B%B8_%28%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E3%82%A8%E3%82%B8%E3%83%97%E3%83%88%29
『秤には真実の羽根と死者の魂がそれぞれ乗っており、死者が真実を語ればオシリスの治める死後の国へ、嘘偽りであればアメミットという魂を食らう鰐に似た怪物に食べられるというシーンも描かれている。』

というわけで、オシリスの支配する死後の国は、善人のための国だったようです。

閻魔ってリグベーダのヤマなんですね。

ヤマというのは最初の人間で人間の祖とされています。
で、最初に死んだので、冥界の王とされたんです。


>地獄にいる者と、天界にいる者は、仲は良いのでしょうか?

ヤマは悪とかそういう者とされていたのではなく

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%BB%E9%AD%94
『人間で最初の死者となったゆえに死者の国の王となった。インドでは、古くは生前によい行いをした人は天界にあるヤマの国に行くとされた。しかし後には死者を裁いて地獄に落とす恐るべき神...続きを読む

Qカナダの映画邦題「ゾンビーノ」 (原題Fido) について

ご覧になった方に質問します。

主人公ゾンビのファイドさんですが、生前心臓手術をした形跡がある事は、作品中にでてくるのですが“生前、ファイドが誰だったのか”については、はっきり出てきていなかったと思います。ファイドを飼っている夫人が、夜に「夫の事ごめんなさい、覚えてる?」の様な事を言いましたよね。

ファイドさんはこの夫妻の身内だったのでしょうか?

Aベストアンサー

はい。観ましたよ。
ちょっと細かいとこまでは覚えてないのですが・・・

もし身内だとしたらのことを考えてみましょう。
(1)父方の身内では絶対にない
 →もしそうなら彼は「首だけ埋葬」にされてるはず
(2)母方の身内だとすると
 →まぁ、考えられますよね。でも息子に「ファイド」なんて名前を付  けさせるかな?
  ちなみに「ファイド」はよくアメリカの犬に付ける名前だそうで、  日本での「ポチ」みたいな。あなたなら親戚の叔父さんが死んでゾ  ンビになってうちに来たら「ポチ」って呼びますか?(ありえない  話ですが仮定として)
  あともし親戚ならそこをもっと前面に出して回想シーンとか入れる  と思うけど。その設定が物語に活かされてないのが不思議。
  所詮コメディーですので、そこまで裏設定みたいな凝ったことはし  てないような。
  でもお父さんがファイドを知らないってのはどうだろう?結婚式で  見かけたとか、絶対身内ならあると思うが。

以上の理由で身内じゃないと思う。(全て想像ですが)
ゾンビ映画なのにあそこまでPOPな感じに仕上げてる点でなかなかいい意味で裏切られた映画ですね。

はい。観ましたよ。
ちょっと細かいとこまでは覚えてないのですが・・・

もし身内だとしたらのことを考えてみましょう。
(1)父方の身内では絶対にない
 →もしそうなら彼は「首だけ埋葬」にされてるはず
(2)母方の身内だとすると
 →まぁ、考えられますよね。でも息子に「ファイド」なんて名前を付  けさせるかな?
  ちなみに「ファイド」はよくアメリカの犬に付ける名前だそうで、  日本での「ポチ」みたいな。あなたなら親戚の叔父さんが死んでゾ  ンビになってうちに来たら「ポチ」って呼び...続きを読む

Q地獄の釜

おぼんのとき、地獄の釜も・・といいますが
続きと意味をおしえてください

Aベストアンサー

地獄の釜の蓋が開く(じごくのかまのふたがあく) 正月と盆の16日をいう。この日には地獄の鬼が亡者の呵責(かしゃく)を休む日とされ、使用人にも「薮入り」として暇を与える習慣であった。 参考:薮入り(やぶいり) 草深い田舎に帰るという意味から、奉公人や嫁などが主人に暇をもらって実家に休息に行くこと。また、一般に、休日のこと。宿入り。宿下がり。
http://www.geocities.jp/tomomi965/ko-jien03/index.html

Q1999年フランス映画の邦題

 教えてください。1999年のフランス映画で原題が『ラ・フェーメ・デェフェンデュー』とかで(フランス語は解ら無い)ビデオのパッケージは白黒で裸体の女性の後姿とそれを見る男性。
 中年の妻帯者の男と若い女がパーティで知り合って、後日密会。関係を持つ。女は男を自分の物にする欲望を覚える。誘惑、嫉妬、口論、割りきり方。それでも、関係を続けていく男女の心理を、男の目線でとらえた映像(男が見る彼女)で描いた物。
 邦題がドーンとビデオに書いてあり原題はちょっこと書いてあっただけなのですが・・・また見てみたいのです。

Aベストアンサー

もしかしたら『視線のエロス』ではないでしょうか。

ひとりの若い女と妻ある男の不実な愛を、全編男の視線の主観ショットで描き出した異色ドラマ。

下記サイト参照願います。

参考URL:http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=31368


人気Q&Aランキング