最近の映画はつまらないので見てませんが、昔の映画は良い邦題がついていたな、とつくづく思います。
逆に、最近の映画で「よくぞつけてくれた!」というような邦題にも出会いません。
「ダイ・ハード」はフランスでは"Une journee en enfer"--言い得て妙です!
昨今の映画でこんなスグレモノの邦題、あったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (17件中1~10件)

最近の映画の邦題で、私がなかなかかな~と思うのは、以下のとおりになります。



○海の上のピアニスト
(原題「The Legend of 1900」)
○めぐり逢えたら
(原題「Sleepless in Seattle」)
○氷の微笑
(原題「Basic Instinct」)
○ランボー
(原題「First Blood」

他にも思い出せば、まだまだあるかもしれません。
ところで、

>「ダイ・ハード」はフランスでは"Une journee en enfer"--言い得て妙です!

これって、日本語訳にするとどうなるんですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

好い例を沢山、ありがとうございます。
そういえば「冷たい月を抱く女」(Malice)も名訳だと思います。

「ダイ・ハード」のフランス語版は、「地獄の一日」という意味です。
「世界一運の悪い男」のコピーにぴったりのタイトルだと思います。
ハリウッド映画や日本映画のフランス語タイトルも、結構楽しめますよ。

お礼日時:2002/11/10 22:27

『マルコヴィッチの穴』です。


原題は"Being John Malkovich"ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これは映画のシーンをうまくタイトルに生かしてくれましたよね。
この訳も快挙、でしょう。
ありがとうございました。私、マルコヴィッチが好きだし!

お礼日時:2002/11/11 17:24

NO.1 crocsさん、NO.15 eleさんがお出しの『明日に向かって撃て!』は、


私も一票投じます。
内容的にも邦題の通りで、名作ですね。

『愛と追憶の日々』『愛と哀しみの果て』『愛は静けさの中に』
『夜霧のマンハッタン』…などは、やはり原題よりも、邦題の方がロマンチシズムを感じて良い題だと思います。


『華麗なる賭け』(The Thomas Crown Affair)…近年原題でリメイクされましたが、内容的・題名・俳優も元のものが断然良いです。比べものになりませんね。

『大脱走』(The Great Escape)…これも、グレート・エスケイプ、などと
するより断然、「大脱走」の方が緊迫感あって良かった題だと思います。

昔の映画はほんと、良いものがたくさんありましたね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いや~、私は逆に「愛」「青春」「哀しみ」は邦題の禁句にしたいですね。
"Term of Endearment""Officer and Gentleman""Les Un et les autres"
など、テーマとは関係ない、何がなんだか訳がわからない邦題がついているのが、腹立たしいんですよ。

「華麗なる賭け」は「華麗なるギャッツビー」同様すぐれものだと思います。
古くは「招かれざる客」。これも歴史に残る名作であると同時に名訳ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/11 17:23

「101匹わんちゃん(大行進)」です。


原題の「101ダルメシアンズ」では、
かわいさが全然伝わらないです。
「わんちゃん」と表現したところがいいです。
ダルメシアンのことを今だに
「101匹わんちゃん」と呼んでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうそう、このアニメ、何故「大行進」が取れてしまったのでしょう。
子供には長すぎるから?私の子供時代には違和感なかったけどな~。
アニメは絶対夢を奪ってはいけないから、タイトル付けも大変ですよね。
余談ですが、「千と千尋の神隠し」のフランス語版はただの「チヒロ物語」。
あんまりですよね。
「わんちゃん」の発想は忘れてほしくないですね。ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/11 17:18

「駅馬車」


このタイトルを付けたのは故淀川さんだそうで、彼がいなければ「地獄~」というタイトルになるところだったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「駅馬車」は往年の名作ですね。「地獄~」とはまた、あんまりな。
やはり映画に良いタイトルをつけられるかどうかは、映画に対する愛情のなせる技なんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/11 17:14

私の好きなのは



寒い国から来たスパイ
ロシヤより愛をこめて

反対に悪い例をひとつ
Coalminer's daughter(炭鉱夫の娘)
がなんで、歌えロレッタ愛のために!
になっちゃうの?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「歌えロレッタ...」の同類が"Butcher's Wife"です。
「肉屋のかみさん」のはずが何だったか忘れましたが、すご~くロマンチックな、瞳にお星様キラキラみたいなタイトルがついてました。
007シリーズは邦題を変えたら、客の入りが良くなった例ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/10 22:53

二番目の回答者kyoko-fanfunさんが逆さまの、


「この映画の邦題はどうしてこんなんなんだ!?原題と邦題があまりにも違う映画」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=309646
って質問を出しています。

ここで何故かいい邦題ってことで私は
「俺たちに明日はない」 BONNIE AND CLYDE
「明日に向かって撃て!」 BUTCH CASSIDY AND SUNDANCE KID
をあげています。米映画は何故か人名をタイトルにしてるのが多いんですよね。
ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「俺たちに明日はない」は、どうやったらこういうタイトルにありつけるのか、是非知りたいと、子供ながらに思った例です。
固有名詞を変えるのは大変な作業ですよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/11/10 22:50

タイ映画で、『アタック・ナンバーハーフ』というオカマのバレーボールチームの映画がありました。

英語では"SATREE-LEX"と書くそうですが、原題を直訳すると「鉄の女」とか。邦題が日本ならではのものであることは言うまでもありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういう日本的発想をうまく利用したのは拍手したいですね。
このグループには「死霊の盆踊り」も入れてあげてください。
ありがとうとざいました。

お礼日時:2002/11/10 22:47

映画の邦題、同感です!


近頃の映画はそのままカタカナで意味不明ですよ。

個人的に好きな邦題は『戦場にかける橋』かな。

そう言えば夏休み頃やってた『トータル・フィアーズ』の原題は『The sum of all fears』だったけど、良く考えましたねぇ、この邦題は。
カタカナ英語だと『トータル・フィアーズ』の方が意味が取りやすいかも。
これには拍手?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。カタカナを逆手に取る、という方法もアリですね。
でも和製英語を氾濫させる要因にもなりそうだし...。(もうなってるか)
これからもカタカナ邦題、チェックします!
良いご指摘、ありがとうとざいました。

お礼日時:2002/11/10 22:45

私の好きな邦題は「愛情物語」(The Eddy Duchin Story)


 原題は、ピアニスト、エディー・デューチンの生涯を描いた作品ということから「エディー・デューチン物語」という意味ですが、こんな味も素っ気もない邦題より、「愛情物語」という邦題のほうが、この映画にぴったりと思います。
 このタイトルが、わが国でTVドラマや、つまらないアイドル映画のタイトルに使用されることが多いのには、全く腹が立ちます。
 なお、先の方が挙げられていた「風と共にに去りぬ」の原題(Gone With The Wind)は、直訳すると「風と共に散ってしまえ」という、命令形になるそうです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これも好い例を、ありがとうございます。
あのショパンのノクターン作品9の2は、「愛情物語」のテーマ、って言えばわかるくらい知名度がありますからね。
映画の内容からみてもまさに「愛情物語」でしたね。

お礼日時:2002/11/10 22:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの映画の邦題はどうしてこんなんなんだ!?原題と邦題があまりにも違う映画

原題と邦題が全然違ったものになってしまってるってこと、よくありますよね。
最近の映画で例えると「サウンド・オブ・サイレンス」の原題は
「その言葉を言うな」
「ニューヨークの恋人」のそれは「ケイトとレオポルド」ですよね。

このふたつに関しては、どうしてそうしたのか理解できるし違和感はないです。
でも、中には原題と全然違う言葉が邦題になってる映画ってありますよね。
メチャ古くて恐縮ですが、「明日に向かって撃て!」なんて、
内容とは全然違ってる。題名からすると明日への活力を感じるんですが、
主人公の二人は破滅への道を辿ってるだけだもん。

こういった、内容とは全然かけ離れた言葉による邦題になってしまってる映画というと、
皆さんはどんなのを思い出しますか?
尚、お礼に数日かかると思いますのでご承知置き下さいね。

Aベストアンサー

007シリーズの1作目も原題は「Dr.NO」が「007は殺しの番号」
原作本が日本で最初に紹介された時は、なんと「医者はいらない」

Qトゥモローネバーダイの邦題(内容)を教えて下さい。

英語に疎いもので教えて下さい。
また、誰が出ていてどんな映画かも教えて下さい。
よろしくお願いします。
何かの雑誌でおもしろいと記事が出ていてずっと気になっています。

Aベストアンサー

5代目ジェームス・ボンドのピアース・ブロスナンの2作目です。ボンドガールは#3の方が書かれているミシェル・ヨーでジャッキー・チェンの「ポリスストーリー3」にも出演していた香港一のアクション女優です(私はそう思ってます)。「トゥモロー・ネバー・ダイ」でもボンドを喰うアクションで、それが人気につながってます。某映画館の007人気投票でも一位を獲得していました。
DVDを持っているくらい気に入っている作品です。ot_domoさんも是非見てください。

ちなみに#3nCMに出てるのはチャン・ツイィーだと思います。確かに「グリーン・デスティニー」でミシェル・ヨーと共演していましたが・・・。

Q今晩は。ホラー映画が大好きですが、昨今は、痛~い系映画が多くて、これの

今晩は。ホラー映画が大好きですが、昨今は、痛~い系映画が多くて、これの楽しみ方がいまひとつ分かりません。
それでもドキドキしたいので、ホステルやフロンティアなど観てみました。

ホステルに至っては、監督のイーライ・ロスが評価される理由が分かりません。

友人から「マーターズ」というフレンチホラーがかなりやばいと聞きました。
ネタバレは気にしませんので、この作品を好きな方、その凄さ、面白さを教えてください。

見ようか迷っています。

Aベストアンサー

もうすでにご覧になられたでしょうか。このマーターズはホラーのジャンルに入らないのではと思います。
まったく怖くはありません。残酷かといえばそうでもありません。
数シーンは残酷っぽいですが、ホラーを見慣れてると作り物だとすぐバレてしまう程度の作りです。全編血まみれではありますが、この血も本物っぽく見えません。でも確かに痛い映画に間違いはありません。
音声も最近は5.1chサラウンドが当たり前ですが、この映画は単なるステレオ音声だけです。音に迫力はありませんでした。
見ても後悔するほどヒドイ映画ではありませんが、見てよかったと思えるような映画でもありません。時間が有って他に見るものが無ければ良いのでは。唯一女性がショットガンで両親と男の子と女の子の4人を射殺するシーンは、ハリウッドにも負けていないです。鬼気迫る演技にゾッとしました。
マーターズより少し前に作られた、同じフレンチホラーで「屋敷女」はご存知でしょうか。
この映画は様々なホラー映画の頂点に達する最強ホラーだと思います。
マヌケな警察官を除けば他には文句無しの出来です。ラストがあまりにむごいとして、数シーンを黒く塗りつぶす修正が行われているほどです。今までにこんな修正したホラーは聞いたことがありません。それほどすごかったです。
もしご存知で無ければ、お勧めです。下のサイトで予告編をご覧下さい。

参考URL:http://www.cinemacafe.net/official/yashiki-onna/

もうすでにご覧になられたでしょうか。このマーターズはホラーのジャンルに入らないのではと思います。
まったく怖くはありません。残酷かといえばそうでもありません。
数シーンは残酷っぽいですが、ホラーを見慣れてると作り物だとすぐバレてしまう程度の作りです。全編血まみれではありますが、この血も本物っぽく見えません。でも確かに痛い映画に間違いはありません。
音声も最近は5.1chサラウンドが当たり前ですが、この映画は単なるステレオ音声だけです。音に迫力はありませんでした。
見ても後...続きを読む

Qカナダの映画邦題「ゾンビーノ」 (原題Fido) について

ご覧になった方に質問します。

主人公ゾンビのファイドさんですが、生前心臓手術をした形跡がある事は、作品中にでてくるのですが“生前、ファイドが誰だったのか”については、はっきり出てきていなかったと思います。ファイドを飼っている夫人が、夜に「夫の事ごめんなさい、覚えてる?」の様な事を言いましたよね。

ファイドさんはこの夫妻の身内だったのでしょうか?

Aベストアンサー

はい。観ましたよ。
ちょっと細かいとこまでは覚えてないのですが・・・

もし身内だとしたらのことを考えてみましょう。
(1)父方の身内では絶対にない
 →もしそうなら彼は「首だけ埋葬」にされてるはず
(2)母方の身内だとすると
 →まぁ、考えられますよね。でも息子に「ファイド」なんて名前を付  けさせるかな?
  ちなみに「ファイド」はよくアメリカの犬に付ける名前だそうで、  日本での「ポチ」みたいな。あなたなら親戚の叔父さんが死んでゾ  ンビになってうちに来たら「ポチ」って呼びますか?(ありえない  話ですが仮定として)
  あともし親戚ならそこをもっと前面に出して回想シーンとか入れる  と思うけど。その設定が物語に活かされてないのが不思議。
  所詮コメディーですので、そこまで裏設定みたいな凝ったことはし  てないような。
  でもお父さんがファイドを知らないってのはどうだろう?結婚式で  見かけたとか、絶対身内ならあると思うが。

以上の理由で身内じゃないと思う。(全て想像ですが)
ゾンビ映画なのにあそこまでPOPな感じに仕上げてる点でなかなかいい意味で裏切られた映画ですね。

はい。観ましたよ。
ちょっと細かいとこまでは覚えてないのですが・・・

もし身内だとしたらのことを考えてみましょう。
(1)父方の身内では絶対にない
 →もしそうなら彼は「首だけ埋葬」にされてるはず
(2)母方の身内だとすると
 →まぁ、考えられますよね。でも息子に「ファイド」なんて名前を付  けさせるかな?
  ちなみに「ファイド」はよくアメリカの犬に付ける名前だそうで、  日本での「ポチ」みたいな。あなたなら親戚の叔父さんが死んでゾ  ンビになってうちに来たら「ポチ」って呼び...続きを読む

Q1999年フランス映画の邦題

 教えてください。1999年のフランス映画で原題が『ラ・フェーメ・デェフェンデュー』とかで(フランス語は解ら無い)ビデオのパッケージは白黒で裸体の女性の後姿とそれを見る男性。
 中年の妻帯者の男と若い女がパーティで知り合って、後日密会。関係を持つ。女は男を自分の物にする欲望を覚える。誘惑、嫉妬、口論、割りきり方。それでも、関係を続けていく男女の心理を、男の目線でとらえた映像(男が見る彼女)で描いた物。
 邦題がドーンとビデオに書いてあり原題はちょっこと書いてあっただけなのですが・・・また見てみたいのです。

Aベストアンサー

もしかしたら『視線のエロス』ではないでしょうか。

ひとりの若い女と妻ある男の不実な愛を、全編男の視線の主観ショットで描き出した異色ドラマ。

下記サイト参照願います。

参考URL:http://www.walkerplus.com/movie/kinejun/index.cgi?ctl=each&id=31368


人気Q&Aランキング

おすすめ情報