星新一さんか阿刀田高さんのショートショートだと思うのですが30年前ぐらいの作品でネットも本も見つかりません。

ストーリーは
ある会社の社長のところに車のセールスマンが来ます。高性能な車なので社長も買う気になりますが、ひとつだけ高性能とは言えない所があって社長が文句を言うのですがセールスマンの一言で・・・

というものです。登場人物、落ちなど星さんぽいのですが見つかりません。もう一度読みたいのです。よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

質問を見て「あ~~それ、時速何キロのヤツだ!」とピンときたのですが・・・。



>ひとつだけ高性能とは言えない所
それって、「スピードが遅い」ってことじゃないですか?
もしもそうなら、妄想銀行の中の「小さな世界」です。

とっても快適な車だからこそ、購入者はみな時速15キロくらいで走ってますよ とセールスマンに言われて、アール氏は購入を決意します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。

それ、それです。ありがとうございます。
電子書籍でないか探してみたものの無いようなので奮発して1001購入することにします。まず真っ先に読むつもりです。

ほんとにありがとうございます。
次は教えるほうになれるよう読破したいと思います。

お礼日時:2008/06/24 21:55

 確か『ご依頼の件』に収録された「新しい車」だったように思います。



http://www.amazon.co.jp/%E3%81%94%E4%BE%9D%E9%A0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレスありがとうございます。

電子書籍で買ってみましたが、新しい車は違いました。
幽霊の出てくる話ではなく、高性能車を売りに来たセールスマンと社長の二人だけで話が進み、唯一の低性能部分に「いまどきそんな車要らない」という社長に、セールスマンの最後の一言「ほかの社長さんは皆さん買われました」を聞いて社長が納得するというストーリーです。

お礼日時:2008/06/15 02:44

星先生の本のうちどのくらいが絶版になっているかは分かりませんが、ショートショートは全集で読めますので、金銭的に余裕がありましたらば是非。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレスありがとうございます。

文庫本は半分以上絶版のようなので、いろいろ探してみます。

お礼日時:2008/06/15 02:47

星先生の作品で間違いありません。


題名は調べてみたのですが思い出せませんでした……。多分見れば思い出せると思うのですが、作品名データベースみたいのも見つかりませんでしたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のレスありがとうございます。

それらしいタイトルの作品はチェックしたのですが、現在本屋に置かれている本の中に載っている本が無いようなので絶版本の作品なのでしょうか?

ありがとうございます。

お礼日時:2008/06/13 17:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q阿刀田高さんの本で何かオススメはありますか

阿刀田高さんのエッセイ
ギリシャ神話を知っていますかや旧約・新約聖書、コーラン、古事記などを読んで阿刀田さんの本が好きになりました。
他に阿刀田さんの本でオススメの本があったら教えてください。

Aベストアンサー

阿刀田高さんと言えば恐怖小説が十八番なのですが、ご質問の中で挙げられているタイトルを拝見すると雑学的なエッセイから入られたようですね。でしたら、エッセイ集の「恐怖コレクション」をお奨めします。恐怖という感情に対する阿刀田さんの個人的見解や、作家になると決意した頃の話、自作「ナポレオン狂」などが生まれるきっかけなどについて書かれていますし、この人の人柄がにじみ出るような体験談、他の人の優れた小説の紹介など、適度な長さでいろんな話が楽しめます。

Q星新一さんのショートショート

星新一さんのショートショートで「我は神なり」がオチになっている作品が掲載されている書籍名を教えてください。

Aベストアンサー

#1です。
#3の方のいわれている通り、「ちぐはぐな部品」の中の「神」という作品でした。

「我は神なり」という台詞は確認しましたがありませんでした。でも補足で書かれた内容と一致しますね。

Q阿刀田高の探している本

以前新聞のコラムか何かで見たのですが,阿刀田さんはこんな本を探しているそうです。

太平洋戦争中、日本のある村に戦闘機で墜落しました。村の人々はその怪我をしたアメリカ人を手厚く保護してくれたんだけど、介抱の甲斐なく、彼は死んでしまった。戦後、その話をきいたアメリカ人の母親だか、妻だったかが村人に逢いに日本にやってきました。
ところが、アメリカ人を介抱したということは真っ赤な嘘で、実は、墜落したアメリカ人を殺していたのです。
もともと善良な村人は、狂乱の時期が終わった戦後そのことを後悔していたのです。
結局、村人達は女性の話に口裏をあわせますが,彼らの後悔や苦悩を描いた作品のようです。

この本をぜひ読んでみたいと思ったのですが、どうやって探せば良いのかわかりません。ちょっとした情報でもおしえてください。

Aベストアンサー

「B29墜落、米兵を救った日本人」(草間秀三郎著、総論社)という本があるようです。
捜しておられる本とは違うと思いますが、似ているので挙げてみました。

参考URL:http://www.vill.ryujin.wakayama.jp/~ookuma/ryujin/b29.htm

Q星新一さんのほのぼのショート

星新一さんのショートショートが好きです。
星新一さんのショートショートと言えば、シュールでブラックなものが多いのですが「未来イソップ」収録の「ある夜の物語」のような、こころ温まる話にも惹かれます。一冊の単行本に1話ぐらいこんな話があったらいいなぁと思います。

そこで質問ですが、星さんの文庫本のなかで一話ぐらい(もちろんそれ以上でも可)「心温まる・イイ話」がある文庫本を教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

新潮文庫から出ている「ようこそ地球さん」という本のなかの、「愛の鍵」がオススメです!

星新一氏のショートショートが網羅されている、辞書のようにぶあつい三冊組みの全集があります。
わたしはこれを図書館で見つけて、星新一氏の魅力にはまりました。
これが手元にあれば、ぱらぱらとめくるだけでシュール・ブラックだけでなく「ホロリとなる話」や「心温まるいい話」なども、見つかると思いますよ。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/410319426X/qid=1102595483/sr=1-3/ref=sr_1_2_3/249-6180592-8893924

Q阿刀田高さんの”図書館めぐり”

阿刀田高さんの「夜の旅人」という本のあとがきに国立国会図書館に勤めていた時代に図書館関係のパンフレットに”図書館めぐり”のエッセイ?を連載していたという記載があったのですがどなたかこのことについて知っている方いらっしゃいませんか?
このエッセイを読んでみたいのですが、本として出版されているのか、それともこのパンフレットが現在どこかで閲覧することが出来るのか・・。
どなたか知っている方がいたら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 前の方の回答は極めて一般的な無難なものです。しかし実はこれでほとんど問題無く解決するはずです。にも拘らずnaimonoさんから何の返事も無いのは気になるところですが、一応補足しておきましょう。

 質問の内容から阿刀田高さん(実名ですね)の文を掲載した雑誌は『国立国会図書館月報』以外にはないだろうと考えます。この雑誌に関しては1987年に文化図書から刊行された『政府定期刊行物目次総覧』という総目次が存在します。これを調べれば具体的な掲載日時もすぐに判るでしょう。阿刀田さんが在職したのは1年にも満たない間だったようですから、調べる範囲も狭くて済むはずです。
 上記の資料に関しては県立レベルの図書館ならほぼ確実に所蔵しています。先ず身近な図書館で掲載号とその所在を調べてもらうのが良いでしょう。このような参考調査も図書館の重要な業務の一つです。自館で判らなければ、県立図書館等に再質問されることになりますから、「お願いします」で任せれば、結果は得られるはずです。それでも駄目なら、県立館に質問を取り次いで欲しいと伝えてください。
 所蔵館に関しては↓のようなサイトを利用して自分で調べることも出来ます。

参考URL:http://www.jla.or.jp/link/public.html

 こんにちは。
 前の方の回答は極めて一般的な無難なものです。しかし実はこれでほとんど問題無く解決するはずです。にも拘らずnaimonoさんから何の返事も無いのは気になるところですが、一応補足しておきましょう。

 質問の内容から阿刀田高さん(実名ですね)の文を掲載した雑誌は『国立国会図書館月報』以外にはないだろうと考えます。この雑誌に関しては1987年に文化図書から刊行された『政府定期刊行物目次総覧』という総目次が存在します。これを調べれば具体的な掲載日時もすぐに判るでしょう。阿刀...続きを読む

Q星新一さんの作品で・・・タイトルを忘れてしまって

星さんの本だと思うのですがタイトルを忘れてしまって困ってます。
2つど~しても思い出せません。

(1)「男性にとって処女が魅力的で何故処女が魅力的だなんて解らないが流行なのでとにかく男性は処女と結婚を望む世界で処女か非処女か見分けるために色々な薬や機械を発明に発明を重ねて文明を築いていく話です」(2)「人間は好奇心旺盛な生き物で自分が儲けなくても儲けてもそれに関係なくても興味を示すような事を語っていた内容です。」

Aベストアンサー

(2)はちょっとわからないのですが、(1)はなりそこない王子に収録されている「エスカレーション」だと思います。

Q阿刀田高の作品で、お坊さんの安楽椅子もの

阿刀田高の作品で、お坊さんが事件の話を聞いただけで推理して解決するシリーズがあったと思うのですが、
作品名を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

『Aサイズ殺人事件』です。

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31379951

Q星真一さんショートショートについて

こんにちは

星真一さんショートショートについて、下記のストーリの話はどの本に載っているかご存知の方教えてください!

たしか・・・

主人公の人がいて、友達や知人から、いろんな趣味の発表会の案内が届く。。。

みんなが趣味にいそしんで、良い時代になったな・・・と。

音楽の発表会だったり、個展だったり、
いろんな人から来るので、主人公の人は、あれもいかなくちゃ、これもいかなくちゃと嘆いている。

・・・

最後のオチで、でも、行くようにしよう。なぜならもうじき自分の発表会が控えているから・・・。

こんな感じの内容でした。。。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「未来いそっぷ」の中に入っている「余暇の芸術」かな?
ただ、最後のオチが違うんです。取引先やら友人やらの趣味に付き合わされてすっかり自分の自由時間のなくなった主人公(エヌ氏)は、それを本にして、友人・知人に送りつけます。それを受け取った人は「こんなもん送ってきて!・・でもエヌ氏は私の趣味を理解してくれているし、捨てることもできない」っていう終わり方です。

ちなみに「星新一」さんです。

Q星新一さんか阿刀田高さんのショートショートだと思うのですが

星新一さんか阿刀田高さんのショートショートだと思うのですが30年前ぐらいの作品でネットも本も見つかりません。

ストーリーは
ある会社の社長のところに車のセールスマンが来ます。高性能な車なので社長も買う気になりますが、ひとつだけ高性能とは言えない所があって社長が文句を言うのですがセールスマンの一言で・・・

というものです。登場人物、落ちなど星さんぽいのですが見つかりません。もう一度読みたいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問を見て「あ~~それ、時速何キロのヤツだ!」とピンときたのですが・・・。

>ひとつだけ高性能とは言えない所
それって、「スピードが遅い」ってことじゃないですか?
もしもそうなら、妄想銀行の中の「小さな世界」です。

とっても快適な車だからこそ、購入者はみな時速15キロくらいで走ってますよ とセールスマンに言われて、アール氏は購入を決意します。

Q星新一の作品を探しています。

一度見たことはあるのですが、タイトルや文庫の名前がわからず探している本があります。
星新一の作品で、内容は、

いまより近未来の話で、いたるところに広告が出ている世界で
別荘を当てた人が、広告だらけの街から離れてのんびり暮らせる、
だけど実際は別荘だけでなく、野に咲く花にすら広告があった、、、
なんていう話だったと思います。

わかる人いますでしょうか?

Aベストアンサー

住宅問題、という題の作品ではないでしょうか。

私も星新一は好きで、少なくとも10冊以上持っていて何年も前ですが、読みましたが、そのような話は記憶になかったので、気になってネットで調べてみたら、全作品集と、キーワードから調べられる便利なページを見つけました。
 広告、花のキーワードで出てきました。星新一のあらゆる作品が非常に便利に分かり易く、調べられるかと思います。 
 下記にアドレスを記します。
http://karen.saiin.net/~ak1026/find1/wfinder.cgi

参考URL:http://www.f3.dion.ne.jp/~kujyou/index.htm


人気Q&Aランキング