こんばんは!。
親が有名で、その子供が作家になっている親子っているでしょうか?
ちょっと気になったので、
ご存知の方がいらしたら是非教えて下さい。
ちなみに自分は一組も思いつきません。
皆様よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (20件中1~10件)

 別に日本人じゃなくていいですよね?


 19世紀のフランスの作家で、『三銃士』,『モンテ・クリスト伯』を書いた、アレクサンドル・デュマがいます。
 彼の息子もやっぱりアレクサンドル・デュマ・フィスという名前で、『椿姫』を書きました。
 一般に父親を大デュマ,息子を小デュマと呼んでいます。
  

参考URL:http://sanjuushinoniwa.tripod.co.jp/dumas.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

外国人でももちけっこうです!
大デュマ・小デュマっていうと大バッハ・小バッハみたいですね。
参考URLもみさせていただきます。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/11/23 13:09

 またまた歴史ネタです。


 室町時代の宗教家であり詩人である狂雲子は、詩集『狂雲集』を著しました。
 彼の父親は、後小松天皇です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

む・室町・・・。
ゴコマツ天皇ですか、なるべくがんばっておぼえます!

またまたありがとうございました!

お礼日時:2002/11/24 15:09

 また歴史ネタです。


 幕末に活躍したエッセイストであり、海軍創設にも力をつくした勝麟太郎は、エッセイ集『氷川清話』の著者です。
 彼には、別に号があったはずですが、ちょっと失念しました。
 彼の父親・勝小吉もまた面白い人物で、自伝的エッセイ『夢酔独言他』を著しました。言文一致体としては、日本で初めての傑作エッセイだそうです。
 勝小吉は、思想家・佐久間象山の義父にもあたる人です。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/tanizoko/katu_kokichi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勝~~というのは勝海舟と関係があるのでしょうかね。
言文一致はなんとなく聞いた事あります。

どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/11/24 15:08

ちょっと変則的なパターンを思い出しました。



作家、平井和正氏のご息女に、漫画家の平井摩利さんがいらっしゃいます。

大物では、
漫画家岡本一平氏と作家の岡本かの子さんの
長男に画家の岡本太郎氏と言うのがありますね。

逆にマイナーどころで、
脚本家の伊上勝氏の息子さんが、同じく脚本家井上敏樹さんです。
親子二代で『仮面ライダー』を書かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

岡本太郎さんですか、なるほどきいたことあります。
参考になりました。
どうもありがとうございます!

お礼日時:2002/11/23 23:14

 武術ネタから2つ。



 その1.『姿三四郎』は、講道館柔道創成期の天才児・西郷四郎をモデルにした柔道小説ですが、作者・富田常雄の父親は、やはり講道館柔道・四天王のひとりと呼ばれた富田常次郎です。

 その2.日本人の著作で外国人にも広く読まれている本はいろいろありますが、その中でも5本の指には必ず入るのが、『ブック・オブ・ファイブリングス』すなわち『五輪書』ではないでしょうか。
 作者は江戸時代初期の、熊本・細川藩お抱えの兵法(いわゆる武術)評論家である新免武蔵玄信。若い頃は、自身も剣術家だったそうです。通称があるようですが、失念しました。
 彼の父親は、新免無二斎という高名な剣術家でした。時の将軍足利義昭は、将軍家お抱えの剣術指南役吉岡憲法と、無二斎を立ち会わせました。結果は三本のうち二本とった無二斎の勝ち。義昭はこれを賞して無二斎に「日下無双兵法術者」という称号を与えたといいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

またまたどうも!
すっごーく深いお話ですねー。
バカボンドを少しよんでてよかった(ほっ)
どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/11/23 23:07

お母さんが女優の樹木希林 、お父さんがロックミュージシャンの内田裕也の娘が、


作家(エッセイスト?翻訳家?)の内田也哉子さんです。
ちなみに旦那さんは木雅弘だそうです。

参考URL:http://www.word-shiseido.net/scripts/schedule/pr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの樹木希林さんですかー。
なるほどです。
参考URL見てみたいと思います。

個人的にふじからーのCMは大好きです。
田中レナが好きだからかも(笑)

お礼日時:2002/11/23 22:50

他というと。



星新一 ← 星一(星製薬創業者)
紫式部 ← 藤原為時(ウラワザか?)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

星新一さんのお父さんが製薬会社を作っているのですね。

時代が一気に平安?時代に飛びますね。
なるほどです。
歴史にはうといですが、これを社会の先生に吹っかけて見たいと思います。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/11/23 13:07

佐藤紅録(作家?)の娘は佐藤愛子だと思います。


「血脈」は読み応えがありそうですよ。私はまだ読んでないですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

血脈」ですか、本屋さんでちょっとチェックしたいと思います。
どうもありがとうございます!

お礼日時:2002/11/23 13:05

親が有名と言うことは、必ずしも親が作家とは限らないわけですね。



 そこで、元首相の吉田茂の息子で、随筆家である吉田健一さんは、どうでしょうか。既に、ご両人とも故人ですが。政治家の息子で、全く政治の世界に関係しなかった人として印象深い人です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい、別に親が作家ではなくても良いです。

吉田茂って自由党の人でしたね、個人的にはあまり好きではないけど。
政治家の息子で政治に関係ない人ってあんまりいないですね。
あ!石原よしずみってのはどうですか?

参考になりました。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2002/11/23 13:00

#2の回答で思い出しました。


北杜夫→斎藤由香
っていうのもあります
躁鬱病の父(北杜夫)をネタにシブいエッセイを書いているようです。

後、
夏目漱石→→夏目房之助
が出ていないぞ!←(あ、こりゃ「お孫さん」かぁ)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

北杜夫さんって有名ですよね、まだ作品は読んだ事がないので是非読んでみたいと思います。

夏目漱石のお孫さんも作家なんですね、知りませんでした。
参考になりました。
どもありがとうございました!

お礼日時:2002/11/23 12:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q茶陶作家の刻印の本

お茶会で道具の拝見をするとなかなか刻印が読めません 作家の刻印が載っている本がありましたら教えてください

Aベストアンサー

#2です。
ぐい呑み辞典の例:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4892872423/sr=1-/qid=1160105592/ref=sr_1_2/503-0624900-1144766?ie=UTF8&s=books
備前(すみません唐津ではありませんでした)の作家の陶印:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4881977075/sr=1-/qid=1160105015/ref=sr_1_1/503-0624900-1144766?ie=UTF8&s=books
陶印はありませんが見方の本:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4808707535/sr=1-/qid=1160105416/ref=sr_1_4/503-0624900-1144766?ie=UTF8&s=books

Q有名な海外作家を教えて下さい☆

海外でも日本でも有名な海外作家を教えてください。
恋愛ばっかり、哲学ばっかりの小説は避けたいなと思っています。
あまり本に詳しくない私でも、シェイクスピアとアガサクリスティは知っていました。アガサクリスティ並に有名な作家を教えて下さい。(推理小説だけでなくても構いません☆)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

王道すぎますが、
推理小説なら、名探偵コナンの名前の由来にもなっている、
コナン・ドイルのシャーロック・ホームズは外せないのではないでしょうか?
シャーロキアン(シャーロック・ホームズの熱狂的ファンのこと)という言葉があるほどです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%A2%E3%83%B3

Q○○作家の定義

将来のことを考えていたときにふと思った疑問です。

例えば、放送作家。たとえば、織物作家。絵本作家、人形作家。
~作家、とつくものは色々とあるとおもうのですが、その定義はなんなのでしょうか。
本人が勝手に名乗るもの何か違うような気もします。
商業活動を行えるレベルに達したら、という事でしょうか?

また、実際に○○作家と名乗っていらっしゃる方かおりましたら、いつからそう名乗るようになったのかの経緯みたいなものを教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

マスコミがそう言うかどうか、本人がそう言うかどうか、ではないですか?

知り合いに愛知県瀬戸市の陶工の方とか、豊田市(旧小原村)の小原和紙の職人さんとか、岡崎の和蝋燭の職人さんとかいますが、みなさん自分のことは「職人」と言っています。
それぞれ著名な方々ですが、自分から「○○作家」は名乗っていません。

Qアシモフはいつ有名作家になったのでしょうか

アイザック・アシモフは、いつ有名になったのでしょうか。
SF界では早くから有名だったみたいですけれど、
一般人にもよく知られるようになったのはいつ頃でしょうか。

Aベストアンサー

一般人の範囲が分からないけど、ずっと昔から有名でしたよ。俺は小学生の頃から知ってるし。(ん十年前だな)
「私はカモメ」 (それはテレシコワ)「我はロボット」だっけ?
整理解雇の4要件・・・じゃない、
ロボットの4原則を制定し、反乱はあったものの現代のロボットは全て批准・遵守しています。
(どこからフィクションでしょう?)

Q漫才師のネタは自前?放送作家作?

漫才はのネタはどこまでが自分で作り、どのような場合は放送作家か構成作家が作るんでしょうか。
NHKを見る限り、作家が作ったと思われる物が多い気がします。
番組によっては全て作家作の場合もあるんでしょか。

Aベストアンサー

どちらもありだと思います
漫才作家という職業の人がいて 台本を書いて それを演じる人が 肉付けをする場合もあるでしょうし
http://www014.upp.so-net.ne.jp/t-kita/shougei0024.html

チュートリアルは自前だそうです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB_%28%E3%81%8A%E7%AC%91%E3%81%84%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%29

Qおすすめの作家

文体自体は軽くて、またストーリーも引きが強くて読みやすいのだけど、
言わんとしている思想は決して軽くはなくて込み入っている、
そんな作家を探しています。

イメージとしては、川上弘美、姫野カオルコ、恩田陸、乙一、笙野頼子、安部公房など。(現在私が好きな作家です)
狭義のミステリ(○○殺人事件系)はあまり好きではありません。
他にお勧めの作家・作品があったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、私が面白いと思った本を紹介します。

「ブレイブストーリー」他、宮部みゆき、宮部さんの本は非常に面白いですが、それだけでなく考えさせられることが多いです。どれを読んでも感動すると思います。(SFも、時代小説も、ミステリーも)

「蒼穹の昴」「プリズンホテル」他、浅田次郎、浅田さんの本も宮部さんとは違った読み応えがあります。

「トキオ」東野圭吾、ドラマ化されましたが、原作のほうがずっといいです。

後は、「重力ピエロ」伊坂幸太郎、これは本当に面白いです。

Q現代の偉大な作家(純文学)

海外・日本国内を問わないので、過去の偉大な作家に匹敵するくらいの現代の作家を教えてください。

文学の偉大な作家は思いつくだけでも数々あります。

■海外
ドストエフスキー、トルストイ、ゴールディング、ジット、カミュ、カフカ、ヘッセ、トーマスマン、ヘミングウェイ、スコットフィッツジェラルド・・・。

これらの作家はだいたい読んだんですが、それ以降の作家、すなわち最近20~30年以内の作家でこれらに名を連ねるに値するほどの作家がいれば教えてください。ガブリエル・ガルシア=マルケスに最近深い感銘を受けたので、現代の作家の本も読んでみたいと思いました。

■日本
三島由紀夫、安部公房、大江健三郎・・・。

以降で彼らに匹敵する、国際的に認められているような大作家がいれば教えてください。村上春樹がその候補の一人でしょうが。それ以外でお願いします。あまり小説の事情に詳しくないもので。

Aベストアンサー

プラハ3大文豪のカフカがいますが、あとのふたり、

カレル・チャペック
ヤロスラブリ・ハシェク

は、おすすめできるとおもいます。ハシェクは風刺作家で、かつ売文というか仕事を選ばなかったため、まとまった著作は「兵士シュヴェイクの冒険」しかありませんが、幸い岩波文庫の4巻揃いは、非常に名訳、かつ原著挿絵も全て網羅という良書なのでおすすめです。あとは短編集「不埒な人々」が平凡社からでています。
チャペックは邦訳も多く、絵本からエッセイ、伝記、まで多作です。過去の人ですが。

今日の人では、ウンベルト・エーコはどうでしょう。私は好きです。
あと、読破したとはとてもいえませんが、トマス・ピンチョン、それと、ジョージ・オーウェルもかなりいいとおもいます。新訳の「一九八四年」のあとがきが、ピンチョンだったので、新訳を買ったようなものです。

日本人では、川端康成はどうでしょうか。文章のうまさでは、志賀直哉もいいとおもいます。

Q外国人の作家の大人向けファンタジー

お気に入りは、指輪物語・サークルオブマジック・七王国の玉座・ライラの冒険・ライラエルです。
他はゲド戦記・シルマリル・セブンスタワー・暁の円卓・シャナラの剣等です。
外国人作家の大人向けファンタジーでお勧め有りますでしょうか?
田舎の図書館なので数が少なく次は自前で買う事となりお聞きしたくなりました。

Aベストアンサー

名作系で攻めてみます
マイケル・ムアコックのエターナルチャンピオンシリーズ
・エルリックサーガ
・紅衣の公子コルム
・ルーンの杖シリーズ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4150104913/ref=lm_lb_11/250-8413127-7093062

コナンと並んでファンタジーの始祖
ファファード&グレイマウザーシリーズ 
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=3993

アンチヒロイックファンタジーの始祖?
ハロルド・シェイシリーズ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-8413127-7093062

Q作家と自殺

過去の質問を見ました。
私も単純に、作家で自殺した人は多いと思っていました。それを不思議にも思っていました。
でも過去の、作家と自殺の関係を尋ねる質問では、回答された方はみんなその意見に批判的で、有名な作家が結構自殺している(芥川龍之介とか太宰治とか)から、作家と自殺を結びつけるのかもしれないが、実際は数多くいる作家の中で自殺したのはほとんどいないとか、作家が自殺するんじゃなくて、自殺する原因のある人が物を書くとか、そんなことが回答されてました。
なるほど~とも思ったのですが、私はまだ作家で自殺する人が多いと思ってしまいます。
それが不思議なんです。
そのことをつい先日、文学部に通ってる友達に話したところ、その友達はこう言ってました。
「その作家たちは、こうあるべきだと自分の中で思い描いてる世界(?)があって、その世界と現実とのギャップに悩んで、どうしようもなくなって死ぬんじゃないか」と。
なるほど!とまた思ったのですが、じゃあその作家が思い描く世界って?とも思ってしまうのです。
その作家が理想とする世界とはどのようなものなのでしょう?
それとも死にたくなる理由が他にあるのでしょうか?
それ以前に、やはり私の、作家で自殺する人が多いという考えは間違っているのでしょうか?
批判的な意見でもなんでも構いませんので、みなさんが作家と自殺との関係で思うことがあったら教えてくれませんか?

過去の質問を見ました。
私も単純に、作家で自殺した人は多いと思っていました。それを不思議にも思っていました。
でも過去の、作家と自殺の関係を尋ねる質問では、回答された方はみんなその意見に批判的で、有名な作家が結構自殺している(芥川龍之介とか太宰治とか)から、作家と自殺を結びつけるのかもしれないが、実際は数多くいる作家の中で自殺したのはほとんどいないとか、作家が自殺するんじゃなくて、自殺する原因のある人が物を書くとか、そんなことが回答されてました。
なるほど~とも思ったので...続きを読む

Aベストアンサー

 すくなくとも高度経済成長期以降、自殺する作家はずいぶん減ったと思います。むかしの作家は貧乏だった。スランプが来てかけなくなると食うのがたいへんだった。あまり高尚ではありませんが、おなかがすくと人間悲観するものです。
 それから、自殺した作家というのはなかなか英雄的である。話題とするに足る。そのせいで特にそういう人ばかり持上げられすぎているきらいがあると思います。たとえば太宰の自殺はあきらかに衝動的な心中で(作品上のゆきづまりはあまり感じられない)、しかしそれにもかかわらず芥川とか川端の自殺とおなじ範疇でくくられる。「作家だから(芸術上の悩みで)自殺した」という人と、「作家がたまたま(生活上の悩みで)自殺した」という人がごちゃごちゃになりすぎているような気もします。
 きちんとした統計をとったら、絶対に自殺しなかった文学者のほうが圧倒的に多くなると思いますよ。日本にかぎっても、大伴家持、紀貫之、藤原定価、紫式部、清少納言、式子内親王、世阿弥、井原西鶴、近松門左衛門、芭蕉、一茶、蕪村、太田南畝(蜀山人)、為永春水、十返舎一九、馬琴、幸田露伴、尾崎紅葉、正岡子規、夏目漱石、森鴎外、谷崎潤一郎、志賀直哉、みんなふつうの死にかたです。ただ、明治以降になると急に自殺する人が増えますよね。これはたしかに注目に値すると思う。
 明治の気風として「理想と現実がズレたらそれをなおさなければならない」という理想主義的な部分があるように思います(たとえば維新もそうだけど)。江戸時代のような「本音と建前ちがってていいじゃない」という気軽な生きかたが廃れてしまったことが、作家にかぎらず、明治の人々を追いつめた原因ではないでしょうか。

 すくなくとも高度経済成長期以降、自殺する作家はずいぶん減ったと思います。むかしの作家は貧乏だった。スランプが来てかけなくなると食うのがたいへんだった。あまり高尚ではありませんが、おなかがすくと人間悲観するものです。
 それから、自殺した作家というのはなかなか英雄的である。話題とするに足る。そのせいで特にそういう人ばかり持上げられすぎているきらいがあると思います。たとえば太宰の自殺はあきらかに衝動的な心中で(作品上のゆきづまりはあまり感じられない)、しかしそれにもかかわら...続きを読む

Qこの作家は誰?

日本の作家で、反戦思想の為だったのか明確ではありませんが、太平洋戦争の徴兵検査の際、お醤油を一升飲んで、身体をおかしくして不合格になったという作家は誰なのか、ご存知の方がいらしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

火野葦平だったと思います。。。

その逸話は何処に出ているのか判りませんが、1907~60。福岡県生れ。本名・玉井勝則。第1高等学院入学後、童話集を自費出版。
早大英文科に進み、寺崎浩・田畑修一郎らと「街」を創刊。中退後文学を断念したが、詩誌「とらんしつと」の同人となり復帰。
『糞尿譚』で第6回芥川賞受賞。応召中のため、戦地で授賞式が行われた。兵隊3部作を発表し、作家的声名をもたらした。
戦後は、『花と龍』『革命前後』など自伝的力作がある。昭和35年自殺。

http://www.kcta.or.jp/tourism/hino.html

勘違いならごめんなさい。


人気Q&Aランキング