JRのオレンジカードとか小田急のロマンスカードは例えば5300円分を5000円で買えるという割引がありますね。
テレホンカードも105度数1000円で買えますね。
イオカード,パスネットは直接改札が通れて便利なのですが,プリペイドカードなのにどうして割引がないんでしょうか。
私のまわりでは,割引がないから買わないという人が結構いるみたいです。割引があればもっと普及するかもしれないと思います。
この辺の事情を御存知の方がいらっしゃいましたらお答えください。もちろん,暇なときで結構です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

もともとオレンジカードの1000円券と3000円券には割引の設定はありません(ただし、50枚まとめて買えば1枚おまけがつく)。

5000円券はいま売っていませんし…。

対外的には「自動改札の設備投資とイオカードそのものの利便性が大きいから」という説明がされていましたが…。

オレンジカードは国鉄時代の高い運賃で利用者離れが起きたことから、高付加価値にして利用者をつなぎとめるという意味があったと思います。

イオカードは、その利便性そのものが「売り」であって利用者をつなぎとめられるので、あえて割引を設けなかったと思います。
JR東日本・東海・西日本はこの間運賃を値上げしなかったこともあり、相対的に私鉄との運賃格差がなくなっているので、国鉄時代の割引制度の見直しを行っており、この低金利の時代10000円券に700円も割引をつけていたらやってられん、ということで、偽造オレンジカード発見をいい機会に?10000円券と5000円券の発売を止めてしまいました。

イオカードよりもむしろオレンジカードのほうが特殊な考えで、国鉄時代の高運賃に対する還元という意味が大きいと思います。
では私鉄はというと、単に将来の統一を見越して、JRに倣ったと考えられます。パスネットシステムは、イオカードシステムとソフト・ハードともほぼ同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいお答え有り難うございます。
事情はわかりましたが,やはり割引がないからイオカードを買わないという人も多いと思います。
鉄道会社としては,それはそれで構わないんでしょうね。

お礼日時:2001/02/17 10:55

 やはり利便性を売りにしているからではないでしょうか。

『裏面に乗車駅・降車駅が印字されるので領収書も要らない』などと導入当初JRも宣伝していましたから。鉄道会社とすれば、それだけの設備投資をしたという事情もあるでしょう(パスネット導入時にかかった経費は総額数百億円とか)。もともとカードには印刷経費がかかりますから、それだけでも鉄道会社の収入は減るわけです。
 またバスカードなどのプレミアムは需要を喚起する効果がありますが、鉄道の場合ほとんどその効果はなかったのではないでしょうか。
 なおパスネットの導入に伴い、加盟各社の取扱規則が変更され、実質最短距離で計算されるようになったようです。これに伴い一部区間(例えば、東急においての運賃計算経路の選択―目黒線+南北線・東横線+日比谷線)では料金の値下げがあったようで、副次的な効果といえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん,たくさんのお返事有り難うございました。この場を借りて
お礼申し上げます。

お礼日時:2001/02/17 11:00

 余談ですが、札幌市交通局の「ウィズユーカード」は、1,000円のカードで1,100円分利用できます。

勿論、地下鉄の自動改札も通れますし、札幌市内のバス(市営、中央、JR、じょうてつ)にも乗れます。
    • good
    • 0

鉄道は「総括原価方式」で運賃を決めていますから、パスネットを安くすると、もともとの運賃を上げて釣り合いを取らなくてはなりません。

現金客がある程度存在するならトータルではパスネット利用者が有利になりますけど。

この先は各鉄道の政治的判断に属することですが、これまでのカードと異なって他社との調整など手間がかかることもあり、一番わかりやすい「額面どおり」にしたのだと思われます。

また209501さんのご指摘のように、カードが既に認知されているので、普及のために割引を導入する必要がないというのも当然一因でしょう。

なおsenna13さんの「二重割引」のご指摘は残念ながら当たりません。パスネットでは回数券などを買えないように自動販売機を設定すればそれで済みますから。(実際、オレンジカードでは少し前まで企画券を買えない設定になっていました)
    • good
    • 0

イオカードやパスネットにで回数券を買ってしまうと、割引が2重になってしまう点が、


一番の理由だと思います。
個人的な意見ですが、私は鉄道も高速道路も、割引率を考え回数券にしています。
    • good
    • 0

イオカードについては「そのまま改札を通れる」という付加価値があるので、オレンジカードとの差別化もあって金銭的な付加価値はつけない、ということだったと思います。


メトロカード・パスネットはイオカードにならったのではないでしょうか。

私は便利だと思いますけどね。金券ショップで買うことが多いけど、売り切れだったら定価でも買ってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答有り難うございます。私はいつも定価で買っているんですが,
金券ショップでも買えるんですね。今度探してみます。

お礼日時:2001/02/17 10:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオレンジカード・パスネット等のカードについて

オレンジカード・パスネット等のカードを買うと、必ずといって良いほど裏に「磁気に近づけないでください」って書いてあります。この「近づけないで」ってどのくらいのことを言っているのでしょうか?
またどんな事をすると使えなくなってしまうのですか?とても気になります。
誰か知っている人がいるならば回答をお願いします!

Aベストアンサー

使用済みカードで試してみるとわかりますが、鉄粉や砂鉄を振り掛けてみると
カードの一部分が磁気をおびており、そこに模様になってくっつきます。

カードは券売機でデータを書きこんでいますが印字とともに磁気もうつしているわけです。券売機だけでなく、自動改札機を通すたびに書き換えられています。
うつされた磁気が、強力な磁力で消されたら、「ただのカード」になってしまいます。

銀行のカードであれば、カードに入っている情報は口座番号などだけで、金額などは銀行のコンピューターに入っているので、銀行にいって再発行してもらえますが、プリペイドカードはカード自身に金額情報がはいっているので消えたらおしまいです。

ただ、実際はテープレコーダーのヘッドのようにカードに接して書き換えを行いますから、よほど強力な磁石でない限り、ふつうに近づけたぐらいで消えないと思いますが、念のために注意しているのでしょう。

Qオレンジカードやイオカードで買えますか?

新幹線の乗車券、特急券、指定席券などはオレンジカードやイオカードで買えますか?もし買えるのであれば、窓口で買えるのでしょうか?わかる方教えてください。

Aベストアンサー

No4です。
調べましたが遅かりしですね(苦笑
結果はNo4・No5の通り東日本の主な駅(東京近郊区間の有人駅)の券売機ならば購入可能でしょう。近郊区間外は未確認です。
新幹線停車駅ならば可能かもしれませんがその情報はありません。
山手線内各駅ならば問題なく購入できると思います。

東京近郊区間:スイカ・イオカード利用可能な東京100km圏

タッチパネルの左、新幹線自由席のボタンを押すことで購入できます。
全新幹線購入可能でしたがカードは2枚までしか入らないので差額は現金と言う事になりそうです。
オレンジカードは3000円イオカードは5000円ですね。スイカイオカードならば20000円もありますが…どうなんでしょう…
1000円券ならば2000円までですから100km前後に限られます。
乗車券と自由席特急券と分けて購入すればそれなりにカバーできそうですが…
自由席特急券を購入後みどりの窓口にて指定席特急券に変更は可能ですから310~710円の差額(現金)で指定席へ変更も出来るでしょう。(通常期ならば510円)
ただしカード購入ですから払戻しや切符の変更後に安くなる場合の差額はどうなるか疑問が残ります…
ですから普通乗車券購入後、学割乗車券等に変更する事は厳しいと思います。

No4です。
調べましたが遅かりしですね(苦笑
結果はNo4・No5の通り東日本の主な駅(東京近郊区間の有人駅)の券売機ならば購入可能でしょう。近郊区間外は未確認です。
新幹線停車駅ならば可能かもしれませんがその情報はありません。
山手線内各駅ならば問題なく購入できると思います。

東京近郊区間:スイカ・イオカード利用可能な東京100km圏

タッチパネルの左、新幹線自由席のボタンを押すことで購入できます。
全新幹線購入可能でしたがカードは2枚までしか入らないので差額は現金と言う事になりそ...続きを読む

Q窓口で切符を買う際にはイオカードは使えますか?

先ほど「あずさ~」の質問をしたものです。
学割を使って、八王子から白馬まで普通乗車券を買おうと思うのですが、窓口で切符を購入する際にはイオカードを使って購入できるのでしょうか?
何枚か使いかけのがあるので、それを消化してしまいたいのですが、、、
ご存知の方、教えてください!!

Aベストアンサー

 みどりの窓口ではイオカードは使えません(無理です)。#1の方は有人改札を指しておられるようですが、あそこできっぷの購入はできません。

 どうしてもということでしたらイオカードを使って券売機できっぷを買い、車内か目的地で精算という手もありますが、乗車券の場合は学割が使えません。
 特急券の場合はイオカードが使える券売機で買えばいいわけですが、一度に使える枚数は2枚程度しか対応していないと思われます。 

 ちなみに先程の質問が〆られてしまったのでちょっと述べさせていただきますが、列車発車前であれば自由席でも指定席(満席の場合は不可)でも特急券を買うことができます。

Qパスネット

JRに乗り入れている営団地下鉄やりんかい線の駅からパスネットで入場した場合、JRの駅で出ることは出来ますか。
逆に、スイカで入場して、営団の駅で出ることは?

Aベストアンサー

 整理しておきますが
*Suica利用可能エリア JR東日本線(東京近郊区間・仙台圏の一部) 東京モノレール 東京高速臨海鉄道(りんかい線)
*パスネット利用可能エリア パスネット協議会加盟社局
 Suicaとパスネットの相互利用は不可ですし、取り扱える窓口もそれぞれことなります。
 よって
>JRに乗り入れている営団地下鉄やりんかい線の駅からパスネットで入場した場合、JRの駅で出ることは出来ますか。
 自動改札では不可能です。パスネットに印字されている駅から下車するJRの駅までの運賃(前引き運賃分は控除する)を、JRの有人改札で精算(現金またはイオカード)することになります。
 なおこの際にパスネット処理連絡票をくれます。次にパスネットを使う際には、予めパスネット協議会加盟社局の有人改札でこの連絡票を見せた上で処理してもらわないと使えません。
>スイカで入場して、営団の駅で出ることは?
 自動改札では不可能です。この場合JRとの接続駅(北千住・西船橋・中野)からの営団線運賃を営団の有人改札で精算します。JR分の運賃はJRの有人改札で後日精算します。
 なおこの際にSuica処理連絡票をくれます。次にパスネットを使う際には、JRのSuica取扱可能(有人)駅の有人改札でこの連絡票を見せた上で処理・精算(JR利用分)してもらわないと使えません。
 
 なお例外は千代田線綾瀬~北千住間で、同区間は営団線であるにもかかわらずSuicaが使えます。

 整理しておきますが
*Suica利用可能エリア JR東日本線(東京近郊区間・仙台圏の一部) 東京モノレール 東京高速臨海鉄道(りんかい線)
*パスネット利用可能エリア パスネット協議会加盟社局
 Suicaとパスネットの相互利用は不可ですし、取り扱える窓口もそれぞれことなります。
 よって
>JRに乗り入れている営団地下鉄やりんかい線の駅からパスネットで入場した場合、JRの駅で出ることは出来ますか。
 自動改札では不可能です。パスネットに印字されている駅から下車するJRの駅までの運賃(前引...続きを読む

QメトロカードとSF、パスネットについて

昔メトロカードだったものが、SFカードになって、
今はパスネットになりましたが、
メトロカードとSFカードの違いは何ですか?

JRのオレンジカードとIOカードの違いのように、
カードで自動改札を通れるかどうかの違いでしょうか?

それと、パスネットはいつから始まったのですか?
2000年でしょうか、それとも2001年だったでしょうか?

おしえてください。

Aベストアンサー

SFメトロカードの、「SF」とは、ストアードフェア(Stored Fare)の略です。
ストアードフェアというのがどういう方式かということは、参考URLに詳しく説明されています。
要するに、自動改札機を通ったときに、乗車駅の情報を読みとって運賃を自動的に引いてくれるシステムのことです。

メトロカードは、単なるプリペイドカードでしたから、カードに残された残額の情報があるだけなのに対して、SFメトロカードでは、どの駅から乗車したか、という情報も読み書きできるようになっています。
オレンジカードとIOカードの違いと同じですが、IOカードとSFメトロとでは方式が違うようで、共通に使うことはできません。

パスネットというのは、首都圏の私鉄各社局が同じ方式のストアードフェアを導入したことに対して付けられた愛称です。
このことにより、SFメトロカードで西武に乗ったり、SFとーぶカードで営団に乗ったり、西武線内の駅から営団線内の駅まで一つのSFカードで行けたりすることができるようになりました。
2000年10月14日に導入されたものです。

参考URL:http://www.mintetsu.or.jp/dictionary/sa/082.html

SFメトロカードの、「SF」とは、ストアードフェア(Stored Fare)の略です。
ストアードフェアというのがどういう方式かということは、参考URLに詳しく説明されています。
要するに、自動改札機を通ったときに、乗車駅の情報を読みとって運賃を自動的に引いてくれるシステムのことです。

メトロカードは、単なるプリペイドカードでしたから、カードに残された残額の情報があるだけなのに対して、SFメトロカードでは、どの駅から乗車したか、という情報も読み書きできるようになっています。
オレンジカード...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報