突然ですが、
ベビーシッターというお仕事についてとても興味を持っています。

そこで、これまでにシッターを利用したことのある方や
シッターに興味を持っている方がいましたら
何かアドバイスをいただけたらな、と思っています

まず、シッターとして働く場合
・現場で気をつけるべきこと、または心構え
・子供を保護者に返す時に伝えるべきこと
・起こりやすい事故、怪我や、その対処法
・思わぬ出来事や、その対処法
・持参すると以外に便利なもの

次に、シッターを利用する場合
・シッターを選ぶ際の選考基準、理由
・これまでに出会った良いシッターや悪いシッターの事例
・シッターに望むこと、または不満などの意見
・シッター全般に対するイメージ

たくさん挙げてしまいましたが
何らかの項目に思うところのある方は
レスをしていただけたらありがたいです
多くの人の意見を聞いて参考にさせていただきたいです

よろしくおねがいします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

管理者より:


同等の質問があるのでそちらをご参照下さい

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=41900
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幼稚園・保育園の先生または経験者の皆様!意見聞かせて!

幼稚園で働くとき保育所ではなく幼稚園を選んだ理由、保育園で働いた人は幼稚園ではなく保育園を選んだ理由を教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

私は学生時代から、保育所希望だったのですが、幼稚園教諭しか取れない大学だったので、一年間、幼稚園で働きました。
在学中から、保育士試験を受けていたのですが、なかなか取れなくって。
その後、やっと保育士の資格が取れ、4月から保育所で働くことになりました。

私の場合、保育所を希望した理由は、こどもたちの生活を支える場だと思ったからです。
幼稚園の場合、しっかりとした家庭生活があることが前提で、親に対して求めることが多いように思いました。
日常生活に対して、プラスアルファの存在というか。

保育所は生活の場で、まず日常生活の確保が目的かな。

私は、こどものために親が犠牲になるより、親子がお互いに大切に思いながらも、自己実現していくお手伝いがしたかったのです。
親に対する支援ができるのは、保育所かなぁって思って。
あとは、長い時間こどもたちといられるのは保育所だから。

あくまでも、私の知っている範囲の幼稚園と保育所の違いなので、園によって様々だと思います。

私も4大で、しかも卒業してから少し経っているので、年齢制限なんかに引っかかることも多いです。
でも、大学で勉強したことや、卒業後にやってきたことを認めてもらえるような園で働きたいと思っていました。短大新卒の人より、年はとっているけど、その分いろいろなことを経験しているはずなので。

いい園にめぐりあえるといいですね。

私は学生時代から、保育所希望だったのですが、幼稚園教諭しか取れない大学だったので、一年間、幼稚園で働きました。
在学中から、保育士試験を受けていたのですが、なかなか取れなくって。
その後、やっと保育士の資格が取れ、4月から保育所で働くことになりました。

私の場合、保育所を希望した理由は、こどもたちの生活を支える場だと思ったからです。
幼稚園の場合、しっかりとした家庭生活があることが前提で、親に対して求めることが多いように思いました。
日常生活に対して、プラスアルファの存...続きを読む

Q保育園からベビーシッターへの転職

保育園での人間関係が上手くいかず、ベビーシッターに転職を考えています。
幼稚園や保育園でしか働いたことがないので、どこの会社に登録したらよいのか迷っています。
どなたかアドバイスいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

私も幼稚園勤務からベビーシッターに転職しました。
ハニークローバーというところでお仕事を紹介してもらっていますが、お給料もいいし仕事の量も多いのですごく良いですよ!
自分の都合で仕事を選べるのがすごく助かります。
幼稚園で働いていたころは自分の時間が持てませんでしたが、今では働きながら自分の好きなことをする時間もできて毎日が楽しくなりました。
ぜひ検討してみてください。

Q素人が有料で自宅でベビーシッターできますか?

表題のとおりなのですが、法律的に問題はないでしょうか?

夫婦2人暮らしの人で子どもを持った経験がなく、つまり子育ての経験がゼロの人が
自分の家で人の子どもを有料で預かってベビーシッターをするという状況です。

法律的以外にも、何か問題はあるでしょうか?

ちなみに質問者は独身で子どもはおりません(出産経験もなし)。
親戚に、結婚して子供が生まれたら共働きで仕事に行っている間に有料で預かるって言われたので、ちょっと気になりました。

Aベストアンサー

>実は親戚の自営業が不振で、簡単に言えば収入が欲しいのが目的で
預かると言い出した次第で。

保育士をしてました。
他人様の子供を預かると言う事を軽く考え過ぎです。

いわゆる無認可保育園になると思いますが、2001年から認可外(=無認可)の保育園にも保育の質などの基準が出来ました。
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/cgi-bin/t_docframe.cgi?MODE=tsuchi&DMODE=CONTENTS&SMODE=NORMAL&KEYWORD=&EFSNO=7314

Qベビーシッターの経験者さん教えて下さい

子供が大好きでベビーシッターのお仕事をしたいと思っています。
派遣に登録しようと思っているのですがこの場合仕事はどの位の日数働けるのでしょうか?
希望したとおりに仕事の依頼ががあるのでしょうか?
周りに経験した人がいないので全く分かりません。
自分の希望日に仕事が出来る確立って高いですか?
それとも登録したけどあまり仕事の依頼って無いんでしょうか?

Aベストアンサー

私も利用した側です。その時にシッターさんと派遣会社の方に聞いたことです。(派遣会社の担当者が知り合いだったので。)

担当者によると、時間に融通がきき、評判のいい人に「いい仕事」(定期的、ある程度まとまった時間、家がきちんとしている、場所が便利、約束時間が守られるなど条件のいい仕事)が回るそうです。
そう教えられたので、こちらが依頼する時は早めに予定をたててまとまった時間お願いするようにしていました。(結果としてとても良い方を派遣していただけました。)
急に予約が入ることも多いそうですから、仕事のできるスケジュールが不安定な場合は、依頼は少ないそうですし、依頼することがあっても単発の条件のあまりよくない仕事になってしまうことも多い、というように聞きました。

ある程度安定して、仕事の日数を確保なさりたいのでしたら、シッターの派遣だけではなくて、託児施設のあるところに登録されてはいかがでしょうか。私が契約していたところは、オフィス街に「託児ルーム」を持っていて、定期的に「子どもの英会話教室」なども開いていましたが、人数は多少するものの常時利用はあるそうで、私が利用したときもいつも何人かのシッターさんが子どもの世話をしていました。
そういうところと組み合わせると、まとまった仕事になるように思います。

保育士さん、幼稚園の先生などの経験者が一応優遇されるようですが、必ずしもお客さんの評判とは一致しないそうです。
印象に残るシッターさんは、広告とか古新聞とか洗濯バサミというようなどこにでもあるもので、ちょっとした「おもちゃ」を作ってくださって、その後子どもにとって「定番」となった遊びを作ってくれた方でした。プロだなと思いました。また、「世話をする」というのではなく、子どもを見守って「今度はどうしようか」と子どもの要求を引き出してくれる方にも、感動しました。

ご参考まで。

私も利用した側です。その時にシッターさんと派遣会社の方に聞いたことです。(派遣会社の担当者が知り合いだったので。)

担当者によると、時間に融通がきき、評判のいい人に「いい仕事」(定期的、ある程度まとまった時間、家がきちんとしている、場所が便利、約束時間が守られるなど条件のいい仕事)が回るそうです。
そう教えられたので、こちらが依頼する時は早めに予定をたててまとまった時間お願いするようにしていました。(結果としてとても良い方を派遣していただけました。)
急に予約が入ること...続きを読む

Q本職は幼稚園教諭ですが、休日にベビーシッターをしたい

今幼稚園で働いているんですが・・土日限定(祝日・夏休みや冬休みなども可能)でベビーシッターをすることってできるんでしょうか??もしできるとしたら、例えば何か手続きなどは必要なのでしょうか?個人でやりたいのですが・・。また、どうやってそのことを皆さんに知ってもらえばいいでしょう?希望者を募るというか。もしできる場合、時給いくらくらいなんでしょう?

Aベストアンサー

 
 #1さんの書かれているように、公務員ですと基本的に無理ですし、民間の幼稚園でも難しいとは思いますが、
 単純に、「する」ということだけで答えるなら、可能ですよ。今現在幼稚園で働いておられるということですから、幼稚園教諭の免許はお持ちでしょうし、もしかしたら保育士資格もお持ちかもしれませんね。
 ベビーシッターについては、今のところ国家資格はありませんので、統一された認定資格はありません。いくつかの団体が独自に講座を持ったりして認定しています。ですから、基準も様々です。一度、お問い合わせなさるといいかもしれませんね。
 ベビーシッターの場合、お預かりするお子様の年齢層は幅広いことが多いです。乳児もありますし、小学校低学年も範囲に入ってきます。乳児の場合は、ちょっとした経験がものをいう部分もありますから、準備をしておくと安心です。子育て経験をお持ちであれば、おそらく大丈夫でしょう。そうでなくとも、学校で「乳児保育」の勉強をなさったのであれば、そのテキストをもういちど読み返し、疑問に思ったところはご友人やご自分のお母さんなど、聞きやすい人に聞いておくのもいいかも知れません。

 さて、ご自分お一人で始めるとなると、いくつか準備が必要です。
 まず、タウンページ(黄色い電話帳)の掲載を検討しましょう。料金は文字数やスペースで様々ですが、とりあえずは「掲載」だけで充分です。ベビーシッターのカテゴリーで掲載してもらいましょう。
 それから、ベビーシッターはいつでも予約を受け取れる環境が必要です。ご自分の固定電話をお持ちなら、ボイスワープなどの転送サービスを契約して、携帯電話などに転送できるようにしておきましょう。大客様は、電話をかけた時点で予約ができればそのまま利用し、リピーターになってくださる可能性も高いですが、つながらないとすぐあきらめて、他に行ってしまいます。
 依頼をお受けする範囲は、自動車で30分以内でおさめておきましょう。それぐらいであれば土地勘もききますし、何か不測の事態で遅れそうになっても、なんとかとりかえしのつく方法が見つかります。
 広告は、まず新聞折込などで様子を見ます。設定したエリアに何世帯あるか調べて、できるだけ小さな範囲で、繰り返し入れていくのがいいと思います。枚数にして1000枚から2000枚。原稿を作れば、新聞店で印刷してくれるところも結構ありますので、聞いてみましょう。1枚の折込単価は地域差もありますが、だいたい3円ぐらいで収まると思います。折込の少ない日を聞いて、その日に入れてもらうようにすると効果的です。チラシの効果はとても短く、2、3日で忘れ去られます。2回目も同じエリアに入れるようにして、できれば1ヶ月以内に入れるようにしましょう。
 また、近くの保育園、児童館、幼稚園、子育てサークルを回り、所長や責任者に会って、お願いしましょう。そういう情報は結構貴重なので、そんなに冷たくあしらわれることはないと思います。「営業」ですから、断られてあたりまえと思って、こまめにまわりましょう。チラシを置いてもらえるかどうかもきいて、10部くらい置かせてもらいましょう。そのままほったらかすと印象が悪くなります。1ヶ月以内に再訪し、「きれいなチラシと取り替えます」といって、新しいチラシを同じ数分くらいおいてきましょう。そのときに、反応など聞ければうれしいですよね。
 
 始めるとなると、近くの保険の代理店に足を運んでおきましょう。損保を扱っているところです。で、傷害保険の手続きをしておきます。詳しく説明して、お預かりしている時間はもちろん、たとえばどこかに連れて行くといった依頼のときにも保険が効くようにしておきましょう。できれば、無記名式がいいと思いますよ。

 そして、受注書を作っておきます。たとえば、いつ予約があって、依頼日は何月何日の何時から何時までなのか、どこでお預かりするのかなどの受付をし、当日お預かりしてからお返しするまでの様子をある程度書いて、お客様にお見せします。で、承認印をいただけば、料金をいただくわけです。この書類は複写式にしておくと便利です。同じものにしておいて、カーボン紙をはさんでおけば大丈夫ですよ。

 料金は、いろんな考え方もありますし、地域差もあるのでなんともいえませんが、逆に、電話帳やインターネットで調べて、直接聞いてみるのがてっとりばやいと思います。
 京阪神や関東の都市部では、1時間1500円程度でもお客様はできると思います。でも、山間部や地方では500円でも高いかもしれません。要は、需要と供給のバランスです。
 シッター料金とは別に、現地までの交通費を実費で請求できることもあります。自動車なら何キロで何円とか基準を決めておき、バスや電車なら実費をもらうということをお知らせしておけば大丈夫でしょう。さきほどの用紙にも交通費の欄を作っておくと便利です。言うまでもなく、事務所から現地までの最短距離になります。

 リピーターになってもらうためには、安心してご利用いただける環境づくりが必要です。清潔感のある服装、みだしなみ。丁寧で落ち着きのある受け答え。笑顔。最低条件です。
 他に、絵本やおもちゃを少し用意しておくなどの工夫もいりますね。
 現地で使える器具などの確認は必要です。たとえば、電気ポット、電子レンジ、ガスコンロ、ストーブ、テレビ、オーディオ、エアコン、どれを使っていいのか、分かる範囲で聞いておきましょう。できれば、ガスの元栓は閉めておきましょう。また、電気のスイッチの場所、トイレの使い方は聞いておきましょう。
 電話が鳴ったときや、玄関にどなたかこられたときはどうするのかも、聞いておくと安心です。
 1回目の依頼では緊張するでしょうが、2回目以降はずいぶんと仕事しやすくなると思います。
 長い時間お預かりする場合、食べ物がからんできます。基本的にはお客様に用意していただいておきましょう。シッターが調理をすることは基本的にはやめておきます。お子様の相手が基本の業務ですから、調理の間に何かがあると大変です。レンジで温めるぐらいのことは別ですが、基本からそれないように仕事を受けましょうね。
 
 もうひとつ大事なのが、守秘義務。お客様のご自宅でお預かりすることが多いでしょうから、いやおうなくプライベートなことがらが目に入ります。興味半分でそれらを覗き見るのはありえないとしても、知ってしまったことをついぽろっと口にしてしまいそうになるのが人間の性分です。けれども、絶対にやめましょうね。法令で禁止されているだけでなく、人間性を疑われます。その後の将来設計にまで影響します。

 なにかお役に立てましたでしょうか。結構、大変な仕事なので、ぜひフルタイムで取り組まれることをお勧めします。がんばってください。

 あ、言い忘れましたが、所得が発生すると、確定申告が必要になります。夏休みや冬休みにする場合、扱う件数も増えるでしょうから、税務についても勉強しておかれることをお勧めします。

では、がんばってください。応援しています。
 

 
 #1さんの書かれているように、公務員ですと基本的に無理ですし、民間の幼稚園でも難しいとは思いますが、
 単純に、「する」ということだけで答えるなら、可能ですよ。今現在幼稚園で働いておられるということですから、幼稚園教諭の免許はお持ちでしょうし、もしかしたら保育士資格もお持ちかもしれませんね。
 ベビーシッターについては、今のところ国家資格はありませんので、統一された認定資格はありません。いくつかの団体が独自に講座を持ったりして認定しています。ですから、基準も様々です。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報