こんにちは。
恋愛小説でおススメの作家さんを教えてください!
小説を最近読み始めたのですが、読みたいジャンルが狭い気がします。
なので、なんでもよいわけではなく、できれば25歳近くの女性が主人公で、弱弱しい主人公より毒っ気のある主人公が良いです。
松尾スズキさんの『クワイエットルームへようこそ』はとてもよかったです。
短めの方が好きなので、短編集がベストです。
あとは藤堂志津子さんを読んだことがあり、作品によっては好きなものもあるのですが、少し年代が上なところもあり、もう少し下(20代後半)だと嬉しいです。
コミックなら安野モヨコさんや桜沢エリカさんあたりが好きです。

もしどなたか良い小説ご存知でしたら、教えてください。
宜しくお願いします!

A 回答 (3件)

初めまして。


私自身は「恋愛小説」にあまり興味は無く、「恋愛」もあまり興味なく生きてきましたが、それ故に、「一癖ある恋愛小説」が好みでもあります。笑 (そうは言っても、二十代後半で三児の母なんかやっておりますが。。。)

*できれば25歳近くの女性が主人公で、
*弱弱しい主人公より毒っ気のある主人公が良い
*短めの方が好きなので、短編集がベスト


水上洋子さんの小説は「意志的な恋愛」が多く、これらの条件が合致するのでは。。。と思います。本屋で眺めると、短編が多く目に付きますので、その条件でも良いのではないかと。。。

もうひとつ、お勧めは

芥川龍之介「袈裟と盛遠」

「古典題材」ではありますが、意外に読み易く、短編です。取っ付き難く思われるかも知れませんが、ぜひ一度読んでみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

水上洋子さんですね、早速探してみようと思います、ありがとうございます!

また、芥川龍之介は小さい頃よく読んでいました。
これを機に、また読んでみます、もちろん「袈裟と盛遠」から。

ありがとうございました!!

お礼日時:2008/08/22 01:27

こんにちは。


恋愛小説といえば、有名なのは、唯川恵さんです。
どの本がオススメとはいえないのですが、どれか1冊読んでみてほしい作家さんです。
私は恋愛小説で彼女の作品が一番好きです。

> 25歳近くの女性が主人公で、弱弱しい主人公より毒っ気のある主人公が良いです

毒っ気がある主人公は出てきませんが、20代前半~30代の主人公の作品が多いです。
以上、参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

唯川恵さんですね!書店でもよく見かけますね。
年代的にもピッタリですし、今度ぜひチャレンジしてみます!!
回答ありがとうございました!!!!

お礼日時:2008/09/02 01:21

こんにちは。


私が最初に浮かんだのは桜井亜美さんの『The 2nd Lovers』です。
男女の話が3つの短編で
ちょっとひねくれているけど、わかる~!っというキャラの主人公です。
http://www.amazon.co.jp/2nd-Lovers-%E5%B9%BB%E5% …

毒っ気という事で、山田 宗樹さんの『嫌われ松子の一生』も浮かびました。年齢設定を言われると微妙ですが・・(笑)
http://www.amazon.co.jp/%E5%AB%8C%E3%82%8F%E3%82 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

桜井亜美さんの『The 2nd Lovers』ですね!
本当にこのジャンルには疎いので、全然聞いたこともありません。
早速探してみます!
『嫌われ松子の一生』は映画もドラマも見ておりませんが、
毒っ気あるんですね、知らなかった笑
なんとなく嫌煙してましたが、読んでみることにします!

ありがとうございました!!!

お礼日時:2008/08/22 01:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恋愛小説の名作を教えてください。

私は感情がとぼしいし、人の感情をあまり理解できていないらしく
いままでも恋愛体験もありません。

恋愛小説を読むことによって人の心を理解する助けになると
きいたので、恋愛小説の名作を読みたいと思います。

どうせ読むなら評価の高いのをよみたいので、
恋愛小説でお勧めを教えてください。

恋愛小説の名作はいくつくらいあるのでしょうか?

女性の心理を勉強し実際に恋愛しはやく彼女がほしいです。

Aベストアンサー

中勘助 銀の匙 がよろしいです。
後半部分に友人の姉に初恋の情を持つのでですが、それに気づき、戸惑い、うつろう心理描写が美しい文章(日本語)でかかれています。

Qおすすめの歴史小説(作家)を紹介して下さい。

読んだ事のある作家と自分の好みは以下のような感じです。


◎司馬遼太郎
◎宮城谷昌光
◎和田竜
◎津本陽
○井上靖
○陳舜臣
○塚本青史
○中村彰彦
○吉川英治
○山岡荘八
△海音寺潮五郎
△柴田錬三郎
×童門冬二
×浅田次郎


読み物としての面白さは勿論の事として、それだけでなく、一定範囲のリアリティを確保した作品が好みです。

技術的に物足りないのも好きではありませんが、
どんなに上手く仕上げていても、人に聞いた話、昔にどこかで得た知識、他の作家の作品で得た知識を組み合わせて小手先でアレンジしただけのような、自分で真剣に資料を見てない事がバレバレな作品も好きにはなれません。

オススメなのがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

吉村昭のオススメの作品

「生麦事件」
「桜田門外ノ変」
いずれの作品も歴史のそのときに立ち会っているみたいな臨場感に富みます。

「長英逃亡」 捕縛せんと血眼の幕府の目を潜って逃げ続ける高野長英。
その結末には長英ならずとも天を仰ぐ気持ちになります。

「冬の鷹」 前野良沢に寄りかかっての翻訳なのに解体新書といえば杉田玄白の名が前面に。
後世の評価が間尺にあわぬ良沢に暖かい目をそそいだ作品。

Qあま~い恋愛小説教えて下さい!!

あま~い恋愛小説教えて下さい!!

今、恋愛小説が読みたいのですが、気に入る本になかなか出会えません。
なので、恋愛小説でおすすめなのや面白いのをご存知の方、是非教えて下さい!!

因みに、私が好きなのは有川浩さんの「植物図鑑」や「図書館戦争」などです。
今は、三浦しをんさんの「ロマンス小説の七日間」というのを読んでます。
恋愛小説で、特に甘い甘いストーリーのものだと嬉しいです。
タイトルと作者名だけで全然構いませんので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じく有川浩さんで、「クジラの彼」「恋愛今昔」は読まれました?
短編集で、ほっこりする恋愛話ですよー。

Q「にゃおん」作家さん達のその後?

数年前、オール猫コミック月刊誌「にゃおん」という雑誌がありました。
1年くらいで廃刊になったと記憶しているのですが、
「にゃおん」で掲載されていた作家の作品を他誌で目にすることは難しいのです…
#MINEKOさんの「バーニーの絵日記」だけは
#竹書房で単行本化されていたのを偶然見つけて即買いしました。
岩崎ゆずさんやたみさんをはじめ、皆様のその後について教えて下さい!

Aベストアンサー

ご質問の雑誌は竹書房の月刊『にゃお』だろうと思われます。世界初の猫まんが専門誌,みたいなコピーで,電車の車内広告を出していた覚えがあります。
1996年6月号(創刊)から半年後,11月号で休刊になりました。
休刊とともに何となく終わってしまったものもあれば,竹書房の他のまんが雑誌(『まんがくらぶ』など)に移ってつづいたものもあります。
須藤真澄さんの「どんぐりくん」は,手元にたまたま単行本がありますので,その巻末によりますと,月刊『まんがくらぶ』に97年2月号から再登場し,今に至るまで連載中です。
寺島令子さんの「くろくま日記」もたしか同じ雑誌でしばらく続いていたようで,これも単行本になっています。
お尋ねの作品については,残念ながら情報を持ち合わせておりません。私はそんなにマンガを読む人ではないので,詳しくは他の方の回答にゆずりたいと思います。
余談ですが,「まんがくらぶ」をうっかり変換してしまったら「満額ラブ」になった。なんじゃこりゃ。(^^)

Q恋愛小説!

泣ける恋愛小説、すごく感動した恋愛小説を教えてください♪
ちなみに私はスプートニクノ恋人が好きです。

Aベストアンサー

山田詠美の「4U」という短編集の中の「眠りの材料」という話がお勧めです。大人になった作家(著者を髣髴とさせる女性)とその友人(男性)が、若い頃の男性の恋人思い出話をする形で進んでいきます。その男性はマックで泣いている家出少女を拾うんですが・・・。泣けますよ。
参考↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344400186/qid=1024134464/sr=1-32/ref=sr_1_2_32/249-4187605-3257920

それから、山田詠美編の「せつない話」。村上龍やボールドウィンなどのせつない短編集です。山田詠美のあとがきから読むのがお勧めです。(そのあとがき自体がせつない。小説みたいな実体験です。)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334717764/qid=1024134464/sr=1-35/ref=sr_1_2_35/249-4187605-3257920

読んだことがあったら・・・もう一度読み返してください(笑)。

山田詠美の「4U」という短編集の中の「眠りの材料」という話がお勧めです。大人になった作家(著者を髣髴とさせる女性)とその友人(男性)が、若い頃の男性の恋人思い出話をする形で進んでいきます。その男性はマックで泣いている家出少女を拾うんですが・・・。泣けますよ。
参考↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344400186/qid=1024134464/sr=1-32/ref=sr_1_2_32/249-4187605-3257920

それから、山田詠美編の「せつない話」。村上龍やボールドウィンなどのせつない短編集です。山田詠美のあと...続きを読む

Qミステリー小説はどれから読めば?

無性にミステリーが読みたくなったので、今まで全く手を出したことのなかったエラリー・クイーンを読んでみようと思っています。
そこで質問なのですが、エラリー・クイーンの作品で一番初めに読むとすれば、どの作品なのでしょうか。
(どれから読んでも大丈夫なのでしょうか?)
この順番で読んだら良いよ、というものがもしありましたら教えていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は小学生の頃(うんと昔・・・笑)初めて読んだ推理小説が「Yの悲劇」でそれ以来推理小説にのめり込みました。
なので、No.1.の方の仰るクイーンの4大悲劇シリーズはお薦めです。
1番好きな探偵の一人がドルリー・レーンなんで、ラストはかなり衝撃的でした。

他にこれから始めれば?と、言う作品ならば、是非国名シリーズからお読みになる事をお勧めします。なるべく書かれた年代の古いものから読まれるのが良いでしょう・・・単発で後に読むなら「災厄の町」などが面白いです。
国名シリーズは「ローマ帽子の謎」が最初です。ミステリファンの間で傑作と言われているのは「エジプト十字架の謎」ですが、私は初期のものの方が好きですね。初期のものには読者への挑戦も挿入されてますので、推理してみてください(^-^)

本屋に行って東京創元社の創元推理文庫版か、早川書房のハヤカワミステリ文庫版のシリーズを見てみて決めてください♪

Qハッピーエンドの恋愛小説

初めまして、タイトル通りご質問させて頂きます。
恋愛小説に凝っていて良く読みます。
ですが、大体バットエンドで心から読んで良かったとは思える作品に出逢った事が無いのです。

ハッピーエンドの恋愛小説で心が温まる、そんな作品をお知りでしたら教えて下さい!
「泣けるんだけどハッピーエンドの恋愛小説だよ」という小説もお待ちしておりますので。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、今まで恋愛小説というものを読んでいませんでした。というのも、ドロドロしたものばっかりが多いと思っていたからです。


でも、これを読んで凄く感動しました。

「MISSING」本多孝好/著

内容は、短編集です。


短編集ですので、全部がハッピーエンドと言えるかは分かりません。一般的な恋愛物と判断していいのかも少し微妙です(特に1話目が)。
でも、確かに恋愛物ですし、心が温まり、読み終わった後になんともいえない心地よい余韻が残る事は間違い有りません!

絶対にお勧めです!


また、少し嗜好を変えて、一人の女性の様々な恋愛に対する姿勢を、その人の成長と共に書く本


「あしたはうんと遠くへいこう」角田光代/著


これは、ハッピーエンドでは・・・まぁ、読んで欲しいのですが(^^;
恐らく、読んでいるうちに色々な感情に蝕まれると思います。嬉、恥、悲しい、イライラ、好き、嫌い。
でも、恋愛ってこうじゃないかな?っていうことがよく描かれていると思います。

恋愛小説に凝っているなら、読んでみてはいかがでしょうか?

私は、今まで恋愛小説というものを読んでいませんでした。というのも、ドロドロしたものばっかりが多いと思っていたからです。


でも、これを読んで凄く感動しました。

「MISSING」本多孝好/著

内容は、短編集です。


短編集ですので、全部がハッピーエンドと言えるかは分かりません。一般的な恋愛物と判断していいのかも少し微妙です(特に1話目が)。
でも、確かに恋愛物ですし、心が温まり、読み終わった後になんともいえない心地よい余韻が残る事は間違い有りません!

絶対にお勧めです!
...続きを読む

QFRaU 12月号(2007年)のアクセサリー作家さん

FRaU 12月号(2007年)に「京都で活動する女性作家特集」がありました。ここに4名の女性作家の方が紹介されているのですが、先日誤って雑誌を捨ててしまいました。
友達の誕生日プレゼントにここに載っていたアクセサリー作家の方の指輪を贈りたくて、どなたか教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

載っていたらしき作家さんですが
http://www.rim-works.com/keisai/keisai.html
革製品

http://www.cocoo.jp/pages/
こちらは雑貨でしょうか?

Q大学生の恋愛小説

大学生の恋愛小説

大学生です。「冷静と情熱のあいだ」を読んだのをきっかけに、
恋愛小説で、大学生を主人公にしたものを探しています。おすすめがあれば教えてください。
著者は女性優先ですが、男女問いません。

せっかくなので、主人公は大学生でなくとも、大学生におススメの恋愛小説でもかまいません。

お願いします。

Aベストアンサー

男性作家の作品も取り混ぜて、女性が読んでもしっくりくるのでは、良いなあと思えるような作家さん、定評のある作品などあげてみます。
石田衣良「美丘」「スローグッドバイ」「1ポンドの悲しみ」など
山田詠美「学問」「風味絶佳」「僕は勉強ができない」など
宮本輝「錦繍」「春の夢」「幻の光」「道頓堀川」など
田辺聖子「ジョゼと虎と魚たち」など
吉田修一「横道世之介」「悪人」など
北村薫「ターン」など新潮文庫のシリーズ、「街の灯」~ベッキーさんシリーズ、角川文庫のシリーズなど
上記の作品には、恋愛だけがテーマではないものもあると思いますが、恋愛小説としても充分味わえると思います。

Q小説を早く読む方法

 小説を読むとき必ず頭で文字を音に出して読んでしまいます。文字を見て頭に音を出さないで読むと早く読めるらしのですがどうなんですか?
どうすれば早く本を読めるようになりますか?
読む方法を変えて本を読むスピードが早くなった方その方法を具体的に教えてもらえませんか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

 遅いのですが一応。
 結局、早く読むには速読を習得するのが一番だとは思うのですが、単純に薦めるわけにはいかないのが現状かと。
 速読のシステムがしっかり馴染んで、取り立てて意識しないでもほとんど自動的に速読ができる様な状態だと、読むためのエネルギーがかなり減って(私見でいいなら、感覚的には10から2、3位に減った感じ。)、その分中身を楽しむ余裕みたいなのものができて、速読できなかった時よりもより物語に浸り込む事ができ、また、以前は手を出さなかった物にも手を出したりと、以前より本に親しめる様になりました。
 しかしこの段階に達する事が出来るかどうかは、「悟りを開く」様なもので、頑張ったところでどうにもなりません。
 その上、出来る様になるまでは基本的に「読む為の労力+速読をするための労力」と普段より余計なエネルギーを使って読む事になるので、単純に労力がかかるだけで速読としてのメリットはほとんど享受できませんから、読む事がむしろつまらなくなります。特に小説とか内容を楽しむ様な物は顕著に。そして、その事が速読が習得し難いものにし、また、安易に読み飛ばしや斜め読みでどうにかしようとする事になり、結果そういったものが「速読」だと誤解したままに途中でやめてしまい、先に出ている様な回答が往々にして見られる事になる原因の様に感じています。
 ただ、それでも早く読みたいというなら、習得に少なくとも数年はかかると構えてやってみる価値はあるかと。
 極論効率良く文字を認識するためのスキルなので、思いの外汎用性が高いスキルです。

 あと、昔書いたあれこれ。参考程度に。
 知識が半端だったために速度が違ってたりしますが。
>>http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3784319.html
>>http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3901871.html
>>http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4014236.html
>>http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4164407.html

 遅いのですが一応。
 結局、早く読むには速読を習得するのが一番だとは思うのですが、単純に薦めるわけにはいかないのが現状かと。
 速読のシステムがしっかり馴染んで、取り立てて意識しないでもほとんど自動的に速読ができる様な状態だと、読むためのエネルギーがかなり減って(私見でいいなら、感覚的には10から2、3位に減った感じ。)、その分中身を楽しむ余裕みたいなのものができて、速読できなかった時よりもより物語に浸り込む事ができ、また、以前は手を出さなかった物にも手を出したりと、以...続きを読む


人気Q&Aランキング