先日も、自分が契約している「郵便局」での「かんぽ生命保険」
詳しくは、保険種類として「普通養老保険」です。
今日、珍しく「郵便局」に行く時間がほんの少しできたので、詳細を聞いて来ました!
是非、アドバイスなどお願い致します!!!

平成17年に加入しました。
契約内容は 
※「入院時」→1日 4500円支払われる(ただし、5日以上の入院に限る)
※「手術時」→1日 4500円支払われるのだが
10倍~40倍までの金額が、手術の内容に応じて異なる。
(盲腸などでは10倍だそうです、その他色々な病気の種類で40倍まで、様々だそうです)
※「死亡時」
 これに関しては、変な書き方かも知れませんが、自分がいなくなってしまうので、あまり気にしてはいません。
(お金に関して、せこい意味ではなく、家族構成の問題からです)

★毎月 18420円支払っています。
★満期が「平成33年 3月」です
(自分の年齢から計算すると・・あと151ヶ月支払います)
★つまり、来月からの合計の「支払額」は
18420円×151ヶ月= 278万1420円です。
★満了時(積み立てなので300万返って来るそうです)
★ちなみに・・今、解約した場合は・・59万1808円戻るそうです。
★つまり・・満了まで支払う合計額と、今現在解約して戻る額を比べてきた場合「21万8580円」少ないのです。
この先、入院、手術をしたとしても、上記の金額しか保障が無いのであれば、また、がん保険は無いとの事なので、
自分としては「解約」して、自分に合った「保険」の自分に必要だと思われる「契約内容」「支払う金額」「保障される金額」を今一度考え、新たな保険に加入した方が良いと思うのですが・・。
どう思われますか?
ちなみに「三井生命」の保険にも入っているため、そちらの方の「契約内容」を今一度確認した上でのことなのですが・・。

どう思われますか?
是非、ご意見、アドバイスを頂ければ・・と思っています!
どうぞ、宜しくお願い致します!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

解約したほうが良いかは、それぞれ保険の特徴がありますので


差し控えますが、内容的には一般的な養老保険ですね。
17年からとの事ですが、養老保険とは生死混合保険といいまして
死亡したときにも、満期のときにも同じ金額を受け取ることが出来る
保険で、死亡の場合に払う可能性のある金額を準備する死亡保険料部分と満期に備える生存保険料部分に分かれ運用されていますが、年齢が若いうち、つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。また、医療保障部分ですが、死亡保障などの特約としてつける場合は、基本的に5日目からしか支給されません。
そのため、医療保障がご不安でしたら、医療保険単体の一日目から保障される保険のほうが安心ですし、死亡保険金を気にされていないなら
必ずしも養老保険という形態をとらずに、個人年金でも貯金でも良いと思います。現在では、解約返戻率が100%を超える終身保険も登場していますが、一定の時期までは低解約返戻期間として逆に通常の保険より損をすることもあります。貯蓄の流動性(すぐに現金として手元に戻せる)を考えれば貯蓄と保険を別個に考えられることも大切かもしれません。ただし、掛けかえるのであれば新しい保険が成立してから解約しましょう。
    • good
    • 41
この回答へのお礼

専門家・・という事で実にご丁寧かつ、細かく教えて頂き有難うございます!!

★医療保障部分に関して・・確かに「5日目から」ということを聞きましたので、回答者様のおっしゃる通り「1日目から保障される保険」というほうが、私も有り難いし、そう思います!
>>個人年金でも貯金でも良いと思います。
★私もそれでも良いのでは・・と昨日の時点で思いついたのですが・・
やはりそうですかぁ!!これも、お心強いアドバイスで有難うございます!!
>>解約返戻率が100%を超える終身保険も登場
>>一定の時期までは低解約返戻期間として逆に通常の保険より損をする・・
★そうでしたか!!ここに関しては、全く知りませんでした!
詳しくはわかるのでしょうか?
★たとえば・・ここの、この保険・・というような形で、この場で知る事ができますでしょうか?
>>つまり入りたてのうちは生存保険料の割合が大きいので、今回のような差が生じます。
★そうなんですか!!これまたビックリです!このまま続けた場合(たとえばあと1年後に解約)などは返ってくる額も、減る・・という事なのですね!!どれくらいの割合で減るのでしょうか?・・なんてわかりませんよね~(笑)
.................................................................................
やはり「貯蓄」と「保険」は別個に考える・・という回答者様のお答えに対し、私も「全くそうだなぁ!」とも思います。
他の保険「普通の保険会社」にも加入しているので、
その「契約内容」を今一度把握した上で・・保険は「その会社」
今の「養老保険」は終わりにする・・という形がうまくとれれば良いナァ!と思います。もう一つの生命保険の契約内容をきちんと聞いて来ます!!
また、詳しい事がわかり次第、この場で「補足質問」させていただく事もあるかもしれません。
それを見ていただけるかどうかもわかりませんが、もし機会がありましたら是非アドバイスお願い申し上げます!
本当に色々な事を教えて頂き有難うございました!!感謝しております!!
また、他の方でも・・何かお気づきの点、アドバイスなど更にありましたら是非宜しくお願い致します!!

お礼日時:2008/09/02 10:21

はじめまして。



養老保険は予定利率の高かった十数年前まではよく出回っていたもの
なのですが、予定利率の低い現在は払った保険料が満期時にもらえる
額を下回ることもあり(特約などつければ確実に下回る)今では
あまりお勧めできない商品です。

だからといって既に入っているものに対して解約を強く勧めるわけでは
ありませんが、あなたの現在の状況(独身なのか等)によっては
あなたのライフプラン、希望にあっていないかもしれません。
ただ今解約した場合は今まで払った額と考えると必ず損をすることに
はなります。
それは損をしたと考えずライフプランにあわないからもっとあったもの
にと考え、さらに今まで無事だったのだからと思えばいいのですが。

年齢や将来のこともわからないのではっきりとはいえませんが、
死亡時の保障がいらないということなので、保障を求めないので
あれば、終身保険、養老保険の類は入る必要はないかと思います。
他の保険が何に入ってるのかわかりませんが、まず将来のことを
考えそれに対して、自分の給料だけでは払っていけないような
事態が起こりうる可能性がある場合に保険を活用します。
損得ではなく無駄のない保険を目指すのがよいと思います。
どちらにしろ保険は何もなければ損をしますから大きなリスクも
想定されないのであれば無理に入る必要はないです。
    • good
    • 33
この回答へのお礼

御礼が遅くなりました!
またまた、専門家・・という事でお心強いアドバイス大変感謝しております!
回答者様のおっしゃるとおり・・今まで払った額・・損をする。
・・と言う事は私もしょうがないかな?・・とも思っております!
でも、おっしゃっていただいたように、今まで、何もなかったのだから、
それはそれで幸せ!・・という前向きの方向で考えてみました。
・・となると、質問にも書かせて頂いたように
★これから満期になるまでの支払う金額・・2781420円
★満期で戻ってくる額・・3000000円
★今解約して戻ってくる額・・591808円
・・を考えた場合これから先の部分での金額で、損をしてしまうということが考えられます。
さらに、質問には細かく書きませんでしたが「三井生命」の保険にも加入しています。
ですので、それ1つでよいのでは?と思いました。
以上のことからと、回答者様のお心強いアドバイスで、解約をしてみようかと思います。
更に、もう一度「養老保険」と「生命会社の生命保険」との2つのことを対比しながらと、同時に考えながらの質問を新たにさせて頂こうと思っております!!
もし、その質問を見ていただけるようでしたら、またアドバイス、ご意見など、是非いただきたく思っております!
本当に色々教えて頂き有難うございました!!!

お礼日時:2008/09/08 16:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生保で月20,000円支払中。死亡給付金額は?

某大手生命保険会社で20年支払いを続けています。
大体で結構です。死亡給付金はいくらぐらいになるでしょうか。

Aベストアンサー

 
200万円~4000万円
契約内容で変わります
死亡保険だけなら高額の死亡保険金が出るでしょうが、死亡保険の他に医療特約やガン特約、障害特約など多くの特約を付けての合計保険料が20,000円なら死亡保険契約は少ない金額になってるでしょう

なお、死亡保険金は保険料を払った期間と関係ないです、1年支払って死んでも保険金は同じです
 

Q主契約の払込期間が満了し、災害・医療関係特約の保険期間を80歳満了に更

主契約の払込期間が満了し、災害・医療関係特約の保険期間を80歳満了に更新する事が出来ると言われました。
入院5日目から1日5000円の保証で、一括80万程の支払額です。かつて抗がん剤治療を受けていますが癌保険には加入しています。更新したほうが良いか迷っています。助言をお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。お答えしたくて登録したばかりですが…

80歳までの保障ですよね?もしガンを患っていなければ、終身の医療保険がいいのですが…無理ですね(>_<)しかし、5日目からの給付は古いタイプの保険です。やはり短期入院から保障される1日目からがいいのでは…。

残念ながら、更新をせざるを得ないかと思いますが、商品の変更はできないか?担当に聞いてはいかがですか?入院1日目からの保障はできないか?

医療の特約は大事ですが、災害の特約はいらないのでは?もし普通死亡の保険が200万程度あるならそちらの特約は解約でよいのではないでしょうか?

できるだけ、安くする方法がよいです。というのもすべて掛け捨てですから・・・

あまり参考にならないかと思いますが・・・・以上です。

Q★保険について教えて下さい★至急★

実は、約4~5年前に卵巣が腫れて薬で完治しました。
その後、ある生命保険会社に自分で卵巣の病気を事前告知し
保険に加入しました。そうしたら、5年の特定部位の免責が
つきました。

その保険に加入して半年後、卵巣腫瘍で入院・手術をしまし
たが、もちろん5年の免責があるので保険は一切おりません
でした。

その入院からもう1年9ヶ月がたちます。その保険は一日
5千円しか出ないので、今後のために他社で新たにもう一つ
追加で入院保険に入ろうと思い、保険の外交員に相談した
ところ、卵巣の腫瘍が完治した証明書をもらってきてほしい
とのことでした。そうじゃないと、生命保険に加入できない
とのことです。

今日、病院に行ったらなんと完治どころかまた腫瘍が再発
していたんです。もちろん医療完治証明書なんておりません
でした。また入院したら、まだ免責期間ですので保険が
おりません。もう保険には加入できないんでしょうか。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちわ。
 基本的なスタンス(建前?)を話しますと、保険とは善意・健全の集団で構成されて、その集団の中に困った人が出た場合に皆で助け合うという性格の物です。
つまり、その中に予め健全じゃないと分かってる方がいればその集団に加える事は集団全体に迷惑が及びます。誰かがそれをセーブしてやらねばなりません。
 謝絶(加入できない)や特定部位不担保や割増保険料がある事は致し方ない事でもあります。

 次に何か手は無いか、という話ですがいくつかあると思います。

1.無選択型医療保険

 アリコで通販専用商品で入れます入院保険、というのを出しています。基本的に既往症があっても加入できます。
・・・同じ額の入院給付金が出るタイプと比較した場合、当然高い保険料水準になっています。

2.既存医療保険にチャレンジ

 実は、どの生命保険会社でも診査の調整をしています。例えば、診査をきつくすると契約件数は減る物の、給付金の支払いも減ります。診査を緩くすると契約も増えますが、給付金の支払いも増えます。同じ保険会社でも時期によって診査の状況は微妙に違ったりします。今後健康状態が回復したら、診査の状況が緩い時には条件無しを勝ち取れる事もあるかもしれません。(告知扱いの医療保険は○×だけで判断しますから、医師の診査がある方が逆にお勧めです。)

3.自家保険

 一般の医療保険も決して安い保険料ではありません。条件付きならなおさらです。保険料相当を貯蓄していくのも一つの手段です。

 こんにちわ。
 基本的なスタンス(建前?)を話しますと、保険とは善意・健全の集団で構成されて、その集団の中に困った人が出た場合に皆で助け合うという性格の物です。
つまり、その中に予め健全じゃないと分かってる方がいればその集団に加える事は集団全体に迷惑が及びます。誰かがそれをセーブしてやらねばなりません。
 謝絶(加入できない)や特定部位不担保や割増保険料がある事は致し方ない事でもあります。

 次に何か手は無いか、という話ですがいくつかあると思います。

1.無選択型医...続きを読む

Q気になる事があります。生命保険を若い時に契約し40歳で、月に払う金額が倍になります。その時、病気持っ

気になる事があります。生命保険を若い時に契約し40歳で、月に払う金額が倍になります。その時、病気持っていたら、新しい保険は、契約しにくいですよね?
でも今入っている保険の見直しだったら持病があっても出来るものなのでしょうか?ふと疑問に思いました。

Aベストアンサー

元保険外交員です。

「月に払う金額が倍になる」原因が「更新」か「新契約(転換を含む)」かで違います。
「更新」は定期保険(掛け捨て)が満期になった時、同じ保険金額で更新時の年齢で保険料を再計算して継続することです。この場合は更新時に病気があっても(極端に言えば入院中でも)原則更新できます。(例外あり)
同じ保険の継続のような位置づけなので、保障内容を変えることは減額を除いてできないのが普通です。
「新契約」になると告知は必要です。「転換」も今までの保険の積立部分を新契約に組み込んで全くの新規より保険料を安くするもので、新契約に変わりはなく、保障の内容もそれまでと変えられます。(会社によっては転換契約は新規より多少診査が緩くなることはあるようです)

ただ保険の用語はわかりにくいため「更新」も「転換」も担当者によっては一様に「見直し」と言ってたりするので、どちらか良く見ることが大切です。

Q簡易保険の2倍型と5倍型の違いについて

簡易保険(終身)の定額型と2倍型と5倍型の違いについて質問があります。

http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/prd_lu_index.html

サイトを見て、良くわからなかったのですが、
つまり違う部分は以下の部分であってるでしょうか?


○定額
満期を向かえても、満期前の支払い金額と同じ金額を受け取れる。

○2倍型
満期を向かえた後に受け取れる金額(基本契約部分)は満期前の半分である。

○5倍型
満期を向かえた後に受け取れる金額(基本契約部分)は満期前の5分の1である。


もう1つ質問があります。
終身保険だと総額500万の保険で月々12000円程度(20代半ば)なのですが、
このサイトを見ると、10年間保障の定期保険は月々3000円
程度で1000万の保障があるのですが、やはり終身よりも
お徳でしょうか?



よろしくお願いします。

Aベストアンサー

終身保険と定期保険の差額をためて運用し、お葬式・残されたご親族のための費用を定期保険が切れるまでに貯蓄出来るならお得です。

もしできないようでしたら、全て終身保険にして万が一の費用はお任せにするのが丁度いいです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報