人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

MacOS10.3でToast5.2を使用しDVDを作成する時、書き込み完了後の検証で「検証が失敗しました」と出ます。書き込み速度を遅くしてもダメです。ちなみにメディアは太陽誘電です。
どうしたらよいのか困っています。どなたかわかる方よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

Toast 5 の最新アップデータは適用されているでしょうか。


http://www.roxio.jp/jpn/support/download/toast/t …

適用されているなら、メディアとドライブの相性が良くないのかもしれません。
太陽誘電のサポートに連絡してみるのがいいと思いますよ。

参考URL:http://www.roxio.jp/jpn/support/download/toast/t …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アップデータを適用してもダメでした。

そうなるとドライブとメディアの相性が悪いんでしょうか?
今度サポートに聞いてみます。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/04 21:14

ご使用のMacが不明ですから(故にドライブが不明)なのですが、例えば16倍速対応メディアを低速ドライブ(4~6倍速とか)で焼くとエラーが出やすいです、それぞれが対応する「書き込み形式」が違うからです(と言っても全く互換性がないわけではない)。


この辺りではないでしょうか?
因みに言えば書き込み速度を落としても、DVDの場合は益はほとんどないです(開発当事にx倍速書き込みの概念がなかったCDとは違います)。

この回答への補足

MacはG4のMDD1.25GHzですが、ドライブは後付けしたパイオニアのSuperDriveです。16倍速対応メディアに16倍速で書き込んで上記のエラーが出たので、8倍速や4倍速を試したのですが…。

補足日時:2008/09/03 01:03
    • good
    • 0

検証に失敗しただけで、DVDの作成には成功しているのですか?

この回答への補足

すべてを確認していないので、成功しているのかどうかわかりません(成功していないのでエラーが出るのだと思いますが…)
「検証が失敗しました」のアラートの前に「セクタ………一致しません」というようなメッセージもありました。

補足日時:2008/09/03 00:58
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDVDにデータを焼いたのですが

DVDにデータを焼いたのですが、最後の最後に下記のメッセージが出ました。何が問題だったのか教えてください。

『このディスクは不完全で、正常に検証できませんでした。このディスクは不完全なため、このディスクを破棄し、新しい空のディスクでもう一度やり直してください。(エラーコード0×80020063)』

よろしくお願いいたします。

MacOSX.4.7です。

Aベストアンサー

> ところで焼けたものは完全なものではないと考えて破棄すべきものでしょうか?焼いたものは一見問題の内容に思われますが、駄目ですか?

私なら、捨てて焼き直します。

QCDを作成時のエラー

初心者な質問になると思うのですが、よろしくお願いします。
CDを作成する時に、検証まではいくのですが、
必ずエラーが出てしまいます。
(どんなデータでも出てしまうのでデータに問題はないと思います。※エラー内容:このディスクは使用できません。ディスクを廃棄し、新しい書き込み可能なディスクでもう1度操作を実行してください。
書き込み可能なディスクがない場合は”保存”をクリックしてデスクトップにディスクイメージを作成してください。このイメージは後で使用できます。)

その後、「保存」をクリックし
DiscBurnerImageを作成、それを解凍したものを新規のDISCにコピーしてCDを作成すると焼き付ける事ができます。

1ヶ月前くらいからの症状ですが、
以前は1回でエラーが出ることなく焼き付ける事ができました。


最近、メッセンジャーが頻繁に落ちたり、
IEのクッキーが一部クリアされていたりと
エラーのようなものが多いのですが初期化が必要でしょうか・・・?
今、作業が立て込んでいるので初期化をしている時間を取る事が
できません。
(そのため、最悪の状態のためにバックアップだけでもと
CDを焼いていました)

使用環境は
OS9.22/PowerMac G4 (Quick Silver)
です。
解決方法を御存知の方がいらっしゃいましたら
ご助言願います。よろしくお願い致します。

初心者な質問になると思うのですが、よろしくお願いします。
CDを作成する時に、検証まではいくのですが、
必ずエラーが出てしまいます。
(どんなデータでも出てしまうのでデータに問題はないと思います。※エラー内容:このディスクは使用できません。ディスクを廃棄し、新しい書き込み可能なディスクでもう1度操作を実行してください。
書き込み可能なディスクがない場合は”保存”をクリックしてデスクトップにディスクイメージを作成してください。このイメージは後で使用できます。)

その後、「保...続きを読む

Aベストアンサー

原因として考えられるのはディスクトップファイルの肥大化です。
ディスクトップの再構築をしてください。方法はoptionキーとコマンドキーを押しっぱなしでマックを起動してください。xxxしますか?とメッセージが出たら指を離してリターン(エンター)キーを押して下さい。

QToast Titanium9で検証失敗の対処方法

Toast Titanium9をMac OS10.5.8の環境で
ネットワーク上のサーバのデータバックアップに使用しています。

DVDへ約4.15GBのデータ書き込みが終わり、
検証ウインドウが現れ検証バーが進行している途中で
“セクタ483597の830バイト目が一致しません。検証が失敗しました”
とメッセージが出てディスクが排出されます。

1
このディスクは、全て正常コピーが完了され使用出来るのでしょうか。
(フォルダ数や項目が多く、手作業ですべて開いて確認するのは困難です)

2
新しいDVDを挿入し、再度、書き込みを試みますが
“セクタ89800の982バイト目が一致しません。検証が失敗しました”
とメッセージが出てディスクが排出されます。
このような場合、どのように対処すればよいのでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

1.いいえ。
少なくともエラーが出た部分については、書き込みが失敗しています。

2.原因はいろいろ考えられます。
ネットワークを介した転送の場合、平均的にはそれなりのスループットが出ていても、
一時的に転送が切れたりする事があります。そうなると書き込みは失敗するでしょうね。
また、安いバルクメディアで書き込みに失敗することもよくある話です。
ドライブがへたって来ていることもあります。

とりあえず、対象データを一旦ローカルのハードディスクにコピーして、それから焼いてみましょう。
問題なく焼けるようなら、メディアやハードの問題ではなく、データ転送の問題でしょうね。


人気Q&Aランキング