最近になって、林望さんのエッセイにハマりました。氏は料理にも造詣が深いようで、オリジナルレシピを集めたエッセイ本もありますし、イギリス生活の思い出を綴ったエッセイ等、料理に関係のない題材のエッセイでも、レシピを紹介してあったりします。
当方も料理は好きなので、おもしろいエッセイを読みつつ、レシピも知れて一石二鳥というエッセイを他にも探しています。レシピだけでなく、東海林さだおさんのようにレシピではなく、食べ物そのものに関するエッセイも好きです。

このように、食べ物やレシピに関するエッセイを書いている作家さんや文化人などの本をご存知でしたらぜひ教えてください!

あと、米原万里さんのエッセイも最近になって読み始めました。林望さん、米原万里さんのエッセイが好きならこの人のエッセイもオススメ、というのもありましたら、こちらも併せてご教授いただけたら幸いです。

A 回答 (3件)

こんにちは。

林さんと米原さんのエッセイどちらも好きです(^o^)ので良かったら参考にして下さい。
●石毛直道さん「食べるお仕事」
 和田誠さんの表紙に惹かれて読みました。国立民族博物館館長の石毛さんならではの知識に裏打ちされた、でもサックリ軽いお話がとても面白いです。すみません絶版のようですので図書館か古書店などでチェックしてみて下さい。アマゾンにも多分あると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31078959
●森枝卓士さん「食べてはいけない!」
 数年前に流行った「買ってはいけない」のような告発本シリーズではありません^m^。地球上で暮す民族の中でタブー視されている食べものについてのお話です。難しい学術本ではありませんので気軽に読めます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31981288
●辺見庸「もの食う人びと」
 「食べる」というテーマでバングラディシュやチェルノブイリで暮す人達を取材した一冊です。ルポですがとても読みやすいのでお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19963391
●椎名誠さん「あやしい探検隊焚火発見伝」
 椎名さんはアウトドアをされるのでエッセイの中でも割と食べものに関する話を書かれていますが、これは特に食べものに関してのエッセイです。リンさんと呼ばれるあやしい探検隊の料理長林政明さんとの共著でレシピもしっかり載っています。キャンプなどで活躍すると思います(狸料理は微妙ですが^m^)。最後の対談集もなかなか面白いです。林さん自身も本を書かれています。文庫化されていますが、残念ながら絶版ですのでもし図書館などで見かけたら読んでみて下さい。岩魚料理とかメチャクチャ美味しそうです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30475457
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18700131
●岡崎大五さん「アジア飯店」
 アジアを旅行した際に出会った、美味しい食べ物変わった経験などが沢山綴られています。ドリアンを密輸した話などドキドキ感が伝わってきて面白かったです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30616351
●桐生操さん「やんごとなき姫君たちの饗宴」
 桐生さんの「やんごとなき」シリーズの最新刊(多分)です。昔の姫君たちの食卓や美食家と呼ばれた人達の話、また料理がどうやって出来たかなどが軽い読み口で沢山書かれています。最後の方は名品が沢山載っていますので、旅行などに行った際にも役立ちます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31472875
 米原さんのエッセイの繋がりでお読みになるなら、米原さんのお友だちでシモネッタ(米原さんが名づけたそうです)とよばれている^m^
イタリア語通訳者田丸公美子さんをお勧めします。通訳業での奮闘ぶりや通訳仲間達の裏話、イタリア人の気質などユーモアたっぷりに書かれていて声に出して笑えます。米原さんの話も少し出てきます。「パーネ・アモーレ」や「シモネッタのデカメロン」が面白かったです。9月に新刊も出るようですよ。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31419390
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32007462
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/32125156
 あと林望さんがお好きなら多分鹿島茂さんはいかがでしょうか?フランス文学者で大学の教授なんですが、古書コレクターで家計が大変になった話や買い物が大好きな日常など、なかなか面白い話が満載です。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30608057
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30872592
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31364432

 長文失礼しました。ご参考までにm(__)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく教えていただき、感謝いたします。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/09/13 19:18

○小説でありながら何故か料理レシピ満載です。


  「食道楽」村井玄斎-岩波文庫
○美食家からの聞き書き。
  「味覚極楽」子母澤寛-中公文庫
○レシピ中心のエッセイ。
  「檀流クッキング」檀一雄-中公文庫
  「男のだいどこ」荻昌弘-光文社文庫
○そのほか必読もの。
  「わが食いしん坊」獅子文六-角川春樹事務所(グルメ文庫)
  「巷の美食家」開高健-角川春樹事務所(グルメ文庫)
  「食の王様」開高健-角川春樹事務所(グルメ文庫) 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細にどうもありがとうございます。
どれもこれも1度読んでみたくなりました。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/13 19:18

有名どころですが


シャンソン歌手の石井好子さんの「パリの空の下オムレツは流れる」とその続編「東京の空の下オムレツは流れる」はお勧めです。
まだ戦後間もない時にアメリカ、フランスに留学、滞在した中でのお料理エッセイから、帰国後の主婦としての、歌手・音楽プロモーターとしての経験を踏まえてのおエピソードとレシピがふんだんに盛り込まれていて、筋の通った“おしゃれ”な感じです。

私も米原万里さんのエッセイが好きです。
テイストできには少し異なりますが、品格と主義主張のある凛々しい文章という点では、似ていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答どうもありがとうございます。
ちょっと昔に書かれた本なんですね。気になります。ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/13 19:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q公募新人賞について教えてください

文学公募新人賞について、同時に同じ作品で二つの賞を応募してはルール違反ですよね?では、同じ時期でなかったらよいのでしょうか?
例えば、今年文學界新人賞で落選して来年同じ作品で群像新人文学賞にとか。

Aベストアンサー

多くの新人賞では、募集要項に「問い合わせには応じられません」とかかれています。ですから、疑問点は主催者に訊くのではなく、こういう場を利用してください。

「他の新人賞に応募済みの作品は対象外」と明記されていなければ、落選作の再応募は構いません。受賞作にも、群像新人文学賞の「アサッテの人」の例があります。一次選考の結果などの公式発表がすめば、落選作という扱いになると思います。

ただ、落選作の再応募は勧められません。新しい作品を書いて応募した方が実力を伸ばすのに役立つからです。

同時期に同じ作品を複数の賞に応募してはいけません。出版権の問題もありますし、業界のモラルを守れないような人は相手にされないでしょうから。

Q小説・エッセイ

風俗嬢の仕事や恋愛などの長編小説を探しています。ケータイで読むのが好きではなく、本で読むのが好きなので出版されているものでオススメがありましたら教えて下さい。
難しいカンジの内容ではなく、ケータイ小説なんかであるカンジのものを探しています。
説明不足でしたらすみません。

Aベストアンサー

小池真理子『弁護側の証人』。ストリッパーが主要登場人物。金持ちの息子に見初められ結婚したものの義父の殺人事件で人生が急転のミステリ。
生島治郎『片翼だけの天使』。個室付特殊浴場の泡姫と再婚したハードボイルド作家による妻をモデルにした作品。

石田依良『池袋ウェストゲートパーク』シリーズ。何話か池袋の風俗嬢がらみの短編あり。

業田義家作『自虐の詩』。数年前、『トリック』の堤幸彦監督により阿部寛、中谷美紀で映画化された4コマ漫画。主人公幸江の父はピンサロ嬢と、幸江がつとめるラーメン屋の主人はソープ嬢とくっつくエピソードあり。幸江自身、立ちん坊時代に今の連れ合いに見初められたエピソードを持ちます。幸江の中学時代の同級生熊本さんとのエピソードが何度読んでもじーんと来ます。

Q公募新人賞への応募について

公募新人賞への応募について


こんにちは。
文学雑誌などで募集されている公募新人賞等についての質問なのですが、
小説家としてデビューする意思の全くない者が、賞を貰えるかは別として、応募してもよいのでしょうか?

趣味として小説を書くことがある程度なのですが、
せっかくなので専門家の評価をいただきたいという気持ちがあります。
表彰されない場合はコメントはいただけないでしょうが…それはそれで構いません。

それともこのような考えのもとで小説を投稿してみようというのが間違いなのでしょうか?

カテゴリーがよくわからないので、こちらで質問させていただきます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

応募規定に受賞した場合は作家としてデビューする事が条件になっているのではないでしょうか。
もしそのような規定がなかったとしてもモラルの問題というのはあります。

選考に落ちればコメントもお咎めも何もありません。

最終選考まで残ったとして、受賞を決定するに当たり候補者本人に何らかの連絡はあるかと思います。
本当に未発表の作品であるかの確認とか、いくつかの確認事項の中でデビューの意志があるか。
もしあるとしても2~3作の次作の準備ができていなければデビューさせられないのでそれがあるか。

その時点で「デビューの意志はありません」と答えれば、あっさり候補から外されるだけでしょう。
そこで作品についてのコメントだけ求めると言うのは厚かましいと言わざるを得ないのでは。
優しい編集者なら答えてくれるかも知れませんが、真剣に答えてもらう事を期待するのはどうかと思いますね。

出版社主催の新人賞に応募するという事自体が作家デビューの意志ありとみなされるものでしょう。
まあその意志のない人の作品を選ぶような失態を出版社の人間が演じるとも思えませんが。
あちらはプロですからね。

応募規定に受賞した場合は作家としてデビューする事が条件になっているのではないでしょうか。
もしそのような規定がなかったとしてもモラルの問題というのはあります。

選考に落ちればコメントもお咎めも何もありません。

最終選考まで残ったとして、受賞を決定するに当たり候補者本人に何らかの連絡はあるかと思います。
本当に未発表の作品であるかの確認とか、いくつかの確認事項の中でデビューの意志があるか。
もしあるとしても2~3作の次作の準備ができていなければデビューさせられないのでそれがある...続きを読む

Q元気になれる漫画&エッセイ

将来についてや結婚等、漠然とした不安で
凹み中です。こんな時にお勧めな本はありませんか?
漫画でも小説でも決まった作家さんばかり読んで
しまうので新ジャンルを広げたいです。
普段は
漫画:吉野朔実・陸奥A子・いくえみ綾
小説:東野圭吾・桐野夏生・江國香織
エッセイ:姫野カオルコ・室井滋・k.m.p
等を読んでいます

Aベストアンサー

誰でもありますよね…
なんか凹んでしまうとき…

こちらはいかがでしょう??

「ぶたぶた日記 」 光文社文庫
矢崎 存美 (著)

主人公はぶたのぬいぐるみです…(^^)
そして他の登場人物がそれぞれ色んな悩みを持っていて
そ悩みを自分なりに乗り越えるといった内容です

ストーリーもほわーとしててほっとした気分になれます~

kanikamaさんも早く元気になれると良いですね

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334737293/qid=1111125341/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-2189892-9338741

Qギャンブル小説はどの公募新人賞に応募すべきなのでしょうか?

私は趣味で小説を書き、公募新人賞に応募しています。
 最近、ギャンブル小説のアイデアを思いついたのですが、ギャンブル小説を対象としている賞が、ネットで調べても見つかりません。

①やはり、ノンジャンル系の賞に応募すべきなのでしょうか?

②頭脳戦・心理戦・推理要素(相手プレイヤーの手を読むなど)・サスペンス要素(命をかけているなど)などがあるのですが、ミステリー系の賞のほうが適しているのでしょうか?

③むしろ、ライトノベル系の賞のほうが適しているのでしょうか?

 あるいは、私の調査が不足しているだけで、ギャンブル小説が対象の賞が存在するのでしょうか?

 もちろん、ギャンブル小説が対象の賞があれば、それに越したことはないのですが、私の小説が、その賞の受け付けている原稿の条件に合致するかどうかわからない(例えば、小説の分量が少なすぎる、など)ので、①②③についても教えてほしいです。

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ライトノベルは、読者層が若いですから、違和感がありますね。
大衆文学でいいのでは?
純文学の芥川賞より、直木賞の系列で。
今年の直木賞受賞作を参考にすると、原稿が文字で埋まっていれば、何でもありみたいですし。

Qエッセイを読む方へ

ライブドアブログで「女の価値は自分で決める」というタイトルでエッセイを書いています。私はネット初心者でブログの存在自体も最近知りました。自分の楽しみで書いてるものの、殆どアクセスがありません。人気がある人のものをのぞいても自分の気持ちをズラズラ書いているだけのようで、あまりおもしろいと思えないのですが、エッセイを読む方はブログで読もうと思わないものでしょうか?

Aベストアンサー

プロのライターです。

「女の価値は自分で決める」というタイトルは、なかなかいいと思います。こりすぎていなくて、でも、内容がそこはかとなく伝わってきます。ただの日記じゃなくて、主張を感じられます。特定のジャンルが嫌いな人は嫌いなので、「読む気になれない」と言われても、気にしなくていいですよ。そのタイトルを見ただけで、読む気になる人は大勢いると思います。

ほとんどのブログは、読むに値しません。たいていは不特定多数の他人に読まれることを考えてなくて、自己中心的な日記や友達同士の近況報告程度にしか使われていないのじゃないでしょうか。

何を書いたら面白くて、何を書いたらつまらないかというのは、いちがいに言えません。

例えば、「○○を買った」「○○へ行った」という行動日記みたいなものは、ごく一般的な誰でもやるようなことをだらだら書いてあったら面白くないけど、その人の趣味のよさとか個性がそこはかとなく表現されていると、かなり面白いです。

「自分の考え」というのも、誰でも思うような思いつきを、さも大評論家か何かになったつもりで書いているようなのは、アホらしくて読めません。でも、平凡な庶民的な感想を素直に表現したものが、共感を呼んで好まれることもあります。

エッセイを読む人はブログを読むかということですが、つまらないブログなら読まないし、面白いブログなら読むでしょうね。要は内容です。

ただ、面白いブログでも、見つけてもらえなければ、当然読んでもらえません。

見つけてもらうための努力が必要でしょう。いちばん手っ取り早いのは、検索エンジンでひっかかりやすいキーワードを使うことですが、何がひっかかるのか判断するのは、けっこう難しいですね。あと、ブログのトップページに表示される新着に掲載されるように、ちょくちょく更新する。同じようなテーマのブログにトラックバックしたり、コメントして自分のURLをさりげなく残していくなどの地道な努力も必要でしょう。

ただ、ブログというのは、一部の有名人ブログをのぞき、本来そう多くの人に読まれるものではありません。数人でも読んでもらえればいいくらいの気持ちで書いた方がいいと思います。

プロのライターです。

「女の価値は自分で決める」というタイトルは、なかなかいいと思います。こりすぎていなくて、でも、内容がそこはかとなく伝わってきます。ただの日記じゃなくて、主張を感じられます。特定のジャンルが嫌いな人は嫌いなので、「読む気になれない」と言われても、気にしなくていいですよ。そのタイトルを見ただけで、読む気になる人は大勢いると思います。

ほとんどのブログは、読むに値しません。たいていは不特定多数の他人に読まれることを考えてなくて、自己中心的な日記や友達同...続きを読む

Q公募の小説新人賞の著作権について

ごくまれに、著作権を主催者に帰属するという例があります。(日本ファンタジーノベル大賞や、以前のポプラ社小説大賞)

応募規定に、「出版後、著作権使用料相当額は○○社から原著作者に支払われます」と書かれている場合、著作権を失うことによるデメリットはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>著作権を失うことによるデメリットはあるのでしょうか?

著作権は「人格権」と「財産権」の2つに分けられます。

このうち「人格権」は、他人に譲渡できず、著作者本人が死ぬまで保護されます。当然、出版社に譲渡は出来ません。

ですが「財産権」は、他人に譲渡する事ができ、相続する事もできます。

応募要綱に「主催者に帰属」とある場合、この「財産権」が「出版社に譲渡されたものとみなされる」のです。

但し、後で揉め事にならないよう、出版時「著作財産権がどちらにあるか、出版契約書に明記しておくこと」が肝心です。

「財産権」には、以下の権利が含まれます。

・複製権
著作物を印刷、写真、複写、録音、録画などの方法によって有形的に再製する権利

・上演権、演奏権
著作物を公に上演したり、演奏したりする権利

・上映権
著作物を公に上映する権利

・公衆送信権、伝達権
著作物を自動公衆送信したり、放送したり、有線放送したり、また、それらの公衆送信された著作物を受信装置を使って公に伝達する権利(自動公衆送信とは、サーバーなどに蓄積された情報を公衆からのアクセスにより自動的に送信することをいい、また、そのサーバーに蓄積された段階を送信可能化という)

・口述権
著作物を朗読などの方法により口頭で公に伝える権利

・展示権
美術の著作物と未発行の写真著作物の原作品を公に展示する権利

・頒布権
映画の著作物の複製物を頒布(販売・貸与など)する権利

・譲渡権
映画以外の著作物の原作品又は複製物を公衆へ譲渡する権利

・貸与権
映画以外の著作物の複製物を公衆へ貸与する権利

・翻訳権、翻案権等
著作物を翻訳、編曲、変形、翻案等する権利(二次的著作物を創作することに及ぶ権利)

・二次的著作物の利用権
自分の著作物を原作品とする二次的著作物を利用(上記の各権利に係る行為)することについて、二次的著作物の著作権者が持つものと同じ権利

これらの権利を失うと「どんだけ本が売れても、契約に書かれたお金しか入って来ない」です。

出版契約に「原稿料として○○万円を支払う」と書かれていたなら、本がどんだけ売れても、その金額が入ってきて終わりです。

出版契約に「著作権使用料として、図書販売額の1%を支払う」と書かれていたなら、本が売れれば売れるほど「印税」として「売れた本の1%」が入って来ます。しかし「まったく売れなかった時」には「数千円で終わり」になるかも知れません(1100円の新刊が500部しか売れなければ、5500円にしかならない)

また、どちらの場合でも「財産権を出版社に譲渡してしまった」のなら、映画化したり、アニメ化しても、1円も入って来ません。映画化権などの「版権料」は、製作会社が出版社に払います。原作者に入るのは「名声」だけです。

このように「原稿買い切り」か「印税」かで、入る金額が変わります。

「あんまり売れないな」と思えば買い切りで、「これは売れる」と思えば印税方式が良いですが、読みが外れれば、後悔する事になるでしょう。

>著作権を失うことによるデメリットはあるのでしょうか?

著作権は「人格権」と「財産権」の2つに分けられます。

このうち「人格権」は、他人に譲渡できず、著作者本人が死ぬまで保護されます。当然、出版社に譲渡は出来ません。

ですが「財産権」は、他人に譲渡する事ができ、相続する事もできます。

応募要綱に「主催者に帰属」とある場合、この「財産権」が「出版社に譲渡されたものとみなされる」のです。

但し、後で揉め事にならないよう、出版時「著作財産権がどちらにあるか、出版契約書に明記して...続きを読む

Q林真理子さん について

他人のプライバシーについて質問するのは、大変心苦しいのですが、気にかかってしょうがないので、質問します。作家の林真理子さん、週刊誌のエッセイとかで、ご自分のセレブ行状ぶりをさんざん書きなぐっておられるようですが、子育て、教育には一切触れたことがありません。確か、お嬢様がいたと思うのですが。勘違いかも。いるかいないかだけ教えてください。

Aベストアンサー

昔、アグネス論争というのがありました。芸能人や著名人が、自分の子供を仕事場に連れてきたということを批判したのが林真理子さんです。
大人の空間に子供は連れてこない、子供を利用して仕事をしない。このスタイルを今でも貫かれているのではないでしょうか。

Q小説の新人賞について

小説の新人賞について質問があります。
公募新人賞は多数あるようなのですが、書こうとしている作品に合う賞がありません。
昔読んでいた、小林深雪さんのような少女向け小説を考えていたのですが、現在講談社X文庫といったらファンタジーやBLといったエンターティメント性の強いものが多いようで、ラノベ系新人賞のよいものが見つかりません。
携帯小説系も少し違うようです。
小林深雪さんっぽい作品、というと大まか過ぎるのですが、そういった作風も受け入れてくれる賞はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

少女向け小説の新人賞でぼくが思いつくのは、コバルトの新人賞と小学館ライトノベル大賞があります。しかし、質問者さんが望んでいる賞に相応しいのかどうかは分かりません。下記のサイトにライトノベルの新人賞一覧が載っているので、探してみてください。

めるかとる Entry(小説公募データ ライトノベル)
http://mercator.ifdef.jp/entry.html#m2

Q雑誌with連載のエッセイについて

かなり記憶が曖昧なので、申し訳ないんですが、
2000年頃に雑誌『with』(もしくは『MORE』かもしれないです)の最後のページ付近で作家の林真理子さんが(多分)俳優や女優を毎回一人ピックアップして、その人についてのエッセイを書いていたのをご存知の方いらっしゃいますか?連載だったと思うのですが、連載期間や、それが単行本として収録されているか、いるならなんという本かわかるからいらっしゃったら教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
ご質問の件ですが、『with』の「恋愛映画館 第二章」の事ではないでしょうか?
はじめは「恋愛映画館」だったと思いますが、途中から「第二章」になった気がします。

>作家の林真理子さんが(多分)俳優や女優・・・

書いておられるのは、小池真理子さんです。
ちなみに2003年9月号no.264が連載の最終回でした。
(特集は佐藤浩市さんです)

あくまで合ってるかわかりませんが、(笑)単行本で発売されてます。
↓にアクセスしてみて下さい。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/book/1668479/


人気Q&Aランキング