プロが教えるわが家の防犯対策術!

複数のフォームがあるVisualBasicのプログラムを作っているのですが、そのすべてのフォームからアクセス(値の変更も含める)できる配列の変数というのはないのでしょうか?
 Public 文を使ってみると、「定数、固定長文字列、配列、ユーザー定義型文字列、およびDeclareステートメントは、オブジェクトモジュールのパブリックメンバとしては使用できません。」
というエラーメッセージがでます。
解決法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「オブジェクトモジュールのパブリックメンバとしては」はダメなので、


メニューの プロジェクト(P) → 標準モジュールの追加(M)
で標準モジュールを追加しては、どうですか。
    • good
    • 1

(1)標準モジュールModule1に


Public s(2) As String
Sub test01()
Form1.Show
End Sub
Sub test02()
MsgBox s(1)
MsgBox s(2)
End Sub
(2)フォームモジュールForm1のコードに
Private Sub Text1_Click()
s(1) = Form1.Text1.Text
Form2.Show
End Sub
(3)Form2のコードに
Private Sub Text1_Click()
s(2) = Form2.Text1.Text
test02
End Sub
をいれる。
(4)test01を実行する。
(5)Form1のText1に文字を打ちこみClickする。
(6)Form2のText2に文字を打ちこみClickする。
(7)Form1に打ちこんだ文字がMSGBOXにでて、
続いてForm2に打ちこんだ文字がMSGBOXで出ます。
(8)ということは(2)のs(1)、(3)のs(2)に
正しくセットできたことではないでしょうか。
    • good
    • 1

jm4cvpさん、こんばんは。


挿入→標準モジュールの中でpublic文で配列や変数を定義して下さい。

ではでは!
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QExcel-VBAの配列「Public Const」について

Excel-VBAの配列「Public Const」について
変数「AA」に"メロン"を定義する方法として次の記述で対処しているのですが、
配列で定義する書き方が解りません!?
Public Const AA As String = "メロン"
配列変数「BB」に「"栗", "桃", "メロン"」を定義をしたいのですが、
どの様に記述すれば良いか教えて下さい。
以上

Aベストアンサー

下記なら可能のようだが
Public aa
Sub test01()
aa = Array("桃", "栗", "柿")
End Sub
Sub test02()
test01
For i = 0 To 2
MsgBox aa(i)
Next i
End Sub
何処がこれでは質問に適合してないのか、説明したら。聞きたいことが明確になり、具体的になるだろう。
aaはバリアント変数。
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/NPC/20070803/279065/
に解説が有る。
バリアント変数利用が気に食わないのか?
aa()={"a","b","c"}のような書き方が、VBAでも出来ないかと聞きたいのか。

Q定数配列の書き方

VB6で定数を定義する場合は次の通りです。

  Const strTest As String = "TEST"

では、定数配列を定義する場合はどのように書けばいいのでしょう?

  Const astrTest() As String = Array("A", "B", "C")      '→NG
  Const astrTest(0 To 2) As String = Array("A", "B", "C")  '→NG

いろいろな書き方を試して見たのですが、上記のような書き方でも文法的にエラーになるようです。

どのように書けばいいのでしょうか?

それとも定数を配列で定義するのは無理なんでしょうか?

Aベストアンサー

残念ですが、VBでご希望のことをすることはできません。

QVBでグローバル変数を宣言するには

VB初心者ですが。クイズゲームのようなものを作成したいと考えてます。
Private Sub ~ End Sub の中で宣言した変数って他のところに呼び出したり(戻り値として渡す)出来るのでしょうか?
どこでも、いつでも呼び足せるグローバル変数の宣言とはどのようにやるのか、具体的に教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>Public a as Integerのように宣言して、初期化するにはどのように記述を行えばよいですか?

>Public a As Boolean = 0
のように記したら”コンパイルエラー”と出ました。

Booleanって整数値取れたかなと思いつつ。
Sub~End Sub内でa = 0を代入したりしてください

扱おうと言うことがあるかどうか疑問だけど

Public Const a As Integer = 10 'グローバルな定数の宣言

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

QVBA モジュールで共通に使う変数の宣言方法

VBAにてプログラミングを覚えている者です。

現在、いくつかのモジュールがあり、それぞれDimにて宣言している共通の変数があります。
いくつものプロシージャに毎回宣言せず、どこかでひとまとめにしたいと思い、色々と調べています。

例えば、

Dim pic1 As Picture
Dim cell1 As String
Dim pass1 As String
Dim pic2 As Picture

などです。


Dimのほかに、Publicの宣言などがありますが、いま一つ使い方がピンときません。

共通宣言する変数をひとつのモジュールとして登録し、活用できると、いざ変更となったときに
その内容だけ置き換えればいいと思うのですが、みなさんはどのように宣言をしていますか?
(例えば、Stringなどは各モジュールで変更するのが大変だと思うのですが・・・)

ヒントを教えていただければと思います。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>モジュールで共通に使う変数の宣言方法

モジュールの先頭に書いたdimで宣言すると,そのモジュールの中だけ(に記入されている各プロシジャ)でパブリックになります。
モジュールの先頭に書いたpublicで宣言すると,全モジュール(に記入されている各プロシジャ)に対してパブリックになります。

「変数宣言モジュール」のようにモジュールを越えて参照させたいという事なので,DimではなくPublicで宣言します。


Module1:
public x as variant


Module2:
sub macro1() ’先に実行する
x = "abc"
end sub


Module3:
sub macro1()
msgbox x
end sub

QFunctionの戻り値を配列にしたいのですが

vbを始めたばかりですがよろしくお願いします。

Functionの戻り値を配列にしたいのですが

Function fnc(ByVal a As Byte, ByVal b As Byte) As Integer()
fnc(0) = a + b
fnc(1) = a - b
End Function
というような使い方はできないのでしょうか?
一つのFunctionで二つの計算結果をかえすには
どうしたらよいのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

ローカル変数を使えば可能だと思いますよ

VB6.0の場合
Function fnc( byVal a as Byte, Byval b as Byte) as Integer
  dim ar(1) as Integer
  ar(0) = a + b
  ar(1) = a - b
  fnc = ar
End Function

VB.NETなら
Function fnc( byVal a as Byte, Byval b as Byte) as Integer
  dim ar(1) as Integer
  ar(0) = a + b
  ar(1) = a - b
  return ar
End Function

VB.NETでも fnc = ar と言った記述も出来ます

呼び出し側では 動的配列として返り値を受けます
dim results() as Integer
results = fnc( 5, 3 )
と言った具合です

Qエクセル VBA ユーザーフォームを閉じる

ユーザーフォームを開く時は
UserForm1.Showですが
閉じる時は?
UserForm1.Close
だとコンパイルエラーになります。
End
にするしかないですか?

Aベストアンサー

Unload Me とか Unload UserForm1 でユーザーフォームを閉じることができます。

QVBAで配列引数を値渡しできない理由

Sub TestB(ByVal MyArray() As Integer)

のようにして、
配列引数をByValで渡そうとすると
エラーが出てしまいます。

http://vba.doorblog.jp/archives/51291826.html

このページにあるように
variantとして渡せば
エラーは出ないのですが
byrefとして扱われてしまいます。

なぜVBAでは配列を値渡しすることができないのでしょうか?
何が問題なのでしょうか?

Aベストアンサー

VBで配列を引数で渡す場合、先頭のアドレス(住所)を渡しています。
(C言語のポインター)
その為、サブルーチンの引数の型は、その「アドレスを表す変数」が値渡しか参照渡しかを表すことであって、配列の中身を値渡しか参照渡しかを指定している訳ではありません。
つまり、
Sub TestB(Byref MyArray() As Integer)
※MyArray変数がByref
Sub TestB(Byval MyArray As Variant)
※MyArray変数がByval

詳しくは、以下のサイトを参考にしてみてください。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/eek064h4.aspx

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング