最近洋楽を聴くようになって、エリック・クラプトンがとても好きになり、彼の音楽の原点?に当たるヤードバーズの存在を知りました。

購入しようと思うので、ヒット曲・隠れた名曲など教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジという3大ギタリストを輩出したバンドとして名高いヤードバーズは、1963年5月にロンドンで結成されました。

クラプトンは1964年にアンソニー・トップ・トーパム(ギター)の後釜として加入。イギリス公演で訪れたシカゴ・ブルースの、ソニー・ボーイ・ウィリアムソンIIのバックなどを務め、その後「I Wish You Would / A Certain Girl」でデビュー。初のアルバムは「Five Live Yardbirds」というライブアルバムでした。このアルバムの冒頭のメンバー紹介では既に「スロー・ハンド」と言うニックネームで紹介されています。
その後、音楽性の違うリバプール・サウンド系アーチストとのパッケージツアーや、シングル・ヒット強要するマネジャーにクラプトンは猛反発。ポップソング「For Your Love」の録音をきっかけに、1965年3月クラプトンはバンドを脱退。
ヤードバーズはクラプトンの後任に当時超売れっ子スタジオ・ミュージシャンだったジミー・ペイジに加入要請します。しかしペイジは仕事が忙しいのを理由にこれを断り、代わりにジミーの推薦でジェフ・ベックが加入しました。
その後アルバム「The Yardbirds」の録音中に、今度はベースのポール・サミュエル・スミスの脱退が決定。1966年夏の全米ツアーの「ベーシスト」として結局ジミーペイジも参加しました。半年後、映画「欲望」の撮影直後ベックも脱退。
音楽的主導権を握ったペイジはアルバム「Little Games(リトル・ゲームス)」を録音。ここではLed Zeppelinで有名になるペイジのバイオリンの弓弾き奏法や、ステージで必ず演奏されていた「White Summer」などの曲が収録されています。このアルバムはイギリス本国では発売されませんでした。1968年3月の全米ツアー中にはライブも録音。これはLed Zeppelinが有名になった1971年に「Live Yardbirds featuring Jimmy Page」として発売されましたが、著作権等の問題からすぐに回収・発売禁止となりました。ここではもうほとんど初期ヤードバーズの面影はなく、初期のLed Zeppelinに通じる演奏が聴かれます(今はCDで手に入るはずです)。
その後キース・レルフとジム・マッカーティが1968年7月に脱退。秋のスカンジナビア・ツアーの契約を結んでいたヤードバーズは、仕方なく新たにメンバー探しを開始。ボーカリストは当時無名のロバート・プラント。そしてプラントの友人、ジョン・ボーナムがドラム。ベーシストには、ペイジのセッションマン時代からの友人ジョン・ポール・ジョーンズに決定しました。
ヤードバーズは「ニュー・ヤードバーズ」と改名。そしてスカンジナビア・ツアー後、バンド名を新たにレッド・ツェッペリンと改名。ヤードバーズの歴史はここに終止符を打ちました。

実はヤードバーズはオリジナルアルバムと言うのは5年間の活動期間中、正式にはわずか2枚しか発表していません。( )内はフューチャーリングされたギタリストです。

1965 Five Live Yardbirds (Eric Clapton)
1966 The Yardbirds : Roger The Engineer (Jeff Beck)

えっ!と思うかもしれませんが以上のたった2枚だけです。
その他シングルは以下のとおり。

1964 I Wish You Would / A Certain Girl
1964 Good Morning Little School Girl / I Ain't Got You
1965 For Your Love / Got To Hurry
1965 Evil Hearted You / Still I'm Sad
1965 Heart Full Of Soul / Steeled Blues
1966 Shapes Of Things / You're Better Man Than I
1966 Over Under Sideways Down / Jeff's Boogie
1966 Happenings 10 Years Time Ago / Psycho Daisies
1967 Little Games / Puzzles
1968 Goodnight Sweet Josephine / Think About It
以下の2枚は、アメリカでのみ発売された。
1967 Ha Ha Said The Clown / Tinker Tailor Soldier Sailor
1967 Ten Little Indians / Drinking Muddy Waters

アメリカでは以上のシングル曲や未発表音源を寄せ集め、以下のような編集アルバムが発売されました。

1965 For Your Love (Jeff Beck / Eric Clapton)
1966 Having A Rave Up (Jeff Beck / Eric Clapton)
1966 Over Under Sideways Down (Jeff Beck)
1967 Yardbirds Greatest Hits
1967 Little Games (Jimmy Page)

解散後発売された正式なアルバムは以下の通りですが、以外にも近年、編集アルバムが名前を変えたりして多数発売されました。
Sonny Boy Williamson and The Yardbirds
Live Yardbirds Featuring Jimmy Page
Live at the BBC

以上のアルバムの内エリック・クラプトンの演奏が聞けるアルバムは1965発売の「Five Live Yardbirds 」、1965年発売の「For Your Love」、1966年発売の「 Having A Rave Up」、1967年発売の「 Yardbirds Greatest Hits」、1966年発売の「Sonny Boy Williamson and The Yardbirds」(録音は'64)です。

押さえておきたい曲
「For Your Love」 それまでブルース一筋だったヤードバーズが、方向転換のきっかけとなったヒット曲です(ギターがクラプトンだったのかベックだったのかはいろんな説があり不明です。全英2位、全米6位の初ヒットとなりました。ブルース追求派のクラプトンは、この曲を気に入らず脱退することになります(実際はどうだったのかわかりませんが。。。)。
「Jeff's Boogie」 The Yardbirds : Roger The Engineer に収められていて、昔はこれぞジェフベック!ギターキッズのあこがれでした。Beck Bogart & Appice の「Live In Japan」にも収められていて今でもたまにステージでチョロっと演るときがあります。
「トレイン・ケプト・ア・ローリン」 Led Zeppelinが良くオープニングでよく演奏したり、エアロスミスのコピーで有名な曲ですのでロックファンなら誰でも知ってる曲です。この曲はミケランジェロ・アントニオーニの映画「欲望」の中で著作権の問題から歌詞を変え、「ストロール・オン」と言う曲名で演奏されていることでも有名です。ギターはジミー・ペイジとジェフ・ベック。ジェフ・ベックはこの曲をシュワルツ・ネッガーの映画「ツインズ」の中でも出演して演奏しています。のちのハードロックの元祖だと言っても過言ではないほどハードな曲です。
「Happenings 10 Years Time Ago」 半年間のベック、ペイジ、2人のツインリードでの録音はわずか3曲です。その中でシングルとして発売されたこの曲はマニアの中ではかなり有名です。

全体的にクラプトン時代やペイジの時代はさほど人気もなく、ジェフ・ベック時代が黄金期と言えます。
CDを手に入れるなら、現在発売されている物はほとんどが編集ものですから、曲が重複しないように気をつけたほうがいいです。まずは「Five Live Yardbirds 」「For Your Love」「The Yardbirds : Roger The Engineer 」の3つをそろえれば十分ではないでしょうか。その他はかなりマニアックになりますので、クラプトン、ベック、ペイジ(ツェッペリン)で系統を分けて集めた方ががよいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ございません。参考にさせていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/01 19:12

クラプトンがヤードバーズに在籍した時期は短く、発売されたアルバムは


『SUNNY BOY WILLIAMSON&THE YARDBIRDS』『FIVE LIVE YARDBIRDS』
の2枚(共にライブ音源)とスタジオ録音数曲しかありません。
お勧めは『FIVE LIVE YARDBIRDS』、有名な曲はこのアルバム1曲目に収録されたERIC“SLOWHAND”CLAPTON~と紹介されて始まる「TOO MUCH MONKEY BUSINESS」ですね。
なお、クラプトン時代にヒット曲はありません・・・。


ここから先はクラプトン以降のヤードバーズの話です。
ヤードバーズのヒット曲は、ほとんどギタリストがジェフ・ベックになってからです。ポップ過ぎるという理由でクラプトンが脱退する原因となった曲「FOR YOUR LOVE」、それから「HEART OF SOUL(ハートせつなく)」「EVIL HEARTED YOU(いじわるっ娘)」「SHAPES OF THINGS」「OVER,UNDER,SIDEWAYS,DOWN」が有名です。
又、隠れた名曲は「MY GIRL SLOOPY」「STILL I'M SAD」辺りですね。
これらの曲は『FOR YOUR LOVE』『HAVING A RAVE UP』に収録されています。

そして、全曲お勧めの名盤『OVER,UNDER,SIDEWAYS,DOWN(ROGER THE ENGINEER)』が発表されますが、現在国内廃盤です。(10曲追加された輸入盤がamazonで入手可能です)
それから、ジミー・ペイジが参加してからのシングル「HAPPNINGS TEN YEARS TIME AGO(幻の十年)」(上記輸入盤に追加収録、映像がDVDに収録)ではベック、ペイジの凄いギタープレイを聴くことが出来ます。

ラストアルバム『LITTLE GAMES』はベック脱退後、ペイジが中心となって作られたポップなポップなアルバムです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼がもの凄く遅くなって申し訳ございません。アドバイスを参考にCDを買わせていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/07/01 19:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤードバーズ

ヤードバーズ時代のジミー・ペイジは上手いですか?

Aベストアンサー

ジミーペイジは上手いギタリストではないです。

ピッキングにはミスが多いし、ビデオを見れば分かるけど左手は小指をコードワークを除いてほとんど使わない(使えない)。基本的な技術で、すでに破綻しています。
また手癖フレーズが多く、ジミヘンのようなひらめきを感じさせるフレーズもあまりありません。リズム感もあまりよくなく、走ったり、もたついたりで周りのメンバーは苦労したでしょうね。

でも頭はよかったのでしょう。だからレッドツェッペリンのような希有なバンドを作り上げて大成功しました。ジェフベックはギターのテクニックやアイデアに関してヤードバーズ出身ギタリストでは抜群でしたが、経済的な成果はジミーペイジに遠く及びませんでした。

エリッククラプトンは3人の中では唯一ボーカルもこなせるので、一番息の長い活動ができていますね。

Qエリック・クラプトンお勧めバラード

エリック・クラプトンを聞きたいんですが、何から聞いていいかわかりません。
しかも静かなバラードを聞きたいです。どのアルバムを買えばいいんでしょうか?
ベスト盤と言わずにいろいろ紹介してください。
回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

亡くなったクラプトンの息子のための曲
「Tears In Heaven 」

これで、始めは決まりです。
これが入っているアルバムを基準にしてください。

Qヤードバーズ

最近洋楽を聴くようになって、エリック・クラプトンがとても好きになり、彼の音楽の原点?に当たるヤードバーズの存在を知りました。

購入しようと思うので、ヒット曲・隠れた名曲など教えて下さい。

Aベストアンサー

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジという3大ギタリストを輩出したバンドとして名高いヤードバーズは、1963年5月にロンドンで結成されました。クラプトンは1964年にアンソニー・トップ・トーパム(ギター)の後釜として加入。イギリス公演で訪れたシカゴ・ブルースの、ソニー・ボーイ・ウィリアムソンIIのバックなどを務め、その後「I Wish You Would / A Certain Girl」でデビュー。初のアルバムは「Five Live Yardbirds」というライブアルバムでした。このアルバムの冒頭のメンバー紹介では既に「スロー・ハンド」と言うニックネームで紹介されています。
その後、音楽性の違うリバプール・サウンド系アーチストとのパッケージツアーや、シングル・ヒット強要するマネジャーにクラプトンは猛反発。ポップソング「For Your Love」の録音をきっかけに、1965年3月クラプトンはバンドを脱退。
ヤードバーズはクラプトンの後任に当時超売れっ子スタジオ・ミュージシャンだったジミー・ペイジに加入要請します。しかしペイジは仕事が忙しいのを理由にこれを断り、代わりにジミーの推薦でジェフ・ベックが加入しました。
その後アルバム「The Yardbirds」の録音中に、今度はベースのポール・サミュエル・スミスの脱退が決定。1966年夏の全米ツアーの「ベーシスト」として結局ジミーペイジも参加しました。半年後、映画「欲望」の撮影直後ベックも脱退。
音楽的主導権を握ったペイジはアルバム「Little Games(リトル・ゲームス)」を録音。ここではLed Zeppelinで有名になるペイジのバイオリンの弓弾き奏法や、ステージで必ず演奏されていた「White Summer」などの曲が収録されています。このアルバムはイギリス本国では発売されませんでした。1968年3月の全米ツアー中にはライブも録音。これはLed Zeppelinが有名になった1971年に「Live Yardbirds featuring Jimmy Page」として発売されましたが、著作権等の問題からすぐに回収・発売禁止となりました。ここではもうほとんど初期ヤードバーズの面影はなく、初期のLed Zeppelinに通じる演奏が聴かれます(今はCDで手に入るはずです)。
その後キース・レルフとジム・マッカーティが1968年7月に脱退。秋のスカンジナビア・ツアーの契約を結んでいたヤードバーズは、仕方なく新たにメンバー探しを開始。ボーカリストは当時無名のロバート・プラント。そしてプラントの友人、ジョン・ボーナムがドラム。ベーシストには、ペイジのセッションマン時代からの友人ジョン・ポール・ジョーンズに決定しました。
ヤードバーズは「ニュー・ヤードバーズ」と改名。そしてスカンジナビア・ツアー後、バンド名を新たにレッド・ツェッペリンと改名。ヤードバーズの歴史はここに終止符を打ちました。

実はヤードバーズはオリジナルアルバムと言うのは5年間の活動期間中、正式にはわずか2枚しか発表していません。( )内はフューチャーリングされたギタリストです。

1965 Five Live Yardbirds (Eric Clapton)
1966 The Yardbirds : Roger The Engineer (Jeff Beck)

えっ!と思うかもしれませんが以上のたった2枚だけです。
その他シングルは以下のとおり。

1964 I Wish You Would / A Certain Girl
1964 Good Morning Little School Girl / I Ain't Got You
1965 For Your Love / Got To Hurry
1965 Evil Hearted You / Still I'm Sad
1965 Heart Full Of Soul / Steeled Blues
1966 Shapes Of Things / You're Better Man Than I
1966 Over Under Sideways Down / Jeff's Boogie
1966 Happenings 10 Years Time Ago / Psycho Daisies
1967 Little Games / Puzzles
1968 Goodnight Sweet Josephine / Think About It
以下の2枚は、アメリカでのみ発売された。
1967 Ha Ha Said The Clown / Tinker Tailor Soldier Sailor
1967 Ten Little Indians / Drinking Muddy Waters

アメリカでは以上のシングル曲や未発表音源を寄せ集め、以下のような編集アルバムが発売されました。

1965 For Your Love (Jeff Beck / Eric Clapton)
1966 Having A Rave Up (Jeff Beck / Eric Clapton)
1966 Over Under Sideways Down (Jeff Beck)
1967 Yardbirds Greatest Hits
1967 Little Games (Jimmy Page)

解散後発売された正式なアルバムは以下の通りですが、以外にも近年、編集アルバムが名前を変えたりして多数発売されました。
Sonny Boy Williamson and The Yardbirds
Live Yardbirds Featuring Jimmy Page
Live at the BBC

以上のアルバムの内エリック・クラプトンの演奏が聞けるアルバムは1965発売の「Five Live Yardbirds 」、1965年発売の「For Your Love」、1966年発売の「 Having A Rave Up」、1967年発売の「 Yardbirds Greatest Hits」、1966年発売の「Sonny Boy Williamson and The Yardbirds」(録音は'64)です。

押さえておきたい曲
「For Your Love」 それまでブルース一筋だったヤードバーズが、方向転換のきっかけとなったヒット曲です(ギターがクラプトンだったのかベックだったのかはいろんな説があり不明です。全英2位、全米6位の初ヒットとなりました。ブルース追求派のクラプトンは、この曲を気に入らず脱退することになります(実際はどうだったのかわかりませんが。。。)。
「Jeff's Boogie」 The Yardbirds : Roger The Engineer に収められていて、昔はこれぞジェフベック!ギターキッズのあこがれでした。Beck Bogart & Appice の「Live In Japan」にも収められていて今でもたまにステージでチョロっと演るときがあります。
「トレイン・ケプト・ア・ローリン」 Led Zeppelinが良くオープニングでよく演奏したり、エアロスミスのコピーで有名な曲ですのでロックファンなら誰でも知ってる曲です。この曲はミケランジェロ・アントニオーニの映画「欲望」の中で著作権の問題から歌詞を変え、「ストロール・オン」と言う曲名で演奏されていることでも有名です。ギターはジミー・ペイジとジェフ・ベック。ジェフ・ベックはこの曲をシュワルツ・ネッガーの映画「ツインズ」の中でも出演して演奏しています。のちのハードロックの元祖だと言っても過言ではないほどハードな曲です。
「Happenings 10 Years Time Ago」 半年間のベック、ペイジ、2人のツインリードでの録音はわずか3曲です。その中でシングルとして発売されたこの曲はマニアの中ではかなり有名です。

全体的にクラプトン時代やペイジの時代はさほど人気もなく、ジェフ・ベック時代が黄金期と言えます。
CDを手に入れるなら、現在発売されている物はほとんどが編集ものですから、曲が重複しないように気をつけたほうがいいです。まずは「Five Live Yardbirds 」「For Your Love」「The Yardbirds : Roger The Engineer 」の3つをそろえれば十分ではないでしょうか。その他はかなりマニアックになりますので、クラプトン、ベック、ペイジ(ツェッペリン)で系統を分けて集めた方ががよいと思います。

エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジという3大ギタリストを輩出したバンドとして名高いヤードバーズは、1963年5月にロンドンで結成されました。クラプトンは1964年にアンソニー・トップ・トーパム(ギター)の後釜として加入。イギリス公演で訪れたシカゴ・ブルースの、ソニー・ボーイ・ウィリアムソンIIのバックなどを務め、その後「I Wish You Would / A Certain Girl」でデビュー。初のアルバムは「Five Live Yardbirds」というライブアルバムでした。このアルバムの冒頭のメンバー紹介で...続きを読む

Qエリック・クラプトンについて質問です。

彼は所謂「ブルーズマン」あるいは「ブルーズギタリスト」ではないですよね?

彼が若い時にYARDBIRDSやJOHN MAYALL&THE BLUES BREAKERSやCREAMにいてブルーズロックをやっていたし、影響を受けているのは間違いないと思いますが、彼をその「ブルーズ」のカテゴリーに入れるのは何か違うような気がするんです。

同じ白人ギタリストのジョニー・ウィンターやスティーヴィー・レイ・ヴォーンをブルーズマンと呼ぶのは何ら疑う余地も無いのに、エリック・クラプトンがブルーズマンと呼ぶのは違和感を覚えます。

彼は昔、ブルーズを敬愛していたというのは確かですが、今はブルーズよりも売れ線のポップな方へ行ってしまい、どちらかといえばポップアーティストだと私は思います。

Aベストアンサー

>彼は昔、ブルーズを敬愛していたというのは確かですが、
>今はブルーズよりも売れ線のポップな方へ行ってしまい、
>どちらかといえばポップアーティストだと私は思います。
そうですね。X-JAPANを、メロディック・スピード・メタルと解釈するか、
あるいはビジュアル系、歌謡ロックと解釈するかは悩ましい問題です。

Qジミーペイジ配線用DPDT付き可変抵抗

こんにちは。

レスポールをジミーペイジ仕様の配線(以下のもの)にしようと思ってます。
http://www.geocities.jp/dgb_studio/2hvari.htm#88

ですが、レスポール用のロングシャフトでDPDTがついているものが見当たりません。
これはボディをザグるしかないのでしょうか?
改造方法をご存知の方教えて下さい。

以上です。

Aベストアンサー

海外ですがこちらはいかがでしょう(#1213)。
http://www.stewmac.com/shop/Electronics,_pickups/Potentiometers_and_push-pull_pots/3/Potentiometers_and_Push-Pull_Pots.html

キットもあります。
http://www.stewmac.com/shop/Electronics,_pickups/Supplies:_Wiring_kits/JPLP_Wiring_Kit_for_Les_Paul.html

Qエリック・クラプトン Albumについて

エリック・クラプトンのAlbumを借りようと思っているんですが、どれを借りたらいいか分りません。

アコギの曲が結構入ってる曲がいいです。

知ってる方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

僕も皆さんと同じようにUnplugged(アンプラグド)がよろしいと思います。このアルバムは全部の曲にアコギを使っているのでmusic-life1さんの希望にも合っていると思いますよ。

クラプトンの中でも一番メジャーなアルバムなので
アコギ目当てじゃなくても聞いてみる一枚だと思います。まさに一家に一枚!!

Qジャズベースと普通のベース

はじめましてgaikunと申します。ベースをはじめて3ヶ月くらいになります。ところでタイトルの通りなのですがジャズベースと普通のベースはどこが違うのでしょうか?  あとお笑い芸人ではなわをいう人がいますがあの人が使っているベースはジャズベースでしょうか? 最近ベースの音で悩んでいてはなわが使っているベースと自分のベースではぜんぜん音が違うのでなにか違うのかなと思い投稿しました。どなたかレスお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんにちは。
ジャズベースと普通のベースってプレイのことじゃなく、楽器の種類のことをおっしゃられているのですか?
楽器の種類だとすると、普通のベースというのは、最もポピュラーな、フェンダーのプレシジョンベースのことでしょうか。
プレシジョンベースの特徴は、
 1.ギターのストラトキャスターをベースにしたような形です。
 2.ピックアップが1,2弦用がブリッジ側、3,4弦用がネック側にずれて一つになっています。
ジャズベースの特徴は、
 1.プレシジョンベースを少しゆがめた形をしています。
 2.ピックアップは、棒状のものが、ネック側に一つ、ブリッジ側に一つ、計二つあります。
 3.一つのピックアップに一つのボリュームが付いていて、音をミックスできます。
 4.プレシジョンベースよりも、ヘッド側のネックが細くなっています。

はなわが使っているものを、はっきり見ていないのですが、いろいろあったと思います。
プレシジョンかジャズベース、ときには、ぞうさんの形をした、スピーカーの付いたやつも使っていたと思います。
音については、はっきり言って、はなわの音は悪いです。
スピーカー付きのは当然音が割れているし、チューニングもあまいです。
音はどうにでも加工できます。
ピックを使用の場合は、弾き方でそうそう音が変わることはありません。
2フィンガーやスラップの場合は、タッチの力や、スナップのスピードで音がずいぶん変わります。
はなわを意識する必要は全くありません。

こんにちは。
ジャズベースと普通のベースってプレイのことじゃなく、楽器の種類のことをおっしゃられているのですか?
楽器の種類だとすると、普通のベースというのは、最もポピュラーな、フェンダーのプレシジョンベースのことでしょうか。
プレシジョンベースの特徴は、
 1.ギターのストラトキャスターをベースにしたような形です。
 2.ピックアップが1,2弦用がブリッジ側、3,4弦用がネック側にずれて一つになっています。
ジャズベースの特徴は、
 1.プレシジョンベースを少しゆがめた...続きを読む

Qエリック クラプトンが歌うカバー曲

クラプトンが人の曲を(スタンダードでもカバーでも)歌っているのが1曲でも入っているアルバムは、ありますか?
クラプトンのために作った曲ではなく、あくまで他の人が歌っていた曲をクラプトンが歌うという事でお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
下記アルバムにはカバーが多く収録されています。↓

Reptile
http://www.hmv.co.jp/product/detail/874913

ちなみにカバー曲は下記のとおりです。↓( )内はオリジナル・アーティスト

Got You On My Mind(Willie Dixon)
Travelin' Light(J.J. Cale)
Come Back Baby (Ray Charles)
I Ain't Gonna Stand For It(Stevie Wonder)
I Want A Little Girl(McKinney's Cotton Pickers)
Don't Let Me Be Lonely Tonight(James Taylor)

あと変わったところでは下記アルバム収録の「Behind The Mask」は
もともとYMOの曲にマイケル・ジャクソンが詞をつけたものです。↓

August
http://www.hmv.co.jp/product/detail/968477

それ以外では下記サイトのSongs this artist has coveredの部分を参考にして下さい。↓

http://www.coversproject.com/artist/eric%20clapton

こんにちは
下記アルバムにはカバーが多く収録されています。↓

Reptile
http://www.hmv.co.jp/product/detail/874913

ちなみにカバー曲は下記のとおりです。↓( )内はオリジナル・アーティスト

Got You On My Mind(Willie Dixon)
Travelin' Light(J.J. Cale)
Come Back Baby (Ray Charles)
I Ain't Gonna Stand For It(Stevie Wonder)
I Want A Little Girl(McKinney's Cotton Pickers)
Don't Let Me Be Lonely Tonight(James Taylor)

あと変わったところでは下記アルバム収録の...続きを読む

Q「リレーショナルデータベース」と「データベース」

「リレーショナルデータベース」と「データベース」は何が違うのでしょうか?
accessはリレーショナルデータベースとの事ですが,普通のデータベースと何が違うのでしょうか?

[データベースはこうだけど、リレーショナルデータベースはこうだよ!]
って教えて頂ければ助かります。

Aベストアンサー

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベースのことはテーブルと呼びます。もちろんリレーショナルデータベースもデータベースの一種です。上記の法律の条文に照らしてみれば明らかでしょう。
EXCELのような表計算ソフトでもデータベース(テーブル)を構築することはできますが、リレーショナルデータベースを構築するには専用の管理機構が必要で、表計算ソフトでは構築不能です。

Accessのようなソフトはこのデータベースを管理・操作するためのソフトウエアであり、分類上「データベースソフト」あるいは「DBMS(データベース・マネジメントシステム)」と呼ばれます。素人向けはデータベースソフト、業務用はDBMSと呼ぶのが普通です。なお、マイクロソフトではAccessのことを、一般向けにはデータベースソフトウエアと呼び、技術者向けにはDBMSと呼んでいるようです。これらのソフトウエアで管理・操作する対象がデータベースでありリレーショナルデータベースなのであって、Accessなどのソフトウエアがデータベースなのではありません。

パソコンが仕事で使われることの少なかった初期(主にホビー・家庭用途)は、パソコン上で動作するデータベースソフトは「カード型」などのリレーショナル機能のないものが主流でした。住所録管理程度であればこれで十分でしたし、当時の表計算ソフトは現在のような大量データは扱えませんでしたから(最大500行とか)、Windows普及以前はデータベースソフトと言えばリレーショナル機能のないカード型ソフトが家庭や零細企業では普通に使われていました。
リレーショナルデータベースがあっても高価で(ビジネス用で一番普及していたdBASEは定価268,000円だったはず)、システム構築も簡単ではないので、システム化の進んだ大手企業やその関連会社でもなければ導入していないのが普通だったと思います。

データベースというのはデータの集まりのことで、ソフトウエアのことではありません。データベースという用語は法律でも定義されています。
著作権法第2条第1項十の三
 データベース 論文、数値、図形その他の情報の集合物であつて、それらの情報を電子計算機を用いて検索することができるように体系的に構成したものをいう。

リレーショナルデータベースとは複数のデータベースを組み合わせて(関連付けて)一体として管理するデータベース構造(スキーム)のことであり、組み合わされる個々のデータベー...続きを読む

Q英語力のない私めに誰かおしえてください。エリック・クラプトン

教えて下さい。
エリッククラプトンの「愛しのレイラ」と「ベルボトム・ブルース」の日本語訳を教えて下さい。
できれば歌詞カードのようにフルコーラス分で教えて下さるとウレシー!です^^
また人によって解釈が違うでしょうから、たくさん募集!で~す。

Aベストアンサー

えっと、「愛しのレイラ」の方はMTVの「unplugged」のアルバムの中に日本語訳があります。
多分、ここで全文を載せると著作権法に引っかかる恐れがあるので、載せることは出来ませんスイマセン!!

それとも、私自身の言葉で訳すってことならいいんでしょうか?法律のことはよくわからないんですけれど(後でココで聞いてみます)、それなら時間がある時、やってみてもいいですけど・・・


人気Q&Aランキング