グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

鉄骨のガレージを所有してるのですが思いっきり鉄骨むき出しで出来ており、雨風&海からの潮風のせいかペンキを塗りなおしてもすぐにサビが浮いてきます。

これをサビが発生しなくするにはどうしたら良いでしょうか?

今までは業者にペンキを塗ってもらったり自分で塗ったりしてたのですが結局一年もすればサビが浮いてきます。

ペンキに代わる対処法を教えて下さい><

A 回答 (8件)

鉄である以上、絶対にサビないという方法は有りませんが


寿命を延ばす方法はいろいろ有ります

ジンク塗料
http://www.dbnet.gr.jp/search/base/140360/

サビ転換
http://www.edenki.co.jp/shopdetail/024032000098/ …

電気防錆
http://www.cyb-sci.co.jp/rust-arrestor/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

リンク見させてもらいました。

色々な方法があるんですね。電気防錆なんて初めて聞きました。

財布と相談しながら検討していこうと思います^^

お礼日時:2008/12/11 21:19

こんばんは。


私も質問者さんと同じ経験があり、以前より改善されています。
私の別宅が海岸沿いにあり、重量鉄骨のガレージがあります。数年前までは質問者さんのように、業者が塗装してもすぐに錆が上がる状態でした。

そこで業者の方法に疑問を持ち、自分なりに試してよかった方法があります。
錆落とし(ケレン)してから 塗装する前に、一度「水で鉄骨を良く洗う」んです。原因である塩分を良く水道水(流水)で洗い落としてから塗装するという単純な方法です。
ディスクグラインダーやワイヤーブラシ等で出来るだけ錆を落とした後、水道水をホースで鉄骨をにかけて洗い、直ちに雑巾などで水分をふき取り良く乾燥させます。早く乾燥させないと、水分が新たな錆を呼びますから十分気をつけます。その後錆止め剤を塗って、最後に仕上げ塗りをします。

以前は2年で小錆が上がっていた状態でしたが、この方法でやって以来、6年絶った今でも上塗りを破って錆があがってくることはありません。

錆止め剤についてですが、私の場合は錆転換剤とエポキシ錆止めの両者を、比較のために場所を変えて使っています。
○錆転換剤→上塗りとの相性が良いです。多方面から注目されているが実績が乏しい。単価が高い(商品例:必殺錆封じ )
○エポキシ錆止め→値段はそれほど高くなく入手しやすい。現在広く使用されれてきてそこそこ実績がある(商品例:ザウルスEX)
現在の経過からすると、今のところ両者とも健闘しているようです。
(実際に錆止め剤を塗装される場合は、前の方々のおっしゃるものでもかまわないはずです)

また、コンクリートで被覆した場合、車をぶつけたり擦った時のダメージが大きくなります。鉄筋はある程度弾性(クッション性)があり表面が滑らかなので、車が当っても案外たいしたことがありませんが、コンクリートでは、擦り傷が深く入ったり、凹みが大きくなります。
木の板で囲む場合は、空気の流通が悪くなり、鉄筋に結露が起きやくなり、かえって錆やすくなります。

※錆落しを億劫がって錆を落とさずに直に塗装したがる業者がありますから注意が必要です。

必ずしも条件、結果が一致するとはかぎりませんが他の方々のご回答と共に参考になれば。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

私と同じような境遇との事で大変参考になります^^

確かに錆落としの後に洗い流すなんてやった事がないですね。完全に盲点でした。

次に処理する時に試してみようと思います。

お礼日時:2008/12/18 20:02

長持ちをさせたいのなら亜鉛のどぶ漬け



自分でやるのなら
「テツガード」塗装
「簡易亜鉛メッキ」
還元性の錆止め塗料もあるそうです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

長持ちさせたいけど半永久とかは望んでません。

せいぜい残り寿命位のもんです(多めに見積もっても50年くらいでしょうか?)

不可能な事はしないつもりですが塗装くらいなら自分でやるつもりです。

やっぱ塗装系がローコストで行けそうですね。

お礼日時:2008/12/13 19:24

コンクリート工法で一言。


簡単に言ってしまえば、鉄骨コンクリートの建物になるわけですね。
効果はありますが、その前提にも幾つか考えておかねばならないことはあります。
○鉄筋(鉄骨)は、錆がひどいと覆った効果が出ません。
 コンクリートと鉄は温度による伸縮度が極く近いのがとりえですので、塗装がしてあると、密着度が悪く障害の出る場合があります。
○コンクリートを巻く厚さは、一番薄いところでも3CM以上ないとすぐに欠けて落ちてしまいます。
○その上で自重が支えられるか、梁や柱の強さはありますか?
○型枠の施工費用その他大層な事になります。軽量鉄骨なら建直すほどのお金?ではありませんか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

度々の回答ありがとうございます。

鉄筋のサビは今年に全部剥がして塗装してるので今はそんな酷い状態ではありません。ただ塗装を厚めに塗ってもらってるので密着度という面では難があるかもしれません。

自重は・・・多分大丈夫じゃないかと?ビル建設で使うH鋼です。
問題は費用ですね^^;

お礼日時:2008/12/13 19:19

私の住んでいる近くに漁師町があります。


そこいらの家の鉄骨にはコールタールが塗られていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

コールタールってあのコールタールですか?

サビに効果あるとは知りませんでした。でも漁村で使われてる位だから間違いないのでしょう。

でもコールタールってベトベトのイメージが^^;検討してみます。

お礼日時:2008/12/13 19:13

>サビ止めを塗った鉄筋の周りにコンクリートとか木の板で覆ってしまうとどうなるでしょうか?



コンクリートは効果が有ります
「鉄筋コンクリート」というのはご存知だと思いますが、これは
「鉄筋」をアルカリ性の「コンクリート」で覆うことによって、酸化(錆)を防ぐ物です

木の板は...やめた方が良いと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

木の板はだめですか^^;

外気にさらされなければ効果あるかな?と思いまして。

コンクリートは効果ありとの事なのでこれも検討しようと思います。

お礼日時:2008/12/13 19:09

下地の錆び止めより、塗装の上からコーティングの方が強いでしょう。



あとは、亜鉛溶射という方法もあります。橋脚などでやる方法論ですが、かなり高価かと・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
亜鉛溶射・・・高価そうですね^^;
コーティングの方が現実的で良いかもしれません。
検討してみます。

お礼日時:2008/12/11 20:57

錆は金属の性質上やむをえないことかと存じます。

鉄が錆びるということは、酸化するということです。
従ってこれを防ぐには、空気や湿気から完全に遮断する必要がありますが、現在の科学の水準からして経済的にする方法は塗装以外にありません。

海浜地方ともなれば、リスクが大きいのですが、塗装のやり方は万全ですか?
○少なくとも第1層目は、空気の澄んでいる風のない湿度も低い日に錆落とし後速やかに行いましょう。
○錆落としは完璧ですか?=古い塗装膜で固着していないものは厳禁です。(一番良いのはサンドブラストをかけることです)
○高価な塗料はいくらもありますが、業者の方とよく相談してください。=塗り手間も高くなりますので、反って乾燥の遅い塗料の方が密着度が良いです。
○出来れば錆止め塗料は3層くらい施工しましょう。=いくら仕上げ塗料を今のままで塗り重ねても壁紙を貼っているのと同じような感じになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
確かテレビでも言ってましたけど、どんなに厳重にしようと分子の隙間から空気や湿気が浸透してくるとかなんとか・・・。

gisahannさんの回答で思い出しました^^;

完全に遮断するのは不可能だとしてサビ止めを塗った鉄筋の周りにコンクリートとか木の板で覆ってしまうとどうなるでしょうか?

野ざらし状態よりはマシかな?程度のアイデアですが耐久年数が上がるようなら・・・位で考えてるんですが。

重ねて回答お願いしますm(_ _)m

お礼日時:2008/12/11 21:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塗装前の錆落とし。

屋上のフェンスや柵なんですが、錆がかなり浮いているんですが、かなり範囲が広くて大変で、どの程度落としてから錆止め、塗装していいのかわかりません。
すべてきれいに落とさなければいけない物なのでしょうか??多少錆が残っていても大丈夫でしょうか??

Aベストアンサー

錆びは完全に落とさないと.塗装の寿命を短くします。
塗料は.表面の粉の部分が剥げる原因なのでここを落とします。なお.塗装の寿命を考えると下地まで完全に落としてください。
なお.多くの場合顔料として鉛酸化物が含まれています。したがって粉をすったり.粉を食べたりすると鉛中毒になりますので十分注意してください。

ご自分でなさっているようですから.刷毛塗りですね。こすり付けるように.練り上げるように塗ると比較的長持ちします。

塗料によっては.錆の隙間に入って空気を遮断する性質のある塗料が有りますが.色が悪く毒性も強い(発ガン性がある)のであまり薦めません。コールタールと販売店で聞いてみてください。これは.練り上げて薄く塗るのが骨です。時期は9-11月の晴れ間の続く時でしょう。

Q錆の上から塗れる塗料の使用のコツと効果を教えてください。

錆の上から塗れる塗料の使用のコツと効果を教えてください。・・・グラインダとかで錆を出来るだけとったほうがいいか??膨れているところだけでいいか??500平米ほどありますので・・・・

Aベストアンサー

色で誤魔化すだけであれば、おすすめします。
1年保証の意味はそこにあります。
1年過ぎる頃に間違いなく、塗膜が膨れてきてそのうちにもっと大きくなったサビが現れます。
長持ちさせるのであれば、徹底的にサビはグラインダーで落として錆止め材をていねいに塗り込んで完全にサビをシャットアウトして上塗りを塗るべきです。

お商売でしたら、誰もそこまでしません。
サビが消えれば 仕事がなくなりますから・・・。

一日1平方メートル仕上げても2年で完璧になりますよ。

Q鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどち

鉄の塗装において、一般に防サビの効果が高いのはウレタンとシリコンのどちらでしょうか?

Aベストアンサー

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であり、錆止めと言う下塗りが一番重要なのですよ、錆止めが悪ければ、錆で塗膜が浮いてきたり、錆止めごと剥がれたりします。
ウレタンとシリコンは上塗り塗装と言うのですが、どんなに高価な上塗り塗装でも下塗りの錆止めが剥がれては意味がありませんよね。
錆止めの状態や屋外や屋内の様に環境にも左右されるので目安でしかありませんが、ウレタン系で8年~10年・シリコン系で12年~15年の一般的に耐久力があるとされてます。

用途にもよると思いますが、フッ素系はあまり使いませんね。高額ですが高品質なのは確かです。

下塗りにはエポキシ系で良いかと思います。

硬化方法による耐久性の違い
一般的な1液自然乾燥硬化塗料 < 硬化剤を混入し化学反応にて硬化する 2液硬化形塗料 < 空気中の湿気に反応する1液反応硬化形塗料

ウレタン樹脂塗料でも2液硬化形で強溶剤タイプなら水性シリコン樹脂より強く溶剤別で 一番 耐久性低い水性塗料でもシリコン樹脂で 反応硬化形ですと12年から15年の耐久性が有りますので2液強溶剤形ウレタン樹脂より強いのです、現在一番人気のあるシリコン樹脂塗料でも水性・弱溶剤・強溶剤・自然乾燥・応硬化乾燥・2液硬化・など沢山のタイプが有り 耐久性や価格も違うのですシリコンでも ウレタンより 劣る場合も 又その逆も 有ります。

ここからは参考に
ステップ1 ケレン
 剥がれかかっている旧塗膜や錆を落とす作業のこと、または、既存塗膜が活膜(新しい塗膜)の場合は密着を強くするための目荒らしをケレンといい、鉄部塗装全般において最も重要な工程といえます。

ステップ2 錆止め
 鉄部における下塗りの工程です。
  錆止め塗料には
・一般錆止め塗料(ホームセンターなどで入手可能)
・鉛丹錆止め塗料(鉛中毒の危険性あり)
・シアナミド鉛錆止め塗料(建築現場で多く使用)
・エポキシ樹脂錆止め塗料(一液、二液)

エポシキ系をお勧めします。

ステップ3 中塗り
 錆止め塗料は、下地に対する密着力や錆の抑制効果は優れているものの、紫外線に対し非常に弱いため、それに対する保護のため上塗り塗料を塗ります。上塗り塗料は通常2回塗ることによってその効果を発揮することができるので、上塗り1回目の工程を中塗りともいいます。

ステップ4 上塗り
 中塗りと同様の塗料を塗って仕上がりとなります。言い替えますと、上塗り材を2回塗ることによって、初めて適正な塗膜厚が確保され、その塗料の耐久性を十分に発揮されることとなります。

っと基本的な常識的なプロの工程作業です。

鉄部には、必ず錆止めを塗るのが常識です、当然、塗る前に錆はキッチリ落とし下地処理をします。

一概に錆止めと言っても結構な種類がありますが、屋外の様な雨ざらしでは無く、屋内なら錆止めの品種にそれほどこだわる必要はありません、屋外なら拘っていい物を塗りましょう。

現在はウレタン系もシリコン系も昔は金額の差が大きかったんですが、現在では同価格に近いです、よって耐久性もシリコン系の方が上ですので、迷わずシリコン系塗料を選びましょう。

塗装は錆止めと塗料はセットで考える事が常識であ...続きを読む

Q鉄製の支柱の腐食~修理~補強

駐車場の屋根を支えている4本の支柱の1本の下部に錆を発見したため鉄製のブラシで塗装を剝がしてみたところ穴が空いていました。腐食と思われます。削れる範囲は今のところ直径が1センチにも満たないものなので、補強をしようと思いますが、どんな方法が良いでしょうか? 取り敢えずパテで埋めて、乾いたら塗装を再塗装をしようと思いますが、他にもっと良い方法が有るでしょうか? 中は空洞なので、穴の位置辺りまで空いた穴からセメントを流し込んだら、支柱の補強と内部の補給にも成るかと考えも有りますが、素人考えでしょうか? 流し込んだ後、強固に固まり、尚且つ腐食の進行を止める様な材質の材料が有ればお教え下さい。

有識者のお知恵拝借。

Aベストアンサー

錆の原因となる、酸素と水、特に水の出所がきになります。
まず、周囲にブラシをかけて塗装の浮きがあると完全に剥がすこと。
セメント自体にも防錆効果はありますが、鉄が出ている境目などは水が溜まりやすく長期の防錆効果は期待できませんので、亜鉛末塗料などの錆止め処理をします。
 その後、通常のセメントでよいので、穴の中に流しこんでも良いでしょう。地下からの水蒸気の侵入を防ぐためです。内部は水が流れないのでセメントの防錆効果で十分でしょう。
 その後必要ならパテ補修をして塗装します。コンクリート部分から10cm程度は亜鉛末塗料を塗ったほうが良いでしょう。(塗装の上からでも良い)
 最後に仕上げ・・

 亜鉛末塗料はスプレー(ジンクスプレー https://www.google.com/images?hl=ja&q=%83W%83%93%83N%83X%83v%83%8C%81%5B )もあります。下塗り用と明記してあるものを使用すること。

Q錆びてきた鉄骨にペンキを塗る場合について

駐車場の鉄骨が、かなり錆びてきたので一度ペンキでも塗ろうかと
思いますが、ペンキを塗る前に錆びは落してから塗った方がいいの
ですよねぇ?
その時、どのように錆を落したらいいか教えて下さい。
また、塗る時などのアドバイス等ありましたら合わせてお願いします。

Aベストアンサー

鉄部地金が出るまで磨くのが理想ですが、そこまですると大変な時間と労力が掛かります、家庭の一般的な駐車場でしたら、平坦部はマジックロンで磨き、角や細部はワイヤーブラシで磨き、浮いている錆びは落とし、その後のホコリを綺麗に吹き飛ばしてから、錆び止め塗料から塗って行きます。
http://www.paint-works.net/tatemono/kit/keren/ken/index.htm

Q錆びた鉄製ベランダの補修に関するアドバイスを

突き出しベランダ(2間×半間)の鉄製帯とベランダのプラ板を支えている10数本の鉄製Cチャンが錆びています。特にCチャンの数本には穴が空くくらいの錆び。
無謀にも、このベランダの補修を考えております。

プラ板を外し、錆び落しパーツを取り付けたグラインダと電気ドリル、サンドペーパーなどを動員して錆を落とし、穴の空いたCチャンには同じサイズのCチャンを並べ添えて補強しようと思っています。もちろん錆び止めとペイントを念入りに塗って。落としきれない所の赤錆びには、赤錆を黒錆びに変えるスプレーを吹き付ければいいかなと・・・。ホームセンターに行って必要なパーツや塗料などの下見をしています。錆止め入りのペイントもあるようで、結構便利ですね。

実は、かつて(数年前)このベランダを補修しようとプラ板を外しかけたのですが、ネジが錆びているため外しきれず中断。最近そのようなネジの外し方を知ったために再度の挑戦をもくろんでおります。

イメージは完璧なのですが、なんせ素人。予め準備していた方がいい機材、パーツ、方法などアドバイスいただければありがたいです。

突き出しベランダ(2間×半間)の鉄製帯とベランダのプラ板を支えている10数本の鉄製Cチャンが錆びています。特にCチャンの数本には穴が空くくらいの錆び。
無謀にも、このベランダの補修を考えております。

プラ板を外し、錆び落しパーツを取り付けたグラインダと電気ドリル、サンドペーパーなどを動員して錆を落とし、穴の空いたCチャンには同じサイズのCチャンを並べ添えて補強しようと思っています。もちろん錆び止めとペイントを念入りに塗って。落としきれない所の赤錆びには、赤錆を黒錆びに変えるスプ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

道具は何となく有るようですね、
錆び落としの時電動工具を使用されると思いますが
念のため保護メガネの使用をお勧めします。

>それから、分かっているかと思いますが、外せる物は全て外し1階(地上)で作業して下さい。
ネジが錆びているため外しきれず中断。最近そのようなネジの外し方を知ったために再度の挑戦をもくろんでおります
どのように外すか書いていませんが、ねじ頭を鉄鋼キリで
削り取るのが早く安上がりです。

ワイヤーブラシ使用の時は溶接用の厚手の皮手が刺さることなく安心です。

ご自分で色々調べてやる気満々見たいですので天気に良い日に挑戦してください。

最後に誰もが『安く上げたい』と考えると思いますが
ホームセンター以外にも今回必要な道具や材料が有ります
『100円ショップ ダイソー』を参考程度見られてはと思います。

当方がダイソーで揃える場合リスト
(1)ワイヤーブラシ (手持ち)
(2)ワイヤーブラシ (時電動工具用)
(3)保護メガネ 
(4)各種ねじ
(5)色塗り用の筆・刷毛
(6)その他使えそうな物

*所詮100円ですが以外にお進めです。

こんにちは。

道具は何となく有るようですね、
錆び落としの時電動工具を使用されると思いますが
念のため保護メガネの使用をお勧めします。

>それから、分かっているかと思いますが、外せる物は全て外し1階(地上)で作業して下さい。
ネジが錆びているため外しきれず中断。最近そのようなネジの外し方を知ったために再度の挑戦をもくろんでおります
どのように外すか書いていませんが、ねじ頭を鉄鋼キリで
削り取るのが早く安上がりです。

ワイヤーブラシ使用の時は溶接用の厚手の皮手が刺さるこ...続きを読む

Q鉄骨柱の腐食補強対策

小屋のH鋼の柱がFL~+10cm位がサビて(FLはコンクリート土間)一部穴があいてしまいました。柱はFLにアンカー止をしています。屋根はありますが、壁はなく、雨水が土間に侵入します。このH鋼を補強する良い方法はありませんか?例えば、H鋼の周囲10cm位で高さ20cm位モルタルを巻く。・・・サビが膨張しモルタルが割れる?とかモルタルとH鋼との接着不良の発生は問題ないでしょうか?
また、モルタルの割れ防止に何か良い方法がありますか?

Aベストアンサー

風雨だけで穴があくまで? 潮風が当たっているのではありませんか。
基本的に鋼材の厚みが2割以上も薄くなっていたら、溶接による補強は必須です。
アンカーは使えるのか、埋め殺しになっても良いのかご判断ください。
(そのままコンクリートを巻いて補強にしたい場合はプロの施工解釈が要ります)

本来、コンクリート・モルタルは一体施工でないとその境目から経年変化で割れてきます。
また、ひびが入っただけでも中の鉄骨・鉄筋に腐食が進むこともありますが、今回はそこまで
考えなくてもよいでしょう。

モルタルの剥がれ防止にはベース側の面を荒らしておく。
場合によりアンカー的な物を打ち増し、立ち上がり上部への鉄筋の代わりにします。

H鋼の周囲にモルタルだけで10CM以上巻くのは考えものです。
(一般に5CM以上の厚みがあれば、コンクリート=砂利入りにすべきです)

モルタルの割れ防止には餅焼きの網程度のものを一緒に中に入れておく手もありますが、
どちらかというと、ひび割れ後の脱落防止程度の効果しか期待できません。

とにかく配慮してほしいことは、
・型枠を外す時に無理な力を与えないように。(冬間のことでもあり10日後くらい経って外す)
・鉄骨に当たる部分(埋まる所)は、塗料は塗りません。
・モルタルのセメント量は多い目にする。

風雨だけで穴があくまで? 潮風が当たっているのではありませんか。
基本的に鋼材の厚みが2割以上も薄くなっていたら、溶接による補強は必須です。
アンカーは使えるのか、埋め殺しになっても良いのかご判断ください。
(そのままコンクリートを巻いて補強にしたい場合はプロの施工解釈が要ります)

本来、コンクリート・モルタルは一体施工でないとその境目から経年変化で割れてきます。
また、ひびが入っただけでも中の鉄骨・鉄筋に腐食が進むこともありますが、今回はそこまで
考えなくてもよいでしょう。

...続きを読む

Qシャッターの錆を補修したいのですが…

シャッターの一部分に、錆が出てきています。

一部分なので、自分で補修できると思うのですが、

さびている場所に上からペンキをぬれば良いのでしょうか?

何か注意することがあれば教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

錆びは完全に落として下さい。
ワイヤーブラシが最適です。
元の地金が出てピカピカになればそれ以上必要はありません。

錆びは空気中の酸素によって酸化して起こります。
酸化した錆が残っている上にペンキで皮膜を作っても、その錆が浸食しているために錆が錆を呼ぶことになります。

DIYでやれば納得して作業を行うことが出来ます。

屋外塗装のプロと云う人たちは、如何に塗料を少なく 僅か一年間の保証期間に錆が出なけりゃそれで良し。保証期間はもう過ぎたと言い逃れできるだけの作業しか行いません。

自分のお家で有ればこそ 丁寧に仕上げたいものです。

さび落としが完全に終わったら、錆止め剤を塗ります。
通常3回は塗りたいものです。
その後で 仕上げ塗料を塗ります。
これも出来れば3回に分けて塗ってください。

それだけ塗ればそうとう分厚くなると思われるでしょうが、如何に薄く塗るかが基本です。
一回目は横・縦と2回刷毛を動かすだけです。
二回目は縦・横 同じように少しだけ刷毛に付けて塗ります
三回目も同じです 薄く塗ることで 「刷毛目」は先ず見えないはずです。

錆止めを塗った後も一日置いて 上塗りです
同じ要領で 薄く軽く掃くように塗ります。
完全に乾くには1日は必要です
次の日 又同じようにして縦・横と塗ります。
最後に仕上げです
3回塗れば先ず錆止め剤の色も完全に隠れるでしょう

この作業を タッチアップ作業と云います。
上塗りは出来るだけ 元の色に近い塗料を選びましょう

塗装するときには マスキングテープ もしくは養生テープを必ず使いましょう
そして忘れずに生乾きになった時に一旦取り除きます。
次に塗る時にも マスキングテープを新しく貼ります。
最初より少し大き目の面積で・・・

仕上げの最後もぼかしで仕上げるか・・・テープで仕切って仕上げるか・・・は周囲との色合いで決めましょう。

いい加減な作業ではいい加減な答えしか返ってきません。
自身のお家です、自信を持って 時間を掛けてしっかり取りかかりましょう。
これから先 ずっと塗装作業等のDIYで出来るだけの技術を身につけて行けば自身にもつながります。

我が家は築30年 一度もプロと云う方の手を借りたことが有りませんが、
ご近所さんも羨むほどピッカピカです。

錆びは完全に落として下さい。
ワイヤーブラシが最適です。
元の地金が出てピカピカになればそれ以上必要はありません。

錆びは空気中の酸素によって酸化して起こります。
酸化した錆が残っている上にペンキで皮膜を作っても、その錆が浸食しているために錆が錆を呼ぶことになります。

DIYでやれば納得して作業を行うことが出来ます。

屋外塗装のプロと云う人たちは、如何に塗料を少なく 僅か一年間の保証期間に錆が出なけりゃそれで良し。保証期間はもう過ぎたと言い逃れできるだけの作業しか行いません。...続きを読む

Q建設中のビルの鉄骨の錆びについて

建設中のビルを見てふと思った事で質問させて頂きます。

ビルの骨組みに使う鉄骨なのですが、見たところ表面が錆びているように見えました。
錆びている鉄骨を使用して、腐食の進行による将来的な強度に問題は無いのでしょうか?
素人考えでは、ビルの骨組みに使うような鉄骨ほど表面を保護して
強度を確保しなくてはいけないのでは?と疑問を持ったもので質問させて頂きました。

ご存知の方、ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

錆びの場所によります。
1.コンクリートで被覆されるところ・・・柱の下の方
2.梁の継ぎ手・・・梁をボルト・プレートでつなぐところ
上記の場所ならば摩擦力を増す為にわざと錆びを発生させますので問題ないです。
というより錆がないほうが耐力不足となる可能性があります。

Q錆びの上から塗装するとどうなりますか?

錆びの上から塗装するとどうなりますか?

鉄で看板を作りました。所々若干錆びが浮いていイイ感じです。
この鉄の風合いを残したいので一般的な塗装ではなくクリアをしたいと考えています。
しかし知人に「錆びが進行するよ」また「クリアは弱いから他の所も錆び錆びになる」
と言われました。 私としてはクリアで皮膜することで鉄と空気を触れさせない様にす
れば、これ以上錆びは進行しないと思っていたのですが‥。

こちらのサイトで調べてみると知人と同様、塗装前に錆びを落とすのが鉄則の様ですが
その理由が分からず困っています。(皮膜が覆っても錆びが進行するのですか?)


ここで一旦まとめます。

■ そもそも鉄にクリアを塗布することで防錆び効果はあるのでしょうか?

■ 錆びの上から塗装(クリア)を塗布することで進行を止めることができるのかでしょうか?

■ 塗膜の厚みの問題でしょうか? 

■ 今回、アクリル塗装・ウレタン塗装・メラミン焼付けで一番適しているのはどれでしょう?

■ 艶消し材をいれると塗膜が剥がれ易くなるのですか?


因みに、
設置場所は店内と屋外にひとつずつです。(海沿いではありません)


お客さんに回答しなければいけないのでアドバイスを宜しくお願いします。

錆びの上から塗装するとどうなりますか?

鉄で看板を作りました。所々若干錆びが浮いていイイ感じです。
この鉄の風合いを残したいので一般的な塗装ではなくクリアをしたいと考えています。
しかし知人に「錆びが進行するよ」また「クリアは弱いから他の所も錆び錆びになる」
と言われました。 私としてはクリアで皮膜することで鉄と空気を触れさせない様にす
れば、これ以上錆びは進行しないと思っていたのですが‥。

こちらのサイトで調べてみると知人と同様、塗装前に錆びを落とすのが鉄則の様ですが
その理...続きを読む

Aベストアンサー

錆びに塗装をぬっても、いずれはがれきます。外気や熱によって影響を受けているためです。
さび止め材をぬらないで、他の塗料をぬってもやがてはがれます。
だから塗料を錆び止め塗料と仕上げ塗料プライマ-とか使用用途によって
わけています。
そのため通常錆びはおとしてから、さびとめ材をぬって仕上げ塗料をぬってしあげます。
おそらく赤茶がかったエンボスのように見えるので、これでなんとかもたせられないかということ
ですが、たぶん無理だと思います。


人気Q&Aランキング