最新閲覧日:

アメリカに旅行へ行こうと思うのですがチップの払い方やチップの値段についてどうすれば良いか詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (8件)

【追加:プラス思考でチップを使う】



例えば、安くておいしいお店では、行列が出来ます。
時間がないときなど、人の良さそうなおばさんのウェイトレスに5ドル握らせれば、すぐ席につれてってくれます。

■プラス思考のチップの使い方=無理を聞いてもらう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白いアイデアをありがとうございます。参考にさせて頂きます。でも5ドルは高くないですか?

お礼日時:2001/03/04 21:49

アメリカでチップ(ティップ)を払うような所で働いている人達の固定給は非常に低いのです。


チップが生活費の一部になっているので必死です。
ですから気分で置くか置かないかを決めるのは如何でしょうか?よっぽど腹の立つサービス以外は払うべきでしょう。
1¢ダマを含む小銭を若い頃良く置いて着てしまいましたが、今は後悔しています。ハワイで日本人の帰った後の不満を良く耳にしましたので、陰口をたたかれない様に。
レートは皆さんの言われているように10-15%でしょう。Bon Voyage!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ちょっと他では聞けない情報ありがとうございました。参考にします。

お礼日時:2001/03/04 21:50

皆さん若干の食い違いがありますが、orimotoさんの書かれていることが私には一番しっくりきます.


とにかく、自然にチップを出せるようになるには、慣れるしかないですし、何度も失敗しながら、経験の中で感じ取ってみてください。私も何度も旅行に行くことで慣れるようにつとめましたし。

最悪なのは「よくわからない」からといって、頑なにチップを拒否することです.旅行に行った仲間に何人かそういう人がいて、相手もこっちも気分が悪くなりました.

チップの払いすぎということは、考えなくてもよいと思います。
まれに最上のサービスを受けたとき(コンシェルジュが取りにくいミュージカルのチケットを取ってくれた/その人の遂行すべき仕事以上のサービスをしてくれた)などの場合には、ちょっと奮発してあげてください。

では、良い旅行を!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

がんばって慣れるようになれば良いなと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/04 22:01

まず基本を:


・チップについては、アメリカとヨーロッパをごっちゃにしないことです。アメリカはアメリカ流で。第一ヨーロッパは国によって違います。
・チップを生活費の1部にしている人がいることを知っておくこと。
・旅行案内書に書いてあることは基準にはなっても”絶対”でないこと。周りの人を観察するのが一番。

そこで、旅行するとき良く遭遇する場面を書きますと、
1)ウェイトレスが料理を運ぶレストラン、タクシーの運転手などは料金の”約”15%。
ウェイトレスは担当するテーブルが決まっているので、その人にあげることになります。
タイミングは請求書が届いて、支払って、おつりが来た後。クレジットカードや、部屋代と一緒にするときはには、billのgratitudeの欄に書きます。こまかいコインがたまったからチップにと置く人がいますが、これは”サービスがよくない”のメッセージとなりますから注意!
2)ホテルのベルボーイ(荷物をカウンターまで運んでくれる)、部屋まで荷物を運ぶ人(ベルボーイと同じ人なら一緒でよい。顔をよく覚えていること)には、荷物1っ個に1ドル。ホテルでタクシーを呼んでもらったらベルボーイに50セントぐらい。その他空港でも荷物1個1ドル。ただしリムジンバスでは要りません。
3)問題はホテルの部屋をクリーニングしてくれる人ですが、案内書や日本人は枕の所に1ー2ドル置いてますが、アメリカ人は置きません。ただ大勢の小さい子がいて、世話をかけるときなど、2ドルぐらいクリーンに”する人に”手渡すといいでしょう。もちろん水道の出が悪いから直りてもらった、何かを届けてもらったりしたら、”その人に”1-2ドル渡します。衣類のクリーニングを頼むと部屋に置いてありますから、そのときはいらない。ただ届ける人とはちあわせしたら、1ドルぐらい上げないと。
2)バーでは、一杯飲むたびに払いますが、(というより一杯ごとにチップをテーブルの上に置いていくと忘れない。バーテンダーが受けとるのはあなたが去った後)最近はレシートを出すところが多いですから、レストランと同じようにすればよいでしょう。テーブルに座って飲んだときには、レストランと同じ。

ごちゃごちゃしているようですが、基本を追加しますと:
・人手をかけたときには払う。だからマクドナルドはいらない。
・旅行者はトラブルが起きないように、払うべきところで払わないことがないように。だからホテルの同じ部屋に数日滞在するときには、1ドルぐらい置いといたほうがいいかもしれません。
・分からないときには、誰かにこっそり聞く。(といっても知らない人だと、「あなたの気持ち次第」という応えが多いですが・・・)
・不要なときは、大体相手が、No, thank youと言います。

ではあまり神経質にならず、楽しんできてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あまりに場面がリアルに表現して書かれてあるので、少し神経質になりました。しかし、参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/04 22:00

何度かUSAには行ってますが、他の方と同様ですね。



更に以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
「チップ編(アメリカの場合)」

ご参考まで。

参考URL:http://www.vnet.co.jp/vnethome/tland/tland0703.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

このURLは役に立ちそうです。細かく書かれてますしね。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/04 21:55

私がロンドンで生活した時の話です。

主にレストランや食堂での話しです。ホテルに関しては泊まっていないので経験してませんが、ホテルの渡し方については旅行本に詳しく乗ってると思います。
基本的に支払の1割~2割程度です。もちろん決まりはありません。
いくつか渡し方がありますが、大衆的な食堂で非常に多いのがレジの横に壷が置いてあるパターンでした。(日本の募金箱みたいに)
この場合はレジで支払を終えた後、支払の一割程度をチャリンといれてやればいいです。
次に席で払うスタイルの場合。Check pleaseというとウェイターがbillを持ってきてくれるので、その場で支払う。するとウェイターはお釣とレシートを机に置きます。基本的には、ここであなたはお釣を残して席を立つ形になります。ただ、お釣が少な過ぎたり多すぎたりした場合には追加するなり、減らすなりしてください。
このようにお釣をもらわないという方法は一般的です。タクシーとかでも使えます。
親切にしてくれたなと思ったら、多いめに渡してもいいし、渡さなくてもかまいません。気持ち次第です。渡すこと自体は簡単です。コツは「迷わない」「まごつかない」ことです。チップを財布ちゃりちゃり探したり、渡す金額に迷えば(ためらえば)そうとうカッコ悪いです。
私が向こうでチップの話をしたとき「チップ」と言ったので恥ずかしい思いをしました。(向こうの人はポテチを連想する)発音は「ティップ」です。間違いやすいので・・俺だけかな
    • good
    • 1
この回答へのお礼

発音は「ティップ」ですね。ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/04 21:53

チップの習慣は慣れないとややこしいですね。

私がアメリカに行くときは、こんな風にしています。

・ホテルでは、毎朝ベッドメイクの人のために、
 ピローチップ(枕銭)として1ドル。

・ベルボーイとか、手伝ってくれた人にも、
 その場で1ドル。

・レストラン等で食事をする場合、
 基本的に食事金額の合計に、
 1割5分位のチップ代を加えて払う。
 (ニューヨークなど、2割近くが相場のところも)
 このときは、
 ウェイトレスさんとかに別途に払う必要はない。
 食事金額にチップ代を加えないときは、
 チップは現金でテーブルの上に残しておく。


・カウンターバーなど、
 注文の度にその場でお金を払うところでは、
 その度にチップを払う必要はない。
 ただし、
 ウェイトレスさんなどがアテンドしてくれたときは、
 立ち去るときにはテーブルの上にチップを残しておく。
 ウェイトレスさんがいないときには、
 カウンターの端などにチップ用のグラス等があれば、
 そこに入れておく。

・タクシーはメーターだが、
 払うときにはその1割5分程度を加えて渡す。
 大きな荷物を運んでもらったときは、
 荷物1個に対して50セントから1ドル。

・・・これくらいでしょうか。あと、とても嬉しかったときなどは、少々はずんであげてもいいかもしれません。

それから、マクドナルドのようなお店ではチップは不要です。周りの人の様子をよく見てみると参考になりますよ。アメリカ旅行、楽しんできて下さいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても細かく書いてもらいどうもありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2001/03/04 21:52

アメリカにはまだ行った事が無いので、偉そうなことは


いえませんが、そもそもチップというのは気持ちでいいみたいですよ。例えば、同じくチップの習慣のあるフランスにはじめてこの間いったときも、彼氏(仏)とかレストラン
なんかで食事したときとか、自分が気に入れば幾らか定価
より余分に払ってたし、店員の態度、味など気に入らなければ、チップは払ってませんでした。その場所なんかにも
よるんでしょうけど、多分アメリカでもそれでよいと思いますよ。少なくとも、払わなければいけないとは思いません。ホテルの荷物を運んでくれたボーイさんなんかには、
幾らかお礼の意味であげた方がよいでしょう。でもあげ過ぎはよくないんじゃないかな?あと、レストランなどでの
払方ですが、フランスでは店員がテーブルに伝票を持ってくるので定価より余分に出し店員がお釣をもってきても
取らずに帰ります。勿論、払う気が無ければ、残して行かなくていいんですよ。これは、カフェでも同じでした。
とにかく、あまり深く考えなくても良さそうです。
以上、参考になれば幸いです。お気を付けて。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね―。チップって難しそうですね。

お礼日時:2001/03/04 21:51

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ