最近エレキギターのバレーコードをやり始めたんですが特にFを押すときに2フレットと3フレットがあまり押せていないようで良い音が鳴りません。
自分は指が短いほうなんですが、どうすればバレーコードをうまく弾けるようになるでしょうか。

A 回答 (4件)

1.指の長さ、太さはギターの上達と全く関係がありません。


全ての指の長さが他人の半分以下とか、太さが他人の倍以上あるなどといった状況でない限り、気にする必要はありません。

2.誰でも最初はFコードの壁にぶち当たります。ある説に依れば、Fコードの挫折によってギターを辞めてしまう練習生の割合は30パーセントとも60パーセントとも言われています。

3.しかしFコードを上手く習得できた練習生は、その後よほどの事がない限り挫折によってギターを辞めることはなくなるそうです。

4.バレー(セーハ)は最初はコードではなく、人差指だけでバレーする練習をします。1フレット(Fの場所)は意外に難しいので、最初は6フレットあたりで練習して、だんだんと1フレットに近づけていきます。

5.セーハした弦の1弦から6弦まで全ての弦からちゃんと音が出るまで練習しましょう。指の腹をフレットに押さえつけるのではなく、少し外側に傾けて、ほんの少し指を曲げるようにすればちゃんと鳴ります。

6.全ての弦でちゃんと音が出るようになってから、Fのコードフォームで練習します。このときも、中指から小指が他の弦に触れないように慎重に押さえるように練習します。

7.慣れてきたらF-C-G-Em-Dmというようにコードチェンジの練習をします。

8.さらにF-Gm-B♭-E♭-Cmなどバレーコードばかりでコードチェンジの練習をします。

とりあえずここまででコード入門の基礎は終わりです。がんばって下さい。
    • good
    • 0

バレーコード全般ですが、ギタリストの北島健二さんの言ってた練習法として、親指と人差し指で電話帳を挟んでぶら下げるというのがあるそうです。

エレキギターだとカポを使うケースはアコギより少ないので、バレーコードの連続に慣れるようにするためにはある程度の「訓練」が必要ですよね。ちなみに、私は小5の頃にギターを始めて当時は身長140cmくらいでした。それより指が短いということはないのでは?
    • good
    • 0

#1さんが言うように、「F」でメゲル人、凄く多いです(笑)



親指の位置を変えたり、ひとさし指の横で押さえるなど、
自分が押さえ易い方法を探してみて下さい。

他にも、
「E」のローコードを押さえる時も、
教本などには「ひとさし指、中指、薬指」で押さえるように書いてあることが多いですが、
あえて「中指、薬指、小指」で押さえるように練習してみて下さい、「F」が押さえ易くなるかもしれませんよ。

余談ですが、
「F」はギターを始めたばかりの人には、とても難しい鬼門ですが、
先々には、とても大事なコードです、
「F」の手の形は、これから先、練習が進んでも頻繁に出てきますし、
中指を外せば、Fmになり、小指を外せばF7になり、中指と小指、両方外せばFm7になる、便利なフォームです、
E、F、G、A、B・・・と、すごく応用がききますので、
頑張って練習して下さいね。
    • good
    • 0

弾きたいジャンルは何でしょうか?


そもそもなぜ「Fコード」の練習をしているのでしょうか?

いや、個人的にエレキギターでは、6本の弦をすべて鳴らす必要はかならずしもなくて、特にギターをひずませている場合はむしろ音がにごってしまうのを嫌ってあえて2~4本程度に絞って鳴らすことが多いと思っているので。

なので、当面は低音弦(曲によっては高音弦)4本程度を鳴らすつもりで練習してもいいんじゃないかと。上で書いたようにかえって演奏上良かったりすることも多いと思います。

で、私の場合、メタルから入った関係で、Fコードの練習はせずに、
実際の曲とソロの練習から入りました(メタル系だと6ほんの弦を同時に鳴らすのはむしろタブーに近いので)Fコードの練習は一切せずにしていて、
その中で多分力の入れ方とかに慣れていったんだと思いますが、初めてから一年ちょっと位で、ためしにFコード押さえたらほとんど苦労せずに弾けた記憶があります。

なので、弾き語りみたいにじゃかじゃかすべての弦をかき鳴らす演奏スタイルを想定していないならわざわざ「バレーコードの練習」をする必要は無いんじゃないかと個人的には思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFコード1フレット2弦が鳴らない…

アコギを始めて3ヶ月ぐらいの超初心者です。
Fコードなんですが、1フレット2弦だけがどうしても鳴りません。
1弦から5弦までだけを押さえたときは、2弦も一応鳴るのですが、6弦すべてを押さえようとするとどうしても2弦だけが鳴りません。
人差し指は多少斜めにし、ネックの裏からは親指で・・・などの基本事項は実践しているはずなのですが。
4フレットぐらいの押さえやすいところでセーハーしてもどうしても2弦だけ鳴らないのです。
これでは、弦をエレキのものに変えたりしたところで、2弦は絶対鳴らないでしょう。
人差し指の第一関節と第二間節の間で押さえる弦はどうも鳴らない、もしくは鳴りにくいようです。
とはいってもセーハーする以上この部分は絶対使うと思いますし・・・。
毎日押さえる練習はしてるし、最近指のストレッチも始めました。
一体どうしたら鳴るようになるんでしょうか??
バレーコードが弾けないとなかなか曲の幅も広がらないですし、本当に欝です(っд;`)

Aベストアンサー

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押しても関節が曲がらない側面を使うようにするのが良いでしょう。
手を開いて手のひらを向こうに向けてかざし、人差し指の親指側の側面を見てみると、比較的でこぼこのない線を描くと思います。 その直線に近い部分で弦を捉えるように意識すると良いでしょう。
人差し指を傾ける時には、親指を置く位置を少しブリッジ側(手で言えば中指側)に寄せると、人差し指を傾けてもそれほどきつくないと思います。

あるいは、指の長さに余裕があるのであれば、6弦のところに人差し指の先が来る状態よりももう少し余分に指を伸ばして、人差し指の指紋の辺りがネックの上の縁に来るくらいに多少大袈裟に突き出してみるのも良いかも知れません。 関節の位置が変わることで、改善ができる可能性はあると思います。

いずれにしても、人差し指一本でバレーしている時に一部の弦が鳴らないという状況は、指板と指の間に余裕があって、その隙間のせいで弦がフレットから浮いている状態が原因といえるでしょう。 その隙間をうまく潰すように工夫すれば、問題を解消できるはずです。 弦を押えている指の状況や手のバランス全体を見直してみて、問題のある箇所を洗い出し、工夫してみることをお勧めします。

参考まで。

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押して...続きを読む

Qエレキギターの12フレット以降の指使いについて

エレキギターの12フレット以降は1フレットに指ひとつという、具合にするのですか。(4フレットあれば人差し指から小指、一本ずつを当てるという具合に)。ローポジションではそういう具合にしてるのですが。何か窮屈な感じです。

Aベストアンサー

はじめまして。

>4フレットあれば人差し指から小指、一本ずつを当てるという具合に

例えば12フレットから13,14,15と弾く場合はもちろん人差し指から小指で弾きます。しかし、12フレットから14,15と弾く場合は人差し指、中指、薬指で弾いても構いません。むしろその方がフレット間の狭いハイポジションでは効率が良く、余った小指が自在に移動できるのでフレーズのバリエーションが増えると思います。さらに、チョーキングやビブラードにしても小指より薬指の方でしっかり力が入るので、私の場合ハイポジションでは人差し指、中指、薬指を多用することが多いように思われます。

私はプロではないので参考になるかどうかは分かりませんが、少しでもmddisk123さんのお役に立てればと思い回答させていただきました。

もし質問の意図と回答が違う場合は申し訳ございません。

Q安室奈美恵さんのthukiをエレキギターで練習中です、コードは―2の変調です、歌詞にコード表記がある

安室奈美恵さんのthukiをエレキギターで練習中です、コードは―2の変調です、歌詞にコード表記があるのでわりと弾き易いですがDからB7に移るのが精一杯です。ダウンだけで弾くのがやっとの初心者です。 あとは大抵2拍で、コードチェンジなんですがたまに一拍のところがあり、ちょっと難しいてす。

良ければスムーズに弾けるこつなどありましたら御指南頂けるとありがたです

Aベストアンサー

ひたすら練習あるのみです。
近道はありません。
コードは形(ポジション)で覚える。
頭で覚えるのではなく指に形を叩き込ませる。
指板を見なくても押さえられるようになります。

YouTubeはログインして右上のアップロードボタンから行えます。
タイトルや説明など一通り書いたら「公開」ボタンで公開します。
規定では一回に行える動画の容量は2GB、15分までですが、増やすことも出来ます。
アップロード出来る動画形式は豊富ですが、対応してない形式もあるので注意。
その場合はエンコード(変換)してから。
詳しくはyouTubeヘルプで確認してください。
https://support.google.com/youtube/?hl=ja#topic=4355169

Qパワーコードとバレーコードについて

パワーコードはRootに5度を足した音でバレーコードは人差し指でセーハなどしたコードのことを言って、パワーコードとバレーコードはまったく別のものですよね?以前、友達がパワーコードのことを人差し指でセーハして・・・とか言っていたので。

Aベストアンサー

一般的には、バレーコードという言葉はコードフォームを形容した表現で、音楽的な根拠を持つ用語ではありません。ギター系楽器特有の俗語のようなものです。具体的には、人差し指でほぼすべての弦をバレーしながら押さえるコードフォームや、そうしたコードフォームを使って出すコードのことを指します。

一方、パワーコードというのは音程に根拠を持つ用語で、ご質問文にある通り特定の音程に完全5度の音程を加えた二つの音程からなる複音を指します。
基本的な和音は、基盤となるルート音、ルート音の響きを補完する完全5度、メジャー・マイナーの別を決定付ける3度(短3度or長3度)の3つの音程からなりますが、パワーコードはこのうち3度の音程を除いたものになります。ただ、単純に3度をオミットすればよいと言う訳ではなく、これにギター上で低音弦側を中心に展開するものという条件が加えられることも多々あります。
厳密なことを言えば、パワーコードには響きの長短を決める音程が欠けているため、コードとしては成立していません。その代わり、パワーコードでのバッキングにメロディーを載せる場合、スケールの選択の幅を広く取れるという特徴があります。あるいは、単音では響きが物足りない場合に、雰囲気を壊さずに響きを厚くすることができます。

パワーコードとバレーコードとは、定義が異なる用語になります。分けて捉えておくのが妥当です。
参考まで。

一般的には、バレーコードという言葉はコードフォームを形容した表現で、音楽的な根拠を持つ用語ではありません。ギター系楽器特有の俗語のようなものです。具体的には、人差し指でほぼすべての弦をバレーしながら押さえるコードフォームや、そうしたコードフォームを使って出すコードのことを指します。

一方、パワーコードというのは音程に根拠を持つ用語で、ご質問文にある通り特定の音程に完全5度の音程を加えた二つの音程からなる複音を指します。
基本的な和音は、基盤となるルート音、ルート音の響きを...続きを読む

Qコード進行内のバレーコード練習法

 曲を演奏する上で必要不可欠なのは、バレーコード。

 おれは今曲を仕上げるのに必死で特訓をしているのですが、どうしてもコード進行内にでてくるバレーコードをテンポ良く弾けません。3秒くらい指の準備の時間があればキレイに音が出せるのですが、それでは曲が途切れてしまう。
 すばやく運指をするには、どのような練習法がありますか?

 回答よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

C♯m7-5(TAB:1弦から、00024X)

Cm(3Fセーハ+Am)

G(3Fセーハ+E)

Am7(TAB:010200)


これはCmを6弦から(X3134X)

Gを(32003X) にするとバレーコードがなくなりますし、流れも綺麗かと思います。メロディとの兼ね合いもあるので、あくまでほんの一例です。

個人的にですが、バレーコードの響きがあまり好きでは無いので積極的には使いません。ルート、5度、ルートという6弦~4弦、または5弦
~3弦にかけての音列が分厚くてアンサンブルでは馴染みません。アコギの弾き語りなんかではその分厚さが良い方向に行く事が多々ありますが。



G(TAB:300023)

C♯m7-5(TAB:1弦から、X5454X)

Cm(3Fセーハ+Am)

Bm7(TAB:10101X)

B♭7(1Fセーハ+A7)

Am7(TAB:010200)

↑これはC♯m7-5が何故この形なのでしょうか?弾き語でこのGからの流れだとさっきの形の方が良いと思います。

Bmは6弦から(X20202)の間違いですか?


もしバレーコードが本当にできないのであれば3つくらいの音だけで弾くという手もあります。ただ、生のアコギで他のコードは6,5つの音で一つのコードだけいきなり3つだと少し落差があるかもしれないので、その前後のコードも音を削るなどといった方法も考えられます。

他にも色々自分で試してみてください。

アドバイスをするならばコード間で移動が少ないのはスムーズな動きという事です。フィジカルな面でという事ではなくて音列的にスムーズという意味です。それが必ず良いという訳ではないのですが、コード間であまりにも音がバラバラに聞こえる場合に見直す一つの方法です。

それと、メロディとトップの音(一番高い音)の関係には気を配ると良いです。半音でぶつかっていると濁ったりします。まぁこれは耳で聞いておかしいと思えば変えれば良いだけです。

C♯m7-5(TAB:1弦から、00024X)

Cm(3Fセーハ+Am)

G(3Fセーハ+E)

Am7(TAB:010200)


これはCmを6弦から(X3134X)

Gを(32003X) にするとバレーコードがなくなりますし、流れも綺麗かと思います。メロディとの兼ね合いもあるので、あくまでほんの一例です。

個人的にですが、バレーコードの響きがあまり好きでは無いので積極的には使いません。ルート、5度、ルートという6弦~4弦、または5弦
~3弦にかけての音列が分厚...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報