ミステリーが好きで東野圭吾さん、宮部みゆきさん、岡島二人さんの本をよく読んでいます。

貴志祐介さんの本は、青の炎、硝子のハンマーを読みました。また、新世界よりは現在読んでいる途中です。
他の貴志さんの作品も読みたいのですが、ホラーに分類されているものが多いためちょっと躊躇してしまいます。というのも、とても怖がりなのでホラーは読めそうにありません。
こんな怖がりな私でも読めそうな貴志さんの作品はどれでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

貴志祐介、面白いですね。



「黒い家」は泣きたくなるほど怖いホラーですが
「天使の囀り」はホラーというよりサスペンスSFとでも呼んだほうがしっくりくる感じです。面白いですよ。
「クリムゾンの迷宮」も不条理ゲーム小説なんて命名したい不思議な作品です。
「十三番目の人格 -ISOLA-」は個人的にはイマイチでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
黒い家は駄目そうですね。天使の囀り、クリムゾンの迷宮は読んでみたいと思います。

お礼日時:2009/01/21 22:22

「狐火の家」というミステリーが昨年出てますよ。


「硝子のハンマー」の登場人物が出るそうです。

「黒い家」はかなり怖いのでダメですね。私が読んだホラーではおそらく一番怖いです。
「クリムゾンの迷宮」はバトルロワイヤル的な小説なんですが、ラストあたりの文章は、すごく印象的で良いですよ。オススメです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
おもしろそうですね。両方とも読んでみたいと思います。

お礼日時:2009/01/21 22:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宮部みゆきさんの「理由」の事件現場の遺体について教えてください。

宮部みゆきさんの「理由」の事件現場の遺体について教えてください。
以前本を読んだのですが、詳しい内容をど忘れてしまいました(ネタバレです)。
事件現場の遺体(2025室)の中年の男(砂川信夫)と植え込みの若い男(八代祐司)は憶えているのですが、中年の女と80歳代の車椅子の女が誰だったのか…どうしても思い出せません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

秋吉勝子と三田ハツエでは?
17 家出人 の中で判明したような………

参考までね

Q東野圭吾さんの作品で余談(本題に関係のない文章)が少なく読みやすく面白

東野圭吾さんの作品で余談(本題に関係のない文章)が少なく読みやすく面白いものを教えて下さい。

Aベストアンサー

余談ばかりと見せかけて
余談ではない
新参者
はいかがでしょうか?

面白かったし、章立てが比較的短いので
読みやすいと思います。

Q東野圭吾「容疑者Xの献身」トリックはパクリ?

今更ながら映画「容疑者Xの献身」を観ました。
原作は読んでないのですが、最後のどんでん返しのトリックを昔どこかで読んだような気がしてなりません。
横溝正史?だったような、おどろおどろしいミステリーだったような・・・
相当前に読んだので、記憶が曖昧です。
ネットで検索しても「盗作」「パクリ」らしき記述は見当たりません。
記憶違いでしょうか???

Aベストアンサー

江戸川乱歩の「影男」ではないでしょうか?
横溝正史好きなら、乱歩もお読みになっているかもと思いましたが、もしそうなら、私もすぐにわかりました!
「容疑者Xの献身」のトリックと、そっくり同じ話が出てきます。

(以下ネタバレあります)





「影男」は名前も職業も様々変えて暗躍する詐欺師のオムニバス・ストーリーみたいな中編で、その中に有閑マダム達が秘密クラブを作って美青年2人を闘わせるショーを行う話があります。
そこで片方が過失で死んでしまい、呆然としている女性達の前に天才的頭脳を持つ主人公が現れ、自分に任せろと言います。
彼はその青年が泊まっていた旅館に身代わりを行かせ、「翌日に失踪したことにするから、女達は翌日のアリバイを作れ」と指示するのです。

なんかめちゃくちゃそのもので「前代未聞のトリック」どころじゃないですよね。
「前代にあったっつーの。しかも乱歩だっつーの。」というツッコミが聞こえてきました。私の中に。

「影男」は乱歩の中でもマイナーな部類ですから、気がつかない人も多いかもしれません。
それに、余計な殺人はしないし、乱歩は「ちょっとしたエピソード」といった話ですが「容疑者X」は話を膨らませているため、細かいところではやはり異なりますが、それでも大枠は「影男のトリックありき」ではないでしょうか?

東野圭吾さんは「考案した」とはっきり言っていますね。
http://www.bunshun.co.jp/galileo/outline/summary/yougisha-x.html
もし乱歩を原案としたのなら、褒められすぎて引っ込みがつかなくなっちゃったのかもしれませんね。

でも、乱歩賞作家が乱歩を読んでいないってありえるでしょうか?
それはそれでプロとして勉強不足だなあと思うし、その場合は「容疑者Xのトリックがすごい」ではなくて「乱歩賞作家が乱歩と同じトリックを思いつくなんてすごい偶然!」という方が驚きです。

江戸川乱歩の「影男」ではないでしょうか?
横溝正史好きなら、乱歩もお読みになっているかもと思いましたが、もしそうなら、私もすぐにわかりました!
「容疑者Xの献身」のトリックと、そっくり同じ話が出てきます。

(以下ネタバレあります)





「影男」は名前も職業も様々変えて暗躍する詐欺師のオムニバス・ストーリーみたいな中編で、その中に有閑マダム達が秘密クラブを作って美青年2人を闘わせるショーを行う話があります。
そこで片方が過失で死んでしまい、呆然としている女性達の前に天才的頭脳を...続きを読む

Q林真理子を知るにはこれを読め!という本を紹介してください

こんにちは。

林真理子さんに興味が湧いたので彼女の著書を読んでみたいと思っています。しかしあまりにも数が多すぎるので、皆さんに助けて頂きたいです。
この本を読めば彼女が分かる!彼女を知るにはこの本!、というような「生き方や考え方・特徴」が最もよく表れていると皆さんが思う本を、小説・エッセイそれぞれの中から教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

林真理子さんの大ファンです。

林真理子さんといえば、エッセイなら「美女入門」(マガジンハウス・角川文庫)「夜更けのなわとび」(文春文庫)
ですが、
初期の作品なら「葡萄がめにしみる」
「本を読む女」
「コスメティック」
などに彼女の文体の力強さが現れていると思います。
林さんはアンアンに連載されている「美女入門」と週刊文春に連載されている「夜更けのなわとび」、それぞれ文体を書き分けているところが興味深いです。
「不機嫌な果実」はドラマ化・映画化され有名ですが、私は読んでません・・・。

ご参考まで。

Q「読め!」と言えちゃうような本を教えて!

村上春樹と吉本ばななが好きです。この二人はエッセイと最新作を除いて全ての作品を読みました。というわけでこの二人を除いた全世界の全ての作家さんの本で(ただし日本で手に入る本でお願いします^^;)「これぞ!」というもの、「読んだら?…むしろ読め!」というものなど、教えていただければと思います。その人の次回作が読みたくなった作家さん、何度読んでもイイと思える本など、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

僕も村上春樹と吉本ばなな好きです。そんな僕がオススメできるのは、

乙一(おついち)さん
の作品はどれもすばらしいです。
この人も比喩がすばらしいので春樹党の人には受け入れやすいと思います。

レイモンド・チャンドラーさん
の「長いお別れ」なんかは春樹ルーツのわかる作品です。

参考になればと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報