少々古い話で恐縮ですが…

オーケストラ名、曲目等、詳細は覚えていませんが、バーンスタインと
アルゲリッチが協奏曲で協演したときの逸話です。

指揮者・バーンスタインと、ソリスト・アルゲリッチが演奏方針で対立し、
双方、歩み寄りのないまま本番に突入…。

演奏会はメチャクチャになってしまったそうです…(^^;

-------------------------------------------------------

雑誌か新聞記事の情報だったと思いますが、これを読んだ私、
協奏曲では、ソリストに「絶対的な権限」があって、指揮者はソリストの
意見に従うべきだ…、と思っていたのです。

アマチュア演奏家の経験がある父にこの話をしました。

私:「協奏曲ではソリストの意見を指揮者は取り入れなきゃ
  いけないんじゃないの…?」

父:「いや、それは違うな。指揮者の権限は絶対さ…。
  ソリストが譲らなきゃいけないんだよ…。」

-------------------------------------------------------

↑↑↑ 父の言う通りなのでしょうか…?
私は今でも、ソリストが「主」で指揮者は「従」だと思うんですが…。

※ アルゲリッチは「ワガママ」で有名ですけどね…(^^;

A 回答 (2件)

はじめまして、面白い質問ですね。

 答えなんて出せないので、私的な感想を少し。

>指揮者・バーンスタインと、ソリスト・アルゲリッチが演奏方針で対立し・・・

こんなことがあったんですか・・。しかし、この手の話は、この世界では、結構ありますよね。

私の知る限り、フルトヴェングラーとラフマニノフ(ピアノ協奏曲3番)で、練習中に対立、オーケストラは二人の指揮者を持つことに。 しかし、本番は非常にスリリングな演奏だったそうですよ。

ホロヴィッツは、バルビローリ、セル(チャイコ1番)で、やはり対立、演奏も残っています。 バルビローリのときは、最後ピアノが早く弾き終わっていますからね。 セルは、オケがグチャグチャになって終わり。だって、ホロヴィッツが最後に急ブレーキをかけるから(笑)

すみません。こんなことを聴いている訳じゃないんですよね。

しかし、バーンスタインも若いころ、グールド(ブラームスの1番)と共演したとき、演奏の前に舞台に出てきて、普通の解釈とは違うけれども・・・と聴衆に説明までして、演奏会をやったくらいなのに・・。

グールドの解釈に比べれば、アルゲリッチの方が絶対一般的だと思うんだけどなぁ。 人間的にカチンと来たとか(笑)

本題に入ります。 現実的には、指揮者の気質によると思いますね。 共演者の希望を聞き入れる指揮者といって思いつくのは、小沢征爾。アバドやバレンボイムも伴奏指揮者としては評価されてるかな。

カラヤンなんか協奏曲をやっても、ソリストが単なる楽器の中の一つというふうに聞こえることがある。 (例、ワイセンベルク)  しかし、この帝王もリヒテル(チャイコ)との共演では、がっぷり四つ。 さすがに、だれもかれもひれ伏せさせることはできないということ。

私も、ソリストの意をくみながら、うまく音楽的に伴奏できる指揮者が良い伴奏指揮者だと思います。 しかし、そんな指揮者は、オケだけの曲になると本当にやりたいことが見えないような音楽を作っているように思えます。 

逆に、自分の美学、やりたいことがはっきりしている指揮者は、伴奏が下手だったり(例、チェリビダッケ というよりやる気がない?)、または、ソリストを自分の配下に治めたがる(例、カラヤン)傾向にあると思います。

ソリストと指揮者の音楽性がマッチングしたとき、素晴らしい演奏(例 ミケランジェリとチェリビダッケ)が生まれます。 対立、不協和音が生じたとき、非常にスリリングな演奏、または悲惨な演奏が生まれます。(笑)

何の回答にもなってないことを、お詫びします。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/14 09:02

音楽の世界は原則として実力主義です。

指揮者かソリストかというポジションで主従が決まるわけでなく、音楽の実力が上の方が主導権を握ります。指揮者よりもコンマスのほうが強かった、なんていう極端な話も聞くことがあります。ただ、これは「原則として」の話で、普通は、ほぼ対等な関係の場合は指揮者の方が主導権を握るのが普通のようです。でも、オケの定演などでソリストをゲストに迎える場合とか、結構微妙なものがありそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2009/02/14 09:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q協奏曲でソリスト兼指揮者

CDに書いてありました。
協奏曲でソリストと指揮者が同じ人物です。
どうやって演奏するのですか?

Aベストアンサー

 ピアノ(ほかの鍵盤楽器でも同様ですが)の場合は指揮台の位置にピアノを置いてオーケストラに向かいます。この場合邪魔になるので屋根ははずしておきます。当然指揮棒はなしで、弾いていないときは手も使って合図をしますし、弾いているときはアイコンタクトなどを利用します。
 ヴァイオリンならソリストが指揮台に乗って、弓を指揮棒代わりに使います。

 これ以外の楽器はあまり見たことはありませんが、大体同様だと思います。

Q協奏曲で独奏者のみ演奏しているときの指揮者

協奏曲でオーケストラが演奏せず、独奏者(ピアニスト、ヴァイオリニストなど)のみ演奏している

とき、指揮者はどうしているのでしょうか。

ただ立っているのでしょうか。それとも、指揮棒を振っているのでしょうか。

協奏曲のコンサートに行ったことがないので、分かりません。ご教示をお願いいたします。

Aベストアンサー

普通は振っていません。オケが入る直前にテンポ合わせに振っているのは見かけます。
https://www.youtube.com/watch?v=GAkw_Wi4yIo&t=11m5s
https://www.youtube.com/watch?v=WxH50l50dvs&t=17m25s
https://www.youtube.com/watch?v=gveA5IhDjLo&t=6m30s

Q協奏曲の女性ソリストの髪型について

協奏曲の女性ソリストの髪型について

協奏曲(ピアノやヴァイオリン)の女性ソリストの髪型は、なぜシンプルなのでしょうか。
この理由をご存知でしたら、是非教えてください。

協奏曲のソリストといえば、ステージ上の「華」ですよね。
オーケストラのメンバーの衣装は、黒で統一されているのに対し、ソリストは鮮やかな色のドレスを着ます。
しかし、世界的に有名な演奏者でさえ、なぜか髪型は何も手を加えていない(ロングなら、おろしっぱなし)ケースが多い気がします。
アクセサリについては、照明の関係上つけてはいけないのは知っているのですが、髪形はアップにしたり、巻き髪にしたり、もっと華やかにしてもよいのでは・・・と思ってしまいます。

演奏に集中するために、あえて自然な状態にしているのでしょうか・・・?
スケジュールの関係上、髪をセットする時間がないのでしょうか・・・?

昔から気になっていました。
ご存知の方いらっしゃいましたら、ご回答どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソプラノ歌手のリサイタルでは、貴婦人のような髪型をする人もいますが、そちらのほうがむしろ例外的ではないでしょうか。

協奏曲のソリストは、けっこう全身を動かして激しく演奏しますから、巻貝のように盛り上げた髪型だと、演奏が終わるころには、炎天下のソフトクリームのように崩れてしまうでしょうね(笑)。

五嶋みどりさんが髪型について語っているのを見つけました。「後ろで束ねるだけだと本当に楽なので、一旦その手軽さを覚えてしまうと、なかなかこのヘアスタイルを変えられないのです」とのこと。こういう気さくな感じのほうが今は好感を持たれると思います。
http://www.gotomidori.com/japan/cms/midori.php?itemid=722

中村紘子さん
http://www.youtube.com/watch?v=menOFTTrFNM
チョン・キョンファさん
http://www.youtube.com/watch?v=dWnJDGE2C7s
…などは、けっこうボリュームのある髪型をしていますが、こういうのは今は流行らないですね。今はもっとラフな髪型、ラフな服装のほうが人気が出ます。クラシック業界全体の方向性として「若い人に気軽に聴いてほしい」ということもありますし、あまりゴージャスな人は好まれないですね。

余談ですが、「もっと華やかにしたら」というのは、たぶん女性ファンに多い発想だと思います。演奏家がシャンデリアみたいなゴージャスな髪型をしていたら、男性ファンは確実に引きます(笑)。質素で飾り気のない女性のほうが、男性ウケしますよ。

ソプラノ歌手のリサイタルでは、貴婦人のような髪型をする人もいますが、そちらのほうがむしろ例外的ではないでしょうか。

協奏曲のソリストは、けっこう全身を動かして激しく演奏しますから、巻貝のように盛り上げた髪型だと、演奏が終わるころには、炎天下のソフトクリームのように崩れてしまうでしょうね(笑)。

五嶋みどりさんが髪型について語っているのを見つけました。「後ろで束ねるだけだと本当に楽なので、一旦その手軽さを覚えてしまうと、なかなかこのヘアスタイルを変えられないのです」とのこと。...続きを読む

Q2本の指揮棒で指揮をした指揮者

ふと思ったのですが、2本の指揮棒で指揮をした指揮者はいるのでしょうか?

もちろん、指揮棒を持っていない方の手で、指揮棒とは違うリズムを示したり、そもそも指揮棒を持たずに両手で違うリズムを示すということはあると思います。(ちなみに、私が学生オケにいたときの指揮者(プロ)は、指揮棒で3拍子を示し、同時に、指揮棒を持っている方の腕で2拍子を示していました。)

そういうことでは「なくて」、指揮棒を2本持って指揮をした人がいれば、教えていただきたいと思っています。

もし初めから終わりまでポリリズムで、かつ指揮者が必要な曲というのがあるかどうかわからないのですが、もしあれば、そのようなことをした人がいてもおかしくないように思うのです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ふと思ったのですが・・・
というのは,どこかでそんな話を聞いたことがあるような記憶があったせいではないでしょうか。
ご質問を見て,私は聞いたことがあるような気がして調べてみました。
でも,2本の指揮棒を持つ理由など詳しいことは何も記憶になく,
聞いたことがあるような気がしているだけかもしれないとも思いながら調べてみると
下記のようなものが出てきました。
内容は私の「聞いたことがあるような気がする」という古い話とは別の最近の話題です。

文が長いので「2本」でページ内を検索してください。
指揮棒が2本というのが2箇所出てきます。
9月9日と9月8日(2000年)の話題です。
http://www.fan.hi-ho.ne.jp/kuniharu/renshu01.html

広上淳一氏プロフィール
http://www.jichi.ac.jp/usr/gakuyu/orchestra/ioke2005/conductor.htm

参考URL:http://www.fan.hi-ho.ne.jp/kuniharu/renshu01.html

>ふと思ったのですが・・・
というのは,どこかでそんな話を聞いたことがあるような記憶があったせいではないでしょうか。
ご質問を見て,私は聞いたことがあるような気がして調べてみました。
でも,2本の指揮棒を持つ理由など詳しいことは何も記憶になく,
聞いたことがあるような気がしているだけかもしれないとも思いながら調べてみると
下記のようなものが出てきました。
内容は私の「聞いたことがあるような気がする」という古い話とは別の最近の話題です。

文が長いので「2本」でページ内を検索...続きを読む

Qバレエの指揮者はなぜ世界一流の指揮者は指揮しないのでしょうか?

バレエの指揮者はなぜ世界一流の指揮者は指揮しないのでしょうか?
市販されているバレエのDVDとかは、パリオペラ座、ミラノスカラ座、コヴェントガーデン等の世界一流のオーケストラとかですが、指揮者を見ると全く訊いたことの無いような人ばかりです。ひどい場合は指揮者の名前も記載されていないし、オーケストラの映像が全く出てきません。オーケストラや指揮者は軽く見られているようですが・・・
オペラのDVDはカラヤンとかカール・ベームとか、ムーティとか、一流指揮者が多いのですが、バレエはなぜ、こういった人たちの録音録画がないのでしょう?
 バレエ音楽はチャイコフスキーやドリーブの一部の作品を除いては、音楽的には価値が低いからでしょうか?
いくら素敵な踊りでも、音楽がつまらないとあまり感動しません。音楽的価値が低いのでミンクスとかアダンとかのCDも殆どありませんし。
それとも振り付け師やダンサーが主役になりがちだからでしょうか?
 実際のバレエの公演を観ても、オーケストラが演奏中でも観客が平気でかなり頻繁に拍手をして雑音を出します。音楽をも聴いている観客にとって大変迷惑行為なのですが、バレエは音楽やオーケストラはそれほど重要なものではないのでしょうか。
バレエの指揮者は、オペラのように、指導権は無いのでしょうか?

バレエの指揮者はなぜ世界一流の指揮者は指揮しないのでしょうか?
市販されているバレエのDVDとかは、パリオペラ座、ミラノスカラ座、コヴェントガーデン等の世界一流のオーケストラとかですが、指揮者を見ると全く訊いたことの無いような人ばかりです。ひどい場合は指揮者の名前も記載されていないし、オーケストラの映像が全く出てきません。オーケストラや指揮者は軽く見られているようですが・・・
オペラのDVDはカラヤンとかカール・ベームとか、ムーティとか、一流指揮者が多いのですが、バレエはなぜ、こ...続きを読む

Aベストアンサー

専門外、及び全般的バレエ音楽の芸術的価値の低さがあると思います。
ご存じの通り、チャイコフスキーより前のバレエ音楽は単なる踊りの伴奏としてしかありませんでした。また、バレエは元々オペラの中で息抜き的に挿入されるものでした。モーツァルトやヴェルディのオペラの中にもバレエが挿入されていますが、プッチーニの辺りから排除されるようになってしまいました。ですから、オペラや純音楽に比べると、どうしても芸術的価値が低いものと見なされがちです。(オペレッタとミュージカルの間くらいの価値感か。)
実際としても、チャイコフスキーの三大バレエやストラヴィンスキー、ドリーブ:コッペリア、モーツァルト:レ・プティリアン、アダン:ジゼル、プロコフィエフの一部作品を除いては個人的には殆ど音楽的には価値はないと思っています。ご指摘のように海賊やラ・バヤデール等のバレエ音楽は、バレエのみに関心がある人でないと、あなたのように音楽をも重要視する人たちにはつまらない芸術性の低い作品とみなされるでしょう。あの単なる伴奏的音楽を指揮したいと思いますか?音楽CDもほとんどありませんよね。
 さらにバレエ芸術の価値を下げているのは、ご指摘の通り観客の芸術鑑賞をするという意識の低さ、言い換えればレベルの低さです。特に日本やアメリカでは演奏中に口笛を吹いたり、ダンサーが登場しただけで拍手をしたりします。芸術鑑賞においてはかなり煩わしい、まるで発表会か学芸会のノリです。ワーグナーのオペラ、パルジファルは初演時には全幕拍手の禁止でしたし、今でもウィーンやバイロイトでは第1幕後の拍手は禁止されています。
 一流の指揮者があえてバレエを指揮しようとは思わないし、バレエ団としても一流の指揮者をあえて呼び主役を奪われるのは本望ではありません。ですから、残念ですが共演は難しいのだと思います。

専門外、及び全般的バレエ音楽の芸術的価値の低さがあると思います。
ご存じの通り、チャイコフスキーより前のバレエ音楽は単なる踊りの伴奏としてしかありませんでした。また、バレエは元々オペラの中で息抜き的に挿入されるものでした。モーツァルトやヴェルディのオペラの中にもバレエが挿入されていますが、プッチーニの辺りから排除されるようになってしまいました。ですから、オペラや純音楽に比べると、どうしても芸術的価値が低いものと見なされがちです。(オペレッタとミュージカルの間くらいの価値感か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報