忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

この度シンガポールに旅行に行く事になりました。
そこで現地の通貨についてなのですが旅行ガイドには
トラベラーズチェックの利用を勧めているのですが
シンガポールにはT/Cは無い様な事を某サイトで見たのですが
どうなのでしょうか?
それともこれは円とかUSドルのT/Cを購入して現地でS$に
代えろという意味でしょうか?

次に現金の両替についてですがマイナーな通貨は現地で両替した方が
得と聞いたのですが本当なのでしょうか?
ちなみに楽天の両替では1S$約65円。
DBS Singapore のサイトでは、50000S$以下では、

100円に対してSelling TT/OD 1.7097
        Buying TT   1.6745
        Buying OD   1.6715
とありますがよく見方が良く分りません。それとTTとかOD
ってどういう意味でしょうか?

それとクレジットカードの利用も考えていますがそれが実際に
現金と比較した時どちらがメリットがあるのでしょうか?
(勿論便利なのは分りますが…。)

皆さんだったらこの時期にシンガポールに旅行に行くとしたら
現金(国内両替もしくは現地両替)、T/C、クレジットカード
のどれを選びますか?(もしくは使い分けますか?)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>円とかUSドルのT/Cを購入して現地でS$に代えろという意味でしょうか?



基本的にはそういうことです。
アジアだと、T/Cを小切手代わりに利用するという風習があまり浸透してないので
どうしても一度現地の通貨に両替してから使うことが一般的になります。
(むろん観光客向け施設のみを利用する場合は、現金代わりに利用することも可能なんでしょうが)
両替前提で持って行く分には、シンガポールなら日本円建のT/Cで十分でしょう。

>マイナーな通貨は現地で両替した方が得と聞いたのですが本当なのでしょうか?
これも一般的にはそう言われてます。
簡単にいえば貨幣価値の問題です。マイナー国で使われる通貨より、日本円の方が国際的な通貨の価値が高い。
つまり、マイナー国の人にとってみれば価値の高い日本円を持つことは意味があるけど
日本人にとっては米ドルやユーロ以外の通貨を持つことにあまり意味がない。
よってマイナー国では、自国の通貨を安売りしてでも日本円を手に入れる価値がありますが
日本ではそんなことする必要がないし、需要がないので取引量自体が少なくなってさらにレートが悪くなる
とでも考えておけばいいんじゃないでしょうか。


>見方が良く分りません。それとTTとかODってどういう意味でしょうか?

TTというのは電信為替取引のこと。つまり実際の現金を介さないで外貨を取引する時のレートのことです。
まあ外貨両替を行う際の基本となるレートだと思っておいてください。

Selling TT(またはTTS)は、銀行側がその外貨(日本円)を売る際に必要な現地通貨(S$)のレート。
→つまり我々から見たら、S$を売って日本円を買う=S$から日本円に再両替する場合のレートです。
1.7097 S$で100円買えますよ、ということです。数字が小さい方が得です。

Buying TT(またはTTB)は銀行がその外貨(日本円)を買い取る場合の現地通貨(S$)のレート。
→つまり我々から見れば日本円を売ってS$を手に入れる=S$に両替する際のレートです。
100円で1.6745S$が手に入るということです。当然数字が大きい方が得です。
旅行の場合は、BUY の方がなんとなく重要そうですね。

仮にこのTTBレートで日本円1万円分を両替すると、TTB1.6745×100で約167S$になります。
そのままこのTTSレートで167S$を再両替すれば、167÷TTS1.7097×100で約9767円が戻ってくる。
差額は銀行の儲け。こういう計算になります。

ODというのはトラベラーズチェックなどの小切手に関するレートのこと。
OD(小切手)の場合もsellとbuyの意味は同じですし、基本的にはTTのレートをそのまま用います。
ただし小切手を現金に両替(BUY)する場合は、銀行側に現金を用意する手間がかかります。
したがって、Buying ODの場合は、Buying TTよりも現金を扱う分だけ換算レートが悪く設定されることがあります。
これにプラスしてT/Cの取扱手数料がかかったりもします。

TTもODも両方に共通することは、ともに実際の現金を介さないで行う取引だということです。
外貨預金とか、電信を用いた海外送金とか小切手の発行とか、そういう場合に使います。
ですから旅行で現金へ両替する場合などには、TTSやTTBはレートの目安程度にしかなりません。
実際の現金を介する両替の場合は、銀行や両替屋側に現金を用意して保管するための費用がかかりますので、
その分の手数料を別に設定しているか、一般的にはTTSやTTBのレートにさらに手数料を上乗せした
「cash selling(sell currency) 」や「cash buying (buy currency)」などと言われるレートが使用されます。

こんがらがりました? まあここまでは意味がわからなくてもいいです。
以下のことだけ覚えておきましょう。

・現地で日本円を現地通貨に両替したいときは、「cash buying (buy currency)」を見る。
 なければTTBなり「BUY」とある方を見る。数字が大きい方が得。
・現地で現地通過を日本円に再両替したい場合は、「cash selling(sell currency) 」を見る。
 なければTTSなり「SELL」とある方を見る。数字が小さい方が得。
・T/Cの場合も普通は、「buy T/C」とか「sell T/C」なんて言った、
 もうちょっとわかりやすい項目があると思うので、そこを見るようにすればいいです。
・T/Cは実際の現金を介さない分レートは現金両替よりも良い。
 ただし手数料や利便性のことを考えると、メリットはそう大きいとは言えないかもしれない。

※日本国内で両替する場合は、日本円と外貨の立ち位置が逆になりますから、
sellとbuyの意味が逆転することに注意しましょう。


>皆さんだったら…現金、T/C、クレジットカードのどれを選びますか?
深く考えずに少額で短期旅行なら、現金とカード。
現金は日本円をそのまま持って行って現地で両替します。
以下参考にしてみるといいです。
http://www.geocities.jp/mankitsujutsu/generalinf …
    • good
    • 0

この時期でなくてもシンガポールに行くなら日本円を持って行って現地で


両替します。というかいつもそうしています。
T/Cは昔はもう少し使い道があったので今でも再版を繰り返している
ガイドブックにはオススメしている記述が残っていますが、
現在ではT/Cは出張とか買い付けとかでまとまったお金を手持ちで持ち込む
場合を除いてはあまり使わないものです。
シンガポールは銀行だけでなく、市中に両替商が多数ありますので、
自分で歩いてレートのいい店で両替していけばいいのです。強い円は
どのお店でも大歓迎です。
治安のいい国なので日本でスリに遭わないように気をつけるのと同じ注意
感覚で行けます。
クレジット社会ですのでクレジットカードの使用範囲は広いです。
というかクレジットカードが無いとやっていけない国です。
旅行者でもクレジットカードが無いとホテルに泊まれませんよ。
    • good
    • 0

カードをメイン、現金は最小限にします。



>現金と比較した時どちらがメリットがあるのでしょうか?
基本的にはレートが優位ですが店によってはカードの場合
別途手数料を取る店もあります。(日本人経営の店に多い)

TCのメリットは盗難、紛失等の時に再発行が有る以外
メリットは無いです。
大昔は使っていましたがここ20年使っていません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q○○さんをCCに入れて…

英語での取引先のE-mailで、
先方に○○さんをCCに入れてくださいと
書きたいのですが、どう書けばいいのでしょうか。

こんなんでしょうか?
Please CC Taro-san next time.
Please add Taro-san as CC next time.

Aベストアンサー

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your e-mails to Taro-san next timeと言う表現が出来るわけです。 次回だけでなく次回からと言うフィーリングであればfrom next timeと言う表現に変えればいいですね。

これで、~さんにも送ってください、と言う表現になりますが、「今度(次回と言う意味ですが)メールを送るときに同時に~さんにも贈ってください」と言う意味合いと、更に、CCにTaro-sanのメルアドを「入れる」ことで(これをCCと言うわけです)、「同時にコピーをTaro-sanに送ったということを私が分かるようにしてください」と言う意味合いも含まれていることも知っておいてください。 受け取ったメールにCCとしてTaro-sanのメルアドが無ければコピーを送ったとわからないと困る、とか、送ったとわかれば仕事もしやすい、と言うような理由でCCしてください、と言うお願いをするわけですから。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに37年半住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

CCはcarbon copyの意味で使われそのイニシャルをとって「略されて」使われていたのですが、今では立派な「動詞」として使われています。 CC(シーシー)ですね。 過去形・過去分詞形はCCedとかCC'dと言うような表現も定着してきています。

I will CC you his e-mail.といったり、He CC'd me your e-mail of yesterday so I know what you are talking about.と言う漢字で使われているわけですね。

これを踏まえると、Please CC your...続きを読む

Qこれは英語でどういいますか?

先方に出すメールです。

「交渉が予定より長引き、結果がまだ出ておりません。もう少しお待ちください。」の「もう少しお待ちください」の部分はどのように言ったらいいでしょう?「Please wait for a whie」では、ちょっと違うような感じがするのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、ということになります.

相手は待っているわけですから、ただ単に辛抱強く待っていてください、といわれただけでは、やはり満足しませんね.

ですから、We will make sure to get back to you as soon as possible.とか、硬い言い方をしたければ、Please be assured we will revert you the soonest.と言う言い方もありますが、何らかの形で、必ず結果を持ってきます、と一言でも言う事で、ビジネスの姿勢と言うものが違って感じ取られます.

これでいかがでしょうか。 分からない点がありましたら、また、補足質問してください。

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

惜しいですね. Please wait for a little while longer.と言う言い方をして、もう少しお待ちください、という表現をします.

まって、という表現のほかに、時間を下さい、という言い方で、Please give us a little more time. と言う表現もします.

また、必要です、という言い方を使って同じフィーリングを出す事も出来ます. Unfortunately we need a little more time. 和訳すると、必要です、ですが、中のフィーリングは、ですから、もう少しお待ちください、と...続きを読む

Q外貨コインを日本円に換金する方法を教えて下さい。

アメリカから帰国して米ドルを日本円に換金すべく銀行へ行ったところ、知らなかったのですが、紙幣しか換金できないと言われました。
コインがすごく多いので日本円に換金したいのですが、コインの米ドルを日本円に換金できる方法、サービスをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて下さいませ。
よろしくお願いいたします。
(東京在住)

Aベストアンサー

外国コインの両替は全く不可能なわけではありません。もちろん紙幣に比べて両替できる場所はごく限られますしレートも紙幣に比べ悪くなるのですが、それでも構わないのであれば手立てはあります。

私の知る範囲では、都内にもいくつかの店鋪を持つ「大黒屋」[1]という金券ショップで硬貨(米ドル、ユーロのみ)の両替が可能です。お近くの店鋪については[2]でお調べ下さい。
ただし最初に述べたように、買い取りレートがどうしても悪くなってしまう点はご了承ください。コインは1枚当たりの金額が小さいので両替総額が同じでも紙幣より手間がかかりますし、運搬や保管も紙幣に比べて面倒です。その分のコストを、紙幣よりレートを悪くして(マージンを大きく設定して)回収せざるを得ないわけです。ちなみに上記の「大黒屋」での硬貨買い取りレートは、紙幣買い取りレートの50%です。

切手・コイン商(*1)が収集の対象としてコインを買い取るのに対し、上記のの買い取りはあくまで「両替」です。収集目的だと、状態の悪いコインは買い取り価格が下がりますし流通量の多いコイン(誰もわざわざ集めないようなコイン)だと買い取ってすらくれませんが、両替であればこれらは無関係です。25セント硬貨ならちゃんと25セント分として扱ってくれます。

ただ「50%」というレートですと、泣くに泣けないほど目減りしてしまうのは事実です。レートに納得できないとなると、既に回答のありますようにアメリカに出かけるお知り合いに交換してもらうくらいしか手を思い付きません。(平成10年の外国為替及び外国貿易法の改正により、今は誰でも自由に両替を行えるようになっています。金券ショップが両替を扱えるようになったのもこの改正によるものです)

国際線の機内販売で使う手もなくはないのですが、「外国通貨は紙幣のみ受け付け」というところも多いですからご注意ください。
このほか両替ではありませんが、国連機関のUNICEFが外国コインでの募金を受け付けています[3,4]。もともと募金のお気持ちがあれば日本円に代えて外国コインで募金することも選択肢として出てきます。

以上、すっきりした解決策を示せなくて恐縮ではありますが、コインの両替は紙幣に比べどうしても条件が悪くなる点をご理解の上、質問者さんにとって最善の方法をお選び頂ければと思います。

[1] http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.e-daikoku.com/info/shop_list.html
[3] http://www.unicef.or.jp/cooperate/coop_coin.html
[4] http://www.unicef.or.jp/qa/qa_donaition.html#anchor5

*1 切手・コイン商と金券ショップは近い業種で兼業のところも多いのですが、収集目的なのかそれとも単純な両替なのかという点でこのように表現しました。

参考URL:http://gaika.e-daikoku.com/

外国コインの両替は全く不可能なわけではありません。もちろん紙幣に比べて両替できる場所はごく限られますしレートも紙幣に比べ悪くなるのですが、それでも構わないのであれば手立てはあります。

私の知る範囲では、都内にもいくつかの店鋪を持つ「大黒屋」[1]という金券ショップで硬貨(米ドル、ユーロのみ)の両替が可能です。お近くの店鋪については[2]でお調べ下さい。
ただし最初に述べたように、買い取りレートがどうしても悪くなってしまう点はご了承ください。コインは1枚当たりの金額が小さいので両替...続きを読む

Q異業種交流会やビジネス交流会 参加費の勘定科目

異業種交流会やビジネス交流会に参加したときに発生する参加費は、会計上どのような勘定科目にするのがよいのでしょうか?
交流会の中身は、名刺交換や事業発表、時にはセミナーなどもあります。

会議費でしょうか?
採用教育費でしょうか?
広告宣伝費でしょうか?
販売促進費でしょうか?
それとも、それ以外の科目でしょうか?

他の方がどのように処理をしているのかが知りたいと思っています。
絶対的な正解はないのかもしれませんが、いろいろなご意見も聞ければと思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社を宣伝するために出席されるのが主たる目的であればこの勘定が妥当
  だと思われます。
 販売促進費
  御社の特定商品の販売の為に出席されるのであれば、この勘定が妥当だと
  思われます。
 会議費
  会議の体裁をとっているのであれば問題ないと思います。しかし社内の会
  議費用と一緒になってしまいますので、注意が必要です。
 交際費
  税法上損金とならないものは、内容に関わらずこの勘定を使用すると、
  申告時に便利です。
 雑費
  この費用の金額的重要性が低く、頻度も極めて低いのであれば、あえて管
  理する必要はありません。管理する必然性のない勘定は雑費で処理します。

>絶対的な正解はないのかもしれませんが、

記載された内容から、税法上の損金であろうと思われますので、会計上の基準
だけの問題ですから、御社にとって(質問者さんにとって)管理の都合の良い
勘定で計上してください。
しかし、これでは参考になりませんので下記を参考にしてください。

 会費
  何らかの”会”が主催する場合は、会費を支払って出席する事になります。
  (当社であれば、この勘定を使用します。業界団体や親睦会もこの勘定で
   処理しています)
 広告宣伝費
  御社...続きを読む

Qnoted with thanks.の意味を教えてください

英語のメールで noted with thanks.という表現が良くあるのですが
日本語ではどのような意味でしょうか。

教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

特段深い意味はありませんです。

直訳では「感謝と共に了解!」ですが、毎回々、打ち慣れてくると、単なる「了解、感謝」→「了解!」→「分かった!」→「分かったぞ!」→「分かった、おまえの云うことは分かった!」→「もういい、分かったヨ」→「あっ、そう、!」(爆)

誠実に感謝の気持ちをお届けしたい場合は、

「appreciate it, many thanks!」 位を使うと「あっ、この人本当に感謝してるんだな」と思って貰えます。(爆)

Qrevert

よくメールで「I will revert to you.」とあるのですが、このrevertはどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

一種のシングリッシュかもしれません。

http://www.goodenglish.org.sg/site/improve/english-as-it-is-broken/please-revert-soonest-possible.html

英語としては return の意味ですが、reply の意味で使う人たちがいるようです。

Please revert soonest possible であれば
「できるだけすぐにお返事ください」というつもりでしょうが、
Please reply as soon as possible が正しい英語です。

もっとも、long time no see のように、
正しくないはずのものが英語として普通に使われるようになることもあります。

Qシンガポールの地下鉄券をクレジットで購入

VISAクレジットカードでシンガポールの地下鉄券を購入出来ますか?
自分の持っているクレジットカードでは、日本以外でもクレジットで交通機関の料金を支払えば
その後90日間そのカードの保険が適用されるので長期に海外旅行するので交通機関料金をクレジット支払できる国を探しています。
地下鉄でなくてもいいと思いますが一番わかりやすいので地下鉄で聞いています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

カードは使えません。しかも券売機では小さい紙幣か硬貨しか(たしか5か10ドル以下)使えません。大きい紙幣の場合は窓口に行って長蛇の列に並び両替してもらってまた2つくらいしかない券売機に並びます。細かい現地通貨用意してください。


人気Q&Aランキング