お世話になります。
VBでEXEファイルを作成後、ディストリビューションウィザードでパッケージを作ろうとすると、「SCRRUN.dllの依存情報が古い」と出てしまいます。
そこで、Microsoftのページをみたところ、ファイルシステムオブジェクトを利用している為、Scrrun.depのバージョン情報を書き換える必要があることがわかったので、やってみたのですが、再起動しても同じエラーが出てしまいます。
どうしたらいいでしょうか?

A 回答 (1件)

エラーというか警告ですね。


無視しておいてもかまいません。

このファイルのバージョンは、インストールされたInternetExplorerのバージョンによって、変わってきます。
注意しなければいけないのは、配布時に含める場合は、相手の環境も考えないといけないということです。
たとえば、相手が IE4で、こちらがIE5の場合は、作った配布ファイルに IE5のファイルが含まれてしまいますので、IE4の環境にインストールするとおかしくなる場合があります。(IE5用のファイルに置き換わってしまうため)
もし、相手が IEをインストールしてある場合は scrrun.dllは含めなくてもかまいませんので、配布しなければいけないかどうかもう一度考えましょう。
IE4の物とIE5の物で、サポートされている機能の違いは詳しくはわかりませんが、ほとんど違いはなかったように思います。
一度、scrrun.dllを含めない配布ファイルを作って相手に実行してもらい、うまくいかなければ IE4なりIE5なりをインストールしてもらえばいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたか、IEに依存するんですね。
現在IE5.5を使ってるのですが、相手はIE5.0の可能性があります。
不都合な点はないはずなので、やってみてダメだったら5.5にあげてもらおうかと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/02 17:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCreateObjectでエラー

VB初心者です。
VB6で以下のコードのCreateObjectがエラー になってしまいます。
何が原因と考えられますか?

Dim objFileSys As Object

CheckFileExist = False


'ファイルの有無を確認する
Set objFileSys = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
  ↑
  ここで、エラーが発生

CheckFileExist = objFileSys.FileExists(S_strFileFull)
Set objFileSys = Nothing

  エラーメッセージが
  「オートメーションエラーです。
   ライブラリが登録されてません。」

  と出てしまいます。何が原因と考えられますか?
  よろしくお願いします。

Aベストアンサー

FileSystemObjectがないのではないでしょうか。
一度、FileSystemObjectを参照設定されてみては如何でしょうか。

QNUMBER(N,M) としたときの、格納データサイズ(バイト)

ORACLEで、DB項目をNUMBER(N,M)と定義したときの
データサイズ(バイト)を知りたいです。

例えば、
NUMBER(1,0),
NUMBER(2,0),
....
NUMBER(10,0)
としたときには、サイズは何バイトになりますか?

また、小数以下を指定したときにはどうなるでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

NUMBER型はVARCHAR2型と同じく可変長なので
入力された値の桁数によって異なります。

■計算式
長さ = 1 + CEIL (n / 2)

型については下記のURLを参考してください。

参考URL:http://otndnld.oracle.co.jp/skillup/oracle9i/3_1/index.html

QVB.NETのコンボボックスについて

VB6からVB.NETでプログラミングを始めました。
コンボボックスのクリアの仕方や設定の仕方、また
取り出し方等を教えて下さい。

色々とヘルプも見てみたのですが、よく解りません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

クリアだけだと思ってました。
追記します。

Itemを操作します


'登録
For i = 1 To 10
  Me.ComboBox1.Items.Add(i.ToString)
Next

'取得
For i = 0 To Me.ComboBox1.Items.Count - 1
  MsgBox(Me.ComboBox1.Items(i).ToString)
Next

'完全クリア
Me.ComboBox1.Items.Clear()

部分クリア
Me.ComboBox1.Items.RemoveAt(Index値)

QDAOとADOの違いについて

Accessからイントラネット上のデータベースに接続するための接続方法で困っています。
DAOとADOの違いが分からず困っています。
メリット、デメリットが分かる方、どうか教えてください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

DAO(データアクセスオブジェクト)はAccessで使用されるMicrosoftJetデータベースエンジン を公開した最初のオブジェクト指向インターフェイスです。DAOは単一システムのアプリケーションや小規模でローカルなネットワークで使用するのに最も適しています。
とMSDNライブラリでは説明しています。
DAOはJetデータベースエンジンを対象にして開発されているのでJetのもつセキュリティ機能・データ定義機能などを十分に操作することができます。
ADO(ActiveXDataObjects)ではオブジェクトの種類が簡素化されているためJetデータベースエンジンの細かな機能を制御することができないといった点が不足している部分がありますがADOXやJROの各オブジェクトモデルで使用できる機能を使えばADOで不足している機能をほとんど補うことができます。
DAOはデータベースにAccessを使用するアプリケーションの場合、最大のパフォーマンスを得ることができます。しかしアプリケーションを運用していくうちに規模が大きくなってデータベースをSQLServerに移行することがあるかもしれません。
そのような可能性が含まれているのであれば最初からADOで開発しておいたほうが無難です。ADOはSQLServerに対する処理で良いパフォーマンスを得ることができます。

Jetデータベースエンジンを主なターゲットにしているならDAOで可。それ以外のデータベースを利用するのであればADOを選択する方が良いのではと思います。

DAO(データアクセスオブジェクト)はAccessで使用されるMicrosoftJetデータベースエンジン を公開した最初のオブジェクト指向インターフェイスです。DAOは単一システムのアプリケーションや小規模でローカルなネットワークで使用するのに最も適しています。
とMSDNライブラリでは説明しています。
DAOはJetデータベースエンジンを対象にして開発されているのでJetのもつセキュリティ機能・データ定義機能などを十分に操作することができます。
ADO(ActiveXDataObjects)ではオブジェクトの種類が簡素化されて...続きを読む

Qvb.netで画面のコントロールId名を変数で動的に制御し処理する方法

以下のような処理がしたいです。
実現方法をご存知でしたらご教授下さい。

画面のコントロールText1~Text3があります。
For~Nextでこのコントロールに値をセットしたいです。

For i = 1 To 3
  Texti.Text = i
  ※このiのTextの後ろのiの部分を1~3と動的に変更し、各Textに値を設定したいです。
Next

Aベストアンサー

こんにちは、webでは、findcontrolを使うみたいです。

いかに、参考URLから、引用すると
***********************************
Dim L, U, i As Integer
Dim tx As System.Web.UI.WebControls.TextBox
L = LBound(dat)
U = UBound(dat)
For i = L To U
'コントロール名を探し出す
tx = FindControl("TextBox" & CStr(i))
'見つかったコントロールのTextプロパティに代入
tx.Text = dat(i)
Next

******************引用終わり*******
このようにすると良いみたいです。
asp findcontrolで、検索すると、
結構ヒットするみたいです。

参考URL:http://natchan-develop.seesaa.net/

QVisual Basic 6.0 SP6 インストール手順

Visual Basic 6.0 SP6が、どうしてもインストールに失敗します。

まず、Vs6sp6B.exeをダウンロードして、それを実行したら
ファイルを保存する場所を指定されるので適当に指定しました。
そうしたら、そのフォルダ内にexeファイルが2個ありますが、
 ・acmsetup.exe
 ・setupsp6.exe
のどちらを実行したらいいのでしょうか?

まあ、どっちにしろ、「セットアップは正常に終了しませんでした」と表示して
終わるんですが・・・・

本当に急いでいるので、わかる人がいたら教えてください

Aベストアンサー

VB6.0がインストールされているんですよね
VB6.0本体が無ければサービスパックはインストール出来ないと思います
VB6.0本体がインストール済みの場合はSetupsp6.exeを実行すればいいはずですよ

acmsetup.exeは再インストールや修復時に使用されるものだったような気がします

Qデータを削除しても表領域の使用率が減りません

いつもお世話になっております。

今使用している表領域の使用率が高くなってきたため、
不要なテーブルやデータを削除しました。

ですが、少ししか使用率が減らず困っています。

テーブルを削除した際にはPURGE RECYCLEBINで、BIN~のテーブルも
消しています。

何か他に原因があるのでしょうか?

Aベストアンサー

前の方のおっしゃるとおり、DELETEしただけでは領域は開放されません(ハイウォーターマークが下がらない)ので、以下を試してみてください。

1.該当テーブルの全件削除で良い場合
truncate テーブル名 drop storage;
を実行する。
これで領域も開放されます。(最後のところをreuse storageとすると領域保持する意味となる)

2.部分的にdeleteして、領域を開放したい場合
alter table テーブル名 enable row movement;
alter table テーブル名 shrink space cascade;
alter table テーブル名 disable row movement;
を実行する。
1行目は領域開放の前準備、3行目は1行目の変更を元に戻す意味。
2行目でcascadeしておくと、関連インデックスの領域も一緒に縮小してくれます。

QActiveXコントロールにオブジェクトの追加?

VB6SP6です。

ActiveXコントロールにはプロパティ・メソッド・イベントが設定できることがわかりました。
オブジェクトの追加ってできますか?

使用する側から
通常は「ActiveX名.メソッド」とするところを
「ActiveX名.オブジェクト名.メソッド」というようにメソッドを呼び出したいのです。

へんちくりんな質問でしたらすみません。
どなたかわかる方いらっしゃいましたらよろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

UserControlにクラスのインスタンスを返すプロパティを実装するだけです。

-- UserControl1 ---
Private m_object1 As New Class1

Public Property Get Object1() As Class1

Set Object1 = m_object1
End Property

-- Class1 --
Public Sub MyMethod()
'処理
End Sub


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング