プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

過去ログを読んだ上で質問させて頂きます。

私は0歳数ヶ月くらいからずっと目の下に紫色のクマがあります。
・目尻→目頭と薬指でマッサージ
・目のすぐ下の骨の淵をマッサージ
・ビタミンは、ポポンSを服用
・蒸しタオル
などしてきましたが消えません。

コンシーラーなどは、うっすらつけてます。
(私は中学生で化粧禁止なので…。あまり使いたくないんです)
もうすぐ修学旅行があり、皆の前で塗るのはちょっと抵抗があります。

消す方法などありませんでしょうか。
クラスの人にも「クマ酷いね」と言われ悩んでいます。
宜しくお願いいたします。

教えて!goo グレード

A 回答 (3件)

皆さん仰ってますが、アザの一種だと思います。


1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんに
目の下のクマは通常できません。。。

お母様と相談して、美容外科などに行き
診断・相談されてはと思います。

もっと顔の8割を覆うアザでも
ずっとそのままの人もいますし
レーザーで消す人もいます。
きれいに消えますけど、痛みを伴いますしね・・・。
    • good
    • 0

「生まれつき」ということは、それはクマではなくて太田母斑といわれるものではないでしょうか?


だとすると自分で解決することは難しいと思います


わたしは現在中3で、生まれつき太田母斑が左目の下の皮膚にあります。
「太田母斑が気にならない」というと嘘になってしまいますが、それは生まれつきだからしょうがないか、と受け止めることにしています


大人になれば、治療もできますよ。
旅行のときはコンシーラーをトイレなど一人になれる場所で塗ればよいのではないでしょうか
    • good
    • 0

生まれつきであれば、やはり目の下の皮膚の薄さも関係してますよね。

いわゆる血中に老廃物が多いと血液の色が悪くなるんですよ。
それが目の下の皮膚は薄いので透けて見えてクマになる。
全身の代謝機能が少し弱い可能性も。
肩こりや生理痛が多い人もクマが出来やすいんですよね。
体のコリを溜めない。局部のマッサージよりも、体全体の血流を改善していく事が大切ですからね。
急にアレコレしようとしても限度があるからね。周りも貴方のクマだけ見えているわけじゃないからさ。ある意味ほくろのようなもので、一度慣れてしまえば別にそれ以上の感想はないんですよ。
旅行はシンプルにあまりクマを重く捉えすぎない。
これから成長していく中で薄くなっていく可能性だってあるからね。
僕の知り合いの女性は割とクマがあるタイプなんですけど、化粧で目の周りを黒か茶のラインで囲んで、下まつげにマスカラを沢山乗せて、クマを下まつげの影のように見せて対応してましたけどね。
とにかく旅行は旅行。楽しむこと。表情が豊かになれば、一部分のクマは目立たないからね☆
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング