最新閲覧日:

こんにちは。
数年前、車(高速道路で)の騒音を軽減する装置を新聞で見ました。
騒音の逆相にした音に近い音を出すようなのですが。
完全に逆相になれば、騒音はゼロに近くなると思いますが、実際はそうはいきませんよね。
そこで、その装置を知ってる方orどれくらい騒音が軽減されそうか?など知ってらっしゃる方、議論されたい方、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アクティブノイズリダクション(以下ANR)については、数年前に東京都環境科学研究所がアナログ系の機器を開発したと報道がされたので、それのことをおっしゃっているのではないですか。

また、ANRではありませんが、高速道路では防音壁の頂部に取りつけて、音を干渉作用で低減させる「トナカイ型」と呼ばれる構造物が数年前から取りつけられています。

この回答への補足

アクティブノイズコントロール(ANC)技術HP発見しました。
道路公団より。
http://www.japan-highway.go.jp/tech/tech/tec/tec …

5dB減とあるので、なかなか優れたモノだなぁと思いました。
実用化に期待ですね。

補足日時:2001/03/08 19:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おそらくそのアナログ系のものだと思います。

「トナカイ型」っていうのは、外から見ると丸くなってるモノですか?
音を干渉させる…調べてみます。

お礼日時:2001/03/08 18:50

アクティブノイズリダクションですかね。


人の耳の周辺に対して行う装置(ヘッドフォンタイプ)は知っていますが、屋外のノイズとなると大変そうですね。
ヘッドフォン型だと、気味悪いくらい静かになりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アクティブノイズリダクション…はじめて知りました。
ファンノイズ抑制にも使われているようですね。
それと原理的には同じだと思われます。

お返事ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/07 12:51

これに付いては全く知りません。

ですから答える資格がないかもしれません。ただ、仕事で、音関係の論文を読み、遮音壁を含んだ騒音解析シミュレーションプログラムを作った経験があります。そういう限定付きで参考までに...。

まず、問題点として、

1、騒音源が1個所でない。複数で位置も拡散している。

2、複雑な規則性のない周波数の重ね合わせになっている。

3、音には顕著な回折作用があり、遮音壁越しの音を消すのは難しい。

ただし、タイヤが発するノイズ、風切り音、エンジン音などはある程度規則性があるが、速度によって周波数が変わってくる。それも車毎に違う。

ということがあり、原理的には「騒音の逆相にした音」の実現は困難です。
実用化されつつある?救急車のサイレンなどは、規則性があり、しかも騒音源はほぼ1個所であるという特徴があり実現は容易に思えます。

しかし、近似的アプローチとして、以下のこともかんがえられるでしょう。

A、騒音壁の各点毎にセンサを取り付けそこで観測される騒音をリアルタイムに打ち消す。(完全にリアルタイムは難しい?)

B、完全リアルタイムは無理にせよ、騒音の大まかなパタンを調べ、近似的逆位相波を作る。但し、失敗すると、騒音が大きくなる。

C.特定周波数だけ狙い撃ちする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>これに付いては全く知りません。ですから答える資格がないかもしれません。
とんでもございません。

おそらくは、AとBの間(?)くらいの方法だと思われます。
そんなに大きな物でなかったはずなので,防音壁のあたりにたくさんつけるのでは?と思います。

>但し、失敗すると、騒音が大きくなる。
 たしかに、近似波が逆効果を生むケースも考えられますね。
なるほど。

アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/03/07 12:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報