ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

大学で近世文学ゼミに所属している者です。
卒論で、江戸時代のお菓子、または庶民の食文化を扱いたいと考えているのですが、具体的な構想がなかなか固められません。
お菓子やその他の食べ物が登場する近世文学作品といえば、お菓子好きな十返舎一九の『東海道中膝栗毛』や、井原西鶴の作品群を思いつくのですが…。
それらから、何をどう論じればいいのやら、困っています。
江戸時代には料理本などもたくさんありましたが、文学とは離れてしまうでしょうし…。

アドバイスやヒント、アイデアをお聞かせ願えれば幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。


 菓子の分野のみですが有力な研究拠点を一つ紹介しておきます。東京圏にいるのなら必ず訪問するべきかと思います。
http://www.toraya-group.co.jp/gallery/dat_index. …
ここの担当者(女性)も大学で和菓子に付いて調べているうちに、とうとうこの有名な店に勤めることになり、その後も引き続き研究されているとのことです(記憶違いが含まれる可能性在り)。
 少なくとも、差し当たりどのような本や文献を読むのが良いか、という教示はしていただけるでしょう。

 ここで挙げられている『膝栗毛』の線で行くなら、諸国の名物菓子と江戸庶民の係わりに付いて調べてみるというのもあるでしょう。確か安倍川餅が出てくるのではないかと思います。あれも江戸の町民が似たようなものを市中で食べることが出来たのかどうか、質問されたら普通の人は答えられませんね。私も知りません。
 実は私の近所の東海道筋にこんな店が在ります。
http://www.wagashi.or.jp/tokyo/shop/1915.htm
大森は江戸の市中ではないのですが、そういう機会が絶無ではなかったことが判ります。川崎大師にお参りに行くのが当時の遊山の一つでしたが、その往還にここにも寄ったかもしれません。
 もっと探すと或いはほかにも類似の餅を出した店が見つかるかもしれません。ただしこの方面に付いて知るには当時の道中案内や、江戸に関する地誌、更には随筆もある程度渉猟する必要があるでしょう。
 目指しているものから少し離れる内容になってきたような気もします。さまざまな切り口が考えられるだけに、これも一つの見方と受け止めてください。うまくまとまりそうなテーマを見つけられると良いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なアドバイスありがとうございます。
江戸時代から有名だった虎屋は、西鶴作品にも登場しますね。諸国の名菓と江戸庶民の関わり、というのは興味深いです。
菓子が文学作品の中でどのように扱われ、読者はそれをどのように享受していたか、という視点につなげるのもいいかもしれません。

大変助かりました、おかげで糸口が掴めそうです。頂いた助言を参考に、もっと考えてみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/08 18:37

http://www.ruralnet.or.jp/zensyu/syoku.htm
http://www.ruralnet.or.jp/fdk/
http://www.ruralnet.or.jp/zensyu/byokasuchi/
江戸時代の儒学者、洋学者たちの藩政改革など面白そうです。
横井小楠は、熊本ですが、肥後では、私塾をひらいていますが、福井越前では、藩主の相談役になり、幕末の尊皇攘夷、開国など思想的なリーダーになります。
お住まいの地域の天保の改革を調べてみると、幕末の人物が見えてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なアドバイスをありがとうございます。
文学作品をいう枠にとらわれていたので、藩政改革というのは思いもよらない視点でした。
ご紹介頂いた本は、食文化だけでなく、江戸という時代を知るのにもとても役立ちそうです。大変興味をひかれたので、ぜひ読んでみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/04/08 18:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q面白い近代文学作品・作家を教えてください

来年度、卒論でひとり作家を選び、その作家の作品について様々な研究をします。
しかし…日本文学を専攻しているのに、近代文学ってつまらないような気がして今までほとんど読んだことがありません!なので、どの作家を選んでいいのか困っています。
おもしろい作品に出逢えたらいいな、と思うので、おすすめがあればぜひ教えてください。

Aベストアンサー

 どの辺りから、近代文学に分類されるのかが分からない程度のものです、はじめまして。
私も日本文学が苦手です。内輪のことをぐだぐだ言っていて、スピード感がないのがまずいやですね。でも、梶井基次郎の「檸檬」はいいです。ものすごく短い作品ですがキレが違います。「闇の絵巻」なども気に入ってます。対象から距離をとっていたくせに、一瞬間合いが縮まる感じが巧いと思います。
 それから、坂口安吾もひねくれた感じで、バサバサ斬ってて気分爽快です。「堕落論」。

Q近世(江戸)文学の卒論テーマについて

卒業論文において近世文学を取り扱うことになりました。
自分だけではどうにもとっかかりが掴めず、知恵をお借りしようと思い質問しました。

近世文学で論文を書く上で面白そうなテーマやおすすめの作家など
があれば教えてください。
井原西鶴や上田秋成など、作品が現代語訳されて出版されて
いるものであればなお有難いです。

とっかかりが掴めるまで自分でも模索するつもりですが、幅広い方から意見が
いただければ嬉しいです。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

西鶴といえば、「好色もの」がすぐ引き合いに出されますが『世間胸算用』か『日本永代蔵』はどうでしょうか。いずれも、江戸町人の生活や富に対する感覚を描いており、卒論にふさわしいのではないかと推測します。口語訳ももちろんあると思いますから、図書館か大書店で、自分にマッチするかどうか調べてみたらいかがでしょう。
(ちなみに私は学生の頃『永代蔵』を面白く熟読した記憶があります。もう60年も前のことで、内容はすっかり忘却しましたが…)


人気Q&Aランキング