酸素系漂白剤はぬるま湯で使うらしいですが、
塩素系漂白剤はぬるま湯では塩素が抜けて漂白作用も弱まりますよね?

塩素系漂白剤にお湯を入れると漂白作用が強まると言ってた人がいるもので。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

化学反応は温度を上げると促進されます。



塩素系漂白剤は室温で徐々に分解されて塩素ガスが発生し、これが漂白効果を発揮します。漂白剤に含まれている塩素がすべて出てしまうとそれ以上の漂白効果はなくなります。
つまり、新しいうちは漂白効果が強く、徐々に効果が弱まります。

ぬるま湯に塩素系漂白剤を溶かすと、まず最初に塩素ガスの発生が促進され、漂白効果が強くなります。しかし、塩素ガスの発生が促進されるため、短時間で塩素が抜けてしまい、時間が経過すると弱くなります。
つまり、新しいうちは温度が高いと漂白効果は室温水より強くなりますが、短時間で塩素が抜けるので、室温水より早く漂白効果が弱くなります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど~。非常に明解な詳しい回答を有難うございました。

お礼日時:2009/05/12 00:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q台所漂白剤と洗濯用漂白剤って、、、?

台所用の漂白剤と白物洗濯用の漂白剤って何が違うの?台所用の漂白剤を白いTシャツや赤ちゃんの肌着などの衣類漂白に使っても大丈夫なの?

Aベストアンサー

衣類用の漂白剤は、発色を洗濯後に良くする為に、蛍光剤が含まれてます。

>台所用の漂白剤を白いTシャツや赤ちゃんの肌着などの衣類漂白に使っても大丈夫なの?

白いT-シャツに使用しても大丈夫でしょうが、衣類用に開発された物の方が効果は著しいでしょう。

赤ちゃんの衣類に使用しても、台所用の漂白剤は問題無いと「思います」が、赤ちゃん用の洗剤が有るのでは無いかな・・・。

歯磨き粉(歯磨きペースト)は白くする成分が多く含まれるので、部分的に良く白くさせたいのなら更に漂白される事もあります。(種類に依る)

Q漂白剤の「塩素系」「酸素系」に漂白力の違いはありますか?

前にだけ柄がある白い服を洗う時、柄が消えてはいけないと思い塩素系の漂白剤を使ったのですがシミが落ちません。塩素系は酸素系に比べると漂白力に劣るんでしょうか?塩素系で落ちなかった汚れが酸素系では落ちた!という方いましたら教えてください。素材によってもまた違うんでしょうか?

Aベストアンサー

柄が消えてはいけない…時に使うのは酸素系です。

塩素系は色素を消してしまうので、基本的には白い布にしか使えません。または消毒用に使います。

酸素系は、ついたばかりの有機的なシミは、よく落ちますが、一般的に漂白力は弱めです。

Q正しい洗濯用漂白剤の使い方を教えてください。

正しい洗濯用漂白剤の使い方を教えてください。

洗濯用漂白剤の使い方を間違えていた。正しい漂白洗濯の仕方を知らない人、自己流の使い方をしている人が多いことが分かりました。

(1) 洗濯用洗剤で洗った後に洗濯用漂白剤で洗う派

(2)洗濯用漂白剤に一夜漬け置きして、洗濯用洗剤で洗う派

(3)洗濯用洗剤に酸性の洗濯用漂白剤を入れて洗う派

どれが正しい洗濯用漂白剤の使い方ですか?

化学的な科学の回答をお願いします。

Aベストアンサー

洗濯用洗剤にも洗濯用漂白剤にも色々あります。
ひとつひとつ、使用方法は異なるので、(1)~(3)のどれも、またそれ以外の方法も正しいとは言えません。
 目的、使用方法を守って使用する。

化学?科学的に答えれば・・そういうこと

Q漂白剤: 酸素系と塩素系の違いを教えてください。

花王のワイドハイター(酸素系)とハイター(塩素系)を買いました。酸素系と塩素系の漂白剤の主な違いは何でしょうか?シミや黄ばみはやはり塩素系のほうが良くおちますか?シミや黄ばみをおとしたい場合、まずは酸素系で試してみて、それでもだめなら塩素系を使ってみるというふうにするのがいいでしょうか?

Aベストアンサー

私は、塩素系の漂白剤でパンツを洗ったら、ボロボロになってしまいました。大事なものなら酸素系(色落ちしない、生地を痛めない)。どうでもいいもの(ぞうきんやタオルなど)で真っ白にしたいなら、塩素系です。

Q漂白剤はどうして除臭?

漂白剤は、どうして除臭できるんでしょうか?

元々は「漂白剤」ですよね?

漂白剤といえばハイターしか知らないのですが、衣類の除臭をしたい時にはやはり色落ちするでしょうか?

Aベストアンサー

おはようございます。
「なぜ『漂白剤』で臭いも落ちるのか」に対する答えは簡単で、「強力な殺菌効果があるから」です。
衣類の繊維にしみこんだ色素を落とすのに必要な濃度の、さらに10分の1ぐらいでかなりの殺菌力を発揮します。
大腸菌も壊滅レベル。
(個人的には、なぜこの漂白の過程で殺菌されるのかがわからないですごめんなさい。化学ダメ人間にはわかりません、知りたい。酸素を奪われて死ぬってことなのかしら、と思いますが嫌気性細菌とかいますよね。漂白剤にも塩素系と酸素系ありますし。)
色を分解するから「漂白剤」という名前ですが、色以外のものも分解するというわけです。

で、なぜ繊維が臭うかというと、そこにしみこんだ何がしかの有機物+水分を糧に雑菌が爆発的繁殖をしているから。
というわけで、臭いの元である雑菌が根こそぎいなくなれば臭いもなくなるのです。

色落ちについて。
主婦的基本的洗濯の知恵としまして、「塩素系は強いので、色柄物は酸素系を使え」というものがあります。
ご質問の衣類用ハイターも、塩素系の漂白剤ですね。
色落ちするかどうかは、「塩素系の漂白剤に溶ける染料を使って染められた衣類なら色落ちします」です。
色が濃い衣類ほど落とすべき染料の量も多いので、色落ちをはっきり実感するでしょう。
でもジーンズのように何をやってもどうやっても漂白剤と粉石けんで煮ても(劇的に汚れが落ちる)びくともしない染料の衣類もあります。
お手持ちの衣類のタグをご確認ください。
買った時に外す紙のタグに、洗濯に関する「この商品は塩素系漂白剤は使わないでください」なんて内容の注意書きがあるものもあります。
とりあえず、目立たない場所で使用濃度に希釈した漂白剤を少しためしてみてからのほうが、お気に入りの衣料では無難です。
ためし方は製品の裏に書いてあります。
「目立たない場所に裏布をあて、白布にしみこませた原液をぽんぽんと叩いて白布に色が移るものは使えない。」とか。
ただ、やっぱり上述のように「塩素系は白限定」にしておいたほうがいいかもしれません。
というわけで、酸素系の漂白剤をお薦めします。
これも商品の説明に何系か記載があります。
ただし、塩素系と違い酸素系は2種類あります。
そのうちの弱アルカリ性系は、タンパク質をふんだんに含むウールや絹には使えません。
アルカリ性にはタンパク質を溶かす作用があるのです。
これも商品に記載の説明を、よくお読み下さい。何に使えるか、何に使えないか、すべてきっちりかいてあります。
あと、お使いになるときに「多く入れたほうが効き目がよかろう。」などと余分に入れたりしないほうがよいです。

では、10時になったらドラッグストアへどうぞ。('v^*)/

おはようございます。
「なぜ『漂白剤』で臭いも落ちるのか」に対する答えは簡単で、「強力な殺菌効果があるから」です。
衣類の繊維にしみこんだ色素を落とすのに必要な濃度の、さらに10分の1ぐらいでかなりの殺菌力を発揮します。
大腸菌も壊滅レベル。
(個人的には、なぜこの漂白の過程で殺菌されるのかがわからないですごめんなさい。化学ダメ人間にはわかりません、知りたい。酸素を奪われて死ぬってことなのかしら、と思いますが嫌気性細菌とかいますよね。漂白剤にも塩素系と酸素系ありますし。)
色...続きを読む

Qキッチン用漂白剤の「塩素系」と「酸素系」について

キッチン用の漂白剤に、
「塩素系」と「酸素系」がありますが、
それぞれの違い等についてお分かりのことがありましたら、
よろしくお願いします。

たとえば、食器等に使った後での、
漂白成分の残留度合いや、
その成分の有害性とかの関係で、
どの程度良くすすいだりしなければならないんだろうか、
という辺りのことなんですが。

--

Aベストアンサー

結論:3回もすすげばどちらも有害になるほど残留しない。

どちらの漂白成分も水によく溶けるので、水ですすげばかなり除去されます。
すすぎを全くせずに漂白後の食器を使った場合は塩素系の方が有害性が高そうなので、塩素系漂白剤について以下の仮定で3回すすぎを考察してみます。

<仮定>
漂白液中の有効塩素濃度:300ppm(参考URLより)
1回のすすぎによる除去率:90%(根拠なし)
<考察>
1回目のすすぎによって90%が除去され10%が残るので、残留量は30ppm相当になる。
同様に2回目のすすぎで3ppm、3回目のすすぎで0.3ppm相当となる。
水道水中の有効塩素濃度は大体0.5ppmくらいなので、3回もすすげば漂白剤由来の塩素は有害とはいえないレベルになる。

ここでは1回のすすぎによる除去率を90%と仮定していますが、次亜塩素酸の水溶性から考えれば除去率はもっと高いと思われるので、残留量はもっと少なくなると考えるのが自然です。
それでも不安であればすすぎの回数を増やして下さい。

なお、すすぎが不十分で経口摂取した場合は、どちらも酸化作用によって漂白するものであることから、口や食道の粘膜を痛めることになるでしょう。
ただ、3回もすすげば大丈夫ですから、ちゃんとすすぎさえすればどうでもいいことです。
従って、残留性とか有害性ではなく、用途によって使い分けるのが良いでしょう。
用途による使い分けについては漂白剤メーカーのHP中によく記載されています。

参考URL:http://www.kao.co.jp/LIFEI/info/htmldata/030519_5.html

結論:3回もすすげばどちらも有害になるほど残留しない。

どちらの漂白成分も水によく溶けるので、水ですすげばかなり除去されます。
すすぎを全くせずに漂白後の食器を使った場合は塩素系の方が有害性が高そうなので、塩素系漂白剤について以下の仮定で3回すすぎを考察してみます。

<仮定>
漂白液中の有効塩素濃度:300ppm(参考URLより)
1回のすすぎによる除去率:90%(根拠なし)
<考察>
1回目のすすぎによって90%が除去され10%が残るので、残留量は30ppm相当になる。
同様に2回目の...続きを読む

Q酸素系漂白剤、塩素系漂白剤、とぬるま湯

酸素系漂白剤はぬるま湯で使うらしいですが、
塩素系漂白剤はぬるま湯では塩素が抜けて漂白作用も弱まりますよね?

塩素系漂白剤にお湯を入れると漂白作用が強まると言ってた人がいるもので。

Aベストアンサー

化学反応は温度を上げると促進されます。

塩素系漂白剤は室温で徐々に分解されて塩素ガスが発生し、これが漂白効果を発揮します。漂白剤に含まれている塩素がすべて出てしまうとそれ以上の漂白効果はなくなります。
つまり、新しいうちは漂白効果が強く、徐々に効果が弱まります。

ぬるま湯に塩素系漂白剤を溶かすと、まず最初に塩素ガスの発生が促進され、漂白効果が強くなります。しかし、塩素ガスの発生が促進されるため、短時間で塩素が抜けてしまい、時間が経過すると弱くなります。
つまり、新しいうちは温度が高いと漂白効果は室温水より強くなりますが、短時間で塩素が抜けるので、室温水より早く漂白効果が弱くなります。

Q塩素系、酸素系漂白剤について

くだらない質問ですみません。昨日、酸素系漂白剤(洗濯槽クリーナー)でつけおきを三時間を二回やりました。その後は洗濯コースですすぎ→注水→脱水をしました。その後何も考えず塩素系の漂白剤(カビキラー)を浴槽内にして、つけおきしてしまいました。その後はまた洗濯コースですすぎ→注水→脱水をしました。今まで1日寝てて、特に何もありません。そこまで有毒ガスを気にしなくても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

脱水してありますので、塩素系漂白剤を目一杯使ってもガスの発生はなく問題ありません。

Q液体漂白剤と粉末漂白剤

洗濯の際使う酸素系漂白剤には液体漂白剤と粉末漂白剤がありますがそれぞれどんな特徴があるのでしょうか?洗濯する際、どちらを選択する方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

過酸化水素による漂白というのは、塩素漂白と同様に、着色の原因物質を酸化反応によって分解しています。
消毒も同様にこの酸化作用によるものと考えられます。

ただし、酸化剤が塩素であるか、過酸化水素であるかによって酸化力が違いますし、反応の進み方にも差がありますので、それが両者の違いになっているわけです。
また、過酸化水素の場合には、酸性であるかアルカリ性であるかによっても反応の進み方が変化します。
したがって、液体のもの(弱酸性)と粉末のもの(弱アルカリ性)で、微妙な違いがあるかも知れません。
ただ、着色の原因物質は多種多様でしょうから、どれが良いということは言えないと思います。

なお、アルカリ性で過酸化水素が効かなくなるということはありません。効き方に多少の変化はあるかも知れませんが。

Q今、生乾き臭が気になってバケツに50度のお湯につけ置きして酸素系漂白剤を入れてるんですが、十分くらい

今、生乾き臭が気になってバケツに50度のお湯につけ置きして酸素系漂白剤を入れてるんですが、十分くらいしてからその中を臭い嗅いでも臭が生乾きのままなんですが。。。
どーゆーことでしょう。干せば治るってことですか?

Aベストアンサー

臭いは漂白剤ではとれないのでは?

昨日今日のお天気だと生乾きの感じですよね。

臭いが気になるのなら、やはり湿度が低い晴天の日に風にあてて干すのが一番です。
私は、家の中につるしておいて、お天気がよい日に外に出してからたたみます。

それか、初めから室内干し用の洗剤で洗うと少しいいようなきがします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報