日本語を勉強中の中国人です。タイトルとおりですが、「お返事」と「ご返事」とどちらが正しいのでしょうか。
 
 また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんは。


またお会いしましたね。 ^^

音読みの言葉の前には「ご」が付き、
訓読みの言葉の前には「お」が付く、
というのは、法則のようなものです。

ですから、
その法則にしたがって、
『「返事」は音読みなので、「ご返事」が正しく、「お返事」は誤りだ』という人は多いです。

↓この人も、そう言っています。
http://job.yomiuri.co.jp/howto/mbiz/mb_06080801. …

しかし、
『「お返事」は誤りだ』とする考え方は、誤りです。
実際、世の中では、「お返事」という言葉は広く使われています。

ちょっとほかの話もしますと、
「時間」という言葉があります。
これも音読みです。
ところが、‘法則’にしたがって「ご時間」などと言う人はいません。
「お時間」が正しいのです。


たしかに、‘法則’にしたがう言葉は、したがわない言葉に比べて圧倒的に多いです。
しかし、例外もあるので、個別に考える必要もあるということなんですね。

「お返事」、「ご返事」 どちらも正しいです。


なお、ご質問文の日本語についてですが、
「タイトルとおり」は「タイトルどおり」とするべきです。
他は大丈夫です。

以上、ご参考になりましたら幸いです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

 こんばんは^^。ご回答ありがとうございます。音読みと訓読みの言葉によって「お」か「ご」をつけるという法則は大変参考になりました。また、時々個別に考える必要もあるんですね。「タイトルどおり」の添削に感謝いたします。気づきませんでした。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 22:09

・相手の返事を高めて言うとき


「お返事ください」は言うけど、「ご返事ください」はあまり言わない。
・自分の返事をへりくだって言うとき
「お返事いたします」も「ご返事いたします」も言う。
特にルールがあるわけではなく、習慣的にそんな感じです。

でも、全体に「ご返事」ってあまり言わないですね。「ご返答」の方がよく言うと思います。こっちだったら「ご返答ください」も「ご返答いたします」も、よく言います。


ご質問文にあえておかしなところを探すとしたら、「タイトルとおり」は「タイトルどおり」「タイトル通り」とする方が普通です。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

 ご親切に回答していただき誠にありがとうございます。大変参考になりました。質問文の添削にも感謝いたします。これから気をつけます。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 22:26

「お返事」は美化語、「ご返事」は尊敬語あるいは謙譲語です。



参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

 ご返事ありがとうございました。大変参考になりました。

お礼日時:2009/05/13 22:22

私からあなた或いは地位の高い人(中国語の「大人」)への「お返事」


例:「お返事書きます微笑の」(矢野顕子「春咲小紅」)
あなた或いは地位の高い人(中国語の「大人」)から私への「ご返事」
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 22:17

どっちも正しいですね。

ただし、使い方が違います。
「お返事まってま~す」…親しみのこもった言い方
「ご返事ください」  …へりくだった言い方
日本語の敬語表現というのは、つくづく難しいと思います。また、この回答は大阪人である私の回答なので、その点はご容赦を。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。大変参考になりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/13 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q学習指導案について

大学のレポートで新学習指導案と、旧学習指導案の違いを述べよと、学習指導案の作成(具体例をあげて説明せよ)というものが出ました。参考資料はあるのですが、なかなかうまくかけません。締め切りもせまってちょっとやばいです。なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要領では繰り返し同じ内容が出てきたものを、新指導要領では一度きりサラっと教える程度になることが大きいと思います。
例えば、二次方程式の解の公式は中学で習わずに高校に入学してから習い、それを使って二次方程式・不等式さらに三次方程式などへと発展させていきます。使いこなすまでの練習が足りないままで、応用へと進んでしまうのは無茶ではないかと私は思います。現在の旧指導要領では中学で習い、高校1年でも数学Aで習いますから、解の公式があいまいだった生徒も確認できるのですが…。結局のところ、少ない時間数で同じようなことをやらざるを得ないのではないかと心配しています。

参考URLの他に、下記のとあるメールマガジンの記事も興味深いです。
http://www.crt.or.jp/~mmdnosr/Gakuryokuhoukai.html

参考URL:http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/newcurriculum.html,http://skk.math.hc.keio.ac.jp/edu/usa.htm

高校の数学教師です。MANIFESTさんの質問分野からすると、数学がご専門なのではないかと思いましたので、そのつもりで回答いたします。

参考資料はあると言われたので、新旧の内容の一覧はお持ちなのですね?私は教員なので、教科書を出している各出版社が編集してくれた「小中高から削減される内容と移行される内容一覧」を貰って、大変わかりやすかったです。問い合わせてみたらもしかして送ってもらえるかもしれません(将来の教員と思えば親切にしてくれると思います)。

数学に関して言えば、旧指導要...続きを読む

Qメーる返事の日本語表現が正しいですか?

ア 様

いつもお世話になっております。
山さんと連絡しました。
ありがとうございます。
インターン先が決まったら、伝えさせていただけます。

よろしくお願いします。



アのメール:

李さま

こんにちは。。

遅くなりましたが、ACTインターンに関しまして、登録していただいた
希望の団体から面談の依頼がありましたので、
ご連絡します。

「歩む会」の山さんの連絡先を送ります。
直接、山さんにご連絡ください。
山さんにも李さまの連絡先を送ります。

Aベストアンサー

こんにちは。

文面からすると、公的(Official)メールではなさそうですね。
それでした、あまり神経質になる必要はありません。
公的なメールのみに気にしたらよろしいかと思います。

以下は、あくまでも、私の感覚の範囲で書かれたものですから、人それぞれの言い方、考え方はあると思います。
-----------------
ア 様

いつもお世話になっております。
山さんと連絡しました。→山さんに●●の件を連絡しました。
ありがとうございます。
インターン先が決まったら、伝えさせていただけます。→インターン先が決まったら、再度ご連絡いたします。

よろしくお願いします。


--------------------
以下は、特別問題ありません。

アのメール:

李さま

Q単元指導計画と学習指導案の違い

導入・展開・まとめがあるのは学習指導案でしょうか?
単元指導と学習指導の違いがそもそも分かりません。
教育実習にたくさん書くには学習指導案でしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにするということも多々あります。

このようなコンパクトな指導案を「略案(りゃくあん)」と言います。

略案の学習過程を「導入・展開・まとめ」と区切る学校も多いと思いますが、その形にこだわらない学校もあります。

教育実習は、指導の基本を一通り勉強する必要がありますから、「単元指導計画」を含む「細案」を書かされることが多いと思います。

通常は、実習の初日に教務主任や研修主任または指導教官からその学校の形式が示されると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E5%B0%8E%E6%A1%88

学習指導案は、「どうやって授業をやるか」というシナリオです。
(子どもの反応によってその通りにならないことも多いですが)

1時間の授業を行うのにも、単元全体でどう指導するかを見通して、その流れの中で計画する必要があります。

単元全体の計画を含む指導案を「細案(さいあん)」と言います。

しかし、細案を作成するのはなかなか大変なことです。
参観する人が、少ししか授業を見ないことがわかっている場合などは、単元全体の計画などは省略して、1時間だけの授業の流れを書いてよしにすると...続きを読む

Q【日本語】「散歩旅」という日本語表現はおかしい表現なのでしょうか? 「さんぽ旅」「◯◯さんぽ旅」と

【日本語】「散歩旅」という日本語表現はおかしい表現なのでしょうか?

「さんぽ旅」「◯◯さんぽ旅」というタイトルで雑誌の特集を組んだら日本語に敏感な方からクレームが来るのか教えてください。

Aベストアンサー

さんぽ散歩  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%A3%E6%AD%A9

与謝蕪村は「門を一歩出れば、そこは旅」みたいなことを言いました。師匠と仰ぐ芭蕉のように旅に強く強く憧れましたが、家業の関係で実行できない境遇でした。
日常を離れるのではなく、日常の中にも旅はある、それが蕪村の到達点であり句作の原点でもありました。

はるかな旅も旅でしょうが、結局旅というものは私たちの心の中にある。旅をすればどんな人間かが出てしまう。つまらない人間はつまらない旅しかできない。

不況とかデフレとかで経済は上手く回っていませんが、それだけに身近な旅、心の旅が見直されているのではないでしょうか? クレームよりも好評の方が多いと思いますよ。

また、日本語に敏感であるならば、その自由度こそ日本語の優れた点だと認めてくれると思います。

Q教育実習で、研究授業の指導案を間違えてしまったとき

明日、研究授業があります。昨日指導案を作成し、全員の先生の机に配布しました。昨日の時点で指導教諭と何度も見直しをしたのですが、今日、指導案に間違いを発見してしまいました。

研究授業の指導案を既に先生方に配布した後に間違いが見つかった場合、どうすればよいのでしょうか?もう一度回収し、修正すべきですか?ただ、明日の1時間目に研究授業なので、回収し修正するとしたら明日の朝になります。それに、回収できない先生もいるかもしれません。

どなたか経験のある方お願いいたします。

Aベストアンサー

 間違いの種類にもよると思うのですが、以下のように考えてはどうでしょうか。
(1)展開上の問題ならば、あくまでも「指導案」は「案=プラン」ですから、授業中に変更してはいけないということはありません。授業の展開はむしろ、児童・生徒の応答に応じて変更し、臨機応変に対応することが望ましいと考えます。指導案通り授業が進めば、それはそれで素晴らしい授業ですが、指導案を金科玉条の如く固定的に捉えるのは如何なものかと思います。
(2)誤植、明らかな誤りの場合は、できれば訂正版を配布した方がよいと思います。その場合、回収するのが困難であればせず、破棄してもらうよう依頼し、新しいものを「訂正版」として全職員に配布すればよいと考えます。明日は指導教官にお願いして早めに出勤して、印刷をする位の態度は必要だと思います。そのくらいのことは、指導教諭ならばOKしてくれると思いますよ。
とにかく、明日の研究授業自信をもって頑張ってください。

Q「日本料理屋」は自然な日本語の表現でしょうか

「日本料理屋」は自然な日本語の表現でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。Googleで検索した時に気づいたことなのですが、「日本料理店」という表現はかなりヒットしていますが、「日本料理屋」はなぜかヒットしていません。「日本料理屋」は普通言わないのでしょうか。それは自然な日本語の表現になっているのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答者さんと同じようなことになりますが・・・。
○○屋はくだけた言い方、○○店は格好をつけた言い方(正式名称のようなもの)です。
いわゆる「みせ」を表す接尾語として「屋(や)」と「店(てん)」がありますが、「屋」の方が古くから使われています(店(たな)についてはこの際言及しません)。
「○○屋」は大和言葉化していますが、「○○店」は漢語的堅苦しい感じがします。
本を売る店は、役所の職業分類では「書店」ですが、普段の会話では「書店」は使われません。「本屋」と言います。
以下同様な例を挙げますので感じをつかんでください。
酒屋と酒店、石屋と石材店、魚屋と鮮魚店、質屋と質店、床屋と理髪店・・・みな同じものですが、日常の会話では、○店は使われません。
夫「おい、床屋へ行って来るぞ」  妻「はーい、いってらっしゃい」
夫「おい、理髪店へ行って来るぞ」  妻「ええっ??????」


>「日本料理屋」は自然な日本語の表現でしょうか

私は不自然な感じがしますが、現在ではそうでもないのかもしれません。
と言いますのは、昔は、日本において「料理屋」と言えば「日本料理」を食べさせる店に決まっていたわけです。
わざわざ「日本」をつける必要はありません。
しかし、最近「日本そば屋」という言い方が流行ってきました。「そば屋」は日本そばを食べさせる店と決まっていたわけですが、中華そば(ラーメン)屋と区別するために「日本そば屋」という言い方ができたのだと思います。

そこで結論。
「日本料理屋」は、古い日本人にとりましては、不自然な言い方のように思います。
(そのうち当たり前の言い方になるでしょうが)
「日本料理屋」がヒットしないのはそういうわけです。
「料理屋」で検索すれば沢山ヒットするはずです。
そしてそれらはみんな日本料理の店のはずです。

先の回答者さんと同じようなことになりますが・・・。
○○屋はくだけた言い方、○○店は格好をつけた言い方(正式名称のようなもの)です。
いわゆる「みせ」を表す接尾語として「屋(や)」と「店(てん)」がありますが、「屋」の方が古くから使われています(店(たな)についてはこの際言及しません)。
「○○屋」は大和言葉化していますが、「○○店」は漢語的堅苦しい感じがします。
本を売る店は、役所の職業分類では「書店」ですが、普段の会話では「書店」は使われません。「本屋」と言います。
以下同様な例を...続きを読む

Q新任の先生も指導案を全部作るのですか?

ご回答者さま こんばんわ。

タイトルの件について、質問をさせてください。

現在、小学校教員を目指しております。

試験に合格し教壇に立った場合、
いきなり全教科、全コマ数の指導案を作成するのでしょうか。

それとも、指導案は予め用意されており、
数年の経験を経て自作の指導案を作成するのでしょうか。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお教えください。

Aベストアンサー

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

これは、通常週末に管理職に提出します。その時、新卒の人はそれなりに細かく見られ、「指導」が入るものです。

指導案は、人に公開する授業の場合に書きます。通常ですと、研究授業ですとか公開授業(学校公開=授業参観も含む)くらいしか書く機会はありませんが、新卒の場合ですと、初任研がありますから、人に授業を公開する機会は年に数回あります。その都度授業案は必要となりますから、ベテランよりは書く機会は多くなるでしょう。

日常の授業自体は、通常、教科書の他に教師用指導書、赤本(教科書に赤字でポイントが書いてある本)を使って「教材研究」をした上でノートや先ほどの週案簿にメモ書きをする程度の場合が多いですね。

作りません。そんな暇はありませんから。
ただし、「週案」という一週間の授業予定を書いた(大型の予定表のような)ものを毎週書きます。ここに、教科名と大まかな授業の内容を書きます。で、週末にその週の授業の反省というか実際にやった授業内容を赤ペンなどで記載し、予定と実際のズレを修正します。

それに合わせてて翌週の予定を書き込むわけです。それ以外に、児童の反応ですとか生活指導上の様子など特記事項もメモするのが普通です。人によっては、配布したプリントなどを貼っている事もあります。

こ...続きを読む

Q日本語に無い英語表現、または英語に無い日本語表現

日本語に無い英語表現、または英語に無い英語表現を教えてください。

Aベストアンサー

"hat"も"cap"も日本語では「帽子」

こんなんでいいんですか?

Q学習指導案の書き方

私は来月、英語科の教育実習にいくのですが、学習指導案の書き方、何を、どう書けばよいのかが、よくわからなくて困っています。大学では指導案の書き方の指導がなく、本や参考書を読んでもいまいちわかりません。実際に自分で書いてみましたが、独善的な気がします。例えば、単元の目標等はあらかじめ設定されているのでしょうか。それとも、自分で設定して決めるものなのでしょうか?わからないことが多くて困っています。

Aベストアンサー

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生徒は』とはつけなくていいです。

それから『学習過程』。ここでは1時間の授業で実際なにをするか、時間のわりふりも含め、表で書きます。
表の項目は、『学習内容(先週までの復習・Lesson5・等小タイトルを書く)』、『学習活動(生徒が具体的に何をするか、生徒主語で書く)』、そして『支援と評価』ここでは考えられる支援と評価を具体的に書きます。たとえば英語だったら『朗読させ、よく読めた生徒をほめる』『文法が飲み込めていない生徒には、このようにアドバイスする』などです。これを授業の『導入』『展開』『まとめ』に区切って、わりふっていきます。

長くなってしまいましたね。さらに、分かりにくいかも・・・。この指導案はあらかじめ作っていかなくてはならないものなのでしょうか? 研修をしてから作っていいものであれば、教習先の担任の先生に相談してもいいかと思います。

あくまでもうちの小学校の例なのですが・・・。

まず、タイトル(○年○組 英語指導案)、指導者の名前、日時、単元名、小単元名などを書きます。
そして『単元目標』これは、教本にあらかじめ設定されています。私は英語の教本は見たことがないので、具体的なことは分かりません、すみません。
それから『本時の目標』。この時間で勉強することのポイントを具体的に書きます。

書き口調は、主語が生徒になります。なので、『~させる』『~を教える』ではなく、『~を覚える』『発表する』等等。実際『生...続きを読む

Q自然、正しい日本語は?

どうでもいいようなことで恐縮ですが、
お知恵をお借りできたらと思い質問させて頂きます。

以下にあげる例で、自然、もしくは正しい日本語は
どちらになるのでしょうか?

1)
(1) 小笠原では、携帯電話を使えません。
(2) 小笠原では、携帯電話は使えません。

2)
(1) パソコンで次のURLをご覧ください。
(2) パソコンから次のURLをご覧ください。

3)
(1) この会員証の有効期限が、○月○日に切れます。
(2) この会員証の有効期限は、○月○日です。

文法的な解説など頂けると
非常に助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。ニ分割になります。

> (2) パソコンから次のURLをご覧ください。

手もとの辞書を調べたところでは、次の角川、大辞林の用法・用例が見つかりました。
これから判断すると「パソコンから」とも言えそうに思えますが、他の辞書の語釈を見た上で判断すると、少なくとも角川に関しては「根拠」とも取ることができてしまいます。

「根拠」と考えた場合には「パソコンから」はやや不適となりそうに思いますが、しかし、『大辞林』と下に示す『集英社国語辞典』の用例から判断しますと(辞書によっては載っていない場合があり少数派ではありますが)、質問者様の挙げられた例文は、あながち間違いとは言えないのではないでしょうか。

|【から】(4)原因・理由・手段を表す。
|「練習不足―失敗した」原因
|「明日は早い―もうねる」理由
|「資料―判断する」手段
|『角川必携国語辞典』

から(格助)
http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn/38501/m0u/%E3%81%8B%E3%82%89/
>
> (9)手段・方法を表す。…によって。…で。
> 「徒歩(かち)―まかりていひ慰め侍らむ/落窪 1」

※これは大辞泉では「(移動の)手段・方法」となっています。

> (2)の「から」は「手段」ではなく「経由」と考えれば
> おかしくないと思うのですが…

|【から】動作・作用・状態の始まる、あるいは出現する場所。起点または経由点。
|「旅の空―富士山見たら」『集英社国語辞典』

|「戸の隙間からのぞく」『小学館日本語新辞典』


> 1)の場合は、「携帯電話を使う」だとしっくりくるのですが
> 「携帯電話を使えない」だと、何となく違和感があるのです…

(私は)Aを+他動詞 「携帯電話を使う」

の形が可能表現となった場合には、本来は「を」ではなく「が」とされてきたからではないでしょうか。

・携帯電話が使える→が使えない

|【使える】(自下一)(1)使うことができる。『三省堂国語辞典』

もっとも、現在では両方とも使われる傾向があるようですが。
以下の場合などは、本来は「が」が望ましいとされてきたようです。
『助詞・助動詞の辞典 東京堂出版』

・~が~たい
・~が欲しい
・~が好きだ
・~が嫌いだ
・~が気に入る
・~が分かる
・~ができる(可能の意)
・~が~られる(可能の意)

違和感は「自動詞」=「が」ということからくるのだと思います。
「が」と「は」に関しては、質問者様のおっしゃるニュアンスですと「は」が適切となりそうですね。

・小笠原では、A社製の携帯電話は使えません(B社、C社は使える)。

#1

こんばんは。ニ分割になります。

> (2) パソコンから次のURLをご覧ください。

手もとの辞書を調べたところでは、次の角川、大辞林の用法・用例が見つかりました。
これから判断すると「パソコンから」とも言えそうに思えますが、他の辞書の語釈を見た上で判断すると、少なくとも角川に関しては「根拠」とも取ることができてしまいます。

「根拠」と考えた場合には「パソコンから」はやや不適となりそうに思いますが、しかし、『大辞林』と下に示す『集英社国語辞典』の用例から判断しますと(辞書によっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報