マイクの寿命というのは、どういう形で分かるものでしょうか?
寿命が近付いたな、と分かるきっかけがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

素人PAは長らくやってる方ですが、難しい質問ですねぇ(^^ゞ



以下は、私の経験談に過ぎないですが・・・寿命と言うより、「ある日突然死」の方が圧倒的に多いですね。なので、強いて言えばなんですが、ダイナミックでは
・音が籠もる/低域が無くなってキンキンする
・やたら出力が落ちる
という症状は、ごくわずかにお目にかかったことがあるくらい。

音がおかしくなる系は、ユニットカプセル内で振動板やコイルを保持する材が劣化して変になるパターンだと思います。あと、落っことしてユニットカプセルがボディ内で変な位置にずれて音が変になったけど、グリル外してユニットの位置を直したら音も直った・・・ということも。

また、ダイナミックでは、確かに若干は「経年変化」はありますね。
ただ、身近な例で20年物と3年物のSM57があり、明確に音が違うのですが、実はボディサイズも微妙に違うので(^^ゞ、経年変化か本体全体のマイナーチェンジの結果なのかが、ちょっとわかりかねたりします(古い方が音が太いが、劣化して高域が録れないという意味でもなかったり・・・)
仮に経年劣化的な変化があっても、かなりゆっくりなので、明確に音が悪くなる=死んだも同然となりますから、寿命を探る判断根拠とはなりづらいです。

コンデンサなら、盛大にノイズが載るか完全に沈黙するかどっちかですから、ますます「寿命」をはっきり予知するのは難しいですね。むしろ、音質が落ちた=もうダメ。これはダイナミックより明確なので、事前予知は実質できないと思います。

空論ですが(^^ゞ
せめて同型マイクを毎年1本ずつ買って、既所有品と厳密に音質比較していけば、使用範囲内で明確に音質が落ちる瞬間に出会えるかもしれませんが・・・(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。なるほど。次第に不調になって・・・という形ではないことが多いわけですね。20年たっても使えるマイクがあるというのにはびっくりしました。寿命の予知が難しいとなると、どのぐらいの周期で「次のマイク」の購入を考えたらいいのか、悩みます。(過日はマイクスタンドの件でお世話になりました。無事購入できました。)

お礼日時:2009/05/15 19:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

寿命」に関するQ&A: 液晶テレビの寿命

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q録音機とマイクにおける 入力 及び 出力 インピーダンス について。

録音機とマイクにおける 入力 及び 出力 インピーダンス について。

ハンディーレコーダー  ( zoom H4n :入力インピーダンス 1KΩ) 
マイク         ( RODE NTG2 :出力インピーダンス350Ω )

電気の知識が乏しいのでお尋ねしたいことがあります。

ネットに、入力インピーダンスはより大きい方が、
出力インピーダンスはより小さい方が良いとありました。

一応クリアしていますが、差があまり無いのが気になります。

この二つは使っても大丈夫なのでしょうか?
値の差が小さいと機器には負担が多くかかり故障し易かったり、
不具合が起き易かったりするのでしょうか?

また音質に影響などあるのでしょうか?

私は電気の知識が殆どありません。
詳しい解説は理解できないと思いますので、分かり易くお願いできればありがたいです。
少し急いでいます。

わがままで申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、結論を言えばマイク350Ω→XLRマイク入力端子1KΩは、全くもって楽々許容範囲内で、問題はありません。
実務上ですが、XLRタイプのマイク端子を使うマイクと録音機器間なら、マイク150Ωくらい(そういうのはザラにある)録音機器側5KΩ以下(5KΩはさすがに高めで少数派だけど)程度は、十分に許容範囲です。

ちょっと理論的には「正確ではない」言い方なんですが、これも実務上の判断としては、入力と出力のインピーダンスの差は「引き算した数値」ではなく「倍数」で見ます。
大きい方を小さい方で割り算して、値が10を切っていたら大抵は楽勝に問題ないです。
質問者の方の場合は3弱ですからもっと楽勝。値20くらいまでならまぁなんとかOKという感覚ですね。

エレキギターなんかだと、出力インピーダンスが200~300KΩというのがザラなので、ギターアンプは少なくとも500KΩ~1000K(1M)Ωくらいの高インピ-ダンスになります。
差の値は300~500Kくらいになりますから、マイクの場合と比べて桁が違いますが、両方の割り算(比)なら2~3倍なので、まぁちょうど良い…という小理屈です。

まず、結論を言えばマイク350Ω→XLRマイク入力端子1KΩは、全くもって楽々許容範囲内で、問題はありません。
実務上ですが、XLRタイプのマイク端子を使うマイクと録音機器間なら、マイク150Ωくらい(そういうのはザラにある)録音機器側5KΩ以下(5KΩはさすがに高めで少数派だけど)程度は、十分に許容範囲です。

ちょっと理論的には「正確ではない」言い方なんですが、これも実務上の判断としては、入力と出力のインピーダンスの差は「引き算した数値」ではなく「倍数」で見ます。
大きい方を小さい方で割り算して...続きを読む

Qマイクのポップガードの代わりに使えるもの、ご存知ですか?

こんばんは。
ラジオドラマ制作用の「声」を録音しようと思っています。

ポップガードやマイクスタンドがありませんが、
何かで代用した経験、
もしくは代用できるかもってアイディアはございませんか?

マイクスタンドは何か、棒にマイクをくっつければ良さそうですが、
ポップガードは・・・難しいです。

Aベストアンサー

兄が学生の頃、針金ハンガーとストッキングで作ってました。
コレが結構イイ感じだったみたいですヨ。

Qマイクのインピーダンス整合方法

KTEL(ケテル)というヘッドセットを販売しているメーカーから出ているマイクをアルインコのハンディ無線機に接続しようとしています。

ケテルのメーカーに聞いたところ、使用しているマイクは入力インピーダンスが600オームの機器向けに調整されていることがわかりました。

また、ハンディ無線機の入力インピーダンスは2Kオームと記載がありました。

そのまま接続するとどうも音が小さいようで、インピーダンス整合をとりたいと考えております。

ネットをいろいろ見てみて「トランス」によるマッチング方法が簡単そうだなとは思ったのですが、小型(1cmくらい)で安いトランスが見つかりませんでした。

そこで、「他の方法でインピーダンス整合を取る方法」もしくは「小型で安いトランスを販売している場所」がありましたらご教授いただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

600Ωと2KΩにマッチングする、ちゃんとしたトランスを使えば、電圧レベルは数倍程度は上昇しますけど、入手性や取り付け方式で難点があります。
抵抗でインピーダンスマッチをしても、信号レベルは落ちるだけです。この方法はレベルを上げるには、全く意味はありません。

早く言えば、マイクのゲインが無線機には不足しているのですから、もう少しゲインのあるマイクに取り替えるのが、一番簡単です。
通常はこの程度のインピーダンスの違いなんて気にする必要はありません。

Qコンデンサーマイクとマイクプリアンプ。。

どうかアドバイスお願いします。

今評判が良いようなのでコンデンサーマイクのRODE NT1-A使っています。
マイクプリアンプは、、購入時からよくわからなかったので、
比較的安いBEHRINGERのMIC200使っています。

ですが、当初から(?)ノイズが凄く大きくて思ったように録れません。
最初からだったのか、もう2年くらい使ってるからなのかわからなくて、今困っています。

そこでお聞きしたいのですが、上記の2つの組み合わせは特に間違ってはいないのでしょうか?
上記のセットで、MTRでアコギ、ボーカルを録音してるのですが至って普通の組み合わせなのでしょうか?

もう1つお聞きしたいのが、
ノイズが多いので買い替えを考えています。
もうすこし言えばアコギを録音しても全然暖かみがないのも買い替えを考えてる要因の一つです。
恐らくコンデンサーマイクの問題かな、と思うので
同じRODEのNT2-Aの評判が凄いのでそちらにしようかなとも思っています。
しかしマイクプリアンプがしょぼすぎるのかなとも思ったり、、、
どうなんでしょうか??
マイクプリアンプを買い換えた方がいいでしょうか?

アドバイスお願いします。

どうかアドバイスお願いします。

今評判が良いようなのでコンデンサーマイクのRODE NT1-A使っています。
マイクプリアンプは、、購入時からよくわからなかったので、
比較的安いBEHRINGERのMIC200使っています。

ですが、当初から(?)ノイズが凄く大きくて思ったように録れません。
最初からだったのか、もう2年くらい使ってるからなのかわからなくて、今困っています。

そこでお聞きしたいのですが、上記の2つの組み合わせは特に間違ってはいないのでしょうか?
上記のセットで、MTRでアコギ、ボー...続きを読む

Aベストアンサー

お呼びですのでNo.2です。
幸い?AW16GとAW1600は、基本操作系がほとんど違わずマニュアルの内容までかなりの部分が「同じ」なので、AW16Gのマニュアルをボロボロになるまで読んでる身では、該当箇所のページ数の違いだけ確認すりゃマニュアル引用は簡単です(^^ゞ

これはAW系独自の「使い方のコツ」と考えていただきたい(他のMTRだと、またちょっと勘所が違う)のですが、マニュアルP50~で使うEQやDYNプリセットについては「録音時用」と割り切って良いです。つまり、録音の時に「マイクにかけ録り」で使う物で、録音後の音源では、プリセットを使うとしてもまた別の物を使う方向で試した方がよいですね。
プリセット主体で言えば、ボーカルの録音後では、ダイナミクスライブラリのNo.38~40のトータルコンプを呼び出してからパラメータをいろいろ変える方がわかりやすいかもしれません。もちろん、ダイナミクスライブラリのNo.27、28のボーカル用をベースにしても良いです。時間があるなら、両方で試してみて下さい。何か一つくらいはイメージに比較的近いものにできると思います。

>では何故プリセットではアタック数値はかなり小さく、リリースがかなり大きいのかなと、、
という点については、コンプレッサは極端なかけ方をすると音質への影響が急に大きくなり、その結果、生音感とか空気感と呼ばれる「音のリアルさ」が無くなってしまうという点で「諸刃の剣」です。
その意味で、プリセットは「ちゃんとコンプレッサ効果が出て、かつ生音感への影響が最小で済む」ということを狙った設定になっている…と考えて下さい。その意味では、やや控えめな設定になっているとも言えますが、プリセットより強めの設定にする時は、さきほど述べた「諸刃の剣」という点は、脳裏に置いておくようにして下さい。

このあたりの感覚を磨くには、何よりもまず、マニュアル182ページの各パラメータの意味を体感的に知っておく必要があります。
一応、答えだけ言っておきますが、「アタックを非常に大きく」「リリースを非常に短く」した設定ということは、「コンプレッサがなかなかすぐに働かず、かつ働いてもすぐに効果が停止する」という設定をしたことになります。つまり、「ほとんどコンプレッサは働いてない」という設定です。この場合、パラメータで有効に働いているのは、OUTPUTGAINだけ…という可能性大です。つまり、ただ単に音量を上げただけと同じ状態かもしれません。
もちろん、その音(声)が「最高!良い感じ!」であれば、それはそれでいいんですが、ならば…と辛口に話を続ければ、『それって、要するに録音した時のレベルが低かったってだけじゃん!』とも言えます。

本音を言えば、NT-1Aを使っていて「何もしないと線が細くてしょぼしょぼ感が漂った感じになる」のに「非常に声がいい奴で、低音が素晴らしい」つまり低音の音質は良い…というボーカルは、私の経験値で言う限りは『そいつって、要するに声の芯がショボイよ』という結論になります。
実は、NT-1AはRODEの中では低域あんまり得意じゃないマイクなんですが、それで低域拾ってるのに線が細いということは、録音屋の目線では、「芯の声がショボイから、結果芯より低域が勝ってて、全体としてそういうショボ声で録れる」と言い切れます。
その意味では、NT-1Aの性能にボーカルが既に負けている…って感じです。

それはそれで仕方ない(し、良くあることだし)ので、そういうボーカルを録る場合は、もっと大きなレベルで録るようにして下さい。
インプットモニター画面(マニュアルP34)で、ここにはちゃんと書いてないんですが、確か「←」「→」キーを押すことで、レベルメータでレベルを測る位置を「マイクから直」「EQやDYNをかけた後」「INPUTLEVELノブでのレベル調整後(最終のレベル)」の3点切替ができるはずです(AW16Gはできるので、AW1600でもできると思います)。
もしGAINツマミだけでは十分に音量を稼げない時は、録音時のDYNでレベルを上げるか、INPUTLEVELノブでレベルを上げて、最大音量時に「-6は越すが0には絶対に行かない」くらいにして録音して下さい。

それぐらいレベルを上げれば、プリセットのコンプ設定でもそれなりに意味があることがわかるはずです。現状では、要は録音レベル(声の音量レベル)が小さすぎて、コンプの出る幕がないんだと言えます。

アコギはマイク録りですか? それともライン録り?
ボーカルとの「音のケンカ」については、ボーカルがちゃんと芯の強いレベルで録れれば、それだけでも結構変わってくると思うんですが、単に「左右の広がりが…」という部分については、これは『試しに』ですがエフェクトプリセットのNo.29~40の複合エフェクトも試してみて下さい。No.29、30、38、39あたりで、結構使えるモノがないかな?と思います。ただ、複合エフェクトはかけすぎに注意。エフェクトでもコンプでも、「もう少し強くしようかな?」と思うくらいで、少し控えめでやめておくのがミックスダウンの秘訣その1です。

>録音後ラインで普通のONKYOのCDコンポに繋いで
については、特に問題はないと思いますよ。
逆に、いずれはもうちょっと良いモニタースピーカが欲しくなりますが、今はまだその前段階の修行と考えて下さい。「これ以上は今のスピーカではダメだ。どうしても良いスピーカが欲しい。」と(なぜ、今のコンポではダメなのかという理由込みで)心底思うようになった時が、初心者完全卒業の時です。

ただ、絶対にやっておいて欲しいことがあります。
多分、質問者の方が「俺もこういうサウンド作りたいな」と目標にしているアーチストのCD等が有ると思います。
そのCDを、コンポもAW1600もイコライザとかトーンコントロールとか一切無しの状態で、
・コンポで再生して、コンポのスピーカで聞く
・コンポで再生して、コンポにCD900STを刺して聞く
・AW1600で再生して、コンポのスピーカで聞く
・AW1600で再生して、コンポにCD900STを刺して聞く
・AW1600で再生して、AW1600にCD900STを刺して聞く
の各パターンで、音がどう違って聞こえるかを徹底的に耳に覚えさせること…これが是非必要です。
基本的には、CD900STだとコンポに比べてギラギラというかジンジンというか…ちょっと耳に痛い音に聞こえると思いますが、それが「好きなCDでどの程度か」を踏まえて、「CDと同じ程度の痛さに納める」という作業の指針にするために、CD900STのようなモニターヘッドフォンの存在価値があるということに注意です。

自分の作品をCD900STで聞いた時とコンポで聞いた時の音質差の具合が、好きなCDをCD900STとコンポで聞き比べた時の音質差と「同じくらいにまとめる」というのが、ミックスダウンの時の要確認事項です。だから、ヘッドフォンとスピーカの両方の再生環境で聞き比べるということを、プロもやっている訳なんです。
そういう「レコーディングでのモニタースピーカとヘッドフォンの使い方」さえ理解できていれば、当面普通の家庭用ミニコンポを使うことは、むしろ有利な面もあり、何も問題ではないです。
プロでも、レコーディングスタジオにミニコンポを置いて、自分の作品をミニコンポで聞いたらどうなるか…というチェックはしていますよ。

まぁ、別に最後じゃなくても私はかまいませんので、何か疑問がありましたら補足下さい。

お呼びですのでNo.2です。
幸い?AW16GとAW1600は、基本操作系がほとんど違わずマニュアルの内容までかなりの部分が「同じ」なので、AW16Gのマニュアルをボロボロになるまで読んでる身では、該当箇所のページ数の違いだけ確認すりゃマニュアル引用は簡単です(^^ゞ

これはAW系独自の「使い方のコツ」と考えていただきたい(他のMTRだと、またちょっと勘所が違う)のですが、マニュアルP50~で使うEQやDYNプリセットについては「録音時用」と割り切って良いです。つまり、録音の時に「マイクにかけ録り」で...続きを読む

Qマイクの推奨インピーダンス

MDラジカセを使用して自分の声を録音したいのですが、その取扱説明書には「推奨インピーダンス:600Ω」とあります。もし使用するマイクのインピーダンスが150Ωだとするとこの違いによってどのような問題点がありますでしょうか?私としては、なるべく大きな音で録音したいと思っています。小声でもしっかり録音されていることが理想です。ご回答をお待ちしております

Aベストアンサー

気にしなくて良いです。

マイクロフォンは大きく分けて2種類のインピーダンスが
あります。
一つは600Ω付近のローインピーダンスマイク
もう一つは10KΩ付近のハイインピーダンスマイク
です。

で、600Ωと書かれていると言うことは
ハイインピーダンスマイクを使うなという意味
なのですが、
今挙げた数値はいずれも実際のマイクロフォンの
インピーダンスでは無く、
このインピーダンスの回路で受けたらちょうど良い
総合特性になります。という意味でしかありません。

マイクの特性表を見るとわかりますが、
周波数でもインピーダンスは大きく変わりますから、
インピーダンスそのものの整合を取るような
使い方はできません。(音に色が付きます)

実際のローインピーダンスマイクロフォンの
インピーダンスはもっと低く
ご質問文の通り、100~150Ωあたりにあります。
少々高いインピーダンスの回路をつなぐことで
振動板にブレーキを掛けずに自由に振動させるのです。

たとえば、シュアーのSM-58は150Ωですが、
だれも150Ωでは使っていません。
600Ωの回路で使用するのが普通です。

なお、マイクのインピーダンスが極端に低いと
(8Ωとか、32Ωとか。普通は売ってませんが)
音量が不足します。
また、マイクのインピーダンスが高すぎると
音量が不足すると共に音の抜けも悪くなります。

気にしなくて良いです。

マイクロフォンは大きく分けて2種類のインピーダンスが
あります。
一つは600Ω付近のローインピーダンスマイク
もう一つは10KΩ付近のハイインピーダンスマイク
です。

で、600Ωと書かれていると言うことは
ハイインピーダンスマイクを使うなという意味
なのですが、
今挙げた数値はいずれも実際のマイクロフォンの
インピーダンスでは無く、
このインピーダンスの回路で受けたらちょうど良い
総合特性になります。という意味でしかありません。

マイクの特性...続きを読む

Qマイクプリアンプをパソコンとマイクの間に挟みたい

ミノ式シーケンサーというソフトで作ったmidiをWAVになおした後
easyMTRというソフトで音楽作って遊んでいます。
MTRの機械、MIDIキーボードなどは持っていません。

easyMTRでボーカル録音がしたいのですが
ボイスチャットなどに使うヘッドホンのついたマイクを
パソコンのマイク入力に差し込んで録音すると
マイク音量を最大にしても、話にならないほど音が小さいです。

これを解決するために、マイクプリアンプが必要らしいですが
予算もないし、またお遊びなので音質にはこだわりはなく、できるだけ安いものを探しているのですが
マイクプリアンプというものは、10000円程度の安い機種でも
パソコンのマイク入力に繋ぐことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

昔は確かにプロ用はバランス入出力、アマチュア用はアンバランスと今よりはっきりしてましたけど、現在はアマチュア用機材でもバランス入出力、+4基準も受けられるのが当たり前になってきています。 
マイクプリアンプ(=HA=ヘッドアンプ)は数千円から売ってます。
が、私もtntさんと同意見です。マイクを換えてみましょうよ。原因は別ですよ。 ヘッドセットタイプのマイクってケーブルの先が二股になってるんですよね?接続する方を間違ってはないですよね?

Qオーディオ一般知識(インピーダンス整合?)について

お世話になります。
アンプにウーハーを接続しようとしておりますが、このウーハーはアンプのオーディオ出力(ピン端子)から取るようになっております。通常のアナログは問題ないのですが、デジタル信号(dts等)の場合はアナログ出力されません。
アンプにはウーハー端子もあるのですが、ここにつないでも出力が弱いのか音は聞こえません。もちろん信号は出ております。
デジタル信号の時にこのアンプからアナログ信号を取り出そうとすると、スピーカー出力かウーハー端子しかありません。
この場合、インピーダンス整合など良く分かりませんが変換が必要だと思われますが、この件について詳しい解説や解決方法が分かるヒントやホームページを教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

アンプのウーファー端子の形状はRCAピンジャックですか? もしそうであれば、ご質問のタイプのウーファーにピンコード1本で接続できるはずです。

一般的なAVアンプのサブウーファー出力は、数KΩ,1V程度になっています。そして一般的なアンプ内蔵サブウーファーの入力は数十KΩ,1Vになっています。出力インピーダンス<入力インピーダンス ですのでインピーダンスマッチングは必要ありません。

アンプの設定で、サブウーファー端子のレベルが絞られていないか確認してみてください。また、サブウーファのターンオーバー周波数やアッテネーターなども(あれば)点検してみてください。

ご質問のように家庭用機材を一般的な使い方で接続する場合に、インピーダンスマッチングなどの難しい理屈は考えなくてよいようになっているはずです。

Qマイクの感度、入力レベル、MTRとコンデンサマイク

宅録でボーカルを録音したくてUA-4FXとXM8500を購入し、パソコンに繋げて使っていました。
ものすごく小さな音でしか録れず、入力レベルを上げても十分な音量は得られないし、パソコン側で音量を大きくして調整すればこもったような音になりノイズも大きくなってしまいます。
これはなぜでしょうか?
-○○dbとかよくわかってないので、何か間違ったものを買ってしまったんじゃないかと思うんですが…
このGWに、きちんと録音できる環境を整えたいのですが、MTRを購入するのとコンデンサマイクを購入するのはどちらがいいんでしょうか。
MTRだったらMRS8、コンデンサマイクだったらNT1-Aを考えています。
差し支えなければ、製品仕様を見て選ぶ時のポイントなどを教えて頂けると助かります。
(dbやインピーダンスなど、解説サイトを見ても計算式が難しくて、これを見て実際にどう製品を選べばいいのかがわかりません。)

Aベストアンサー

どぇぇぇっ!

>それでまぎらわしくて申し訳なかったんですが、ヘッドセットはUSB入力です。
>更に適当なマイクになりますが、大分前に買ったプラグイン接続のマイクがあったので、UA-4FXに繋いで使ってみた所、XM8500と同じような状況です。

ありゃりゃあ、そういう意味だったんですか…これは…教えて貰わないとわかんなかったっすねぇ(^^ゞ
まぁ、こっちも聞き方が大概ヘタだったので、そこは面目無しですが…(^^ゞ

ところで…自分でも「今頃何を言うかな」なので、ちょっと恥ずかしいんですが…(^^ゞ
>中古で買ったから…
とのことですが、マニュアルやドライバCDは、ちゃんと同時入手されてますか?
また、これはまぁ本件の本筋ではないですが、PCへのドライバ組み込み、付属ソフトのインストール、ASIOドライバの設定と、本体側はADVANCEモードスイッチをONに、「はじめにお読み下さい」の方のマニュアル(応用編ではない方)の6ページ以降のPC側に置ける『サウンドとオーディオデバイス』の設定確認等は、ちゃんと完璧にできてますよね?

それから、これも「今さらアホか」という話で恐縮至極ですが、今までのやりとりで、UA-4FX側のツマミ操作を「入力ボリューム」という表現一本で済ませてましたけど、実際には
・マイクの入力音量を調整するのは、3つ並んでるツマミの一番左の「GUITAR/MIC」というツマミを使い、
・マイク入力の時は真ん中のツマミの「INPUT」は、逆に左一杯に絞り
・マイクの音を聞きたい時には、UA-4FXの本体を裏返した右側にある「INPUT MONITOR」という小さいスイッチは「ON」にして
・ヘッドフォンやモニタースピーカから聞こえる音量は、一番右の「OUTPUT」ツマミで適当に調整する
という手順を、きちんと踏んでおられますよね?

上の操作(PCのドライバインストールや設定確認、本体の操作すべて)が間違いなくバッチリであれば、録音ソフトはこの際添付の「SOUND it!」を使い(細かい設定は、応用ガイドの9ページ以降の通りにしてみること)、それで「GUITAR/MIC」ツマミを適正に調整して録音再挑戦して下さい。

ここまでマニュアル通りにきちんとやって、それでも全然音が入ってこないなら、さすがにUA-4FX本体に、なんか問題がありそうな気がします。
しかし、今頃ですが、上の機器設定やPCの設定、ソフトの設定等に何か「大きなヌケ」があるような疑いも捨て切れませんので、今一度、マニュアルどおりの設定や操作をしてみていただけませんか?

どぇぇぇっ!

>それでまぎらわしくて申し訳なかったんですが、ヘッドセットはUSB入力です。
>更に適当なマイクになりますが、大分前に買ったプラグイン接続のマイクがあったので、UA-4FXに繋いで使ってみた所、XM8500と同じような状況です。

ありゃりゃあ、そういう意味だったんですか…これは…教えて貰わないとわかんなかったっすねぇ(^^ゞ
まぁ、こっちも聞き方が大概ヘタだったので、そこは面目無しですが…(^^ゞ

ところで…自分でも「今頃何を言うかな」なので、ちょっと恥ずかしいんですが…(^^ゞ
>...続きを読む

Q私もヘッドセットのマイクが機能しません

NECのVALUESTARにaudio-technicaのヘッドセットを接続しましたが、マイクが機能しません。
「アクセサリ」のマイクの設定は済みました。

そこで、NECのHPを見たところ、「弊社のPCは入力インピーダンスが10kΩ」と記載されていました。
しかし、ヘッドセットのテクニカルデータには「マイクロホンのインピーダンス2kΩ」と記載されています。

ということは、このインピーダンスの違いのためにマイクが機能しないのでしょうか?

そして、10kΩのインピーダンスを有するヘッドセットを購入するしか解決方法はないのでしょうか?

お分かりの方、教えてください。

Aベストアンサー

マイクのインピーダンスの違いと、機能が働かないことに関連はありません。
お持ちのヘッドセットが機能しないのは、単にオーディオの設定の可能性が大きいと思います。「コントロールパネル>サウンドとオーディオデバイスのプロパティ」で設定を確認してみてください。

また、その程度のインピーダンスの違いなら通常の使用では差し支えないと思います。よって、新たにヘッドセットを購入する必要はないでしょう。

QマイクプリアンプとMTR、マイクの接続

最近、宅録目的でMTR(DP-02CF)を購入しました(思い立ったのが1ヶ月前の素人です)。早速コンデンサーマイクを接続して録音してみたのですが、あまりにも音が小さすぎて使い物になりません。そこで、マイクプリアンプの購入を考えています。
質問ですが、もし、マイク2本によるステレオ録音をしたい場合、マイクプリアンプも2つ必要なのでしょうか。
もしくは、何らかの特別な接続方法があるのでしょうか。

Aベストアンサー

>AT9941は、ボーカル録音用に使用できるのでしょうか(または、適しているといえるのでしょうか)。

私は、全く適していないと考えます。

全く使い物にならない…とまではいいませんが(ヘタなマイクよりは感度はよいので)、それでもプロのCD並みの録音を「一応は目指す」という方向性なら、所詮は会議録音用のこのマイクでは、どうもいただけません。
ましてや、再三言う様に、DP-02CFとはそもそも合わないマイクですしね。

という、私の考え方を踏まえて
>そうであれば、AT-MA2を購入しAT9941を活用できればと思います。

AT9941のために、わざわざ(このことだけの目的にしか使わない)AT-MA2に出費するくらいなら、その予算をDP-02CFに規格が合うマイクの予算に回す方がよっぽど良い…というのが、私の考え方です。

ちょっと話がずれますが、
>自宅では、主にピアノを録音したいと思っています。
ということなら、ピアノ用としてはBehringer C-2はそこそこは使えます。

さすがに、1本2万円前後はする、きちんとしたコンデンサマイクに比べると音質的には落ちます(全般的に、ややキンキンした底の浅い感じではある)が、この価格を考えると立派な物です。
AT9941は定価で12500円するんですが、メーカー定価11455円のC-2の方がよっぽど良いです。

ただ、ピアノを録るなら、マイクスタンドは2本用意してC-2を1本ずつ据えて録音する方が良いです。ステレオバー付属でスタンド一本でも録れるようになってますが、ピアノは近距離で録るほど音源が大きいので、1本ずつ最適な場所を探して据える方がきれいに録れます。

で、ボーカル用マイクですが、これは声質にもよるので生半可な事しか言えませんが、ボーカル録音初心者が最初に使う想定なら、
激安だけど入門用としては実力十二分
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=181%5EXM8500%5E%5E
一応は超定番
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=662%5ESM58%5E%5E
定番に飽き足らない人に人気
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=654%5EE835%5E%5E
楽器用扱いだけどボーカルにも高音質発揮
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=662%5EBETA57A%5E%5E
女声やハイトーンの人は透明感バッチリ
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=161%5EOM3%5E%5E
音域が広く深みのある音(だけどショボイ声はますますショボク録れる諸刃の剣)
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=326%5END767A%5E%5E
なんてとこが、1万円未満で十分使えるボーカル用ダイナミックマイクです(もっと高い方まで目を広げれば、さらにいくらでもあるが)

どうしてもボーカルにコンデンサマイク使ってみたいとなったら、初心者対象なら私はこれですね。
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=628%5EM3%5E%5E
マイクだけで予算が2万円ちょっとあるなら、これを2本買ってその代わりC-2は買わず、ボーカルもピアノもこれを使うという選択肢もありますけどね。

いずれにしても、マイク1本に付きマイクスタンド一本(安物でよい。http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=233%5EMSBSで十分)と、XLRのマイクケーブル2本は必須です。

むしろ、AT-MA2買うくらいなら、その予算をマイクスタンドやケーブルに回す方がよっぽど良いです。

>AT9941は、ボーカル録音用に使用できるのでしょうか(または、適しているといえるのでしょうか)。

私は、全く適していないと考えます。

全く使い物にならない…とまではいいませんが(ヘタなマイクよりは感度はよいので)、それでもプロのCD並みの録音を「一応は目指す」という方向性なら、所詮は会議録音用のこのマイクでは、どうもいただけません。
ましてや、再三言う様に、DP-02CFとはそもそも合わないマイクですしね。

という、私の考え方を踏まえて
>そうであれば、AT-MA2を購入しAT9941を活用...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報