DAWでsoner3を使っています。サウンドカードはEm-0404です。OSはXPです。

まずギターを1トラックにとって、2トラック目にボーカルを録ろうとすると2トラック目に1トラックのギターの音がボーカルと一緒に入ってしまうのです。

どうしたらちゃんと個別に録音できますか?

以前、(昨年)は、普通に録音できていました。

どうかお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ヘッドフォンでモニターとっているのですね。

失礼しました。では次の可能性。
1.ギターなどを録ってから、そのトラックのREC状態をOFFにしないまま次のボーカルトラックの録音を始めている。
2.0404の場合、付属していた専用ミキサーソフトウェアも使っていると思いますが、その入出力設定がおかしいのでは。
たとえばモノで入力なのにステレオアウトしてしまい、それがsoner上でギター音が回ってきているとか。
3.ギタートラックとボーカルトラックに共通のリバーブなどをかけているとか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。^^

1のことはありませんでした。

2についてはミキサーソフトpatch mix DSPの設定はデフォルトにしてあります。プリセット以外の自分での設定はすごく難しいらしいです。だからいまのところいじれません・・・(><)

3についてはありませんでした。

REAPERというフリーソフトで先ほど多重録音を試みたところ、ちゃんとそれぞれのトラックにまざらずに録音できました。なのにSONAR3ではまざってしまうようです。

ROLANDに問い合わせてもSONAR以外に問題があるといわれています。ですがREAPERで録音できたところをみるとどうもSONARに問題があるように僕は思います。

emuのクリエイティブにも問い合わせていますが、基本的なところで間違っていると思われていて、満足な回答が(いまのところ)得られていません。

やっぱりSONARの問題ですよね?

どうしたらいいでしょうか?

okwab-gooさんSONARについて詳しかったらもっと教えていただけませんでしょうか?よろしくお願いします!

お礼日時:2009/05/25 21:01

あの、基本的なことなんですが、ボーカルを録音しているときにギターなどの楽器音のモニターは当然ヘッドフォンでやっているのですよね?


まさかスピーカーから出ている音を聞きながら歌っているのでしょうか。
それなら当然マイクで拾ってしまいますが、そのくらいはご存知ですよね。

ヘッドフォンモニターなのに、それでもギター音が回り込むのですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。^^

ヘッドフォンモニターです。

それでもギターが入ります。

お礼日時:2009/05/24 04:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qボーカルを録音するときにオケが一緒に録音されます。

タイトルとおりボーカルと一緒にオケが録音されます。

Cubase LE6 を使用して録音していますがオケまで入ってきて困っています。
いろいろ調べたところVSTコネクションが関係していることは分かりました。
出力入力共にオーディオインターフェース(TASCAM366)に設定されて

左ch1
右ch2

です。

新たにモノでバスを作り、マイクのch1に設定すればいいと他の質問でみましたが自分のやり方が悪いのかやっぱりオケが入ってきます。
同じような内容で投稿した質問者さんは無事に解決してるのでここらが関係しているんだとは思うのですがいまいちわからないので質問させていただきました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

>ひっくり返してMULTITRACKに切り替えたのですが、そうするとオケが聞こえなくなります。
>ミュートを押して録音している状態と同じでした。

たぶん根本的に理解が間違っている、またはCubaseでの設定が正しくないのだろうと思います、

ただ、自分はCubaseは使いませんので詳しく説明することは出来ません。

こちらの解る範囲では、

・声だけを録音するならUS-366のMODEスイッチは必ず「MULTI TRACK」側にすること。

・CubaseであるならVSTオーディオシステムのASIOドライバーのドロップダウンでは基本的に「US-366」を選ぶべきということ。

・声だけの録音なのだから、VSTコネクションでは入力として「ch1 ch2」出力として「ch1 ch2」が選ばれるべきであろうこと(マイク一本、L側だけに刺して録音するなら実際の録音トラックとしてはモノトラックでL側が選択されれば良いはず)。

・US-366本体ではMON MIXはとりあえず真ん中あたりになっていること

・US-366のパネルのMIXER画面では(マイクを左だけに刺してるとして)Analog 1のボリュームが0の位置(他のINPUTは全てミュートでよい)、Computer 1と2はLINKボタンが押されていてボリュームは0の位置、OUTPUTボリュームもとりあえず0の位置であること。

使っていないソフトなので細かくは解りませんが基本的には上記のようになっていれば良いはずと思います。

詳しくはCubase LE クイックスタートガイドPDF
http://tascam.jp/content/downloads/products/789/j_cubase-le_qsg_va.pdf などを参照してください。

ちなみに声の録音をしたいだけなら難しいCubaseを使わずとも、初心者にとって解りやすいフリーソフトの「Audacity」を使うのでも良いと思いますよ。

それでは。

#1です。

>ひっくり返してMULTITRACKに切り替えたのですが、そうするとオケが聞こえなくなります。
>ミュートを押して録音している状態と同じでした。

たぶん根本的に理解が間違っている、またはCubaseでの設定が正しくないのだろうと思います、

ただ、自分はCubaseは使いませんので詳しく説明することは出来ません。

こちらの解る範囲では、

・声だけを録音するならUS-366のMODEスイッチは必ず「MULTI TRACK」側にすること。

・CubaseであるならVSTオーディオシステムのASIOドライバーのドロップダウン...続きを読む

QAudacityで録音しようとするとマイク以外の音も入ってしまうのですが…

Audacityを使って以前は普通にマイクの音だけを拾って録音できていたのですが、久しぶりに起動して録音しようとすると何故か他のトラックの音も拾って録音してしまうようになってしまっていました。
Audacityを再インストールして起動しても同じようになるのでAudacity側の設定の関係ではなさそうです。
問題があるとすればPCの設定だと思うのですが、どこをどう触っていいのかがわかりません。
詳しい方がいらっしゃったら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

他のトラックとはどういう意味でしょうか?
パソコンの再生音が混ざるという意味でしたら、録音コントロールでステレオミキサーや再生リダイレクトなどが選択されているのが原因です、

QCD並の音量にしたいのですが

CDは結構音がデカイですよね。

EQやトータルコンプ等を使って音圧レベルを上げてみても、0dbピークギリギリに上げてみてもまだCDの方がかなり音量が大きいです。

CDからリッピングしたデータを波形編集ソフトで開いてみた所、0dbを超えてしまっています。
これは超えてもいいと言う事なんでしょうか?

とにかくCD並に音量を大きくしたいです。

Aベストアンサー

僕も音楽をやっていまして、かなり音圧で悩んだ1人です。少しでも参考になればと思います。
多少他の回答者様と重なる部分もあるかと思いますが御許し下さい。

●マスタリングについて
録音の済んだWAVEファイルをCD並みに仕上げる作業、これをマスタリングと呼びます。
マスタリングは非常に多くの経験と敏感な聴覚を持っていないと成功しません。プロのミュージシャンは専門のエンジニアに依頼してマスタリングを行っているのが普通です。

このマスタリングという作業、コツがいります。人によって方法論、順番が異なりますが、簡単に言えば次の3つの作業を成功させればいいのです。
・イコライザによる音域ごとのボリューム調製
・コンプレッサーによる無駄な波長の圧縮
・ノーマライズによる音量の最大化
です。(SoundEngineのオートマキシマイズはノーマライズ処理後に行うことでより大きな音量増大効果を狙ったものです)オートマキシマイズで音量が上がらないのは、無駄な(耳に聴こえない)波長領域の音が多すぎるためです。コンプレッサーを使うことで解決します。

●必要なもの
ではマスタリングに何が必要かといいますと、普通は波形編集ソフトを用います。高価なものではWavelab5やSound Forge、フリーのものではSoundEngineが有名です。
波形編集ソフトを用いない場合もありまして、VSTプラグインの使えるソフト(例えばSonarやCubaseなどのDAWソフト)があれば波形編集向けのプラグインを用いることで解決します。(No.7にありますWAVES社のL1はこのプラグインに該当します)

●SoundEngineについて
SoundEngineに関してなのですが・・僕も使っていました。結論を言えばある程度のことはできるけど、このソフトで完璧には困難です。SoundEngineでプロのファイルを検証してみてください。例えば16MHz以上の音が全て圧縮されていたり(その分耳に聴こえる部分の音圧が高い)、マネできないことが多々出てきます。

●解決策
1.ベストなのはプロ用波形編集ソフトを購入することです。が、5万以上しますので予算がないと不可能でしょう。

2.2002年春以降のVAIO製品を持っている人は周りにいませんか?実はSonicStageMasteringStudioというVAIOのみにバンドルされたソフトがVST対応でして、なんと1つ4万もするWAVES社のプラグインが3つ付属しています。このプラグインを使うと簡単にプロ並みのファイルに仕上がってしまいます・・・。

3.どうしてもSoundEngineでやる場合の方法をご紹介します。簡単に言うと、
(1)音割れしない程度でなるべく大きな音量で録音する
(2)まずノーマライズをかけて波形をみやすくする
(3)グラフィックイコライザで波長領域ごとの音量バランスを調整する(あるプロの方はドラム・ベース→高音域の順がいいと言っていました)
(4)コンプレッサーで音を圧縮する
(5)ノーマライズ
(6) (2)→(3)を繰りかえす
(7)これ以上音圧が上がらないと思ったら、オートマキシマイズをかける。設定は-13dBで(上げすぎるとオーディオが破壊しますよ)

補足:波形編集に伴い細かいノイズが発生することがあります。作業ごとに、ノイズリダクションをスレッショルド最低、効果度 最大 でかけましょう。
長くなりますので各設定などについては分からないことがあれば補足願います。長文失礼しました。

僕も音楽をやっていまして、かなり音圧で悩んだ1人です。少しでも参考になればと思います。
多少他の回答者様と重なる部分もあるかと思いますが御許し下さい。

●マスタリングについて
録音の済んだWAVEファイルをCD並みに仕上げる作業、これをマスタリングと呼びます。
マスタリングは非常に多くの経験と敏感な聴覚を持っていないと成功しません。プロのミュージシャンは専門のエンジニアに依頼してマスタリングを行っているのが普通です。

このマスタリングという作業、コツがいります。人によって方法...続きを読む

Qクリック音が録音されることをなくすには?

cubaseで宅録しています。

マイクを使ってアコギなどアコースティックの楽器を録音している際に、
ヘッドフォンから出てくるクリック音をマイクが拾ってしまいます。

楽器が鳴っているときはさして気にならないのですが、
音が止まったときなど、どうもクリック音が邪魔に鳴ります。

マイクから録音されないようにするいい方法はないでしょうか。
クリックを小さくすると、聞き取りにくくて、クリックにあわないので、どうにかしたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

この情報からは読み取れませんが、ヘッドホンが密閉型かとうか確認する必要があると思います。

開放型であればそもそも音は外に漏れていますし、密閉型であれば音漏れしない機種に替える必要があると思います。

僕はcubaseにてシュアのモニターイヤホンで録音しますが、クリック音が入っていたことはありません。

マイクの指向範囲などにも気を使うといいかもしれません。
マイキングは参考サイトを参照ください。

参考URL:http://www.ceres.dti.ne.jp/~warnerg/SHOBI/TOSS/02/main.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報