ジェンダー教育について

男女平等だからといって何でもかも一緒にすればいいというわけでは無いと思うのです。

なぜなら男女平等の教育をしても男女のそれぞれの弱い部分、欠けている点は残るわけですから。

ですから、

男女の弱点、欠点を埋める教育というのはどうかと思うのですが?

例えば、男性には多くのことを一度にする訓練をするとか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

弱点や短所を補い合うことは重要でしょうが、


それは個性の範疇ではないでしょうか。
決定的な差は生体機能に依存しますので
そこは男女に差があって当然です。

平等という名のもとに個性が奪われているように思えます。
男女にはそれぞれ役割がありますし
強制する必要はありません。

ジェンダー教育について言えば、
これは日教組の性教育ということはご存知でしょうか。
人形を使って小学生に性交を教えているそうです。
性交の仕方だけを教え、その他のことを教えず
子供たちの蛮行を助長しています。

いずれにしても、生体的に男女の差あって然るべきですし
それを無理に埋める必要もないでしょう。
お互いを支えあう思いやりを持つ、道徳教育こそが重要ではないでしょうか。
    • good
    • 1

まず、日本では間違った概念で「ジェンダー」という言葉を使う人がいます。


その究極形が「ジェンダー・フリー」という和製英語です。
で、その間違った概念を使って「男女平等」の名の下に「ジェンダー・フリー教育」が行われています。
例えば、運動会の徒競走で一緒に手をつないでゴールしたり、体操服に着替えるのを男女同じ教室で行う高校があったり、、、。
つまり、「男女を同じにする」ように指導することが「ジェンダー・フリー教育」だという認識が急激に広まったわけです。
これは、まさに日本人的発想(横並び社会)で「ジェンダー論」を書き換えた妄想でしかありません。
で、この妄想に猛烈に反発したのが小泉・安倍内閣の「教育再生政策」でした。
こちらは、「ジェンダー・フリーという用語を使用して、性差を否定したり、男らしさ、女らしさや男女の区別をなくして人間の中性化を目指すこと」は「男女共同参画社会における教育」ではなく、新たな差別的教育であるとして猛烈に批判し、教育現場において「ジェンダー・フリー」という用語を禁句として全国に通達をだしました。(ジェンダーバッシング)
その結果、日本の教育現場での「ジェンダー論」は混乱してしまっています。

もともと、「ジェンダー論」というのは、米国で起こったウーマン・リブ運動に端を発します。
ウーマン・リブ運動というのは、「女性の社会進出と地位向上」を求めたフェミニズム運動の一つです。(そのため、第二フェミニズム運動ともいう。第一次はフランス革命後~女性の参政権が認められるまで)
1960~70年代、米国では朝鮮戦争やベトナム戦争で男手が戦争の兵士に持って行かれました。
その穴を埋めるために、女性が工場などにかり出されました。
結果、女性も男性と同じように社会で働けるという意識が芽生えていきました。(その象徴が「キャリアウーマン」)
そして、社会での地位の向上を目指す運動が開始されました。
これが、ウーマンリブ運動でその後世界に広まっていきます。
日本も、この運動の余波(?)で『男女雇用機会均等法』が制定されました。

こうした一連の運動の結果、社会学分野で「女性の社会進出」についての研究が盛んに行われるようになっていきました。
その中で使われたのが「ジェンダー(gender)」という言葉です。
この言葉には、色々と意味があるのですが、その一つが生物学的性を示すSexと言う語に対して、遠回りに性別を示す「gender」で、「社会的・文化的な性(特に女性)」を示す為にしばしば社会学(女性学・フェミニズム論)で使われるようになっていきました。
※元々、「gender」は文法用語で、男性名詞・女性名詞・中性名詞などのような文法上の性の事でした。

ところが、日本では「社会的文化的性差」という誤訳が使われ、それが広がっていきました。
その結果、「男女の性差」を否定する思想が生まれ、その究極の形が「ジェンダー・フリー教育」でした。
この中では、社会の伝統なんかも否定する過激な思想も生まれてきました。(ひな祭り・鯉のぼりの否定など)
で、この「ジェンダー・フリー」なる用語はほぼ和製英語であり、欧米でのフェミニズム学では無い概念のようです。
むしろ英語圏では、「ジェンダーからの自由(=差別がない)」という肯定的な意味ではなく、「ジェンダーが見えていない(=差別がある)」という否定的な意味になるようです。

では、なんで全く逆の概念で使われるようになったかですが、1970ー80年代に隆盛を極めたものの、後に「医学的・科学的根拠のない」論理であったことが判明した「第三次フェミニズム運動」を輸入したからなんです。
この時のジェンダー論は、まさに「社会的・文化的に構築された男女差が差別の根源」であるとし、「教育」によって「男女差を撤廃できる」とししていました。
これを、日本が遅れて輸入し政府が「男女共同参画社会」の推進のために採用たのが始まりなようです。

とまぁ、つまりは「ジェンダー・フリー教育」というのは「間違っていた」と80年代後半には分かっていた論理を、日本の教育現場に持ち込んだ為に起こった教育現場の混乱ですね。

>男女の弱点、欠点を埋める教育というのはどうかと思うのですが?

これは、単に昔に戻るだけですね。
「男は外で働いて、女は家で家事育児にいそしむべし」とか、「男は大学でて社会に出るのが当たり前、女は(どうせ家庭に入って専業主婦になるのだらか)高学歴でも短大程度が当たり前」という考え方ですね。
今現在は、そうした考え方よりも個性を伸ばすことに主眼が置かれ始めていますね。
「性別」の前に「個性」が来るという論理です。
つまり、「ステレオタイプなジェンダー(上記のような決めつけ)」で相手を見ずに、個々の持っている長所を伸ばす教育です。
当然、そこには性別学的な性差もあれば、個々人の能力の差も現れます。
しかし、それらを否定的に捉えるのではなく、むしろ積極的に捉えることで有機的に社会を構成していこうという考えですね。


未だに蔓延している「ジェンダー」や「ジェンダー・フリー」という言葉にとらわれず、多様な価値観を認めつつ個性を伸ばす教育が求められていると思いますよ。
    • good
    • 0

ジェンダー教育などは子供にする必要はないですね。

というよりおかしな固定概念を植え付けるだけでいいことないですね。

大人が議論で社会的問題として対応を進めればいいだけです。
男と女は違った存在なので、それ以上でもなくそれ以下でもないという事ですね。
    • good
    • 1

”ジェンダーフリー教育”のことでしょうか?


それとも単に”性教育”の意味で言っているのでしょうか?

男女平等は基本ですが、
性差を無くすことには意味がありません。


>男女の弱点、欠点を埋める教育というのはどうかと思うのですが?
>例えば、男性には多くのことを一度にする訓練をするとか。

おそらく”男性脳・女性脳”のことを言っているのだと思いますが・・
この研究(というかトンデモ理論)は「傾向」でしかありません.

女性でも多くのことを一度にすることが出来ない人もいます。
男性でも多くのことを一度にすることができる人がいます。

そもそも、ジェンダーフリー教育とは関係のない概念です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>性差を無くすことには意味がありません。
性差を無くすのではなく
一般的に男性にかけている力、女性にかけている力を
教育の場で補うということです。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/17 22:38

人権は平等です、性の違いで差別してはいけません。


男女の違いを学び知って尊重しあい、補い合う事を教えるのが
本当のジェンダー教育
闇雲な男女区別まで否定は行き過ぎ。

>男性には多くのことを一度にする訓練をするとか。

こでは意味不明です。それは女性も訓練して良いのでは?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>こでは意味不明です。それは女性も訓練して良いのでは
女性の方が多くのことを一度にする能力が男性よりも
高いとされています。女性には女性かけている部分を
補う教育をすべきだと思います。

お礼日時:2009/05/17 22:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステレオタイプとは

なぜステレオタイプという言葉が「型にはまった」を意味するのでしょうか?
どちらかと言うと、モノラルのほうが単純なのでそういう意味を成すようなイメージがあるのですが…。
かといって、モノラルタイプという言い方はありませんよね?
(もちろんサウンドに関する意味以外で)

また、どういうときに使うのでしょうか?
辞書の用例とかではなく、あえてステレオタイプと使う時、場合、理由などはあるんでしょうか?単に文章のセンスの問題ですか?

Aベストアンサー

 こんばんは。

>なぜステレオタイプという言葉が「型にはまった」を意味するのでしょうか?どちらかと言うと、モノラルのほうが単純なのでそういう意味を成すようなイメージがあるのですが…。かといって、モノラルタイプという言い方はありませんよね?

 ステレオはstereophonic sound systemの略語です。Stereo phonicのphonicはギリシャ語のphone「音」からきました。ところでstereoですが、これも同じくギリシャ語で「硬い」「堅固な」を意味します。そこでステレオは「原音を忠実に再生する音響システム」、つまり「立体音響再生装置」ということになります。
 次に、「ステレオタイプ」という言葉は印刷用語で、型紙から丸版または平版の鉛版をつくりだす行程、またはそこでできあがった鉛版を意味していたのが、転じて「型にはまった」「形式化した」を意味するようになりました。
 つまり、「ステレオタイプ」の「ステレオ」は、「モノラル」の反対語としての「ステレオ」という言葉ではないということです。

>また、どういうときに使うのでしょうか?辞書の用例とかではなく、あえてステレオタイプと使う時、場合、理由などはあるんでしょうか?単に文章のセンスの問題ですか?

 センスの問題になると思いますが、どちらかといえば頭の固い人に対する軽蔑的な意味合いで使われることが多いです。
 例えば「公務員」と聞いたら、「仕事をしない」とか「楽だ」という発想しか思い浮かばないような方です。当然、公務員といっても色々な方がいますし、職種があります。一律で同じなことはありえません。

 こんばんは。

>なぜステレオタイプという言葉が「型にはまった」を意味するのでしょうか?どちらかと言うと、モノラルのほうが単純なのでそういう意味を成すようなイメージがあるのですが…。かといって、モノラルタイプという言い方はありませんよね?

 ステレオはstereophonic sound systemの略語です。Stereo phonicのphonicはギリシャ語のphone「音」からきました。ところでstereoですが、これも同じくギリシャ語で「硬い」「堅固な」を意味します。そこでステレオは「原音を忠実に再生する音響システ...続きを読む

Qジェンダーと隠れたカリキュラムの問題点

こんにちは。
最近、ジェンダーと隠れたカリキュラムについての問題点についての話をちらっと学校の授業中に聞いたのですが、特に具体的なことは話さなかったので、少し気になっています。この問題とはどのような問題のことなのでしょうか?回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

例えば国語の教科書の中での題材で、
男の子は木登りや探検などをする題材が多く
女の子は守られるべき存在、母親らしさを強調する題材が多いという
ことです。

他にも男の子と女の子の集団で探検などをする話でも
女の子は男の子から遅れをとったりとか。

特にジェンダーと関係しない教科・科目のなかでも
このようにジェンダーが生じるというのが隠れたジェンダーです。

Q女性差別の具体的な例

具体的な女性差別の例を教えてください。
たとえば、男女混合名簿とか

Aベストアンサー

>具体的な女性差別の例を教えてください。

1)プロの女相撲の禁止(大正時代くらいまではあったんですが)
2)プロ野球への女性入団の禁止
(アメリカには女性の選手いるんですよね)
3)東大の教授の人事
(東大卒の女性教授はいますが、東大に女性の教授が
 いません)。
4)女性用風俗店の少なさ
 男性用の性風俗は沢山あるのに、女性用は
 あまりありません。女性だけの東南アジア向け  
 美少年売春ツアーがあるくらいですから、需要は
 少なくないはず。
5)女性の教育レベルの低さ
 今だに女は早く結婚させるべ、みたいなバカ親が
 いること自体信じがたいことですが、男性の
 大学院への進学率の上昇率に対して、女性の
 進学率が低すぎます。
  これについては社会的障害ではなく、親が女の子
 に十分な教育を行わないという差別をしている
 ことに間違いありません。
6)女子大の存在
  社会に出たら、男女平等に機会が与えられると
 同時に共に戦わなければならないかもしれないのに、
 大学という中等教育まで女性専用という箱入り娘
 的逆差別教育環境があるのはおかしいです。

>具体的な女性差別の例を教えてください。

1)プロの女相撲の禁止(大正時代くらいまではあったんですが)
2)プロ野球への女性入団の禁止
(アメリカには女性の選手いるんですよね)
3)東大の教授の人事
(東大卒の女性教授はいますが、東大に女性の教授が
 いません)。
4)女性用風俗店の少なさ
 男性用の性風俗は沢山あるのに、女性用は
 あまりありません。女性だけの東南アジア向け  
 美少年売春ツアーがあるくらいですから、需要は
 少なくないはず。
5)女性の教育レベルの...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報