友人から車検切れの車をもらうことになりました。
車検→名義変更などの流れも調べて分かったのですが、どうしても希望ナンバーの事が分からず、今回質問させていただきました。
https://www.kibou-number.jp/html/CA0101.html
で希望ナンバーをとる場合、途中選択肢があり、

1・「ナンバープレートが付いている」・・・ナンバーの付いた自動車
2・「初めてナンバープレートを付ける」・・・新車
3・「今ナンバープレートは付いていないが、以前は付いていた」・・・ナンバーのない中古車

とあります。この場合1か3かどちらを選択すれば良いのでしょうか?
(備考・現在友人からもらう車にはナンバーが付いていますが、車検の為仮ナンバーを付ける予定です。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

いなかのくるまやです。



現在ナンバープレートがついていて車検が切れた状態ですので、
「1」にて希望番号の予約をしておきましょう。
(仮に「3」を選んでも実務上は問題とはならないはずです)
概ね1週間前後で交付可能となりますので、交付可能日以降
陸運局へ持ち込み、まずは友人の名前で継続検査を受けます。
直後にあらかじめ申請しておいた希望番号の交付手続きをして
名義変更+同時に希望番号へ・・という流れになると思います。
(希望番号予約済み通知番号をメモしていく必要があります)

登録あり車検切れ車の場合は、臨時運行票板につけかえずに
臨時運行許可証をフロントガラスの見えやすいところに貼って、
臨時運行票板は車内に置いておくだけでよいです。
特に登録車の場合、後部ナンバーは封印が施されているので、
封印を壊さない限り臨時運行票板への交換はできません。
封印を壊すのは陸運局敷地内に入ってから実行するのが原則です。
希望番号の交付を受け交換した際に新たに封印をしてもらいます。
    • good
    • 0

#3 いなかのくるまや 既回答訂正です。



>封印を壊すのは陸運局敷地内に入ってから実行するのが原則です。

陸運局敷地内に入ったからといって封印をすぐに壊してはだめで、
友人名義のままで継続検査を受ける際には、まだ封印がないと
「車検不合格」となってしまいますので、継続検査が終わり、
「さぁ、いまから名義&希望番号への変更だ」と確定してから
思いっきり封印のド真ん中にプラスドライバーを叩き込んで内部の
ビスを回してナンバーを外しましょう。

封印はずしは慣れてないと難しいかもしれません・・・。
(なにしろ容易にナンバーを外させないための封印ですから)

なんだか余談のほうが多くなってしまいましたし、さらには
「封印にまつわる話」は軽自動車だったら意味なしですね。(苦笑
    • good
    • 0

1番ですよ。



車検切れなだけでナンバー返納も
一時抹消もしていないのでしょう?

そうであれば
1番ですよ。
    • good
    • 0

3番になります。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中古車店で車検無し中古車を買って、自分で車検を受けることって難しいでし

中古車店で車検無し中古車を買って、自分で車検を受けることって難しいでしょうか。

ユーザー車検なら自分で何度か受けたことがあります。

見積もりの諸費用内訳に「検査登録代行費用35000円」があります。
諸費用をなるべく減らしたいので、
いつものように車検を自分で受けようと思いますが、
中古車店に置いてあるナンバー無しの車は、どうやって車検したらいいのでしょうか。

手順を教えて下さい。お願いいたします。m(_ _;)m

Aベストアンサー

1.まず、売買契約が済んだら「抹消登録証明書」と「譲渡証明書」を受け取ります。譲渡証明書に売り主の実印が押してあるのを確認します。

2.陸運支局へ中古車新規登録のための車検の予約を行います。予約の際に車台番号などが必要なので調べておきましょう。希望日は、以下の3~6が完了している頃にします。

3.次に、自賠責保険に25ヶ月分加入します。新規登録時に「24ヶ月分以上の加入が条件」なので、余裕を見て「25ヶ月」にしておきます。

4.登録の為に車を陸運局まで持って行く必要があるので「仮ナンバー」が必要です。

仮ナンバーの取得には
A.自動車検査証(車検証)、抹消登録証明書、登録事項等証明書のどれか
B.自動車臨時運行許可申請書
C.自賠責保険証明書
D.認印
の4つが必要です。

A.は「抹消登録証明書」がある筈です。

B.は市区町村の役所で入手できます。運行経路は「車が置いてある中古車屋から自宅車庫、自宅車庫から陸運局まで」にします。

C.は自賠責に加入すれば入手できます。

D.は説明不要。

市区町村の役所では、仮ナンバーの取得と同時に、自分の実印の「印鑑証明書」も取っておきます(あとで使う)

5.仮ナンバーを持って中古車屋に行って、車に仮ナンバーを取り付けます。仮ナンバーを取り付けたら、自宅車庫まで持って行って、ユーザー車検に通るように整備点検します。

6.警察署で用紙をもらい、自動車保管場所証明書(車庫証明)を申請します。

7.予約した日に、中古車の新規登録とユーザー車検のため、必要書類を持って車を陸運局まで運転していきます(仮ナンバー取得時に記入した順路のみ走行可能)

もし、予約日の前に仮ナンバーの有効期限が切れた場合は、もう一度、仮ナンバーを取り直してからにします。

必要な書類は以下のものです。
・抹消登録証明書
・譲渡証明書
・自動車損害賠償責任保険証明書
・自動車保管場所証明書
・印鑑証明書(4.で用意したもの)
・実印と認印
・諸費用(重量税、自動車税、手数料等)

8.陸運局で必要書類を買います。

買う書類は以下のものです。
・OCRシート(抹消登録後5年を過ぎている場合は第1号様式、抹消登録後5年以内の場合は第2号様式)
・自動車検査票
・手数料納付書
・自動車税・取得税申告書
・自動車重量税納付書
・施封(自動車登録番号標)通知

買ったら「施封(自動車登録番号標)通知以外」の書類に記入します。

9.窓口で必要な分の印紙を買うことにより、手数料、自動車重量税の支払いをします。

印紙を貼り付け、割印する場合は、書類に間違いが無いことを確認してからにしましょう。

書類が間違っていた場合、貼って割印した印紙がパーになってしまうかも知れません。

10.車検窓口に、すべての書類を揃えて提出し、車検の受け付けをします。

11.ユーザー車検を行います。

12.合格したら、書類を提出します。暫く待っていると呼ばれて、登録番号(ナンバー)が決まります。

13.自動車税を払います。

14.施封(自動車登録番号標)通知に登録番号(ナンバー)を記入して、窓口に提出します。

15.ナンバープレート交付所で、ナンバープレート、封印のナット、ステッカーを買います。

16.仮ナンバーを取り外し、構内の施封所でナンバープレートを取り付け、後部ナンバーの左ボルトに買ったナットを取り付けます。

17.ナンバーを取り付けたら係員がやってきますので、ボンネットを開けて車台番号を確認してもらい、ナンバープレートに施封してもらい、預けてあった車検証を受け取ります。

18.市区町村の役所に、仮ナンバーを返却して終了。

1.まず、売買契約が済んだら「抹消登録証明書」と「譲渡証明書」を受け取ります。譲渡証明書に売り主の実印が押してあるのを確認します。

2.陸運支局へ中古車新規登録のための車検の予約を行います。予約の際に車台番号などが必要なので調べておきましょう。希望日は、以下の3~6が完了している頃にします。

3.次に、自賠責保険に25ヶ月分加入します。新規登録時に「24ヶ月分以上の加入が条件」なので、余裕を見て「25ヶ月」にしておきます。

4.登録の為に車を陸運局まで持って行く必要がある...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報