釣りをはじめたくなりまして
いざやろうと思ったら僕フナムシが嫌いだったことを思い出しました。
岩場などフナムシいますよね・・・
釣りしてる人からしたら「そんなん怖がってちゃ・・・」って話ですが
やはり克服しないと厳しいですか?害はないってことは調べてわかりましたが・・・
フナムシ達は人間が来ると逃げていきますよね、釣りをしてるときじっと動かずしてるときに近寄ってきてフナムシが体をよじ登ってくることってないですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

30年以上釣りしていますけど、そう言われればフナムシが体をよじ登ってきた経験はないです。


あれは慣れだと思いますよ。
最初は気持ち悪いかもしれませんが、別に悪いことしないし。
砂浜だったらほとんどいないと思います。
釣りを始めるのでしたら、フナムシを気にするより危険な魚を知っておいた方がいいです。
http://www.ai-circle.com/kiken.html

岸壁でよく釣れるのがハオコゼです。
夜釣りで小さいカサゴと間違って触れると大変な目に遭います。
死んでからも触ってはなりません。

また鯛の背びれやスズキのエラはナイフ並みに切れますので注意が必要です。
フナムシなんか可愛いもんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうでしたフナムシは苦手だけど害なくて
危ない魚はいるんでしたこれまた盲点でした

フナムシは頑張って慣れます!
そんなことより指摘されて釣りの予備知識がもっともっと必要だと
気づけました。ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/20 21:58

確かに、ゴキブリみたいで自分も苦手です。



>釣りをしてるときじっと動かずしてるときに近寄ってきてフナムシが体をよじ登ってくることってないですか?<
ありえません
釣りをしていたら体を動かす機会が多い為、フナムシの方が逃げます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

めいっぱい動きたいと思います!
近寄らせません!
あ、でも慣れないと・・・

お礼日時:2009/05/20 22:03

こんばんは。


イヤですよね~アレ。
気付くと足元に集まってたりして。
フナムシは釣り人がこぼす撒き餌等にも寄って来ますので、
ルアーフィッシングから始めてみては?
慣れるとカワイイもんですよ。

ゴキブリみたいで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

了解です慣れます可愛がるようになるまで慣れます!

>ゴキブリみたいで。

えっ

お礼日時:2009/05/20 22:01

川に行けば良いんじゃないですか?



フナ虫は気づくと近くにいたりします。
登ってこられた事はありませんが。
どうしても海がよければ船に乗るか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

あ、川いいですね!盲点でした
やっぱり最初逃げても近くにくることありますよね・・・

お礼日時:2009/05/20 21:09

海で育ったけど、一回も記憶ないな


子供の頃から、夏は海で泳いで岩場で休んでいたりしたけど、無いですね、それに動かない釣りは釣れないよ(^0^)
餌を付け直したり、コマセを入れたりなど、動いていない時は釣れていない時、その時にこそ動かないと釣れないよ、
その代り台風の時の岸壁のフナ虫の数には驚いたけど、釣りなら寝てでもいなければ大丈夫、フナ虫に上られるような釣りは海では駄目ですよ
頑張って釣っていください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

海育ちの方のアドバイスは心強いです
登ってきませんか、よかった・・・
釣りはじっと待つのが強い印象でしたので
動くことも大事なんですね
ご教授ありがとうございます

餌にもなるという事なので克服もしてみようかなぁ・・・

お礼日時:2009/05/20 21:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう

Qアオリイカは何月頃が大きいのが釣れますか?

最近、関西(和歌山)でアオリイカ釣り(エギ)を始めた初心者です。
大きさにこだわらなければ年中釣れると聞きましたが、アオリイカの本シーズンとはそもそもいつ頃なのでしょうか?
大きなサイズが良く釣れる時期を教えて下さい。
また、アオリイカ釣りで初心者に何かアドバイス等有りましたら、合わせてお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9月中旬~10月初旬)になると重量100~300g位に成長し、エギも襲うようになるので秋の小イカシーズンが開幕します。まだスレてない子供相手、しかもまだ体が小さくて危険な沖には出られないのでほとんどのイカが岸よりに固まって群れているという条件が重なり小さいエギを使えば簡単に数釣りできます。秋が数釣りシーズンと言われる所以です。

秋が深まると共にイカはどんどん大きくなり、晩秋(10月~11月)には300~500gまで成長、早生まれでかつ成長の早い固体の中は早くも1kgを越す固体も出てきます。しかし、イカ釣りが人気の地域では朝に夜にエギが投げ込まれるのでイカはエギに対して警戒心を持つようになってきます。また、イカ自体も大きくなって遊泳力が増し、外敵に襲われにくくなると、もっと沢山の餌を求めて行動範囲を広げていきますので岸よりから離れることも多くなります。群れ自体もバラけはじめてしまうので釣れるサイズがよくなる反面、段々数が釣れなくなって来ます。

やがて冬がやってくると安定した水温と餌を求めてほとんどのイカは沖の深場に落ちてしまいます。岸からの釣りは一旦シーズンオフです。でも全く岸に寄らないわけではなく、捕食回遊で浅場にも回って来るときがあります。このタイミングを掴んでいるベテランは冬でも釣果を出します。

やがて厳しい冬を越して春が来ると、沖の深場で平均して1kg前後、大きい固体は2~3kgまで立派に成長したイカは産卵のために再び浅場を目指します。これが所謂春イカ、大物狙いのシーズンです。でも春イカといっても私が住む関東では群れが岸よりまで十分に寄るのはゴールデンウィーク以降~6月がピークですから春イカと言われてもちょっと違和感がありますよね。一説には岸よりの水温が18℃以上が目安のようです。

彼らは産卵を控えているので積極的に餌を取りますが、十分に成長しているので大きな群れを作らず単独行動も多い。また、岸よりの環境(水温、濁り、塩分濃度、餌の量など)が気に入らないとすぐ元いた深場に戻ってしまうので余程好条件が重ならない限り数は釣れません。一発大物狙いのシーズンと言われる所以です。最終的には多くの固体がつがいになって産卵行動に入りますが、こうなるとエサには見向きもしなくなり、そのまま産卵が済めば力尽きて死んでしまいます。そして生まれた卵は1ヶ月程度で孵化し・・・と最初に戻ります。

ちなみに夏は親イカは死んでしまっていて、子イカはまだ卵なので基本シーズンオフです。
でも必ずしも全てのイカがこのパターンで行動している訳ではなく、季節ボケ?しているのか極端な早生まれなのか?遅生まれなのか?夏でも釣れるイカはいます。数は少ないですが。
また、これは私が住む関東地方のモデルケースであって、地域によってズレはあります。
イカに限らず、釣りをするなら相手の生態を知るのが近道ですよ。

アオリイカの一生。

アオリイカの寿命は1年こっきりです。
アオリイカは夏(7~8月頃)に岸よりの藻場で生まれ、そのままある程度の大きさになるまで浅場で過ごします。
この浅場というのは近くに藻場さえあれば防波堤や港周りも含まれますので夏の終わり頃にイカの産卵場に近い堤防の下を覗き込むと、子供の手のひら位のイカがフヨフヨ~っと漂っているのが見えるときも多いです。でもまだ小さすぎてエギを落としても一目散に逃げて行くか無視されるかどちらかです。

軟体動物のイカの成長は早く、秋(9...続きを読む

Q根魚・メバルの締め方・持ち帰り方

根魚・メバル釣りを始めようと思うのですが、釣った魚は皆さんどの様に絞めていますか?血抜きを行った方がいいのでしょうか?海水氷で締めるのでいいのでしょうか?皆さんの方法を教えてください。

Aベストアンサー

絞めるとしたら、メバルやガシラ、アイナメなどの魚ではエラのところからナイフで脊椎をガシッとやるくらいです。
まあ、その辺の魚ではあまり絞める人もいないのでは?
チヌやってたときは絞めてましたが、(一応鯛なので)それ以外ではやったことないです。そのままクーラーに放り込みます。
朝釣って夜食べる分には気にしなくても良いと思います。

Qカサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっ

カサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっちがいいですか?夜ルアーでもつれますか?

Aベストアンサー

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売していますのでそちらを使ってみるのもよろしいかと
思います。
釣りに出かけるのであれば、夜がお勧めです。昼でも釣れますが夕方から夜にかけてか深夜から早朝が
魚のお食事タイムですのでそのぐらいの時間帯に釣り場に着いているのが理想です。
しかしながら潮の加減もありますので、その日の満潮干潮ぐらいは調べてから釣り場に向かったほうが
良いでしょう。
あとルアーでも十分に狙えます。カサゴ用のワームも販売しています。夜に行くのならばグロー系(蓄光タイプ)のもの、日中であれば赤系のものがお勧めです。根魚は甲殻類(魚全般に言えることなんですが)を好んで食しますのでエビまたはカニをモチーフにしたワームを選ぶと良いでしょう。
ただしルアーで狙うときに辛抱強く釣ってくださいね。そう簡単に食いついてはきてくれません。
根魚は足で釣果を稼ぐものだと僕は考えています。テトラ帯や岩礁帯の隙間にルアーを落としこんで
2.3回ふわふわと餌を見せつけて反応がなければ次の穴へという具合に足で距離を稼いで釣りましょう。
おっとつり方を書いてなかったですね。カサゴのつり方にはいろいろ種類があるのですが、2.3ご紹介
しましょう。ルアー釣り:6ft~7.5ft前後の先調子の専用ロッドに1000番~1500番クラスのリール
ラインは2~6ポンドぐらいを100M前後巻いておけばよいでしょう。針はジグヘッドの1~2.5g前後
ルアーは好みもありますが、エビ系の一袋300~500円前後のものを購入していざ釣り場へ、
釣り場に着いたら、釣り場の地形を確認していそうだなというところのめぼしをつけてタックルを準備し
私はテトラ帯であればほぼ真横に投げてテトラの沈んでいるところを沿わすようにリールを巻いてきます
そのとき底のずるずるという感触で地形の形状を把握して何度か投げてあたりがなければ次の場所に移動します。いれば必ず食いついてきます。引きが強く餌を加えたら自分の住処に戻ろうとするので多少強引でも当たりがあったら引っこ抜くというイメージでフッキングするようにします。ラインには常にテンションをかけておくほうが良いでしょう。
餌釣り:カサゴは雑食系なのでゴカイ等も食べます。私は漁港の船着場で竿を出すときには、好んで同付き仕掛けを多様します。同付き仕掛けは釣具やで確認してください。市販で作ってくれてあるものもあります。竿はぶっちゃけなんでもOK。昔はバス竿で釣ってました。餌は青イソメやカニ、湖産エビ等なんでもいいです。ポチャンと落として数回上下してしばらく待つを繰り返しているとカサゴ以外にもいろいろ
釣れますよ。出来れば漁港であれば、ふちギリギリに落とすほうが良いと思います。これも足で稼ぎましょう。あと穴釣りというのがありますが、1M前後の竿にリールをつけてテトラや岩の穴に落としこんで
釣るつり方ですが、市販にブラクリし掛け(オモリに直接針が結んである仕掛け)というのがありまして
ラインに結んだ針に餌をつけて落としこんであとは同じです。冬場は余り穴から出ないので有効なつり方ですね。
そうそう季節を聞かれてましたね。カサゴは年中つれます。水温が低くなった冬場でも関係なく釣れるので、冬場に釣りものがなくなった釣り人はよくカサゴを狙います。私もその一人・・・
長々とすみませんでしたがぜひ参考にしてみてください。
あとどこがよく釣れるかは、近くの釣具屋できくと大体の居場所は教えてくれますよ。
ほいじゃがんばってくださいね。

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売してい...続きを読む

QリールにPEラインを巻くときの下糸は?

リールにPEラインを巻くときの下糸は?
PE0.8号/150mのリールにラインを巻きたいのですが、購入したPEは100m巻きのものです。
使用している内にだんだんとラインも短くなっていくと思いますが、最初に下糸を巻いてからPEラインを巻くのでしょうか?
また、その際に下糸とPEを結ぶのに最適なノットを教えて下さい。一度結んで見たのですが結び目にラインが引っかかり、キャストしても飛ばなくなってしました。
リールはシャロースプールです。初歩的なことですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
PEはソルトにしろエギングにしろ常に巻き返しで使いますからしょっちゅう経験していることですが
反対に巻き返した部分は全く濡れた形跡もなくスプールも完全に乾燥した状態です。

つい最近も昨年秋から今年の春まで使ったよつあみのエギングラインGESO-Xを巻き返して
今シーズン用に備えましたが、使用後は毎回温い水で塩抜きをしてスプールを洗っていたにも
関わらずキャスティングで引き出されていく部分から下はほとんど新品状態で全く濡れていません。

ですから買うときはちょっと高くても2シーズン使うことを考えたら強度もある8本よりの
150m巻きを買っておいた方がずっと得と言うことになりますね。

とは言え買ってしまった物は仕方ありませんから、下記の質問の#1さんの下巻き計算法がベストです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6247039.html
下巻き糸も要らないPEがあればPEで下巻きした方がいいですね。
PEがなければフロロ、なければナイロンでも構いませんがPE以外ならなるべく細い方が最後まで
巻いたときの形がきれいになります。
PE同士でも電車結びの片方のユニノットを4、5回巻けば抜けることはありませんし、結節も小さくなります。

でもすでに結び目にキャストの際にひっかかるというのはすでに長さが足りないということですから
なるべく早めに150m巻きに買い替えた方が無難かもしれませんね。
キャストの度に同じような場所が結び目に引っかかっていたらその部分が一気に弱って最悪その部分で
切れてものすごい超高切れになる可能性もありますよ。

0.8号を150mとはシマノのシャロースプールなんでしょうね。
まず150mものを買わなかったのが非常にもったいないですね。

100mだと少しづつ結節やトラブルなどで短くなったらそっくり替えないと短くなりすぎて使えないですね。
150m巻いておけばPEは吸水率が0に近いのでスプールに近い部分はほとんど新品状態で
PEは巻き癖も付きませんからまた巻き返しで新品状態からスタート出来ます。

ですから#1さんのPEは海水を吸いやすいという解説は間違っていますね。
http://www.yoz-ami.jp/Line/009.html
...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Qフナムシの飼い方

子供が海でフナムシを捕まえてきたのですが、飼いたいとのことなので、飼い方をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 フナムシ!ですよね。
 もう一度確認しますが、「フナムシ」で間違いありませんね。
あれは腐食が主ですので、今の季節でしたら余った魚を冷蔵庫から取り出して二晩置いて十分腐らせてから与えるといいと思います。海草なども食べるようです。生ゴミなどから取り出して与えても良いと思います。基本的に「腐っている」食べ物であればなんでも食べるはずです。(新鮮な魚なども実際には食べるはずですが、自然界では通常は腐肉食です)
飼うための容器は、虫カゴよりは小さな水槽に砂などを敷いた状態で飼う方が良いと思います。それから何匹か飼っている場合に屍骸は他の仲間が食べます。生態がゴキブリによく似ています。

 昔、私は小さな幼虫を砂場から見つけてたくさん持って帰ってきて「この幼虫飼いたい」と言ったら、母に「これは、うじ虫って言うんだよ、こんなもの飼ったらダメ、汚いから捨ててきなさい!」ってキッパリ言われました。子供はそれが何であるか分からずに虫が好きだから虫を見つけて飼いたいと思ってしまうのですが、時には親の判断で「これはこういう虫だから家で飼うのはダメ」と子供を断念させることも大切な親の責任なのではないでしょうか、と思いました。フナムシは腐食をしますので、腐ったエサを用意する毎日の中で、そうしたエサを子供が触ったりフナムシ自体をいじったり、感染症などの思わぬ副産物を招きかねないので十分に注意して下さい。子供が飽きてきたようなら直ちに処分してしまうくらいの短期的な飼育にとどめておくべき生き物だと思います。

 フナムシ!ですよね。
 もう一度確認しますが、「フナムシ」で間違いありませんね。
あれは腐食が主ですので、今の季節でしたら余った魚を冷蔵庫から取り出して二晩置いて十分腐らせてから与えるといいと思います。海草なども食べるようです。生ゴミなどから取り出して与えても良いと思います。基本的に「腐っている」食べ物であればなんでも食べるはずです。(新鮮な魚なども実際には食べるはずですが、自然界では通常は腐肉食です)
飼うための容器は、虫カゴよりは小さな水槽に砂などを敷いた状態で飼う...続きを読む

Q小型船の維持費を教えて下さい。

主人が小型船(12人のり)全長6~7メートルの船をかおうとしてます。
免許はあります。
ほかにどのような維持費がかかるのか教えて下さい。

船をおいとく場所は家の庭とかでも問題ないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

はじめましてこんばんは、釣り船の雇われ船頭です。

お店の船以外に自分名義でメートルにして8mの船外機タイプの
ボートも所有しています。質問者さんの聞きたいこととは違うかもしれませんが、
個人所有ということを前提として長文ですが回答します。


>使用本拠地登録申請

現在の法律では船を所有するに当たって自動車の車庫証明に該当する
ような許可申請は必要ありません。船籍地登録といってどこを本拠地と
するかの申請は必要ですが、海や川の近くであればどこでもかまいません。
ほぼ人間の本籍地と同じ感覚で、住民登録地と関連がなくても大丈夫です。
したがって、マリーナや港でなく、ご自宅でも問題ありません。
(ただしどこに係留してもいいということではないし、
 場合によっては不法係留問題の原因でもあります)

ご自宅や所有地、会社などに保管して使うときだけ浮かべてもOKです。


>保険

こちらも加入義務はありません。ただし、加入していないともしものとき、
億単位の莫大な費用が必要になります。

船の保険の場合は一人頭の保険内容×乗船定員になります。
例えば一人当たりにかかる金額が年間¥5000だとして定員が
6人となれば年間¥30000という計算方式です。
内容は保険会社や加入者の希望もあるのでケースバイケースです。
もちろん一年単位の掛け捨てで、次の年への繰越や等級、
割引はありません。決まった金額を毎年払い続けることになります。


>整備・点検

こちらも使用内容や頻度、船体の装備などによってピンキリ。
マリーナなどであればほとんど整備士さんが常駐していて鍵を預け、
電話などでいつまでにどんな内容の点検と言う具合でやってもらいますけど、
オイル交換やちょっとした内容でも自動車の何倍かかかります。


>船検

いわゆる車検と同じ物。
こちらはJCIという検査機関かマリーナや船舶代理店に行ってもらいます。
ほぼ、車の車検と同じですが、費用はそれほどかかりません。
ユーザー車検のように個人で行うこともできます。


>係船

船体の大きさや形状、マリーナや各港によって金額は天井知らずです。
地方ですと公営のマリーナで一ヶ月¥3000~なんて格安なところもありますが、
首都圏ですとその地域の普通自動車の駐車場と同じくらいが最低金額の相場です。
私の船の前の持ち主である友人は東京都江東区にあるマリーナにおいていましたが、
係船料だけで一ヶ月¥45000ほどかかり、年会費や入会保証金は
さらに別会計だったそうです。


>燃料

こちらも使用内容やエンジンによります。
4ストローク・エンジンならばさほどかかりませんが、
原付スクーターなどに代表される2ストローク・エンジンですと
1時間当たり20リットルぐらいのガソリンが必要になります。
例えば、行きたい海域まで1時間航行するとして帰りの分で×2。
少し遊んだり移動して×1。
天候急変・不良で航行時間が倍になるのも入れて予備を×2とします。

2+1+2=5。 
1を20リットルとすれば一日100リットルが最低必要ということです。
(4ストローク・エンジンの場合は上記の四分の一程度です)

燃料は個人であればガソリンスタンドで携行用のタンクを購入して
自分で給油・運搬するか、マリーナなどの施設で給油ということに。
ただし、近年は防犯・防火の観点から携行缶へ給油・販売してくれる
スタンドは簡単には見つからないし、セルフスタンドでも同様です。
また、マリーナなどはかなり割高になります。

ご自身で税務署へ出向き、免税申請するのが一番安く済み、
税金もかからなくて安く済みますが、この手続きはすごく面倒ですし、
個人で行うのは現実的ではありません。


以上が大まかな例となります。

質問者さんの置かれる地域や船体がどのようなものなのかわからないので、
あくまで参考程度にしてください。

ちなみに私の船の場合ですと、

係船料:月¥5000 (組合員として十分の一の破格な金額)
保険:年間¥35000 (定員を8人から5人へ変更して減額)
船検:年間¥20000 (3年毎分を一年あたりにして)
整備・点検:年間¥50000 (ほとんど自分で整備、実費のみの金額)
燃料:月¥10000程度 (低燃費で実働が月に50時間程度)

職業にしている私ですら個人で所有していると最低でも
コレだけかかります。

もし、
月にイチ程度の使用頻度であれば個人で所有せず、
レンタルを利用したり乗り合いの釣り船に乗ったほうが確実に安いですよ。

はじめましてこんばんは、釣り船の雇われ船頭です。

お店の船以外に自分名義でメートルにして8mの船外機タイプの
ボートも所有しています。質問者さんの聞きたいこととは違うかもしれませんが、
個人所有ということを前提として長文ですが回答します。


>使用本拠地登録申請

現在の法律では船を所有するに当たって自動車の車庫証明に該当する
ような許可申請は必要ありません。船籍地登録といってどこを本拠地と
するかの申請は必要ですが、海や川の近くであればどこでもかまいません。
ほぼ人...続きを読む

Qフナムシは都会で生きれるか?

海岸によくいるフナムシですが
食性や素早い動きなどゴキブリのように都会で繁殖できるんじゃないでしょうか?
もちろん繁殖してほしくないですが
ただなぜ海岸の岩場にしかいないのでしょうか?

たとえば都内の各所に数万匹づつフナムシは放った場合(もちろんしませんが)
フナムシは一定期間後に全滅するのでしょうか?
または1部が繁殖して生存するのでしょうか?

生存または全滅の根拠も知りたいです

フナムシ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%8A%E3%83%A0%E3%82%B7

Aベストアンサー

こんにちは、

フナムシは乾燥に非常に弱く、湿度が高くとも水そのものがなければ十数時間で死んでしまうそうです。
となりますと、ゴキブリのように都会のあちこちで、というわけにはいかないですね。
下水のような常に水のあるところならどうか……と考えてみても、今度は体内の塩濃度を維持できません。

例えば海水魚は体内の塩濃度(0.9%)よりも海水の塩濃度(3.3~3.5%)のほうが高いので、放っておくと体内の水分がどんどん海水へ移動してしまいます。
そこで海水魚は海水を飲んで塩類だけを鰓から排出することで水分を獲得する仕組みを持っています。
海水魚とは逆に淡水魚は放っておくと体内に水がどんどん入ってきてしまうので、大量の尿により水分を排出し、体内の環境を一定に保っています。

一方フナムシは体内の塩濃度が4%近くであり、海水とあまり変わりありません。
フナムシは塩分濃度を調節するのがめんどくさいからいっその事海と同じにしてしまえ! という進化をとげた生き物なのです。
つまり、フナムシは体内の塩濃度の調節がとっても下手です。
真水環境ではあっという間に体内の塩濃度が下がってしまい、死んでしまいます。
というわけで、下水でも暮らせません。

ただし、ヒメフナムシの仲間のように体内の塩濃度が1.2%程度と比較的低く、温かく湿った森に生息する種もいます。
こいつらならば、もしかしたら下水でも生きていけるかもしれません。
もっとも体は小さい(4mm~7mm程度)ので弱いし、環境の悪い下水は無理の可能性のほうが高いと思いますが……。

こんにちは、

フナムシは乾燥に非常に弱く、湿度が高くとも水そのものがなければ十数時間で死んでしまうそうです。
となりますと、ゴキブリのように都会のあちこちで、というわけにはいかないですね。
下水のような常に水のあるところならどうか……と考えてみても、今度は体内の塩濃度を維持できません。

例えば海水魚は体内の塩濃度(0.9%)よりも海水の塩濃度(3.3~3.5%)のほうが高いので、放っておくと体内の水分がどんどん海水へ移動してしまいます。
そこで海水魚は海水を飲んで塩類だけを鰓から排出す...続きを読む

Qカニで釣れる魚とは?

テトラにいるカニを捕まえて、それをエサにした場合、タコを除いて何が釣れるでしょうか。
その場合の仕掛けも教えてください。また、カニは生きていないとダメでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地域によって違うことがありますので参考程度にしてください。

■ブダイという魚があります。
注)ブダイは海草や、エビカニ類を食べる魚ですので、釣り場は磯か磯の近くでないと難しいです。

今時分は産卵のために近くの浅場の磯にやってきます。(磯でないと釣れますせん)小さいのは全部赤いです。大きいのは色が少し緑系が強くなります。メス-->オスに性転換すると緑が出ます。
http://www.zukan-bouz.com/bera/budai/budai.html
この魚は煮付けると最高です。

今日はお隣さんが、小磯でホンダワラをエサに3匹上げてました。
ホンダワラは海草でエサ屋にある地域があります。

カニでも釣れます。谷川のヒメガニ 売ってるスガニ ほかどんなカニでも食います。冷凍でも食います。カニの足を刺しても食います。
生きたカニは爪が大きいのは爪をとって一番後ろの足から向側の足に向かってさせばカニは歩くこともできます。(すぐに死にません)

仕掛け:ウキ仕掛けでいいです。
1号から2号くらいのナマリを使って底から60cm付近を釣ること。ハリスはフロロの3号くらい。ハリはチヌバリの3号でいいです。(歯があるので3号ないと切れることがあるためです。)ウキ(チヌウキでOK)を使うと少し向こう側を釣れます。 食ったらウキが入りますのでおもむろに合わせます。

なお、ホンダワラのときは黒いハリを使います。カニブダイと仕掛けは同じでいいです。


■サンバソウ(イシダイの小さいの)
これも磯魚ですので条件があるとおもいます。

■カサゴ 
磯の石の間で釣れます。潮が引いているときに短い竿で。。
ただ、これは魚の切り身で釣れますのでカニまで必要かどうか。
でもまあ釣れます。

他にはチヌもカニを食うようです。

地域によって違うことがありますので参考程度にしてください。

■ブダイという魚があります。
注)ブダイは海草や、エビカニ類を食べる魚ですので、釣り場は磯か磯の近くでないと難しいです。

今時分は産卵のために近くの浅場の磯にやってきます。(磯でないと釣れますせん)小さいのは全部赤いです。大きいのは色が少し緑系が強くなります。メス-->オスに性転換すると緑が出ます。
http://www.zukan-bouz.com/bera/budai/budai.html
この魚は煮付けると最高です。

今日はお隣さんが、小磯でホンダワラをエサに...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報