今月末にブルガリアとルーマニアに行きます。
初めて行く国なので、どんな感じなのかさっぱり見当もつきませんが、
ガイドブックを見て研究中で、ワクワクしています。
観光名所などはバッチリ押さえつつありますが、問題が…。
今からどんなお土産を買おうかといろいろ考えていますが、
ガイドブックを見ても、あまり情報がありません。
現地ならではの、日本では手に入らないようなお土産があったら
是非教えてください!(できれば食べ物がいいです^.^)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんわ。

ヨーロッパ好きで年に数回旅行をしている者です。

まずブルガリアですが、私が行った場所はバラで有名なカザンラクという地域に行きました。そこで当然ながらバラに関するお土産が売っていてバラの香りがするロウソクやハンカチ、あと変わったものではパスタみたいなのも売っていました。ネットでは販売していないと言っていたのでそこでしか手に入らないみたいです。

次にルーマニアですがお土産としては綺麗な刺繍の物、例えばハンカチやテーブルクロス、木彫りの置物などを購入しました。特に綺麗なハンカチは喜ばれましたよ。

まだまだネットでも知られていないような変わったお土産もあるかもしれませんので現地に行って色々見てきてください。しかし、とてもよい時期に行きますね。ブルガリアのバラの収穫時期が5月末ぐらいなので行けるなら僕もまた行きたいです。いやー羨ましい。

それでは良い旅行をっ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なんと! 年に数回ヨーロッパ旅行!! 羨ましいです~~!!
バラはブルガリア名物みたいですね。香水は高いので自分用(笑)と思っていましたが、パスタなんて言うのもあるのですね! これは限定性も高く珍しいのでお土産に喜ばれそうです! アロマキャンドル好きな友人がいるので、その人にはロウソクかー、と夢膨らませています。ルーマニアのテーブルクロスもいいですね。ただ、高いかなぁ…と。
貴重な情報をありがとうございました!!

お礼日時:2009/05/22 00:21

私はブルガリアもルーマニアにも行きましたが


食べ物のおみやげはあまり記憶にないです。
ブルガリアはやはりmusasi7777さんも書いていますが
バラ関係。
バラの香油の小さな小瓶(木製で可愛い絵が描いてある)
がとても評判良かったです。ソフィアのデパートで売って
ました。酒瓶(?)を模したものと塔(?)を模したもの
があって、前者の方が高いが日本円で100円しなかった
覚えが・・・大きさも5cm程度でとても手ごろでした。
食べ物ではないですが、冬にリラの僧院近くの食堂で
飲んだ、白い結晶が析出するお酒(アブサン?)も、
お土産には買わなかったけど珍しいものではと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

両国とも食べ物関係のお土産は余り豊富ではなさそうですね? ここは素直にバラ関係で探そうかと思いました。バラ油の小瓶は100円程度ならお土産に最適っぽいですね。ソフィアのデパートですね、是非見てみます! 白い結晶のお酒は、買うかどうかは置いておいて、自分的に見てみたい……。貴重な情報をありがとうございました!!

お礼日時:2009/05/22 00:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルーマニア通貨への両替

今週末からルーマニアに1週間ほど出かけます(経由地ウィーンで1泊)。
ルーマニアで日本円から現地通貨レイに両替できるか不安なので、日本円を予めユーロかドルに替えておこうと考えています。
日本で両替する場合、ユーロよりドルの方が手数料が安いので、どちらの通貨で持っていこうか迷っています。
ただ、今回、ルーマニアの前にウィーンで1泊するので、食事や移動にユーロは必要ですし、やはり日本円→ユーロ両替にしておくべきでしょうか?
わざわざ日本でドルに両替し、ウィーンでドルをユーロに両替、ルーマニアでドルをレイに両替、というのは変・・・ですよね?
(1)日本で円をドルに替える
(ウィーンでドル→ユーロ、ルーマニアでドル→レイ)

(2)日本で円をユーロに替える
(ルーマニアでユーロ→レイ)

(3)ウィーンで円をユーロに替える
(ルーマニアでユーロ→レイ)

どういった方法でお金を持っていくのが良いか教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

No.2です  少し説明不足だったので補足します

円からUS$への両替は1$あたり片道3円
円からユーロへの両替は1ユーロあたり片道6円が、一般的な交換レート差になります。

単純に考えれば、ルーマニアで10万円相当を使うとすれば2,600円程度ドルの方が有利に見えます。
ところがルーマニアで(ユーロ→レイ)、(ドル→レイ)への両替はユーロからの方が手数料もレートも有利になります。
これは、ルーマニアが来年1月1日のEU加盟について準備をしているからです。 
tabizaruさんの言われるように、日本円からの直接両替が難しい国は、「不便さがあるのでドルからが最適」と言うのは間違いないのですが・・
ヨーロッパの場合、EU加盟という特殊事情が有り、当てはまらない国が多数有ります。
 
 


 

Qブルガリア旅行

ブルガリアに旅行するときの注意事項で尚、旅行保険の証券はブルガリアの入管当局の求めに応じて入国希望者が用意しなければならない、
非常に重要な書類となります。
ご用意を頂けない場合はブルガリアへの入国が出来ません。
また、証券は次の要件を満たしている必要が御座います。
(抜粋となります。必ず大使館ウェブサイト等をご確認下さい。)


●治療・傷害・死亡に関連する項目においてそれぞれ3万ユーロ相当額以上の保険金が支払われるもの。
※保険の証券は英語表記。
※入国審査で日本語は通用しません。
※クレジットカードに含まれる保険を利用する場合でも、カード会社に保険証券の発行を依頼してください。(英語)
これはどうすればいいのですか?

Aベストアンサー

No.2です。
補足です。

旅行保険の証書チェックは全員に対して行っているものではありません。
たぶんチェックされることの方が稀なのではないでしょうか。
ですが求められた際のために持参するのが安心です。
クレジットカード付帯の保険を利用される場合はクレジットカード会社のサポートデスクに電話してお願いすれば自宅に郵送してくれます。

なお、別の旅行掲示板で同様のご質問があり、その回答として「ミュンヘンでパスポートチェック済みだから・・・」といった記述があるようですが、ブルガリアはまだシェンゲン協定に加盟していません、、、というか加盟を拒まれています。。。
ですので日本からシェンゲン協定加盟国で乗り継いで行かれる場合、乗り継ぎ空港での入国審査は今も無いはずです。入国審査はブルガリアの到着空港で行われます。

QSTワールドっていう旅行会社はどうなんですか???

STワールドっていう聞いたこともない旅行会社でロンドン・パリ7日間で105,000円という破格のツアーを発見しました。けど、聞いたことのない会社ですし、代金が安すぎるのもなんか心配です。JTBや日本旅行などの大手なら信頼できるのですが・・・。みなさんこれってどうなんですか???

Aベストアンサー

こんにちは、
私も随分前になりますが何度か利用したことあります。(ツアーで2度、航空券だけで2度)
ここはもともとビーチリゾート専門から始まっているので、ダイビングやビーチリゾートに行く人には結構知られた存在ですよ。

私が一番最初にいったのはもう10年ほどまえになるかなあ。その頃はまだ渋谷のオフィスだけでしかもフロアも半分でした。2度目に利用したときにいきなり不ロアが倍になっていてびっくりしましたwそのあと支店も増えているようですね。
最近の状況はしりませんが、私が利用したときの印象は社員教育をわりときちんとやっていて、値段もそこそこ良心的なのが伸びている理由かなと思いました。

ここのは、ツアーといっても手配旅行に近いフリープランタイプ(飛行機+ホテルのみとか、あとダイビングがついているとか)がほとんどだったと思います。

一部か全部かわかりませんし、時期、エリアにもよるとは思いますが、お客からリクエストもらってからホテル、航空券個別に手配しているような感じでした。なので、今はどうかわかりませんが、わりと早い段階、もしくは最初からホテルや利用エアラインが決まっていることが多かったですね。

ですから、逆に言えば添乗員がつくような手とり足取りのようなツアーはあんまり想像つかないです。

ちらっとHPにみましたが、ヨーロッパ方面のツアーも添乗員がつかない(いてもせいぜい現地係員のアシストぐらい)フリープランじゃないですかね?
それだと、ホテルもエコノミーなタイプで2月とかなら、普通でも航空代もホテル代も安いので、まあ高いとはいいませんが破格の値段とは言えないと思います。それなりのお値段じゃないですか。

まあ、一言でツアーといってもいろいろですから。日程はもちろん、利用エアライン、利用ホテル、移動手段、観光内容などで値段はぜんぜんかわってきますよ。

こんにちは、
私も随分前になりますが何度か利用したことあります。(ツアーで2度、航空券だけで2度)
ここはもともとビーチリゾート専門から始まっているので、ダイビングやビーチリゾートに行く人には結構知られた存在ですよ。

私が一番最初にいったのはもう10年ほどまえになるかなあ。その頃はまだ渋谷のオフィスだけでしかもフロアも半分でした。2度目に利用したときにいきなり不ロアが倍になっていてびっくりしましたwそのあと支店も増えているようですね。
最近の状況はしりませんが、私が利用した...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

QJALPAK、JTB旅物語どちらを選ぶ?

ヨーロッパの添乗員同行のツアーで、日程ありきの旅行のため、希望のプラン(行き先は少し違いますが)で2社の空きを見つけることができました。

JALPAKと競合するならばおそらく、LOOKJTBだと思うのですが、旅物語しかあいていなくて・・・しかし旅物語はネット上ではあまり良い評判を見かけません。

旅物語はJTBの廉価版でクラツーや阪急のトラピックスと同じような性格のもののようですね。

訪れる国も違うので一概には言えないと思いますが、JALPAKが9日間で30万円程度、旅物語が8日間で25万円程度(いずれもサーチャージ込み)なのですが、みなさんだったらどちらを選ばれるのでしょうか。

ちなみに、安さを追求した旅ではなく、ホテルや食事もできれば楽しみたいと思いますし、朝食もコンチネンタルスタイルではなくアメリカンスタイルが良いなと思っております。(JALPAKはアメリカンスタイルの朝食のようですが、旅物語はその記述が見つけられません)食事について、旅物語で後悔したとかありますか?

また、ホテルがどちらも基本的にBグレードとなっておりますが、JALPAKのBグレードと旅物語のBグレードは同等を考えてよろしいのでしょうか?また、それはLOOKJTBのBグレードとも同等なのでしょうか?

ちなみにヨーロッパ旅行はフリープランで都市間の移動は飛行機やユーロスターで都市内の移動は地下鉄などで移動して旅したことはありますが、今回は観光名所などにも行くということで交通の便から添乗員同行のツアーにしています。
英語すらほとんどしゃべれないので・・・。

ヨーロッパの添乗員同行のツアーで、日程ありきの旅行のため、希望のプラン(行き先は少し違いますが)で2社の空きを見つけることができました。

JALPAKと競合するならばおそらく、LOOKJTBだと思うのですが、旅物語しかあいていなくて・・・しかし旅物語はネット上ではあまり良い評判を見かけません。

旅物語はJTBの廉価版でクラツーや阪急のトラピックスと同じような性格のもののようですね。

訪れる国も違うので一概には言えないと思いますが、JALPAKが9日間で30万円程度、旅物語が8日間で25万円程度(いず...続きを読む

Aベストアンサー

JTBは何回も利用しています。阪急やクラブツーリズムも複数回経験があります。残念ながらJALPACKはありません。

私は会社ごとの差よりも、そのツアーの企画と添乗員の差のほうが大きいと思っています。
結局安いツアーそれなりですし、高いツアーはその値打ちがあります。同予算であれば会社ごとのその差はそれほどありません。

これに対して添乗員は千差万別です。私はそれほど変な思い出ではありませんが、新人に当たって大丈夫かなとこちらが心配したことはあります。
もっともそれよりは参加者の方に変な人がいる方がよほどアンラッキーですが。たまに横柄な人や身勝手な人がいて周囲が困ることがあります。でも平均的な日本人の参加者は皆紳士淑女ですね。

日本の大手旅行社はいずれも永年の営業経験で信用もあります。どの会社が良いとか悪いとかは多分たまたまその人が当たったツアーでの経験だけでの感想でしょう。私は平均すればどこも同じという感想です。

ということで予算がある程度あるのならば高いツアーのほうが不満は少ないと思いますよ。

ただJTBは最大手なので品揃えは最も多くあります。日程や目的地でうまく会わないときはJTBをみると何とかなるという気はしますね。

JTBは何回も利用しています。阪急やクラブツーリズムも複数回経験があります。残念ながらJALPACKはありません。

私は会社ごとの差よりも、そのツアーの企画と添乗員の差のほうが大きいと思っています。
結局安いツアーそれなりですし、高いツアーはその値打ちがあります。同予算であれば会社ごとのその差はそれほどありません。

これに対して添乗員は千差万別です。私はそれほど変な思い出ではありませんが、新人に当たって大丈夫かなとこちらが心配したことはあります。
もっともそれよりは参加者の方に変な人...続きを読む

Q冬のポーランドについて教えて下さい

11月2日~1週間ほど、ポーランドに行けることになりました。昨日、決まったことなのでまだ全然調べていません。ぜひ、みなさんのお力を貸して下さい。

(1)11月初旬のポーランドは最低気温が氷点下で出ていますが、かなり寒いですか?ダウンとか必要ですか?

(2)いつも60リットルのバックパックを使っていますが、洋服がかさばりそうなので荷物の多さが心配です・・・。キャリーケースの方がいいでしょうか?ヨーロッパは初めてなので、道の様子、キャリーケースを持っての移動など使い勝手がわからないので、どちらで行った方がいいのかわかりません。

(3)ワルシャワin outですが、一番の目的はアウシュビッツです。日数があまりそうなので、ワルシャワ、クラクフ以外の都市でオススメを教えて下さい。

(4)その他、持っていったほうが良いものや注意事項、両替のレートの良さなど情報がありましたら教えて下さい。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちわ

数年前、何度か冬に行ったことがありますが、そのときの経験から。

1)
外を歩くとなるとやはり寒いです。ダウンはお勧め。
ダウンでなくとも膝まであるコートもいいです。私はこれを着てました。特に風が吹いている時にはいいですね。

2)
どっちでもいいと思いますが、バックパックのほうが身軽でいいと思います。駅など人が多いところでは置き引きが多いなどと言うことも聞きますので、荷物から目が離れないようにご注意を。そういう意味ではバックパックは背負ってしまうと無用心かも。

3)
見て楽しいところではないですが、木造タワーです。歴史的意味が大きく、ポーランドの人ならみんな知っている場所のようです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Gliwice_Radio_Tower

4)
ポーランドでは何がないと不便と言うことは無かったです。
列車で移動すると駅にはあちこちに両替屋がありました。とはいっても現地に入る前には、ユーロを両替してもって行ったほうがいいですね。地方に行ったら、円からズロチに直接両替できるところは無かった記憶があります。
白タク要注意!やっぱりぼられました…

安全な楽しい旅を!(・∀・)

こんにちわ

数年前、何度か冬に行ったことがありますが、そのときの経験から。

1)
外を歩くとなるとやはり寒いです。ダウンはお勧め。
ダウンでなくとも膝まであるコートもいいです。私はこれを着てました。特に風が吹いている時にはいいですね。

2)
どっちでもいいと思いますが、バックパックのほうが身軽でいいと思います。駅など人が多いところでは置き引きが多いなどと言うことも聞きますので、荷物から目が離れないようにご注意を。そういう意味ではバックパックは背負ってしまうと無用心か...続きを読む


人気Q&Aランキング