ストラトを使っているのですが弾いてる最中にボリュームコントロールに手があたって音量がどんどん小さくなってしまいます。意識してネックよりで弾いてもミュートしてしまったり・・・どうすればいいですか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 ボリュームつまみのプラスチック部分を金属部から外した状態で,


金属部の根元だけに適当な太さに切ったガムテープを巻きます.
その上につまみを押し込んで戻せば,摩擦でボリュームが動かなくなります.

つまみの硬さはテープの量で微調節できます.
    • good
    • 0

慣れたら意識しなくてもあたらなくなるはずです。



あとはツマミにセロテープを張って固定する方法もあります。

参考まで。
    • good
    • 0

僕もなります。


スタジオ練習などでは大丈夫なんですが、激しいロックをしてるのでライブではテンションあがりすぎて大事なときにアレ?ってなりますよ。
とりあえず今のうちはこまめにボリュームを指で触ってチェックするしかないんじゃないですか?
僕はボリュームで音色を変えるのでムリなのですが、トーンとボリュームの位置を入れ替えるとかもできますよ。
または、ボリュームノブをめちゃくちゃ小さいのにするとかはずすとか?
ストロークが安定していれば大丈夫なので癖づけるのが一番なんでしょうけど。。
    • good
    • 0

笑。

私も昔そうでした。
どんどん小さくなるんですよね。

No.1さんが仰るように慣れです。

反則技として、ボリュームを取って、繋いでしまう改造とかって手もありますが、何があろうが常に最大の音量です。ボリューム調整はボリュームペダルにお任せするとか。。。

でも、やっぱり慣れです。その方が質問者様のためになります。
ストローク時の力加減や、弦とピックの当たり具合、手首や腕の角度などの加減がうまく行かないんだと思います。あまり深く考えずに、かといってちょっと気にしながら、適当に弾いていればそのうち直ります。
ギターはネックよりでも、ブリッジよりでもどちらでも弾けますし、音色が変わりますので使い分けます。ボリュームに当たることと、弾く場所の関連はありません。カッコ悪くても最初のうちはフォークギター用の大きいピックとか使うとコツが分るかも知れません。小さくて硬いピックで弦に当たるときにピックがたまに弦に引っ掛かったり、持っていかれそうになってませんか?
Dm6などをフレットずらすだけのようなファンク系バッキングなんかでコード刻み&左手ミュートを練習してみては。JBのSex MachineとかZeppelinのThe Crungeみたいな感じのやつ。
    • good
    • 0

まずはギターに慣れ親しみましょう。


エレキにはバイオリン奏法なるものが存在し、ボリューム0の状態から、小指を伸ばし、音を引きながらボリュームを上げてあえてアタックを殺すという奏法があります。

一概にボリュームにぶつかってしまうというのは、まだまだストロークの練習を始めて間もないということにほかなりませんから、クセになってしまう前に矯正するといいでしょう。

ストラトなので・・・どうでしょう?歪ませてブリッジミュートを絡めたリズムの練習をするんです。
ブリッジミュートをすれば何をどうやったってボリュームには手が届かないはず。そしてブリッジミュート中に一瞬ジャーと伸ばすときの鉄則でミュートしている部分を浮かすときは1センチ前後というのを利用するんです。

普通に弾いていてもつねにブリッジミュートに移る瞬間を意識すると手が勝手にブリッジのほうへと向かっていくという寸法です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qストラトのボリュームが回ってしまいます。

ストラトキャスターでカッティングを始めたら
どうしてもカッティング中にヴォリュームノブが
回ってしまって音が小さくなります。
かといって、固めのボリュームに付け替えるのは
面倒ですし、完全に固定してしまうとそれはそれで
不便なのですが皆さんどうされていますか?
セロテープなんてかっこ悪いですし・・・

Aベストアンサー

そーなんですよね、ストラトは。
私は一度思い切ってポットを変えましたが、また、すぐにスルスル状態になってしまいました。
私は演奏中、それほどノブをまわさないので、輪ゴムではないのですが、紙をはさんでいます。

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む

Q弦のビビリが直りません

エレキギターを始めて買ったんですが、ビビリがひどく小さくひいても目立つ感じです。
ネックに反りがあるのかなと思いトラスロッドいじってみたんですが何も変わらず、その他弦高もあげたんですがそうするとひきにくくなって仕方がありません。
 このような場合はどういった処置を行うと良いか教えてください

Aベストアンサー

ネック周りを中心に、ギターの状態をチェックしてみるのがよいと思います。

とりあえず、まずは弦が古いものであれば新しいものと交換して、チューニングを正確に整えてみるのが良いでしょう。購入直後でも、買ってから弦を交換していなければ、お店の方で張ってからどれくらい経過しているのかがわからないので、新しい弦に変えた方が良いかも知れません。弦が関係する部分の調整については、できるだけ新しい弦で状態を測る方が良いでしょう。また、状態を見るときにはきちんとチューニングを整えた状態で見るのが妥当です。例えばネックの反りの状態は、弦を張るとネックが引っ張られて動くので、演奏の時に適正な状態になるように、弦を正確にチューニングして状態を見る必要があります。また、弦が緩ければ、その分振幅幅も大きくなりがちで、ビビリを誘発しやすくなります。

弦が新しい物で、チューニングも正確に合わせた上でビビリが酷い場合は、ネックが逆反りしていないかをチェックし、その上で弦高の調整をするのが良いでしょう。ビビリについてはフレットと弦が接触していることが原因で起こるもので、基本的には弦高を上げる方向で対処するのが妥当です。ただし、弦高の調整については、まずネックの状態を適正な状態にしてから行うのがより良いでしょう。
ネックの状態のチェックについては、同一弦上で1fと最終フレットを押さえ、中間あたりの弦とフレットの隙間を見ます。この時隙間が見られなければ、ネックが逆反りしています。厚紙一枚程度の隙間が開いていれば適正な状態、それよりも開きが大きい場合は順反り過多と見ます。
トラスロッドの調整については、逆反りしている場合はトラスロッドを緩めて弦の引っ張りに追従させるようにし、順反りがきつい時にはトラスロッドを締めて逆反り方向に力が加わるようにします。具体的にどちらに回せばいいのかは、ギターに付属のマニュアルで確認してください。
なお、トラスロッドについては、一度に大幅に回したりするとネックに深刻なダメージを与える可能性があります。下手をすると、トラスロッドが指板やネックをひび割れさせてしまうかも知れません。8分の1から4分の1回転ほどくらいずつ回すようにして、急激に回したりしないようにするのが良いでしょう。トラスロッド調整に関しては、特に慎重に行うことをお勧めします。
ネックの状態が適正で、なおビビリが出るようであれば、サドルを上げて弦高を上げるのが良いでしょう。
とりあえず、そのあたりをもう一度見直してみるのが良いように思います。なお、ネックの反りの補正や弦高の調整をした後は、オクターブ調整をやり直しておくのが妥当です。

どうしてもギターの調整がままならないように感じる場合は、ギターの扱いに慣れた人にお任せするのが良いでしょう。ネック調整などはそれなりに慎重に対応する必要がありますので、手に余ると感じる時には無理せずリペアに出す方が無難です。

なお、ビビリについては、弦の弾き方に原因がある場合も考えられます。ピッキングが粗く、力いっぱいに弦を弾いている場合は、弦も暴れやすく、ビビリにつながることもあります。もしピッキングを丁寧にするように意識してみて、ビビリが収まるようであれば、弾き方自体を見直してみるのも良いかも知れません。特にピッキングは力任せに無造作にやってはなかなかコントロールがきかず、良い音も出しにくいと思います。ピッキングについては、繊細なコントロールを必要とするものですので、丁寧にやってみるように気を遣うこともお勧めします。

参考になれば。長々と失礼しました。

ネック周りを中心に、ギターの状態をチェックしてみるのがよいと思います。

とりあえず、まずは弦が古いものであれば新しいものと交換して、チューニングを正確に整えてみるのが良いでしょう。購入直後でも、買ってから弦を交換していなければ、お店の方で張ってからどれくらい経過しているのかがわからないので、新しい弦に変えた方が良いかも知れません。弦が関係する部分の調整については、できるだけ新しい弦で状態を測る方が良いでしょう。また、状態を見るときにはきちんとチューニングを整えた状態で見...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報