一昨年、背丈150cmほどの垂れモミジをホームセンターで購入して
庭に植えました。今年になって、下の幹の枝から垂れモミジとは違う
枝と葉が伸びてきました。(同じ場所から数本に分かれて伸びてい
ます。)見た目はオーソドックスなモミジの種類のようです。

出来れば、垂れモミジの枝から切り離してしまいたいのですが、
かといって、切り離した普通のモミジも枯れさせてはかわいそうだと
思っています。どのような方法なら、枯れさせたりすること無く
二つをバラバラにすることが出来るのでしょうか?
それとも、無理をしてバラバラにしないほうがいいのでしょうか?

お知恵をお貸し下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

#1さんの意見を支持します。


書かれた内容から、ヤマモミジなどふつうの物に、垂れ品種を接ぎ木してあるのでしょうから、上の種類を伸ばすべきです。

台木から伸びる物は『台芽』と言い、勢力が強いので上の品種を負かして、大きくなる事がよくあります。
折角接いである上の品種を残しましょう。
特に今回の場合は、上が垂れですので、両方を残すと樹形がくずれかっこが悪くなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親切な回答をありがとうございます。

樹形が崩れてくるようなら、切り離すことにします!
垂れの形に惚れて購入したのですから、崩れてしまうと
残念なので。
台芽の勢力が強いことは知りませんでした!!

とてもためになりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 13:41

接木してあるのでは?。


 それなら台木から出ている芽はなんであれ切り落としてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

切り落とすようにしたいと思います。
ただ、切り落としたモミジは挿し木等で
生かすことは難しいのでしょうか・・・。
残念です。

お礼日時:2009/05/28 13:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qモミジの葉のいろがみどり色と紅色の二種類あって不思議です

先週、公園に行ったら珍しいモミジを見かけました。一本の幹から何本か枝が伸びているのですが、下のほうから出ている枝にはみどりいろの葉だけが付いていて、それ以外の(上のほうの)枝には紅い葉だけが付いているのです。みどりいろから次第に紅葉していくグラデーションとは明らかに違っていて、まったく別の種類のモミジを接ぎ木したように枝ごとにはっぱの色がちがうのです。こんなモミジ初めて見ましたが、これって普通にあるモミジなのですか。それとも、春ならではの自然現象なのですか。

Aベストアンサー

枝ごとに違うのであれば、単に接木されたものではないかと。
モミジの苗は普通、接木で繁殖させます。
下から出ている枝が緑ということですから、いかにもそれらしいです。
台木は普通のヤマモミジなど、上は品種もののモミジだと思います。

Q接ぎ木の葉が出てきましたが

紅葉の接ぎ木したと思われる土台の木から
新しい枝が生えてきました、明らかに品種の違う葉っぱです、
この違う品種の枝は切り落とした方が良いのでしょうか?
この頃、本当の葉(おかしいな表現ですが)の元気がないように思うのですが。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

接ぎ木をした植物の「本当の葉」は穂木(ほぎ・・略して穂と言う事もあります)、「土台の木」は台木(だいぎ)と言います。
そして問題の台木から出た出てほしくない芽は、台芽(だいめ)と言います。
台芽がキーワードとなりますので、例えば、台芽 モミジ OR 紅葉 OR カエデ OR かえで で検索してみてください。
このカテゴリー内検索なら、台芽だけでかまいません。

結論は見つけ次第、早く切り取る事です。
出かけの小さな芽ですと、指で掻き取るようにすれば良いと思います。
大きくなると、組織がそれに合うようになるようで、上に栄養が行き難くなるようです。
大きくなると勢いづいて、また次々と芽が出やすくなります。

Qイロハモミジの 猩々 と出猩々 は別の種類でしょうか?

イロハモミジの 猩々 と出猩々 は別の種類でしょうか?
今まで出猩々というものしか知りませんでしたが、 猩々という種類はありますか?

Aベストアンサー

別の種になります。
猩々はAcer amoenum。これはヤマモミジ系です。
出猩々はA. palmatumです。これはイロハモミジ系です。

ついでに
猩々の舞ならA. palmatumですが、猩々野村はA. amoenumになります。

ですから猩々の舞なら出猩々と同じ種ですが異なる園芸品種です。

Qもみじの芽が出ません枯れているのでしょうか

一昨年の11月に寝巻きのコハウチワカエデ(2メートル)を購入し庭に植えました。昨年、紅葉前9月初旬に全て落葉してから今年の5月現在、枝に新芽も無く、一向に葉が出る様子がありません。枯れているのでしょうか。皆様お知恵を拝借願います。以下、これまでの経緯と気になるところです。

【2010年11月】
本を読みながら腐葉土、バーミキュライト、マグァンプKを混ぜて植栽。植え付け時には紅葉していたのでそのままその年の秋、冬は落葉して越冬。

【2011年4月】
新芽がほころんで葉が広がる。

【2011年8月】
水やりの甲斐もむなしく徐々に葉が焦げた様にちぢれて9月には全て落葉

【2012年5月】
新芽が出ないままこの時期に至り、葉が出ない状況に至る

(気になるところ)
1)植えた場所は日当りが良く、1日西日に至るまで日が当たっている
2)グラウンドカバーは植えておらず、根の周りに湿気を作ってあげれていない
3)庭で数年ぶりにカミキリ虫を見た(根の周りを見ましたが、穴などは開いていない)

Aベストアンサー

ご質問を拝見した限りでは残念ですが枯れてしまっていると思います。
この時期に葉が全然出てこないのでは望みはないと思わざるを得ません。

次になぜ枯れてしまったかですが、肥料が強すぎたのではないかということです。
「マグァンプK」は化学肥料でけっこう強い肥料です。
私はモミジなどの植え付けの時に化学肥料は使わず、腐葉土と油粕を少々入れるぐらいです。
通常根巻になっている木を植える時には肥料は入れないかあまりたくさんは入れません。

腐葉土、バーミキュライト、マグァンプK、をどの程度の量をどのようにして植えたのか知りたいところです。

土壌ですが、粘土質、赤土、砂、など極端に土質が悪くなければ枯れる原因にはならないと思います。
グランドカバーが無くても水をきちんとあげていれば枯れる原因にはならないと思います。
夏場の暑い時は、夏草などを刈って根元に少し置いておいてあげれば乾燥防止になります。

ということで植え付けの時の肥料が強すぎたのが原因ではないかと考えています。
肥料が原因で、新しい根が伸びずに夏場に枯れてしまうということはあり得ます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報