リッケンバッカーの330(6弦),ベースは4003が欲しいのですが
知り合いからはリッケンは取扱いが面倒だと言われました。
例えば、ネックが反りやすいと言われたのですが。。。
あとはトラスロッドも2つ入っていたりで調整も難しいと。
やはりネックは反りやすいのですか???
また、リッケンの良い、悪い部分などわかる方、
特に使用されている方や所有されていた方の経験談でもありましたら教えて頂けますか?

A 回答 (3件)

リッケン使いです。



ネックを安易にいじるチェーンショップ店員がいますが、
やはり、熟練した工房スタッフでないとさわらせたくない楽器の部類です。
多ピースネックだったりしますので、
反りやすいとはおもいませんが、
反ったら、ロッドの特徴、分厚い指板などのこともあり、
その対策に熟練したスタッフにお願いした方が無難でしょう。

リッケンはオールマイティにも使えますが、
形も操作性も特徴がありすぎるという点、
楽器全体の性能としては優れている他社メーカーのギターはたくさんあるので絶対にそれを使わなければいけない理由があまり無いとう点で
主流になりえないと思います。

その魅力に負けるのがリッケン使いであり、
負けてもいいかなと思うのがリッケン好きだと思います。

飛び道具としてリッケンを持ち、
通常は楽器としての性能が高いものをメインで使うというのが無難かもしれません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

リッケンはペケペケの音のがありますが
実はギター関係の仕事の知り合いが
1本当たりというか良い音のを見つけてくれて
所有欲がでてきまして考えてるのですが

自分は普段はテレキャスなのですが、
やはりかなりリッケンは弾きにくいのでしょうか?

グレッチと同じで弾きにくいのをそれを超えて
あえて使うぐらいの感じいかないとだめなのでしょうね

お礼日時:2009/05/29 01:51

No.1です。


>所有欲がでてきまして考えてるのですが
欲に関しては他人はなんとも判断しがたいので、
こういうギターを欲しがるのも運命(さだめ)と感じて購入しなければいけないときもあるでしょう(笑
試奏をゆっくりやって決めればイイだけのことですよね。

>自分は普段はテレキャスなのですが、やはりかなりリッケンは弾きにくいのでしょうか?
テレキャス使いでもありますが、
テレキャスのサドルの邪魔臭さや3wayブリッジなんて何考えてるんだギターの代表格です。
それでも、板きれに電気パーツつけた量販・大量生産エレキギター第一号の歴史からみれば、
実に細かいこと(笑
少なくともしっかり固定されたサドル・ブリッジを経てペグで巻き付けられている楽器です。
実にソリッドです。
リッケンの多くがテールピースは可動式、サドルは空中散歩してるかのよう、いたずらに押してみれば簡単に横に倒れるようなサドルブリッジです。
5個目の小さいノブがあっても、
そのノブを動かすことで何が期待できるかをしっかり説明できないリッケンユーザーも少なく(笑
このような不安定要素を含めて弾き倒す人が好きになるんでしょう。
JAZZからカントリーからガレージからハードロックの、
それぞれの時代にそれぞれ名手がいますので憧れのギターにもなるのだと思います。
    • good
    • 4

 私も昔、中古の360/12を買うかどうか悩んだことがあります。


 12弦サウンド=リッケンのイメージ通りの素晴らしい音でしたが、自分にとっては扱いにくいギターであると判断して、結局断念しました。(当時の自分にとってあまりにも高額すぎたのが主な原因ですが)

 リッケンバッカーの最大の特徴は、他社ギターに比べて、ネックが細いため、補強のためトラスロッドが2本入っていることです。
 特に古いリッケンはダブルトラスロッドが逆に強すぎて、ネックが逆反りしやすいので、こまめな調整が必要であるということは、店員から釘をさされましたが、実際保有しなかったので何とも言えません。
 私の弾いたのは12弦なのであまり質問には関係ないかもしれませんが、最大の問題点だったのは、ネックが細すぎて弦間が狭く、とても押弦しづらかったことです。ただしリッケンの6弦と12弦のネックは同じ太さなので、6弦だったら逆に弾きやすそうな感じでした。
(また、12弦の復弦のチューニングと弦交換は滅茶苦茶やりづらいとも感じました)

 ただ、もし自分に経済的余裕があったら、是非とも欲しいギターではあります。

 初期のビートルズ、ザ・フー、バーズのあのきらびやかなギターサウンドを再現するのに、これほどふさわしいギターはないでしょう。
 クリス・スクワイアのあの岩のように硬いベースサウンドを再現するのに、リッケンベース以外は考えにくいでしょう。

 あのルックスを含め、欠点を差し引いてもなお魅力を感じさせるブランドなのは間違いないです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

リッケンのギターはやはりFender Gibson 等と比べ弾きにくいのでしょうかね,,,?
コードを弾くにはまぁ良いけど、リードとかになるとあの指板に吹きかけてあるのがツルツルして弾きにくく
チョーキングもしにくいとからしいのですが。
そんなツルツルしてましたでしょうか?

ビンテージではなく現在のはそれなりにネックもしっかり作られているのでしょうか?

ベースはやはりあの音がたまりません。。見た目もかっこいいですけど
やはり普通にFenderのジャズベの方が何かと長く使えるのでしょうか。。

お礼日時:2009/05/29 01:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリッケンバッカー330のネックはボルトオンですか?

リッケンバッカー330のネックのネックはボルトオンでしょうか?私が写真で見る限り、セットネックにしか見えないのですが、友人は「ボルトや!!俺は弾いたことがあるから知っている」と言い張ります。本当でしょうか??

Aベストアンサー

リッケンバッカーはギターはセットネック、ベースはボルトオンです。
確か、今はなき400シリーズはベースをギターリファインしたモデルなのでボルトオンネック。
リッケンバッカーのコピーモデルにはボルトオンのモデルをみたことがあります。

Qリッケンバッカーのトラスロッドについて詳しいサイトとかありますか?

リッケンギターの2本出ているトラスが片方はまずレンチが入りませんし
通常のトラスで言うすでに緩めきってる様な状態になってます。
リンチが入ったとしてもすでに絞めるめる事しか出来ません。
その逆のトラスロッドは芯がかなり出ている状態
絞めも緩めもできます。
とにかくよくわからないですが、
ネック自体はどちらかと言うと逆ぞりの感じで
弦高も低く感じて弾きにくい気がします。
いずれにしてもまずリッケンのトラスロッドがどのような仕組みなのか
理解したいのですがどこか説明してるサイトはありますか?

Aベストアンサー

 リッケンバッカーのトラスロッドは、年式によって構造や利き具合が違います。何年のモデルか判りませんが・・・最近のモデルであれば、リッケンバッカーの公式HPに調整方法が出ています。

http://www.rickenbacker-jp.com/jp/manual/manual_top.html
http://www.rickenbacker-jp.com/jp/manual/m_07.html

 上記HPではイマイチ説明が不足している様ですが・・・

※レンチは、1/4インチサイズの専用レンチを使って下さい。
 ナットポケットに2コのナットがキュゥキュゥに並んでいるので、肉厚のレンチでは入りません。
 リッケンに専用レンチを注文してもよいですし(楽器屋で注文出来るはずです)、汎用を買うならなるべく肉が薄いボックスレンチを選んで下さい。

※トラスロッドの構造は・・・フツーのトラスロッドが2本入っていると考えて差し支えありません。
 ネックの順/逆ソリでは、トラスロッドは2本とも同じぐらい回すのが基本です。
 2本のトラスロッドのテンションに差をつけるのは、ネックがネジレている場合です。

※既に片側のトラスロッドがメ一杯締め込まれている様ですが、すると・・・
1)ネックが極端にネジレていて、ソレを調整したらそうなった。
2)前に調整したヒトが、リッケンのネック調整方法を知らなかった。
・・・のどちらかでしょう。

※現状でネックのネジレは無く逆ゾリしている様なので・・・
1)まず、トラスロッドを2本とも緩める。
2)弦を張りネックにテンションをかけてネックのソリを確認。
3)ネックが反っている方向(トラスロッドを2本とも緩めているので、必ず順ソリ側に出るはず)に基いて2本のトラスロッドの締め込みバランスを考える。(上述した様に、単なる順ソリなら2本を同じくらいの強さで締める。ネックがネジレているなら、起き上がりの大きい側のトラスロッドを多めに締める。)

・・・で、概ね調整出来るはずですが・・・リッケンのトラスロッドは結構クリティカルなので、ちょっと調整してみてソリが殆ど治らなかったら、或いはリッケンHPの画像とは違うトラスロッドが入っているなら、リペアショップに出すべきです。(リッケンのトラスロッドは、年式によっては締め込むとバリバリとフィンガーボードを剥がしてしまうモノもあるので、慣れないヒトは手を出さない方が無難です。)

 リッケンバッカーのトラスロッドは、年式によって構造や利き具合が違います。何年のモデルか判りませんが・・・最近のモデルであれば、リッケンバッカーの公式HPに調整方法が出ています。

http://www.rickenbacker-jp.com/jp/manual/manual_top.html
http://www.rickenbacker-jp.com/jp/manual/m_07.html

 上記HPではイマイチ説明が不足している様ですが・・・

※レンチは、1/4インチサイズの専用レンチを使って下さい。
 ナットポケットに2コのナットがキュゥキュゥに並んでいるので、肉厚のレ...続きを読む

Qリッケンバッカー 長所 短所は?

リッケンバッカーの330(6弦),ベースは4003が欲しいのですが
知り合いからはリッケンは取扱いが面倒だと言われました。
例えば、ネックが反りやすいと言われたのですが。。。
あとはトラスロッドも2つ入っていたりで調整も難しいと。
やはりネックは反りやすいのですか???
また、リッケンの良い、悪い部分などわかる方、
特に使用されている方や所有されていた方の経験談でもありましたら教えて頂けますか?

Aベストアンサー

リッケン使いです。

ネックを安易にいじるチェーンショップ店員がいますが、
やはり、熟練した工房スタッフでないとさわらせたくない楽器の部類です。
多ピースネックだったりしますので、
反りやすいとはおもいませんが、
反ったら、ロッドの特徴、分厚い指板などのこともあり、
その対策に熟練したスタッフにお願いした方が無難でしょう。

リッケンはオールマイティにも使えますが、
形も操作性も特徴がありすぎるという点、
楽器全体の性能としては優れている他社メーカーのギターはたくさんあるので絶対にそれを使わなければいけない理由があまり無いとう点で
主流になりえないと思います。

その魅力に負けるのがリッケン使いであり、
負けてもいいかなと思うのがリッケン好きだと思います。

飛び道具としてリッケンを持ち、
通常は楽器としての性能が高いものをメインで使うというのが無難かもしれません。

Qトラスロッドのないネックの反り

トラスロッドのないクラシックギターを手に入れたのですがやや順反りをしているのです。

自分で出来る直し方ってあるんでしょうか?

安いギターなんでどんな方法でも良いんです。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

弦をはずすか、ビロンビロンにゆるめて、ハードケースに乾燥剤を入れて2~3ヶ月放置してみてください。
私はこの方法で直した事があります。

ただ、逆ゾリしてしまうと、音にビビリが出てしまうことも考えられます。

Qリッケンバッカー

リッケンバッカーってどんな音がでるんすでか?
どんな曲に向いているのでしょう?
教えてください^^

Aベストアンサー

オールドファンです。
ですから最近のリッケンの音は判りませんが、昔話で良ければ聞いて下さい。
#1さんの御指摘通りギターとベースでは、その個性が違っていると思います。
リッケンバッカーと云えばやはりビートルズですが、
ギターではジョンが使用していたソリッドモデル(425)よりジョージが使用していたセミアコ(330-12)の音の方が印象に強いです。
未だハードロック前夜の時代です。
後期ビートルズではフェンダー、ギブソンがメインになりますので、やはりハードな楽曲向きではなかったということでしょう。
ベースはハードになった後期ビートルズのポールが使用(4000)していましたが、フェンダージャズベース以上にゴリゴリした音が特徴だと思います。
後にイエスのクリス・スクワイアも愛用していましたが、そのゴリゴリ感はパワーアップしてました。
ビートルズ以後、リッケンのベースはベース小僧の憧れとなりましたが、ギターは肩身が狭くなってしまいました。
やはり時代の音にマッチしなくなっていたのでしょうね。

QTACOMAアコースティックギターのネック(トラスロッド)調整が出来ず、順反りが直りません

TACOMAのアコースティックギターでPK30-E4というのを3年ほど前にネットオークションで購入しました。小柄なボディですがコアバックではっきりとした良い音が出ます。最近ネックが弦の張力に負けていわゆる「順反り」になったため、調整しようとヘッドにあるトラスロッドカバーをあけてみたところ、六角レンチと思っていたのですがそうではなく、ロングボルトにナットで調整するもののようでした。手持ちの工具では何ともならないと判断し、近くの楽器屋さんへ「どんな工具があれば?」と相談しましたところ、親切にも色々試してもらった挙句、「うちにある工具では無理」が結論でした。ギブソン系周辺のレンチを幾つか合わせてくれたのですが、ボルトねじ部分がかなり突き出ているため、『相当深いソケットレンチ』でないとナットを回すことが出来ません。「購入時に専用工具が付いてませんでしたか?」と問われましたが、ケースや保証書(英語です)のみの同梱でした。「或いは既にかなり絞ってある(これ以上は直せない)かも」と不安な言葉も出ましたが、どなたかTACOMAギターに関して専用工具があるかご存知の方、或いはこの手のご質問にお答えいただける方、折角のナイストーンを弾き易くするためにお知恵を下さい。

TACOMAのアコースティックギターでPK30-E4というのを3年ほど前にネットオークションで購入しました。小柄なボディですがコアバックではっきりとした良い音が出ます。最近ネックが弦の張力に負けていわゆる「順反り」になったため、調整しようとヘッドにあるトラスロッドカバーをあけてみたところ、六角レンチと思っていたのですがそうではなく、ロングボルトにナットで調整するもののようでした。手持ちの工具では何ともならないと判断し、近くの楽器屋さんへ「どんな工具があれば?」と相談しまし...続きを読む

Aベストアンサー

No.2のichi-peiです。少しばかり補足してみます。

ネジはインチサイズを使っていると思いますので、これに合うソケットを探すなら自動車工具の専門店が良いと思います。ご近所にあるか分かりませんが、ストレートという所なら値段も安く品質もOKですし、しかも必要なサイズのソケットが単品で買えます。

http://www.straight.co.jp/netshop/

もうひとつはアストロプロダクツがありますが、こちらはセット売りが主体で、単品は有名メーカー品だけの扱いなので割高になりますが、一応紹介という事で。

http://www.astro-p.co.jp/main.html

ご存知かも知れませんが、このソケットレンチは工具と接続するシャフトの規格が数種類あって、ギターには1/4”Dr.(6.35ミリ)という、いちばん細いものが必要で、ソケット自体のサイズはおそらく、ギブソンでよく使われる5/16”か、その前後になるはずです。(参考URL)

あと接続する工具もいろいろ選べるのですが、ギターにはT型のハンドルで十分だと思います。

http://www.straight.co.jp/netshop/artno/default.html?artno=11-298


ちなみに細かい話で恐縮ですが、トラスロッドのネジの状態は、かなり高級なギターでも塗装や研磨の工程で汚れたまま出荷される物がほとんどのようで、実はペグと同じぐらいに重要な調整部分なのに、この両者の扱いの違いには愕然とさせられる事があります。しかもネジは機械部品というより建築金物レベルの低品質であり、それがねじ山や座面に細かい異物を噛み込んだままで締め込まれているのですから、全くお話になりません。

とりあえずナットを外すには「合う工具」が必要ですが、この機会にナットがスルスルと回るようになっているかチェックをして、そうでなければ小さなワイヤーブラシなどを使ってネジ山をきれいな状態にしたり、前回述べたようにワッシャーを入れて座面に掛かる圧力を分散させたり、ほんの少しグリスをつけて締めるなどすれば、かなり調整はしやすくなるでしょう。

あれこれ長くなりましたが、調整をする前に、調整しやすい状態にするのが手間ですので。

参考URL:http://www.straight.co.jp/netshop/artno/default.html?artno=10-1455

No.2のichi-peiです。少しばかり補足してみます。

ネジはインチサイズを使っていると思いますので、これに合うソケットを探すなら自動車工具の専門店が良いと思います。ご近所にあるか分かりませんが、ストレートという所なら値段も安く品質もOKですし、しかも必要なサイズのソケットが単品で買えます。

http://www.straight.co.jp/netshop/

もうひとつはアストロプロダクツがありますが、こちらはセット売りが主体で、単品は有名メーカー品だけの扱いなので割高になりますが、一応紹介という事で。

...続きを読む

Qリッケンバッカー4003

リッケンバッカー4003のシリアル番号は、どのように読めば良いのか教えて下さい。
ただの通し番号というだけで、特別な意味はないのでしょうか?

Aベストアンサー

シリアルの読み方はリットーミュージックから出ているrickenbackerの本に
のってますよ。

Qリッケンのギターのロッドやノイズ

リッケンバッカー330使用してます。

1,ネック反りを少し調整するのにこのデュアルロッドは
やはり素人では手を出さない方が良いのでしょうか?
他のギターでは少し反れば自分でやってしまうので、
今回もちょこっと締めたいだけなのですが、、、、、
片方を締めれば捻れるような感じになるのでしょうか?
またこの調整について詳しいサイトはありますか?

2,リッケンギターはノイズが大きいのでしょうか?
Vo,Toneと0にしても結構ノイズがするのですが
リッケンユーザーのみなさんのもそうでしょうか?
あとVoフルにしてもToneを0にすればノイズが無くなり
が、少しVoを絞るとまたノイズが発生したりしたりします。

買った大手の楽器店に聞くとこれは仕様であると言われたのですが
回す位置によってノイズが出る出ないがあるとどうも使いにくいです。
あの小さいFifth-controlの影響とかいろいろあるような事も言われました。そうなのですか?

Aベストアンサー

リッケン使いです。
330は現在改装中でボディむき出しです。

1.デュアルロッドをただの「2本のトラスロッド」と思わない方がいいです。相手は分厚い指板を持ちながら、トラスロッドをちょっと工夫すればすこんと抜けたり、個体によってはロッド孔に食い込んで動こうとしないバカ個体もあるような変態です。
個人的には持ち込む場所、お願いする職人(ショップ店員)さんはクチコミかつ自分でお付き合いして信頼した人のみです。
といいつつも、多くの人は普通に触っているから問題も無いこともあるだろうから修理代をベットしてやればいいと思います。
詳しい方の指導の元でギター1本分を賭けてあげればある程度の技術は身につくと思います。

2.ノイズがあればリッケン特有のキラキラした音は出ません。仕様であるはずが無いのですが、その大手楽器店名を知りたいくらいです。
5thコントロールは独立した配線では無いので影響が無いことは無いと思いますが、TONE自体に問題があればそこを重点的に診て貰いましょう。

結論。。。電装系チェックついでにネックや全体調整をお願いしたらいかがでしょう。

リッケン使いです。
330は現在改装中でボディむき出しです。

1.デュアルロッドをただの「2本のトラスロッド」と思わない方がいいです。相手は分厚い指板を持ちながら、トラスロッドをちょっと工夫すればすこんと抜けたり、個体によってはロッド孔に食い込んで動こうとしないバカ個体もあるような変態です。
個人的には持ち込む場所、お願いする職人(ショップ店員)さんはクチコミかつ自分でお付き合いして信頼した人のみです。
といいつつも、多くの人は普通に触っているから問題も無いこともあるだろうか...続きを読む

Q理想のリッケンバッカー

こんにちは、
リッケンバッカーのギターが欲しいのですが、
「こういうのが欲しい」理想のモデルがあるのです。一番好きなのは340なのですが、贅沢な話ですがひとつだけ不満と言うか希望があるのです。
それはドットポジションが波形のものがいいのです、それ以外は340のものが理想なのです、単純に何がいいかと言いますと音とかそういった話は抜きにしまして、
Rテールピースと、ボディーの尖り具合(340が理想です)そして、リッケンバッカーのミッドナイトブルーがいま一番理想のものなのです。
過去のモデルでこれを満たす似たものはないのでしょうか?
ないものねだりかもしれませんが、贅沢でしょうか?
リッケンのなかでは比較的安価ですし、340で我慢すべきでしょうか…?

Aベストアンサー

”波型”とはトライアングルのことでしょうか?
つまりボディが丸っこくない360をお探しということでしょうか。
現行の360(370)は丸っこいですが、私の持っている文献(P社別冊、History Of Electric Guitars 昭和60年)の写真では、丸くないボディの360も過去に幾つか存在します。
カプリシリーズは半世紀近い歴史のあるモデルですので、お望みの仕様が過去に無いとはとても思えません。この手の文献等で調査されては如何でしょうか。
(この本の表紙も尖ったボディの360ですね)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1871547695/qid=1137834078/sr=1-1/ref=sr_1_8_1/249-6344314-4563500

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/1871547695/qid=1137834078/sr=1-1/ref=sr_1_8_1/249-6344314-4563500

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング