CentOSのメーラー「evolution」で電子メールを送信しようとしたところ、
「fcntl(2)を使ったロックに失敗しました:入力/出力エラーです」
というエラーが出て送信できませんでした。

【定義】
aaa.co.jp:NFSサーバー、NFSクライアント、NISクライアント、メールサーバー(postfix、dovecot)
bbb.co.jp:NFSクライアント、NISクライアント
二台ともCentOS

【詳しい症状】
bbbにログインし、NISによって正しく認証しました。
このbbb上でメーラー「evolution」を起動し、popサーバー・smtpサーバーを
aaaに指定しました。しかし、上記のように送信に失敗します。

一方、aaaにログインし、NISによって正しく認証しました。
このaaa上でメーラー「evolution」を起動し、popサーバー・smtpサーバーを
aaa(自分自身)に指定しました。すると、送信に成功します。

何とかメールクライアント(bbb)から電子メールの送信ができるようにしたいのです。
対策方法をご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

もちろんbbbからはpopサーバー名でpingが飛びますよね?



pop3の通信方式は送信の前に受信を行って認証しますので
受信側(pop3)が疎通できてるか見てみたらいいと思います。
具体的な検証方法は

ホストbbbからホストaaaにtelnet

# telnet aaa.co.jp 110
※ここで必ずevolutionで設定しているホスト名にtelnetすること
+OK UCB Pop server ~~~ starting.
と出れば絶対OK。

USERコマンドでユーザ名を定義してPASSコマンドでログインする。
> USER POPユーザ名
> PASS POPユーザパスワード

あとは好きなようにコマンド叩いてみて
うまくログイン出来るかどうか確認してみましょう。

参考URL:http://ash.jp/net/telnet_pop3.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアマチュア無線機の送信改造について。

アマチュア無線機の送信改造について。

最近、違法と思われる電波を受信しているのですが、
アマチュア無線機の送信改造で出せる送信波の
周波数範囲を何方か御教えいただけませんか?。

出来れば具体的に
特に改造後、出せる

『最大の周波数』

を知りたいです。

市販のハンディー型や固定型を改造した場合に出せる
周波数帯で結構なので、
是非、ご解答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

具体的な回答は控えますが、無線機は知識が有れば周波数の出せる範囲は比較的簡単にかえられます。しかし、アマチュア無線家ならまずそのような事はしないとおもいますし、アマチュア無線をされている方ならそのような電波を受信すれば仲間と連絡を取り合い送信している場所をも容易に突きとめたりします。 一般の方ではないでしょうか?昔はCB無線を楽しまれていた方々が違法な出力「通称下駄を履かせる」で周囲に迷惑を掛けていましたが・・・

>『最大の周波数』
文面から察するに最大の周波数?→最大出力の事では無いですか?
 無免許での使用や不正改造に繋がる回答は避けたいと思います。
 
 違法と思われる内容の補足説明等が有れば対策が投稿されると思います。

 

Qメールサーバー構築 メール送信できない

postfixとamavisで本を見ながらメールサーバーを設定をしました。
しかし、LAN内でmailコマンドを使い自分自身に送っているのですが、
下記のメッセージが表示され、うまく言ってるのか分かりません。
[testuser@mail ~]$ mail
Heirloom Mail version 12.4 7/29/08. Type ? for help.
"/var/spool/mail/testuser": 1 message
> 1 Mail System Internal Wed Jun 17 00:20 13/551 "DON'T DELETE THIS MESSAGE -- FO"
& 1
Message 1:
From MAILER_DAEMON Wed Jun 17 00:20:34 2009
Date: Wed, 17 Jun 2009 00:20:34 +0900
From: Mail System Internal Data <MAILER-DAEMON@mail.pan.mydns.jp>
Subject: DON'T DELETE THIS MESSAGE -- FOLDER INTERNAL DATA
X-IMAP: 1 0000000001
Status: RO

This text is part of the internal format of your mail folder, and is not
a real message. It is created automatically by the mail system software.
If deleted, important folder data will be lost, and it will be re-created
with the data reset to initial values.

postfixとamavisで本を見ながらメールサーバーを設定をしました。
しかし、LAN内でmailコマンドを使い自分自身に送っているのですが、
下記のメッセージが表示され、うまく言ってるのか分かりません。
[testuser@mail ~]$ mail
Heirloom Mail version 12.4 7/29/08. Type ? for help.
"/var/spool/mail/testuser": 1 message
> 1 Mail System Internal Wed Jun 17 00:20 13/551 "DON'T DELETE THIS MESSAGE -- FO"
& 1
Message 1:
From MAILER_DAEMON Wed Jun 17 00:20:34 2009
Date: Wed, 17 ...続きを読む

Aベストアンサー

amavisがポート10024をlistenしてるはずですが
> Jun 18 22:59:14 mail postfix/smtp[3609]: connect to 127.0.0.1[127.0.0.1]:10024: Connection refused
そこに接続できない
amavisが走ってないんじゃないですか

QUDP:送信レートについて

UDPで帯域測定プログラムを作りました。
このプログラムは、送信側で10000個のパケットを送信して、
受信側でスループット、パケット到達率、パケット到達間隔を測定するものです。

このプログラムに送信側で送信レートという機能を追加したいのです。
送信レートは、1秒間に何バイトのパケットを何個送ったかというものですよね?
私は1秒間に100個のパケットを送信しようと考えています。

私が考えたのは、100個のパケットを送る処理と一緒に、無駄なループを追加するということです。
こうすることで無駄なループで時間を稼ぐことができます。1秒に近づくようにループを調節すればよいと考えました。

時間を稼ぐためのループを作りたいのですが、ループの中はどう書いたらよいでしょうか?
また、ほかに良い方法があれば、アドバイスをいただきたいです。

Aベストアンサー

> 私の作ったプログラムは、紹介していただいたサイトのプログラムのようにスレッド化していません。
> ですから、スリープはできないと思うのですが、どうすればよいでしょうか?

マルチスレッド化していなくても、メインのスレッドは1本走っています。
http://d.hatena.ne.jp/konchi/20090911/1252646115

あとは「i回目のsleep終了予定時刻」は「送信開始から(i+1)×10ミリ秒後」になるので、それと、sleep開始時刻との差が、sleepすべき時間になります。
ですから、socket.send の次に
Thread.sleep((i+1)*10-(System.nanoTime()-send_start)/1000000);
を入れることでいけると思います。

QCentOS5.0にディスプレイドライバがインストールできません」

OS:CentOS5.0
CPU:Pentium2.4
グラボ:Geforce6600GT
ドライバ:NVIDIA-Linux-x86-100.14.11.pkg1.run

NVIDIAサイトで Geforce 6 Series→Linux x86 よりドライバをダウンロードしました。#init 3でroot権限でテキストログイン後shでドライバ実行しましたが途中で4回ほどエラー画面が出て失敗します。

以下、エラー画面の中で一番まとめっぽい文章です。
______________________________________________________________________________________

No precompiled kernel interface was found to match you kernel;

would you like the installer t attempt to download a kernel

interface for your from the NVIDIA ftpsite(ftp://download.nvidia.com)?
______________________________________________________________________________________

よろしくお願いいたします。

OS:CentOS5.0
CPU:Pentium2.4
グラボ:Geforce6600GT
ドライバ:NVIDIA-Linux-x86-100.14.11.pkg1.run

NVIDIAサイトで Geforce 6 Series→Linux x86 よりドライバをダウンロードしました。#init 3でroot権限でテキストログイン後shでドライバ実行しましたが途中で4回ほどエラー画面が出て失敗します。

以下、エラー画面の中で一番まとめっぽい文章です。
______________________________________________________________________________________

No precompiled kernel interface was found to match ...続きを読む

Aベストアンサー

precompiled kernel interfaceが何を指しているのか、未だに分からないが、どうやってNVIDIA製ドライバを導入すれば良いかは何度か作業しているので分かる。

>No precompiled kernel interface was found to match you kernel;
>would you like the installer t attempt to download a kernel
>interface for your from the NVIDIA ftpsite(ftp://download.nvidia.com)?
 のメッセージの後、ダウンロードを試みて失敗。
 その後、該当のシェルはカーネルのリ・ビルドを試みる。
 上手くいかないということは、カーネルのコンパイル環境が整っていないのだと思う。
 カーネルをコンパイルするには、

  ・cコンパイラ
  ・カーネルのソース
  ・カーネルコンパイル時に必要となるライブラリ群

 が必要になる。
 メニューの、アプリケーション→ソフトウェアの追加と削除 を使って必要なものを入れてあげよう。
 ちなみにカーネルのソースは3種類あるので(標準版、PAE対応版、Xen対応版)現在使っているカーネルに合わせてダウンロードする必要がある。

 必要なものを全てインストールしたら、再度該当のシェルを動かせば、カーネルのリ・コンパイルがされてドライバが無事組み込まれる筈だ。

precompiled kernel interfaceが何を指しているのか、未だに分からないが、どうやってNVIDIA製ドライバを導入すれば良いかは何度か作業しているので分かる。

>No precompiled kernel interface was found to match you kernel;
>would you like the installer t attempt to download a kernel
>interface for your from the NVIDIA ftpsite(ftp://download.nvidia.com)?
 のメッセージの後、ダウンロードを試みて失敗。
 その後、該当のシェルはカーネルのリ・ビルドを試みる。
 上手くいかないという...続きを読む

Qメールの送信、受信時間について

アウトルックでメールを送信したところ、送信側の送信した日時と受信側が受信してみた送信日時が違っているようなのですが、こんなことってあるのでしょうか。
ちなみに受信側から見た送信日時が実際に送信した日時より早かったのですが。

Aベストアンサー

AさんからBさんに送信した場合。

Aさんがメールを書き終えて、「送信トレイ」に入れた時刻(送信トレイを使わない設定にしている場合は、直で送信されますのでその時刻)が「送信した日時」です。Aさんのパソコンで設定されているパソコン時計の時刻です(当然、「可能性として」これが狂っていることがあります)。仮に午前9時に送信トレイに入れて、実際の送信(送受信)を10時に実行しても、送信時刻は9時と表示されます。

10時に送信したとします。これがBさんのサーバーが受信した時刻が受信日時です。多くの場合、その表示は「10時00分」もしくは「10時01分」です。Bさんがパソコンを起動させて、実際には午後3時に受信しても、このメールの送受信時刻は、それぞれ、午前9時、午前10時(または10時01分)と表示され、イメージ的にはこのメールは1時間をかけてAさんからBさん(のサーバー)に送られたように感じられます。午後3時に受信したことの記録は残されていません(と、思います)。

ご質問は、Aさんが午前9時に送信した(送信トレイに入れた)のに、午前8時に受信していることかと思います。サーバーの時計は、まず正確と思います。

原因として考えられる一つは、Aさんのパソコン時計が狂っていることです。

別の原因は、Aさんのパソコン時計でタイムゾーンを誤っている場合です。コントロールパネルの「日付と時刻」で設定します。仮に、タイムゾーンが「キャンベラなど」(オーストラリア)となっているとします。時差は1時間です。Aさんが午前9時に送信します。Bさんのサーバーでは、オーストラリア時間の午前9時に受信されますが、これが日本時間に『換算されて』8時の受信として記録されます。すなわち、送信の1時間前に受信した、という結果になります。

Bさんのパソコン時計に狂いがあってもなくても、この場合は影響ありません。狂いがあるのはAさんのパソコン時計、もしくは(考えられませんが)Bさんのサーバーの時計ということになります。

ちなみに、アテネで午前9時(夏時間)に送信すると、日本に午後3時に着信します。この場合、「9時」の表示は、日本側のパソコンのどこにも記録されていません。

AさんからBさんに送信した場合。

Aさんがメールを書き終えて、「送信トレイ」に入れた時刻(送信トレイを使わない設定にしている場合は、直で送信されますのでその時刻)が「送信した日時」です。Aさんのパソコンで設定されているパソコン時計の時刻です(当然、「可能性として」これが狂っていることがあります)。仮に午前9時に送信トレイに入れて、実際の送信(送受信)を10時に実行しても、送信時刻は9時と表示されます。

10時に送信したとします。これがBさんのサーバーが受信した時刻が受信日時です...続きを読む

QCentOS5.2インストールで「トランザクション実行中にエラーが発生」

CentOS-5.2-i386-bin-DVD.isoをDVD-Rに焼き、DVDからのインストール中にエラーが発生して困っております。
エラーは、ファイルのコピー中に出ました。

<エラーメッセージのウィンドウ>
トランザクション実行中に次のような理由でエラーが発生しました。ディスク容量の不足
以下のファイルシステムは容量を増やす必要があります。
342M on /mnt/sysimage/usr [再起動]←ボタン

<インストール時に設定したパーティショニング>
/dev/sda
 /boot 125MB
 / 8000MB
 /var 4000MB
 /usr 4000MB
 /usr/local 8000MB
 /opt 8000MB
 /home 44163MB
/dev/sdb
 swap 2000MB
 /export 74292MB
/dev/sdc
 swap 2000MB
 残り未使用

最初は / を4000MBにして、何度かインストールを試みたのですが、
同じところで同じエラーが出ました。
ただし、342Mのところの数字は毎回違う値(124M等)でした。
エラーの内容から/mntの容量不足かと思い、/の容量を増やしたのですが、上記エラーとなり質問することにしました。

ちなみに、パーティショニングをおまかせの設定にしたところ、swapに2000MB、残り全てをLVMにして/に振っていましたので、swapを4000MBに変更してインストールを進めたところ、正常にインストールが完了しました。

当初のパーティショニングでインストールを正常終了させるには、どうすれば良いでしょうか?

また、そもそもおまかせの設定の方がパフォーマンスが出て良いということでしょうか?その場合、swapがどの物理ディスクに分散しているのかも気になります。

スライスを切らずに全て/に割り当てるのはどうも気持ち悪いのですが、CentOSの場合はお任せでインストールするのが一般的なのでしょうか。

情報の不足がありましたら補足させて頂きます。
よろしくお願いします。

CentOS-5.2-i386-bin-DVD.isoをDVD-Rに焼き、DVDからのインストール中にエラーが発生して困っております。
エラーは、ファイルのコピー中に出ました。

<エラーメッセージのウィンドウ>
トランザクション実行中に次のような理由でエラーが発生しました。ディスク容量の不足
以下のファイルシステムは容量を増やす必要があります。
342M on /mnt/sysimage/usr [再起動]←ボタン

<インストール時に設定したパーティショニング>
/dev/sda
 /boot 125MB
 / 8000MB
 /var 4...続きを読む

Aベストアンサー

> <エラーメッセージのウィンドウ>
> トランザクション実行中に次のような理由でエラーが発生しました。ディスク容量の不足
> 以下のファイルシステムは容量を増やす必要があります。
> 342M on /mnt/sysimage/usr [再起動]←ボタン

/usrのディスク容量が不足しているように見えますね。

手元にあるデフォルトでインストールしたCentOS 5.2(追加でのパッケージのインストールは殆どなし)だと/usrが2.7GBぐらいですね。
パッケージを結構多くインストールしようとしているなら4000MBだともしかしたらディスク容量が不足になるかもしれませんね。

[root@brynhildr /]# cat /etc/redhat-release
CentOS release 5.2 (Final)
[root@brynhildr /]# du -sh *
  :
2.7G usr
  :

Q受信機能だけの無線機ってありますか?

受信機能だけの無線機ってありますか?

受信機能だけの無線機だと免許は要りませんよね?

Aベストアンサー

広帯域レシーバーですね。
無線機器メーカーからも製品が出ています。
ただ、何ヶ所か受信出来ない周波数が設定されていますが、広い受信域があります。
当然免許は要りませんが、得られた情報は基本的に人には話せませんから注意が必要です。

Qcentos5.4がよく壊れます。centosはvistaより不安定な

centos5.4がよく壊れます。centosはvistaより不安定なOSなのでしょうか?
それとも、vistaより安定していてVmwareserver上だからでしょうか?

Vmwareserverを使っていてホストOSがvistaでゲストOSがcentos5.4です。

パッケージマネージャが壊れたり、コマンドがちゃんと使えなくなったりします。

Aベストアンサー

おそらく使い方に原因があると思います。
普通に使っていればそういうことはありません。

ゲストOS稼働中に、ホストOSがこけたり電源が突然切れたりした場合、ホストOS再起動後、ゲストOSが起動できなくなったことはあります。そう言うことがなければ、VMWare上だからと言って特別な違いはありません。

QEdMax:受信をした後でないと送信できない

EdMaxで3つのアカウントを設定し、受信はすべて成功しました。
ですが、3つとも送信の時には、送信前に受信をしないと送信ができません。
受信せずに送信を押すと以下のようなエラーメッセージが出ます。
(このエラーメッセージを見て、受信→送信をするようにしました。)
smtpログ
MAIL FROM:<私のメルアド>
521 ybbsmtp.mail.yahoo.co.jp closing transmission channel. You must be pop-authenticated before you can use this smtp server, and you must use your yahoo mail address for the Sender/From field.

Socketログ
MAIL FROM:<私のメルアド> 0

ですが、毎回送信の度こうではとても不便です。
私には上記のエラーメッセージから、受信→送信しか
思いつけなかったのですが、他にも何かあるのでしょうか?
どうすれば正常に送信できるようになるでしょうか?

EdMaxで3つのアカウントを設定し、受信はすべて成功しました。
ですが、3つとも送信の時には、送信前に受信をしないと送信ができません。
受信せずに送信を押すと以下のようなエラーメッセージが出ます。
(このエラーメッセージを見て、受信→送信をするようにしました。)
smtpログ
MAIL FROM:<私のメルアド>
521 ybbsmtp.mail.yahoo.co.jp closing transmission channel. You must be pop-authenticated before you can use this smtp server, and you must use your yahoo mail address for the Sender...続きを読む

Aベストアンサー

POP before SMTPの設定が必要です。

設定-アカウント設定-送信というタブに

「POP before SMTP」で認証

というチェックボックスがあると思いますので
チェックを入れてください。

メール送信前に自動的に受信するようになります。

QCentOS5のvnc経由のGNONEで「ソフトウェアの削除/追加」が

CentOS5のvnc経由のGNONEで「ソフトウェアの削除/追加」が起動しない。

vnc-serverに対しvnc-viewerからのアクセスです。
マウスポインタはしばらくグルグル回り、処理をしようとはしていますが、数秒で普通のマウスポインタに戻り、何も無かったような感じになります。

GNONE端末から
[root@???]# yum update
は出来ました。

念のため、全部Updateしましたが、症状は変わりません。

ソフトウェアアップデータも同様です。

■アプリケーション
 ×ソフトウェアの削除/追加
 ×ソフトウェアアップデータ
 ○その他

■場所
 ほとんど○

■システム
 設定
  「画面の解像度」がエラーになるが他は○

 管理
  ×キーボード
  ×サービス
  ×サウンドカードの検出
  ×ディスプレイ
  ×日付と時刻
  ×認証



vnc経由でなく、ローカルで(直接)GNONEを開くと、全て問題無く機能します。
同じようにvnc-viewerを使用しても、
vnc-serverに対する場合はダメで、
リモートコンピュータのデスクトップにアクセスした場合はOKです。

vnc-serverの設定の問題でしょうか?
それともvnc-serverからアクセスした場合、「あれはできるが、これはできない」という状態になるのは仕方がないことなのでしょうか?

CentOS5のvnc経由のGNONEで「ソフトウェアの削除/追加」が起動しない。

vnc-serverに対しvnc-viewerからのアクセスです。
マウスポインタはしばらくグルグル回り、処理をしようとはしていますが、数秒で普通のマウスポインタに戻り、何も無かったような感じになります。

GNONE端末から
[root@???]# yum update
は出来ました。

念のため、全部Updateしましたが、症状は変わりません。

ソフトウェアアップデータも同様です。

■アプリケーション
 ×ソフトウェアの削除/追加
 ×ソフトウェアアップデータ
 ○そ...続きを読む

Aベストアンサー

No.2 の補足です。
現象が再現できました。
SELINUXはデフォルトのままでOKでした。
ファイアウォールをオフにして試してください。(iptables を停止する)
GUIで簡単に設定できます。
上記でOKであるという確認ができて、上記のままでは運用したくない場合は、
port:5900番台を開けてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報