ある数列を考えます。初項と終項が規定できます。今、「終項の次の項は、初項」と規則を作ります。するとぐるぐる回って、どこがはじめとも終わりともつかない、環状の数の構造(順序性はある)ができます。こういう環状の数列を研究する分野はあるでしょうか?

(1)そのような研究分野の名称
(2)そのような研究分野の応用例
(3)そのような研究分野の本とかURL
(4)そのような環状の数列をあらわす記法

などがありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

すっかり忘れてしまっていたのですが、


下で説明したような計算規則(?)を合同式といいます。合同式で検索してみればいろいろあると思います
(なお、下の説明と記号が違うと思いますが私のほうがおかしいのでURLの記号を使ってください)。
たとえば、
http://markun.cs.shinshu-u.ac.jp/learn/integer/i …
http://www.rimath.saitama-u.ac.jp/lab.jp/fsakai/ …

どのような経緯でこのような演算をお考えになったのか興味があるところですが、合同式の概念は数学に限らず
情報科学(符号理論や暗号)でも基本的な考え方なのでその手の入門書を読んでみるといいかもしれません。
ブルーバックスの一松信『暗号の数理』にはこの手の話がのっていたような気がします。
本としておすすめは草場公邦『ガロワと方程式』の最初の30ページに合同の話が
コンパクトにまとまって例も豊富にかかれています
(この本自体は160ページ程度のガロワ理論の入門書です)。

追加の質問に関してですが、(記号や用語の意味は上側のURLを見てください)
(1)、(3)に関しては、整数の素数pを法とする剰余類に関しては、剰余類の元の間で加減乗除で閉じています。
剰余類で a×b≡1 mod p が成り立つときaに対してbは一意的に決まって(つまり、逆数がただ一つ決まって)、この数を他の数に掛けることをaでわることと定義する(つまり、普通の計算と同じに考えると)、わり算もできます。
ところが、素数でない数qを法とすると、qは他の数によって、q=u×v と表されるため、a×b≡1 mod q となるbがaに対して一意的に決まらず普通のわり算とは変わってしまいます。つまり、一般には加減乗除ではなく加減乗が成り立つということです。
glairの表現でいえば、剰余類全体に剰余類のどんな元を掛けても、法が素数であえれば循環的な順序は変わらないが、素数でない場合は部分的にしか順序が保たれない。(・・・じゃあ、その部分的というのはどういうふうなのかというと、考えればわかると思いますが、私にはすぐにはむりでございます・・・。)
(2)に関しては、演算に関しては、基本的に加減乗除で考えると思います。ただし、演算として、普通の意味の加減乗除でないものも考えられ、その場合にはその演算規則により、剰余類が代数的に閉じているかどうか決まると思いますが、ここでの要点は、剰余類が数の組と演算の組でワンセットになっていて、そのとき初めて数学としての構造がきまって議論ができるということだと思います。したがって、特異な演算を考えるのはまた別な話になると思います。

こんなところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびの回答ありがとうございます.大変助かります.合同式というのですね.なるほど….ブルーバックス…ガロワ…群論を執筆している時期に、女性がらみのことで決闘に呼ばれて、そのため若くしてなくなったという数学の天才とかいう人…でしょうか…門外漢の私には、うわっ、ガロワ…すごい…という感じです(→いかにも素人の反応^^;).この度は本当にありがとうございます.

お礼日時:2001/03/18 20:34

ごめんなさい。

また間違えました。
「exp(ix)=exp(iy)となるxとyとを同一視すれば、0<=x<2πの実数で上の計算と同様の閉じた代数の系ができます。」
と書きましたが、これって、和についてのみですね。積は成り立ちません。本当にお恥ずかしい。
    • good
    • 0

naruseさんに対するお礼を読んでおもったのですが、「正しい循環的順序を持った方位角の循環的並びに関して、なんらかの演算操作を加えても、やはり正しい方位角の循環的並びが生まれる」というところから察すると、おそらく、剰余が作る代数のようなものをお考えなのではないでしょうか?


 たとえば、ある素数pを考えて、pで割ったあまり数の体系は代数的な演算に対して閉じます。ある整数xをpで割ったあまりを x mod p と表記すると
 (x mod p)±(y mod p)=(x±y mod p)
 (x mod p)×(y mod p)=(x×y mod p)
が成り立ちます。(x mod p)は普通、0,1,2,...,p-1で代表させて表せます。たとえば、(p-1)+1=p mod p=0 ですし、(p-1)×2 = 2p-2 mod p = p-2 のようにつじつまがあうということです。 「例えば、-1をかけると順序性が反転する。」という例をあげられていますが上の例でもそうなります。上の例では-1は(p-1)に相当します((p-1)+1=0 などを考えていただければわかると思います。)
そして、
 (p-1)×1= p-1, (p-1)×2 = 2p-2 mod p = p-2, (p-1)×3 = 3p-3 mod p = p-3,
   ..., (p-1)×(p-2) = p^2-3p+2 mod p = 2, (p-1)×(p-1) = p^2-2p+1 mod p = 1
となって、結果だけならべると、
 p-1, p-2, p-3, ..., 2, 1
となることが分かります。「例えば、定数を加減算しても順序性の正しさは維持される。」というのも、上のように確かめると確かにそうなっているのがわかるはずです。もし、このようなことを考えられるのであれば、代数の典型的な例として必ず教科書に載っていると思いますし、
整数論出発点の部分で出会うはずです。また、整数に限らなくてもexp(ix) (iは虚数単位)として、exp(ix)=exp(iy)となるxとyとを同一視すれば、0<=x<2πの実数で上の計算と同様の閉じた代数の系ができます。ただし、「例えば、4以上の要素からなる循環的並びを、順序性を維持したまま3要素まで恣意的に減じても、正しさは、は維持される。」というのが私にはよくわからなかったので、上の説明はピントをはずしていてるかも知れません。そのあたりが、glairさんの理論のオリジナリティーとして何か新しい概念を含んでいるのかもしれないと思いました。

ちなみに、私の前の回答を補足するとたとえば、
 (d^2/dx^2 + u(x))f(x) = 0
 f(x)=f(x+L)
という周期境界条件のついた微分方程式が与えられたとき、これを離散化して、L=Nw (Nは整数で、wは適当な小さな実数)とし、
 f(nw)=a(n) (n=0,1,2,...,N-1)
となる数列{a(n);n=0,1,2,...,N-1}で解f(x)を近似すると、漸化式(?)
 a(n+1)+a(n-1)-2a(n)+ u(nw)w^2 a(n) = 0
で結ばれた数列ができます。そして、当然求めるべき数列の性質としては
 a(n+N)=a(n)
を要請するわけです。従って、この手の方程式に付随して、周期性のある数列が考えられます。ただし、glairさんがおっしゃっている、計算規則が成り立つかどうかは元の方程式によるわけで、たとえば、上の例でu(x)=0とすれば成り立つのではないでしょうか?(確かめてないですけど)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.うーん、ドンピシャリという感じです.ありがとうごます.

私の能力不足で、何をコメントしたらいいかわからず、考えていたため、お礼が送れました.

実は、私にとってまだお聞きしたいことがある、ようです…、が、なんと聞いたらいいかわからない…(^^;)...

>そのあたりが、glairさんの理論のオリジナリティーとして何か新しい概念を含んでいるのかもしれないと思いました。
とmotuan様にご指摘いただいた部分を、私が明確にすれば良い、のだとは思うのです.しかし、この作業は私にとって簡単でなかったので、しばらく考え中です.これは宿題として….

で、イメージとして余計に脇に逸れるやもしれず恐縮ですが、次のような再質問をさせて頂けましたら幸いです.

>ある素数pを考えて、pで割ったあまり数の体系は代数的な演算に対して閉じます
ということですが、
(1)この場合の、代数的な演算、の具体例としては、挙げていただいた「加減算」「-1の乗算」のほかに、どのようなものがあるでしょうか? 予想では(a)乗算は別に-1以外も全部ある.(b)除算はないorある…? (c)べき乗も可能、などでは…など思えてきました.
(2)「代数的な」演算以外の、「演算」、に関して閉じる、ということもあるのでしょうか?その場合の具体例はどんなものがあるでしょうか?私にはイメージ湧きませんが一応念のため.
(3)上記2つ質問への答えのうち、順序性と関係を持つ結果を生むような演算にはどのゆうなものがあるでしょうか.(「加減算」「-1の乗算」をすでにに回答で挙げていただきました.それ以外にありますか?)

>…整数論出発点の部分で出会うはずです。
情報源への適切なポインター情報をありがとうございます.なにか整数論の(?)書籍を買うのがよいと、もちろん思うのですが、数学素人な私ですので、買っても私、全部は読ま(め?(^^;)ないだろうし、もし、よろしければ、整数論の出発点のあたりを詳述したような URLなど、万一ありましたら、ご教示頂けましたらたいへん幸いです.

この度はありがとうございました.

お礼日時:2001/03/16 14:20

一般名称じゃないですが「循環数列」で十分かと思いますよ。



さて、ちょっと補足をお願いします。

●数は自然数?それとも整数や実数でしょうか?

●その一巡のなかに、同じ数が2度以上現れるものを考えていらっしゃいますか?それとも一度きりでしょうか。言い換えれば、数列の中の一つの数に注目したたとき、その次に続く数がそれだけで決まっているでしょうか。

これらによって、扱い方が違ってくるように思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます.いろいろ考えてから、少しでも意味のあるお礼と返事を書こうとしすぎて、お礼が遅くなり申し訳ありません.別記のような観点で、関心を持っています.また、なにかありましたら、どうぞ宜しくお願い申し上げます.

お礼日時:2001/03/18 20:29

motsuanさんの指摘のように、いろいろな分野で取り扱える内容だけに


特に研究分野として名称があるわけじゃないと思います。
ところで、glairさんが呼称する数列は限定された意味でしょうか。
自然数列(整数列)を想定しているならば「整数論」の範疇に
はいると思われます。順序性(循環的順序?と呼べばよいのかな)のみ
に着目してその構造の解明したいと思うならば「集合論」や「組み合わせ論」の
範疇でしょう。もうちょっと連続的な観点からも見てみたいならば
確か、「フラクタル理論」や「カオス理論」なんかで複素点列(または実数列)で
周期性をもったものの構造を位相的(もちろん代数的も含めて)に研究されて
いたんじゃないかなと記憶しています。(記憶違いでしたらゴメンナサイ。)
回答にはほど遠いのですが参考までに!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。naruse様の切り口は私の意図するところに近いところから始まっておられて驚きです。

私が関心があるのは、naruse様の表現で、「自然数列(整数列)」で「循環的順序」を持った、ものです。

具体的には、(まるで小中学生のような話です)、「360度表記で表現されたいくつかの方位角を要素とする、循環的順序を持つ、数循環構造」です。例えば、{340, 15, 210, 228, (先頭に戻る)}です。数の作る循環的わっかです。先頭はありません。循環的順序はあります。今挙げた例は、実際の方位角の循環的順序 としては、「正しい」、と判定されえます。

正しい循環的順序を持った方位角の循環的並びに関して、なんらかの演算操作を加えても、やはり正しい方位角の循環的並びが生まれる、ということがあると思います。その規則を全部知りたい。


それらの規則を演算規則として使えば、正しい循環的順序を持った方位角の循環的並びに関して演算ができる。演算の結果も正しい循環的順序持った方位角の循環的並びである。その演算結果を利用して私は、自分の工学的研究の、支援をしたい。

このような要求を持った人は私のほかにも居るような気がしています。

上に述べた一般的規則の一個一個を知りたいといいましたが、もし、従来研究があるとしたら、それらは、例えば結合律とかなんとかいうような名前がついているのではなかろうか、とイメージしています。

それらの一般的規則を、道具として使いたいだけだったのですが、なかなかそのような従来研究が見つからなかったため、今では自分で一般的規則らしきものをかっ
てに洗い出して使っています。

私がかってに洗い出して使っている演算規則(?)は次のようなものです。
例えば、-1をかけると順序性が反転する。
例えば、定数を加減算しても順序性の正しさは維持される。
例えば、4以上の要素からなる循環的並びを、順序性を維持したまま3要素まで恣意的に減じても、正しさは、は維持される。
などなど。。。。を見出して、かってに使っています。

しかしそれがあっているのか、そして、他にもあるのではないか、と思って…。あっているとは思うのですが、なにかもっと、歴史的に有名な研究の流れ(例えば整数論とか)の一部として、表現すべきもとも思えて、そのあたりはどうなのかなと、を知りたくて…。

簡単に従来研究が見つからなかったので、やはり整数論の範疇を探すことになるのかも、と危惧しています(^^;)。(整数論は難しいという思い込みが私にはあるので…)。

あまり数学的なことに詳しくないので、なにか示唆、ご意見がありましたら、お教えください。
よろしくお願いします。

お礼日時:2001/03/13 13:05

ある種の方程式に周期境界条件を課したものの離散的なものと考えれば沢山あると思います。


たとえば、1次元の散乱問題などは量子群や可解模型との関係で盛んに研究されていたと思います。

非可換な数をつかって、組み合わせの母関数を考えたとき、何かしら面白い組み合わせの公式
(並び替えに制限がかかるということでなんらかの束縛条件つきの組み合わせになると思うのですが)が出て来るんじゃないかと夢想したりします。
たぶんそういう数学の分野があると思うのですが、専門家の方いかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。上記の概念は、私にとって、すぐには解りませんが、じょじょに役に立つ概念のような気がします。motsuan様が言われていますが、上記のあたりの専門家の方、なにかご意見いただけましたら幸いです。

お礼日時:2001/03/13 13:22

フィボナッチ数列のことでしょうか?



フィボナッチ数列でしたら、検索サイトで「フィボナッチ」、「循環数列」で
検索できます。

意図が違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。フィボナッチ数列、ありましたね、そういうの。ただ、どんなのか忘れていました。そこで、「あれ、そんな身近な名称で、ぐるぐる回る数列があったっけ?」と思い、webで検索したら残念ですが意図するものと違いました。「循環する」、という日本語表現が似ていますが、その意味するところが違います。いずれにせよ、はやい段階での指摘をありがとうございます。またよろしく願いします。

お礼日時:2001/03/13 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q階比数列??

数列で、隣接する2項の差をとったらそれが新しく等比数列になる数列は階比数列というのでしょうか?また、あるとすればこのような数列の一般項を導くことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

隣接する2項の差をとっているので階差数列っていうんです。
階差数列が等比数列になっていてももちろん一般項は求まります。
《例題》
数列a(n):2,3,5,9,17,33,・・・ の一般項を求めよ。
《解答》
a(n)の階差数列をb(n)とすると、
b(n);1,2,4,8,16,・・・
となり、
b(n)=2^(n-1)
よって、
n>=2のとき
a(n)=a(1)+b(1)+b(2)+・・・+b(n-1)
=2+(2^(n-1)-1)/(2-1)
=2+2^(n-1)-1
=2^(n-1)+1
a(1)=2^0+1=2
となり初項と一致するので、
求める一般項は
a(n)=2^(n-1)+1
となる。

階差数列の和を求めることが出来ればもとの数列の一般項を求めることが出来ます。

Q数列の初項から第n項までの和の問題ですが…

次の等比数列の初項から第n項までの和を求めよ
√2-1,1,…

なんですが、答えは(√2+1)^(n-1)-√2+1/√2となっていますがおかしくないですか?
いずれにしろ答えは何度やってもそうならないんです…
この問題に1時間もかけてしまったんです・・
もうお手上げなので誰か助けてください!!

Aベストアンサー

初項√2-1
公比√2+1
和は、
[(√2-1){(√2+1)^n-1}]/(√2+1-1)
={(√2-1)(√2+1)^n-(√2-1)}/√2
※(√2+1)^nの1個だけを出して
={(√2-1)(√2+1)(√2+1)^(n-1)-(√2-1)}/√2
={(√2+1)^(n-1)-√2+1)}/√2
となります。

Q数列について

(等比数列)
次の数列の一般項を求めよ。
(1)1,11,11111…
(2)125,125125,125125125,…

(等差数列)
数列A;2,5,8…1001 数列B;10,20,30,…1000はともに等差数列である。
(1)AとBとに共通に含まれる数はどんな数列をつくるか。

分からないんで分かりやすくよろしくお願いします。

Aベストアンサー

等比数列の問題のほう、きっとまだ習ってないでしょうが「漸化式」というものを使ってとくことも可能です。
いつか漸化式を習ったときに思い出してくださいね。

第n項をa(n)とかくことにすると、
a(1)=1
a(i)=10*a(i-1)+1
と立式できる。
この式を変形するとa(i)+1/9=10(a(i)+1/9)(この式変形がツボなんです)
ここでa(i)+1/9=b(i)とおくと・・・けっこううまくできます。

この問題のおすすめ解法は、「階差数列」「漸化式」「9倍して1を足し、最後に9で割る方法」ですか。
「9倍して1を足し、最後に9で割る方法」は知ってたらできるけど、気づかなかったら・・・ねぇ。という感じがしなくもないです。
漸化式は、パターン「10倍して1を足してる」という事実が読み取れればよいので気づきやすい。
でも、なんかちょっと変わった数列だな・・・と思ったら、階差数列をとることをお薦めします。(高校の数列の問題を解く分には、という限定ですが)


(等差数列)
「3でわって2あまる数」であり、かつ「10で割り切れる数」はどんな数ですか?
と書き換えれば、とたんに小学生か中学生の問題にはやがわりします。^^

しかし式でまじめにやろうと思うと、意外や意外、「不定方程式の整数解」問題という、少し高級な問題になってしまいます。

共通の数を3a+2=10b(a,bは整数)とおいて、この方程式を解くことになります。
まず(a,b)=(6,2)は解なので、3(a-6)=10(b-2)と書けます。
ここで、左辺は3の倍数なので右辺も3の倍数、でも10は3の倍数でないから、「b-2が3の倍数である」ことがいえます.
よって、b-2=3k(kは整数)とおける。このときa-6=10k、(共通の数)=30k+20
あとはkを求めれば完璧。^^

等比数列の問題のほう、きっとまだ習ってないでしょうが「漸化式」というものを使ってとくことも可能です。
いつか漸化式を習ったときに思い出してくださいね。

第n項をa(n)とかくことにすると、
a(1)=1
a(i)=10*a(i-1)+1
と立式できる。
この式を変形するとa(i)+1/9=10(a(i)+1/9)(この式変形がツボなんです)
ここでa(i)+1/9=b(i)とおくと・・・けっこううまくできます。

この問題のおすすめ解法は、「階差数列」「漸化式」「9倍して1を足し、最後に9で割る方法」ですか。
「9倍して1を足し...続きを読む

Q数列{an}の初項から第n項までの和を・・・

数列{an}の初項から第n項までの和をsnとするとき、関係式sn=2a[n]+nが成り立っている。このとき、次の問いに答えよ。
(1)n≧2のとき、a[n]をa[n-1]を用いて表すと、a[n]=□となる。

(2)n≧1のとき、b[n]=a[n+1] - a[n]とおく。b[n]をnを用いて表すと、b[n]=□となる。
(3)a[n]をnを用いて表すと、a[n]=□となる。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が最初にかいた回答が, OKWave の判断で削除されました。
OKWave は、次のような回答を奨励しているようです。

(1)
S[n-1] = 2a[n-1] + (n - 1)
これより, a[n] = 2a[n-1] - 1

(2)
a[n+1] = 2a[n] - 1
これより, b[n] = 2b[n-1] = -2^n

(3)
公式より, a[n] = -2^n + 1

何かのお役に立てましたか?
何のお役にも立てず、本当に申し訳ありません。

Q「日常生活における数列」とはどういう意味でしょうか?

「日常生活における数列」とはどういう意味でしょうか?

質問を見てくださりありがとうございます。
質問内容は上記の事です。

課題の主題が「日常生活における数列」なのですが、どういう内容にすればいいかわからず困っています・・・。

・日常生活で数列で表現できるものを調べる。
・日常生活で数列で表現されているものを調べる。(バーコードなど)
・日常生活で数列を利用したものを調べる。(自然界とフィボナッチ数列の関係など)

上記の内、どれを目的(?)に調べたら良いのでしょうか・・・?


ただ補足に「いままでの学習の復習をかねている」とあるのですが、
習っていないような数列や計算をものを調べるのは、だめでしょうか?(乱数列など)
習ったのは、等差数列、等比数列、階差数列、漸化式です。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>日常生活で数列で表現できるものを調べる

例1)誕生日から始めて毎日100円づつ貯金します。

誕生日からn日後(その日の貯金後)の貯金額a(n)は

a(n)=100n
漸化式表示では a(n)-a(n-1)=100, a(1)=100

例2)年利r%の複利で100万円預金した時、n年後の元利合計b(n)は
b(n)=1000,000(1+r/100)^(n-1)
漸化式表示では b(n)/b(n-1)=1+r/100, b(0)=1000,000

その他、今年の結果が来年の何かに影響する場合等、無数にあります。
 

Q数列 0,r,2r^2,……,kr^k,…… の初項から第n項までの和

数列 0,r,2r^2,……,kr^k,…… の初項から第n項までの和 Sn を求めよ。

という問題で、一般項 an=(n-1)r^n-1 になると考え

初項 (n-1) 公比 r なので

Sn = (n-1)(1-r^n)/(1-r)

になると考えたのですが答えは全く違っていました。

根本的に考え方が間違っていると思うのですが、どこが悪いのか分かりません。
どなたか詳しく教えていただけますでしょうか。

問題と答えは↓にあります(一番最後の問題です)
http://www.kwansei.ac.jp/hs/z90010/sugakua/suuretu/touhisum/touhisum.htm

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>最初の(n-1)が初項の等比数列だと思っていましたが、
>これは、定数ではないので等比数列ではないと言う考えで良いのでしょうか?

 等比数列というのは、隣り合う項の比が一定(nによらない)だと言うことです。

 ここで具体的にその比を計算してみます。

a_n/a_(n-1) ={(n-1)r^(n-1)}/[(n-2)r^(n-2) =(n-1)/(n-2) r

 すると、隣り合う項の比にnが含まれ、一定ではありません。
 従って、数列{an}は等比数列ではありません。

 解法については、質問に貼られた問題サイトに良い解説が掲載されていますね。

Q【数列の問題】

等差数列2,5,8……を{an}、等比数列2,-4,8……を{bn}とする。
数列{an}と数列{bn}との両方に含まれる数を順に取り出してできる
数列{cn}の一般項は?

答え
cn=2^(2n-1)

解ける方がいらっしゃいましたら
解説お願いしますm(_)m

Aベストアンサー

すみません。書き間違いです。
等比数列です。

No.1は、等比数列の初項から2項おきに現れる数が、等差数列に必ず現れるということがわかります。
よーく読んでみてください。

Qなんで、等比数列の和で、r(公比)=1のときはn(項数)×a(初項)で求められるのですか?

なんで、等比数列の和で、r(公比)=1のときはn(項数)×a(初項)で求められるのですか?

Aベストアンサー

その数列を書き出してみたら分かりやすいと思います。

初項 a
第二項 a *1 =a
第三項 a *1 = a

というように、ずっと、a ですよね。

a,a,a,a,a,a,a,a,a,a ・・・・

n 項 までの和ですから、 a が n 個

a *n で求まりますよね。

Q公差または公比の集合が等差数列や等比数列になっている数列

こんにちは
私は今、一般常識の練習をしています。
数学の質問です。
数学って難しいですね。
小学生の頃はいつも100点だったのに、いつから嫌いになったのでしょう。
おっと、そんな話は置いておいて
数列についての質問です。
数列の種類って何がありますか。
等差数列と等比数列の他にも、いくつか種類があったような気がしてならないのですがどうでしょう。
たとえば76,64,54,46,40,36です。
この数列の公差の集合は-12,-10,-8,-6,-4というふうに等差数列になっています。
このような数列は何数列というのですか。
変差数列とか順差数列とか、そんな感じの名前ではなかったでしょうか。
でも検索しても、そんな名前は見つかりませんでした。
数年前までは高校生だったのに私の記憶も大したこと無いですね。

Aベストアンサー

zyousukeさん、こんばんは。
お返事、ありがとうございます。

>階差数列とは、ある一定の性質を持った数列という概念ではなく、ある数列に対して、その数列の公差の集合そのものを指していたのですね。

そうそう!そういった感じです。
ただ「公差」というのは、「等差数列で、隣り合う2つの項の差」をいいます。
公、というのは、等しい、というイメージがあります。
ですから、一般の数列のある項と、その一つ前の項の差は、「公差」とはいわないです。
(けっこう細かくてすみません。ちょっと違和感あったもので・・)
zyousukeさんのいわんとしているところは、分かりますよ!それでいいのです。

>例えば数列1,2,3,4,5,6の階差数列は1,1,1,1,1という具合でしょうか。

そうです、そうです。
もともとが、等差数列である、1,2,3,4,5・・・は
ある項と、その一つ前の項との差を取ってみると
(階差をとってみると)
1,1,1,1,1・・と等しい数字が並ぶはずですよね。

>「階差数列が、等差数列になっている、数列」は何数列というのですか。

そうですね・・・これに何という名前がついているかは聞いたことがありません。
もしかして、ネーミングされていたら私の勉強不足です、すみません。
あくまでも、階差数列が、等差数列になっているような(特徴を持った)数列、
という風にとらえていただければいいかと思います。

PS.階差数列の階とは、段階の階です。
ある項から、次の項にいく段階だと思ってください。
その差を考えてみたときに、zyousukeさんが知りたいような
等差数列の特徴を持っていたり、等比数列の特徴を持っていたりすることがある、ということなんですね。
階差数列が、そのような特徴を持つとき、もともとの数列をnを用いて表すことができます。
ですから、一見、何の特徴もない数列の一般項を考えよ、という問題が出たときは
階差数列を考えて見ると、大変有効である場合が多いです。

ご参考になればうれしいです。

zyousukeさん、こんばんは。
お返事、ありがとうございます。

>階差数列とは、ある一定の性質を持った数列という概念ではなく、ある数列に対して、その数列の公差の集合そのものを指していたのですね。

そうそう!そういった感じです。
ただ「公差」というのは、「等差数列で、隣り合う2つの項の差」をいいます。
公、というのは、等しい、というイメージがあります。
ですから、一般の数列のある項と、その一つ前の項の差は、「公差」とはいわないです。
(けっこう細かくてすみません。ちょっと違...続きを読む

Q数学の数列において一般項Anに対して第-1項や第0項などというのは存在するのでしょうか? また、nの

数学の数列において一般項Anに対して第-1項や第0項などというのは存在するのでしょうか?
また、nの定義は(決まっているのかは分かりませんが)自然数ということで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

非常に一般的に考えるなら, 「数列 {An}」というのは本質的に「n に対して An を与える関数」とみなすことができます. 従って, なんらかの方法で n=-1 や n=0 に対して値を決めることができるなら「第-1項」や「第0項」というものも (さらには「第 1/4項」なども) 考えることができます.

ただし, ふつうは漸化式を「逆に」使うことはしないので, 漸化式が与えられているときにはその漸化式から添字の範囲が限定されることになります.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報