『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

中古で庭付き1件家を一昨年の秋に購入し今年で2回目の夏を迎えました。
以前住んでいた方が紫陽花を庭に植えていらっしゃったようで
園芸の知識が皆無な私がこの紫陽花の育てていくことになったのですが、
去年もそうだったのですが、よく目にする紫陽花といえば球形のこんもりカワイイ形をしてますが、うちの紫陽花さんは花が咲いても球状にはならず、周りだけが大きい花弁、中はちっちゃいちっちゃいお花が咲いていてなんだかみすぼらしいカンジです(T_T)
しばらくだんだん中央に向かって蕾が開いていくのかな~??
などと淡い期待を持っていましたが、昨年も今の状態のままお花が終わってしまいました・・・。
これは私の手入れ不足ですよね?栄養不足??また、来年こんもり可愛く咲いてくれるようにするにはどうすればいいのか、どなたかアドバイスをよろしくお願いします(><)

「紫陽花の花の中央部分が咲かない??」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。

きれいですね。
園芸には詳しくないのですが、
これは「ガクアジサイ」ではないでしょうか。
言い方がへんですが、中心が花部分で、周りの開いてる部分を
装飾花と言います。
これで充分だと思います。
色々なアジサイがありますから、園芸店や、公園などで
見られたらいいですよ。
もちろん、こんもりしたアジサイも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

おはようございます☆
お恥ずかしい限りでこのような紫陽花があるなんて知りませんでした(・・;)
たまに家以外のところで見かけても「これから咲いていくんだなあ」って思ってました・・・本当にお恥ずかしい。
これからはもう少し勉強していきます(><)

お礼日時:2009/07/01 07:15

ガクアジサイですね。


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%82%AF% …
エゾ紫陽花かもしれませんが、そういう品種です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
そうですね、リンク先を拝見しましたところ、おっしゃっていただいたエゾ紫陽花か普通のガクアジサイのどちらか・・・のようです。
がナゾが解けて、一段とこの紫陽花が愛おしくなりました(^^)
不安や自責の念が消えて、素直にこの紫陽花を鑑賞することが出来ます(^O^)/

お礼日時:2009/07/01 07:23

それは紫陽花に一種類でそれ以上は咲きません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ずばりなご回答有難うございます(^-^)
こんなえんげいに知識の無い私に育てられても、毎年一応「ちゃんと」咲いてくれていたんですね。
今までみすぼらしいって言ってゴメン・・・って先ほどちゃんと謝っておきました(^^;

お礼日時:2009/07/01 07:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあじさいの花がうまく咲きません。

社宅に住んでいますが、そこに植えられている紫陽花の花がきれいに咲きません。
つぼみは付けるのですが、そのうち茶色くクシャクシャットなって失敗したドライフラワーのような感じになってしまいます。花の近くの葉も葉先が茶色くなっています。
最初、建物の北側なので日照不足かと思いましたが、向かいの南側の紫陽花もどうやら同じ症状のようです。
長く住んでいる方によると最初はきれいに咲いていたけど、だんだんこんな変な風になるようになった、とのことです。
たぶんなにか栄養素が足りないんだろうとは思いますが、どんな肥料をどれ位遣ったらいいのか見当が付かなくて・・・

詳しい方、対処方法をご教授下さい。

Aベストアンサー

文章的に昔からある紫陽花のように思うのですが。
花が終わって葉がなくなる・・・というか、秋から冬になる頃かな・・・その頃に一度剪定してもいいと思いますよ。
んっと、先のほうから枯れていくと思うので、
この部分が出てきたらその部分を切ってあげるかんじです。
長い月日で剪定をしていなかった場合、先のほうまで水分や栄養がいかないこともあります。

去年、私は購入して地植えにしたのですが、花がきれいに咲いていたのは1週間もなかったです><
同じように茶色くなって、葉も先のほうから枯れたようになり、硬~くなったようなクチャクチャになってしまいました><
で、毎日いそいそと水遣りをしていたのです(た~っぷり)が、それでも駄目でした。
で、1ヶ月もしない間に枝のみ。その枝も枯れてしまった状態で、「やはり日当たりの良いところは駄目だった」と諦めました。
でも、今年になってフト気付くと残っていた地上5cmほどの枝から芽が出てました^^
で、1週間経つと枝分かれもしてワンサカ葉が^^
今はもう花(ガク)が咲いています^^
約1年間、生き続けていてくれたんです^^
(去年の7月には枝だけになってました)

こういったことから紫陽花は結構生命力はあると思いますし、素人が剪定しても少々は大丈夫なのではないかと思います。
(なんだったら、今「これは必要ないかも?」という枝を切って、他のところに挿し木にしてもいいかもしれないですね。紫陽花の挿し木は比較的簡単といいます。少し枝を切ってあげると残った紫陽花も水、栄養が行き届くかもしれないですし)

でも、今の時期は本格的な剪定の時期ではないですから、今することは、
紫陽花というと6月、梅雨時期のものというイメージ通り、水は大量に必要なようです。
水遣りはしっかりと。
特に日当たりの良いところは苦手ですから、日当たりの良いところに植えてあるようでしたら日に2回は水遣りはしたほうがいいと思います。
もちろん食いしん坊のようですから栄養もあげてください(肥料)。
しかし、今花が咲いているようでしたら肥料はあげないほうがいいかも?しれません。
(私だったら、即効性のある肥料、例えば液体肥料を一度与えて、1週間ほど様子を見ると思います)

日当たりは不十分に。水遣りは充分に。が一番ですよ^^
元気になってくれるといいですね^^

文章的に昔からある紫陽花のように思うのですが。
花が終わって葉がなくなる・・・というか、秋から冬になる頃かな・・・その頃に一度剪定してもいいと思いますよ。
んっと、先のほうから枯れていくと思うので、
この部分が出てきたらその部分を切ってあげるかんじです。
長い月日で剪定をしていなかった場合、先のほうまで水分や栄養がいかないこともあります。

去年、私は購入して地植えにしたのですが、花がきれいに咲いていたのは1週間もなかったです><
同じように茶色くなって、葉も先のほうから...続きを読む

Qあじさいの花が咲かなくなりました。

5,6年前くらいに、もともと直植えしてあったあじさいをなんとなく植木鉢に挿し木したら元気にぐんぐん伸びました。
最初の2年くらいは時期になると2、3個ですが花を
咲かせていました。
ですがそれ以降は葉っぱはすごく元気で青々しているのに花が1つも咲かなくなりました。
今年もやっぱりつぼみが1つもついてません。
来年は咲かせたいと思うのですが、どうしたらいいでしょうか?
肥料はあげています。(白い固形のものを蒔いています。)

Aベストアンサー

 花芽が出来るのは9月下旬から10月ですからその一ヶ月前の7月から8月は少し水遣りを控えてはいかがでしょうか?。
 肥料も寒肥とお礼肥だけにして普段はやらないほうがよろしいです。
定期的な肥料は枝葉だけの成長を促進するだけです。
 開花とは植物に言わせれば世代交代や子孫を次に残すための手段ですのでこの行為は株が充実してからです。 
 この充実とは成長を止めることで達成されます。 肥料をやっているうちは花芽はなかなか出来ないと思いますよ。
 
 

Qあじさいがしおれてきた!

先日あじさいの苗的なもの(葉っぱだけでなくある程度花も咲いているもの)をホームセンターのガーデニングコーナーで購入してきました。そして、家に帰ってきてきて早速ベランダのプランターに植えかえました。
その日はなんでもなかったのですが翌日見てみると、花が上ではなく下向きにだらんしていて元気がなかったです。その日は「今日、寒かったからかな?」と思い様子をみてみることにしました。が、次の日に見ても同じ状況です!ましてや葉っぱまでもがしおれてきているようです!
植えかえたのがいけなかったのですか?
どうすれば元気になるのか教えてください!!

Aベストアンサー

水やりには問題がなかったと仮定すると、二つ原因が考えられると思います。

1、)植え替えたこと。
ツツジなどならともかく花の盛りに植え替えるのはあまり良くないと思います。

2、)強い日差しに長時間あたったこと。
お住まいの地方がわかりませんが、日本列島のどこでも今咲いているアジサイは、冬場に温室で温度管理されて育ったものでしょう。
それがこの季節の強い日差しに当たるとへたってくることがあります。
ホームセンターではどんなところに置いてあったのでしょうか。
おそらく屋根のある直射日光が当たらないところにあったのではないですか。
仮に直射日光がまともに当たるところに置いてあったのなら、ホームセンターにまた見に行ってセンターの鉢は元気ということであれば、日差し以外が原因といえると思います。
たとえば植えかえたこと、水不足、などです。

対策としては、鉢がすっぽりつかるぐらいに水をはったバケツの中に一晩だけ入れておきます。
水に入れるのは鉢だけで葉の部分は出しておきます。
これで回復しなければ残念ですが、花と葉を数枚残るぐらいまで切り落としてしまいましょう。
あとは木が枯れないようにして、来年以降に期待するしかないでしょう。
どちらにしても日陰においた方が良いでしょう。

アジサイに限らず温室で育ったものはこれからの季節の強い日差しには弱いです。
ホームセンターにまだ売れ残ってあるとすれば、どんなところに置いてあり、今も元気かどうかが判断材料になると思います。

水やりには問題がなかったと仮定すると、二つ原因が考えられると思います。

1、)植え替えたこと。
ツツジなどならともかく花の盛りに植え替えるのはあまり良くないと思います。

2、)強い日差しに長時間あたったこと。
お住まいの地方がわかりませんが、日本列島のどこでも今咲いているアジサイは、冬場に温室で温度管理されて育ったものでしょう。
それがこの季節の強い日差しに当たるとへたってくることがあります。
ホームセンターではどんなところに置いてあったのでしょうか。
おそらく屋根の...続きを読む

Q紫陽花の色を青くしたいのですが

今年の庭の紫陽花の色がいつもと違って妙に赤く(ショッキングピンク)咲いています。例年のように青い色に戻すには、具体的にどういう手入れをすればよろしいのでしょうか。今から咲く花にも間に合うでしょうか。

Aベストアンサー

アジサイの色は土壌の成分によります。
もともと青花種だったのがそこまで赤いのは不思議ですが…酸性雨ならよけい青くなるはずですよね?
酸性の強い方がより花色が青くなるので、花後の手入れとして青花種は腐葉土よりも、酸性の強いビートモスなどを用いた方がよく、ピンク、赤花種は酸性の弱い方がよりきれいな色になるので、土1リットルに石灰茶さじ二杯ぐらい混ぜて酸性を弱めるようにするといわれてますが、今年の花では、もう土壌改良しても、間に合わないかと思います。残念ですが…

参考URL:http://www.wnn.or.jp/wnn-garden/directory/goiken/kaitou_000710.html#02

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む

Q咲かなかった紫陽花の剪定

紅、紫陽花を昨年購入し、剪定を失敗したようで
今年はほとんど咲かずに終わってしまいました。
来年、咲かせるためには咲いたところは剪定したとして
咲かなかった枝は何もしなくていいのでしょうか?
ひどく背が高くなってしまっています。

Aベストアンサー

>ただ他の紫陽花は今年の枝は緑色をしているので判り易いのですが
>紅は全部が緑色でどこからが今年伸びたものなのかが判りにくいです。

茎の色は古くなって木質化してきますが、前年枝が必ず木質化ているとは限りません。
皆さん、同じことを違う言い方でアドバイスなさっているのです。

とにかく「来年の花芽になる芽、あるいは期待できる芽」を選んで残すこと。
今年咲いた枝はふつう花の2節下に、他よりやや大きな脇芽が付いてくるはずで、
それが来年の花芽です。
花の無い枝では、一番大きな脇芽を残します。
細い枝は整理して切り詰めます。

高さを詰めたい場合は、来年の花は諦めて強めに剪定し、再来年に花をつけさせます。
樹形を整えるには、数年ごとに古枝を根際まで切り詰め、ひこばえを伸ばして更新します。
アジサイは剪定には強いですから思いきってトライしてみてください。

Qさつきとつつじの違いについて

「さつき」は「つつじ」の花を小さくしたような花ですか?

Aベストアンサー

いわゆる「さつき」は、花もですが葉も小さいです。

つつじは種類も多いですが、道路の歩道の植え込みなどに使われている普通の「つつじ」「さつき」で比較しても、葉については

つつじの葉は長さ5~7cm、巾約1.5cm、光沢がなく、葉の裏側は服などに付着し易いく、子供がワッペンの替わりにして遊びます。

一方[サツキツツジ]の所謂[皐月:サツキ]の葉は、長さ2~3cm、巾も6mm程度、表側の光沢はつつじとは別種かと思うほどです。

一般に「つつじ」と言われる方は落葉性で、「さつき」と言われる方には常緑樹が多いようです。

ツツジは4~5月頃紅色、ピンク、絞りなどの花をつけ、俳句の季語は[春]なのに対し、さつきの季語は[夏]なのです。

サツキの名前は陰暦五月皐月に咲くところからきていますが、こちらはツツジよりやや遅く5~6月頃、真紅、淡い紅色、ピンク、

絞りなど多様な花をつけ、たしかにnekomusumeさんのご質問のように、小さい花で特に真紅の色はサツキらしい色だと思います。


ツツジ・サツキとも低い植え込みや他の樹種と一緒に[大刈り込み]などにしますが、山野に自生するツツジなどは、木の高さが10m位

までなると聞きましたが、サツキの方はどの位まで成長するのか知りません。

一般人の目に付く所で有名なのは、箱根芦ノ湖、湖畔の[山のホテル]の庭園ですが、つつじの花のシーズンには、戦後植えたつつじの

植え込みが園内通路をアーチのように蔽い、たしか宿泊客以外にも開放していると思いますが、ぜひ見ていただきたい光景です。

   *ここは三菱財閥岩崎別邸の跡に、戦後アメリカ進駐のために作られたホテルですが、4万坪以上の庭園に
    3000本以上のつつじというのが[売りの一つ]で人工的ですが見事なものです。

いわゆる「さつき」は、花もですが葉も小さいです。

つつじは種類も多いですが、道路の歩道の植え込みなどに使われている普通の「つつじ」「さつき」で比較しても、葉については

つつじの葉は長さ5~7cm、巾約1.5cm、光沢がなく、葉の裏側は服などに付着し易いく、子供がワッペンの替わりにして遊びます。

一方[サツキツツジ]の所謂[皐月:サツキ]の葉は、長さ2~3cm、巾も6mm程度、表側の光沢はつつじとは別種かと思うほどです。

一般に「つつじ」と言われる方は落葉性で、「さつき」と言わ...続きを読む

Qアジサイの花を大きく咲かせる方法を教えてください。

園芸初心者なのでお願いします。

3年程前にアジサイの鉢植えを買いました。今年もまた芽が出てきましたが、枝がひょろ長いものが多数です。

もし、大きな花(花という呼び方でよろしいか判りませんが)を咲かせるなら、このひょろ長いものを間引いていって枝の数を減らせばいいのでしょうか?

ご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。お礼ありがとうございます^^
植え替えも剪定もされているんですね^^

剪定ですが、花期後に花が茶色になってすごいことになると思います。(茶色く、枯れているような状態)
その花の下からさっぱり花枝を切りましょう。
花期、直後の剪定はこれだけでいいですよ^^

同時にお礼肥料を与えましょう^^
油カスでいいです。
鉢の大きさがわかりませんから、量でいうことが出来ないですが^^;
6号鉢(口径が18cmほどの鉢。直径が18cm)でしたら、大さじ3ほどでしょうね。
上のほうの土をチョイチョイと指で掘って油カスと混ぜてください(根を傷付けないように)。

その後、葉芽が出てきます。
(葉の芽。花期後、すでに出ている場合もあります)
この葉芽を残すように剪定をします。(2回目。秋頃でしょう)
もし、花期後にすでに葉芽が出てきていたら、葉芽を残すように剪定すれば、1回で済みます。

上記から3月上旬までにヒョロ枝が残っていて、元気のない枝があった場合は、一度に剪定せずに2週間に2~3本程度に切り取るようにしてください。
(3月上旬までには済ますように)
この剪定が加わると3回目の剪定になります。
しかも、冬の剪定がこれになります。
先に言ったように冬の剪定はあまりお勧めしたくはありません。
様子をみながらしてください。
かつ、来冬だけという条件付きで実行してください。
(毎年、しないように)

私の場合の話ですが、地植えにしています。
超日当たり良好の場所に植えてしまったために花期が短く、7月には花期が終わります。
花期後、花の下から剪定し、お礼肥料を与えます。
8月下旬には新たな葉芽が成長し、青々としています。
が!11月下旬にはその青々とした葉もなくなり、まるで株が枯れてしまったようになります。
ですが、3月中旬以降にはまた新たな葉芽、枝が出てきて10日ほどで一斉に青々とした株になっています。
このときに葉芽も出なかった枝を切り落とすようにしていますね(今年は2本ほど切り取りました)。
毎年、同じで「枯れてしまった~」と思うほどになりますが、地中で頑張っているようですよ^^
これは地植えだから出来ることかもしれません。
酷い年は、地上5cmほどの枝が残っていただけのときもありました^^;

何の植物でもそうですが、手を入れる時期を誤らないようにしたほうがいいですね。
春(3月中旬以降)は植物にとっては冬眠から覚め、育つ期間に入ります。
同時に気温も暖かくなるので害虫も出てきます。
病気にもなりやすいです。
病気になりやすい時期の傷(剪定、植え替えなど)は極力避けたほうがいいですよ^^
(もちろん、ものによっての違いはありますけど)

鉢の植え替えは根を傷付けることが少ないので春でも大丈夫なことは多いです。
(スポット抜いてズボッと新しい鉢に入れるだけですからね^^;)

もうひとつ気になるのは土の軟らかさです。
#1でも少し触れていますが、アジサイの場合、特に鉢植えは土が固くなりやすいです。
これは水が大好きな紫陽花ですから水遣りも頻繁にします。
この水遣りで硬くなる要素が多くなると言うことです。
たまに指で土をほぐすことをしてあげてください。
「指で」というのは、根を傷付けないためです。
傷付けないように配慮できるのであれば、指以外でもいいですよ^^
(土の表面をほぐすだけでも効果はあります)

紫陽花は結構、強いほうだと思います。
強めに剪定する方もいらっしゃいます。
ですが、鉢植えの場合は配慮したほうがいいと思います。
怖がらずに、強めにしないように、気をつけながら剪定をしてくださいね^^
(私はこれがあるから1回で剪定することはしていないです)

ひとつ。挿し木と言う形でヒョロ枝を切り取るという手もあります。
時期は6月ごろ。
この場合は葉が青々しているなど気にしなくていいですね。
ただ、いっぱい切り取らないように。
こんなかんじですが・・・いかがでしょう^^;

#1です。お礼ありがとうございます^^
植え替えも剪定もされているんですね^^

剪定ですが、花期後に花が茶色になってすごいことになると思います。(茶色く、枯れているような状態)
その花の下からさっぱり花枝を切りましょう。
花期、直後の剪定はこれだけでいいですよ^^

同時にお礼肥料を与えましょう^^
油カスでいいです。
鉢の大きさがわかりませんから、量でいうことが出来ないですが^^;
6号鉢(口径が18cmほどの鉢。直径が18cm)でしたら、大さじ3ほどでしょうね。
上のほ...続きを読む

Q「アジサイ」と「セイヨウアジサイ」

こんにちは。
ある本を見ていますと「アジサイ」と「セイヨウアジサイ」の2種類の価格が
載っていました。
で、苗木問屋さんに上記両方を頂きたいとお願いしたところ、
「生産者がアジサイとセイヨウアジサイの区別はしていない」という話でした。

でも、載っていた価格は「アジサイ」と「セイヨウアジサイ」は3割ほど
違っていましたので、何らかの違いが有るのではと思っています。

どなたか、「アジサイ」と「セイヨウアジサイ」の違いを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
普通に私たちが「アジサイ」と呼んでいるものには大きく分けて3種類あります。
アジサイの原産地は日本なのですが、日本原産の「ガクアジサイ」と、このガクアジサイを改良?した手まりのような「アジサイ」。そして、西洋で改良された「西洋アジサイ」です。
西洋アジサイは、日本では「ハイドランジア」と呼ばれて販売されています。主に、フランスやドイツ・オランダ・ベルギーで様々に交配されたようです。今も盛んにおこなわれているでしょうね。大型で色も赤やピンク赤紫など華やかです、覆輪が入ったりと豪華なものもあるようです。
値段が高いのは、人気があったりまだ珍しかったりするからではないでしょうか??基本的にアジサイは挿し木なんかで簡単に増やせますから、不思議と言えば不思議。
日本のアジサイは土地の肥えた湿気の多い半日陰を、西洋アジサイは日当たりと水はけの良い所を好むそうですよ。
私はアジサイの中でも、野生種系のガクアジサイ系やヤマアジサイ系が好きみたいです(^^) 他にも、エゾアジサイ・コアジサイ・タマアジサイ・ノリウツギなどの系統があるそうです。奥が深いですねー!!
購入されるなら、植える場所や好みでいろいろ楽しめそうですね。

こんにちは。
普通に私たちが「アジサイ」と呼んでいるものには大きく分けて3種類あります。
アジサイの原産地は日本なのですが、日本原産の「ガクアジサイ」と、このガクアジサイを改良?した手まりのような「アジサイ」。そして、西洋で改良された「西洋アジサイ」です。
西洋アジサイは、日本では「ハイドランジア」と呼ばれて販売されています。主に、フランスやドイツ・オランダ・ベルギーで様々に交配されたようです。今も盛んにおこなわれているでしょうね。大型で色も赤やピンク赤紫など華やかです、覆...続きを読む

Qあじさい 葉 色 薄い

はじめまして。どなたかご教授下さい。

私の別の質問と関連するのですが、土がよろしくない(土壌改良しようとしている)状態の花壇に、あじさい が頑張って植わっています。
かつて放置してしまっていたのが災いし、花も咲かなくなって、葉も薄い黄緑です。
なんとかしてやりたいのですが、何が不足しているのか分かりません。
何か肥料を撒けば良いのでしょうか?
そうであれば、チッソ系の肥料でしょうか。
日光は問題なくあたり、あじさいもかつては咲いていました。
花の色がちょっと薄かった気がしますが。

初心者なりに調べたのですが、分からずアドバイスお願いいたします。
不足事項はご指摘下さい。

Aベストアンサー

>あじさい 葉 色 薄い
何か肥料を撒けば良いのでしょうか?
そうであれば、チッソ系の肥料でしょうか。
日光は問題なくあたり、あじさいもかつては咲いていました。
花の色がちょっと薄かった気がしますが。

                ↓
アジサイの花は丈夫で手間の掛からない樹木です。
本来は日当たりが良く、風通しの良い所を好み、特に肥料は必要とせず、樹木の成長にて枝を伸ばし葉が密集して、根元が自然と日陰、保湿されておれば→寒さにも強く5~6月には美しい花が咲き、ジメジメとした梅雨空でも、鮮やかな青・ピンク・紫・クリーム色の花が次々と咲いて目を楽しませてくれるのですが・・・

我が家のアジサイでは、挿し木直後の年や剪定誤りで花芽や花の咲く枝を切り過ぎて少ししか花が咲かなかった事ぐらいしか覚えておりません。
<しかし、何本もアジサイ・ガクアジサイ・山アジサイが植わっていてカバーしてくれていた>

また、肥料で言えば窒素・リン・カリが3要素と言われており、窒素が過剰だと→樹の成長を早めるが、花付きは悪くなるように記憶しています。

アジサイは、肥料や極端な土壌の拘りがないので、根の成長と環境に即した落葉・変色だと思います。
今、花芽がないのだとしたら→樹木としての成長過程であり、次年度の花を楽しみの我慢の年だと思います。


葉が萎れた、変色していると言った経験が少ないので、下記の園芸相談を調べましたら、同じような相談が寄せられており、無断で恐縮ですが、ご参考になればと転載・貼付致します。


http://botany.cool.ne.jp/wwwlng.cgi?print+200905/09050233.txt



baggio94様に於かれましては、皆様からのアドバイスや情報を参考にされ、大切なアジサイを元気にし、美しい花をたくさん咲かされますよう、心より祈念申し上げております。

>あじさい 葉 色 薄い
何か肥料を撒けば良いのでしょうか?
そうであれば、チッソ系の肥料でしょうか。
日光は問題なくあたり、あじさいもかつては咲いていました。
花の色がちょっと薄かった気がしますが。

                ↓
アジサイの花は丈夫で手間の掛からない樹木です。
本来は日当たりが良く、風通しの良い所を好み、特に肥料は必要とせず、樹木の成長にて枝を伸ばし葉が密集して、根元が自然と日陰、保湿されておれば→寒さにも強く5~6月には美しい花が咲き、ジメジメとし...続きを読む


人気Q&Aランキング