初めての店舗開業を成功させよう>>

初めまして。
仕事でC#とExcelを使ったアプリケーションの開発を行うことになったのですが、C#側からExcelの操作方法がわからず困っています。
行いたいことは以下のとおりです。
1)C#のプログラムでExcelファイルを開く
2)開いたExcelには、マクロやボタンなどはない
3)C#のプログラムで、Excelファイル上にボタンを作成する
  ※フォームでもコントロールでも可。
4)Excelファイル上に作成されたボタンが押されたら、C#側の関数が実行されるようにする
  ※Excelにマクロは作らない
5)Excelファイルを閉じたときに、追加したボタンを削除して保存する
6)C#のプログラムを終了する

恐れ入りますが、みなさんの知恵を貸してください。


public partial class MainForm : Form
{
Excel.Application xlApp;
Excel.Workbook xlBook;
Excel.Worksheet xlSheet1;
Excel.AppEvents_WorkbookBeforeCloseEventHandler EventDel_BeforeBookClose;

public MainForm()
{
InitializeComponent();
}

private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
{

xlApp = new Excel.ApplicationClass();
xlBook = xlApp.Workbooks.Open("c:\\a.xls", Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value, Missing.Value);
xlSheet1 = (Excel.Worksheet)xlBook.Worksheets.get_Item(1);

EventDel_BeforeBookClose =
new Excel.AppEvents_WorkbookBeforeCloseEventHandler(BeforeBookClose);
xlApp.WorkbookBeforeClose += EventDel_BeforeBookClose;

/***********************************************************/
// ここで、xlSheet1 に
// Excelのフォームまたは、コントロールのボタンを追加したい
// また、そのボタンのClickイベントを登録したい(MButton_Click)
/***********************************************************/

xlApp.Visible = true;
xlApp.UserControl = true;
}

/// Excel上に作成したボタンのアクション
private void MButton_Click()
{
Debug.WriteLine("MButton_Click");
}

private void BeforeBookClose(Excel.Workbook Wb, ref bool Cancel)
{
/***********************************************************/
// ここで、ボタンを削除して保存したい
/***********************************************************/
}
}
}

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下のようなサポートソフトがあります。


(個人で買うのは、ちょっとキツイですけど、仕事ならOKでしょう)

もしかすると、フリーで同様なソフトがあるかもしれませんが、やはり使いやすさ、信頼性を考えると、商品のほうがいいと思えます。

http://www.adv.co.jp/products/product_ExcelCreat …

エクセルというか、Officeのファイルは複雑怪奇ですからね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVBA(エクセル)で自動的にボタンをクリックさせるには

いつもお世話になっております。
下記のことがしたいのですがどうやって良いのかがわからなくって困っております。

やりたいこと。
AブックとBブックが有るとします。(双方ともエクセルファイル)
エクセルのVBAで、Aブックのシート上のコマンドボタンを押すと
Bブックのシート上のコマンドボタンをクリックするという動きを
VBAでさせたいのですがどうしてもクリックさせることができません。

試したこと。
初めは、AのボタンをクリックするとBのボタンをセレクトして
SendKeysでENTERを送ってみたりしたのですがうまくいきませんでした。

何かやり方が有りましたら、お教えいただけませんでしょう。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

Privateスコープを変更しない場合、Application.Runメソッドを使う手もあります。
Application.Run "'C:\Book1.xls'!Sheet1.CommandButton1_Click"
※『Sheet1』の部分はシートモジュールのオブジェクト名になります。

ですが、Bブックのボタン_Clickの中味を標準モジュールに置いて、
AブックのボタンとBブックのボタンと、両方から実行できるようにしておくほうが良いような気もしますね。

(コマンドボタンが[フォーム]ボタンの事だったら、同じマクロを[マクロの登録]するだけの話?)

QC#でのExcel操作について.(Rangeオブジェクトへの複数範囲設定)

C#でExcelのグラフを作成させるプログラムを書いるのですが,Rangeオブジェクトへの離れたセルの複数範囲を指定したいのですが,いろいろ調べてみましたがどうしても解決できません.
調べた限りではVBではできるようですが,C#ではできないのでしょうか?

Excel.ChartObjects chartObjects =(Excel.ChartObjects)oSheet.ChartObjects(Type.Missing);
Excel.ChartObject chartObj = chartObjects.Add(100, 100, 700, 400);
Excel.Chart chart = chartObj.Chart;
Excel.Range chartRange = oSheet.get_Range("B1","B3");
/*↑の部分で("B1:B3,B5:B8,C5")のようなことをしたいです.RangeにAddメソッドのようなものがあればと思っているのですが無いみたいなので‥‥*/
chart.SetSourceData(chartRange,Excel.XlRowCol.xlColumns);
Excel.SeriesCollection seriesCollection=(Excel.SeriesCollection)chart.SeriesCollection(Type.Missing);

よろしくお願いします.

C#でExcelのグラフを作成させるプログラムを書いるのですが,Rangeオブジェクトへの離れたセルの複数範囲を指定したいのですが,いろいろ調べてみましたがどうしても解決できません.
調べた限りではVBではできるようですが,C#ではできないのでしょうか?

Excel.ChartObjects chartObjects =(Excel.ChartObjects)oSheet.ChartObjects(Type.Missing);
Excel.ChartObject chartObj = chartObjects.Add(100, 100, 700, 400);
Excel.Chart chart = chartObj.Chart;
Excel.Range chartRange = oSheet.get_Rang...続きを読む

Aベストアンサー

Excel.Range chartRange = oSheet.get_Range("B1:B3,B5:B8,C5", Missing.Value);
でよいのではないでしょうか?
(Missingは using System.Reflection)
(私はC#の知識は全くありませんがVC# 2005 Express Editionで確認しました)

参考URL:http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;302096

QC#にて別クラスの関数を使いたい

C#にて、別クラスの関数を使用する方法を教えてほしいです。

下記のような、構造体を受け取るメソッドを作りました。

*****************************
private struct MyPoint
{
public int x;
public int y;
}

private void proc1(MyPoint pt)
{
MessageBox.Show("座標:" ; pt.x + "," + pt.y + "実行結果");
}

private void button1_Click(object sender ,System.EventArgs e)
{

MyPoint pt;
pt.x = 10;
pt.y = 20;
proc(pt);
}
*****************************

別のフォームのクラスから、proc1を呼び出したいのですが、やり方がわかりません。
どうか、教えてください。

Aベストアンサー

同じ定義をしたとしても別の名前空間に書いた構造体は同一とはみなされません。

呼び出し先クラスでの構造体を private では無く、public で宣言して下さい。

呼び出し元では、

MyClass.MyPoint pt;

のようにして実体を作ります。

QC#「オブジェクト参照が必要です」(初心者)

Visual C# 2008を学習中なんですが、とりあえず何か作ってみようと思って、パラパラマンガに挑戦してみました。
Form1にpictureBox1を作り、waitを入れてイメージを書き換えるという単純なものです。
ところが実行しようと思ったら、「静的でないフィールド、メソッド、またはプロパティ’WindowsFormApplication1.Form1.pictureBox1’でオブジェクト参照が必要です」というエラーが出ます。その際のフォーカスは、main()内の
Form1.pictureBox1.image = Image.FromFile("motion1.png");
”Form1.pictureBox1”に当てられています。

何が原因と考えられるでしょうか。
もし情報不足であればご指摘いただくか、あるいはこの目的においてやらなければいけないこと、を大雑把に教えていただくだけでも幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

main()内に記述されているとのことですので、たぶん、
Form1.pictureBox1.Image=Image.FromFile("motion1.png");
Application.Run(new Form1());
と書いているのではないでしょうか?

連載 改訂版 C#入門 第3章 クラスとインスタンス
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/csharp_abc2/csabc2_003/cs2_003_01.html#cs0302

ここであるように、オブジェクト指向にはクラスとインスタンスという概念があります。
今のコードでは、Form1クラスを操作しようとしているのでそのようなエラーが出ます。

具体的な解決方法としては、PictureBoxに初期画像を設定する処理をForm1のコンストラクタでやるのがいいと思います。
その際、redfox63さんがおっしゃられるように
this.pictureBox1
と記述することが必要です。(thisは自分自身のインスタンスを指します)

後は、Windowsフォームで一定間隔での処理をするための「Timerコンポーネント」について調べてみたらいいと思います。

タイマにより一定時間間隔で処理を行うには?(Windowsタイマ編)
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/372formstimer/formstimer.html

MSDNライブラリ Timerクラス
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.windows.forms.timer.aspx

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/csharp_abc2/index/

main()内に記述されているとのことですので、たぶん、
Form1.pictureBox1.Image=Image.FromFile("motion1.png");
Application.Run(new Form1());
と書いているのではないでしょうか?

連載 改訂版 C#入門 第3章 クラスとインスタンス
http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/csharp_abc2/csabc2_003/cs2_003_01.html#cs0302

ここであるように、オブジェクト指向にはクラスとインスタンスという概念があります。
今のコードでは、Form1クラスを操作しようとしているのでそのようなエラーが出ます。

具...続きを読む

QSub ***( ) と Private Sub ***( ) の違い

初歩的な質問で申し訳ありませんが・・・

自分でコードを書いていても、イベントが発生したりした時の処理で、コードのウィンドウで上のドロップダウンリストで選択できる時の処理などは自動的に[Private Sub Command1_Click( )]などと出てくるのでそのまま使っています。自分で別途プロシージャーを作成する時は[Sub ****( )]としています。
ですがその違いを理解しないまま、自分で作成する時は[Private Sub]ではなくて[Sub]を使っています。

Sub ***( ) と Private Sub ***( ) の違いは何なんでしょうか?
どなたか説明頂けませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「Sub」の部分にカーソルを置いて[F1]を押せばヘルプが起動します。
「指定項目」のところに「Public」と「Private」の説明がありますよ。
省略して「Sub hogehoge()」とした場合は「Public」とみなされます。

Publicは「すべてのモジュールから呼び出せるプロシージャ」ということになります。
Privateとすると「同じモジュールの中からしか呼び出せないプロシージャ」となります。

もしExcelをお持ちでしたらExcelのVBEで標準モジュールを追加し、「Sub Test1()」と「Private Sub Test2()」を作成してみてください。
そしてExcelの[ツール]-[マクロ]-[マクロ(Alt+F8)]でマクロ実行のダイアログを表示させてみるとわかります。
ここには実行できるプロシージャの一覧が表示されますが、Test1は表示されているけれどTest2は表示されません。
Test1はPublicで、Test2はPrivateだからです。

QSQL文について(片方のテーブルに存在しないレコード抽出)

以下のような2つのテーブルがあったとして、
2つともに存在する「店コード」を抽出するのはSQLは分かるのですが、
片方に存在しない「店コード」(以下の例の場合、「2」)を抽出するSQLを
一文で書くにはどうすればいいのでしょうか?

<店テーブル>
店コード住所・・・(その他、基本情報)
1aaa
2bbb
3ccc

<販売テーブル>
店コード販売品目・・・(その他、販売数など)
1xxx
3zzz

Aベストアンサー

オプティマイザ次第だけど、NOT-INは、あまりお勧めでない。
外部結合も索引があっても有効に使われないので、お勧めでない。

select * from A where not exists(select 1 from B where A.店コード=B.店コード);

Q【C#】 あるイベントから別イベントを呼び出す。

タイトルの通り、あるイベント内から別イベントの処理を呼び出したいと
考えています。ですが、方法がわかりません。

【質問投稿に至った経緯】
現状は、検索から一覧を表示し1つを選択、選択した内容の更新を行なうプログラムを作成しています。選択した内容を更新するところまではできました。ただ、更新内容を確認できるよう一覧画面に前回検索した内容を一覧表示させたいと考えています。この時、検索イベントを呼び出し、一覧を再表示させようと思っています。

Aベストアンサー

「検索イベント」とは、[検索]ボタンをクリックした時の
イベント処理の事でしょうか?
それならば、一覧表示処理を別ルーチンに分けて、[検索]
ボタンClickイベントと同じルーチンをCallする様にすれば
良いと思いますが?

QC# Excelのsheetに表示された画像を削除したい。

C#で、Excelのsheetに表示された画像を削除したい。

C#で、エクセルに画像の貼り付け→PDFの印刷→画像の削除という流れのプログラムを組みたいのですが、
エクセルに貼り付けた画像の削除がうまくいきません。

del = (Excel.Range)col.Cells[1, 1];
del.Value2 = null;
だと、テキストは削除されますが画像は残ったままになります。

画像のみを削除する場合は、座標なので指定した上で削除するのかなと思って、
いろいろ探しましたが見つかりません、、、

知識不足で申し訳ありません。
ご教示よろしくお願いします。

Aベストアンサー

セル情報からは画像は取得できません。
シートのオブジェクトとして取得します。

http://www.keep-on.com/excelyou/2000lng4/200010/00100183.txt
http://www.m--takahashi.com/bbs/pastlog/A5000/A4954.html

QDataTableから条件を満たした行を別のDatatableへコピーしたい

VC#2005とSQLServer2005ExpressEditionでWindowsアプリケーションを作成しています。

データベースの中から1つのマスタテーブルのデータを呼び出すのにTableAdapterを使ってDataTableにデータをバインドしました。
そこから条件を満たしている行をすべて抽出して同じ型のDataTableにデータをコピーしたいのです。

ですから、DataTableは2つ用意しています。1つは上記の通りデータをバインドしていますが、もう1つは宣言しただけなのでまだ空っぽの状態です。
DataTableにはカラムが3列あり、その中の1列をグループIDとしています。
条件としてはグループIDが同じであるということです。
やりたいことは条件を満たしている行をすべて抽出して空のデータテーブルにコピーすることです。

どなたかご存知の方いらっしゃれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

C#だったんですね … さほど変わりないと思いますが

お使いのコードが提示されていないのでこちらで適当な変数をでっち上げております
現在お使いのコードを支障の無い範囲で提示しましょう

//元のデータテーブルがdtSourceとすると
// テーブル構造をコピー
DataTable dt = dtSource.Clone();
DataRow r = null;
foreach( DataRow dtRow in dtSource.Select("選択するための文字列"))
{
  r = dt.NewRow();
  for( int n = 0; n < dtRow.ItemArray.Length; n++ )
  {
    r[n] = dtRow[n];
  }
  dt.Rows.Add( r );
}
といった具合になると思います

# 前回の投稿中のstSorceはdtSourceの単なるミスです

QC# インスタンスの破棄

C#でインスタンスの破棄を明示的に行いたいのですが、
実際の開発現場では、どのように行っているのでしょうか?

自分で調べると「ガベージコレクタ」が暗黙的に行っているようですが明示的には行わないのが普通なのでしょうか?
もしくは、「Dispose」を使用して明示的に行うのが普通なのでしょうか?

実際に開発されている方からすると簡単な事かもしれませんが教えて頂けると助かります。

以上ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

結論から言うと、どちらでも良いです。
できれば生成から破棄まで考えて開発できると良いですね。

ガベージコレクションが実行されることで自動開放されますから、
一切.close()や.dispose()を使わなかったとしてもプログラムが
不正終了してしまう事はほとんどありません。

実際の開発では使わなくなったものを使わなくなった時点で
明示的に破棄することが多いです。正確には明示的に破棄するもの、
明示的に破棄しないもの、の2種類に分類しています。

例えばファイルを読み書きするストリーム系のオブジェクトや
データベースとのコネクションなどです。これは開発会社や
開発チーム、案件によって若干違っていて、徹底するところや
適当なところもあります。個人的には徹底したい派ですが。。。

ガベージコレクションが発生するとプログラムの実行動作が
遅くなり、また瞬間的に大きな負担がかかることがあります。
そのため全てをガベージコレクタに任せるのではなく、
明示的に開放できるもの、メモリを大量に消費するものは
その都度、適切に開放していくことで処理効率が良くなります。

プログラミング関連の調べ物で、サンプルソース等を見ることが
あるかと思います。この時サンプルで明示的に開放していたら、
それは明示的に開放したほうが良いもの、と思いましょう。
これだけでもステップアップになりますね。

結論から言うと、どちらでも良いです。
できれば生成から破棄まで考えて開発できると良いですね。

ガベージコレクションが実行されることで自動開放されますから、
一切.close()や.dispose()を使わなかったとしてもプログラムが
不正終了してしまう事はほとんどありません。

実際の開発では使わなくなったものを使わなくなった時点で
明示的に破棄することが多いです。正確には明示的に破棄するもの、
明示的に破棄しないもの、の2種類に分類しています。

例えばファイルを読み書きするストリーム...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報