スタジオジブリの、アニメ「となりのトトロ」で
出てくる「トトロ」の正体は、なんでしょう?

A 回答 (5件)

アニメの中では、メイちゃんは、絵本で観たトロルのことを『トトロ』と表現していたようですね。


ちなみに、世界一(?)有名なトロルと言えば、ムーミン-トロール!! 森の妖精です。ずんぐりとした体型などは、共通点がありますね。洋の東西を問わず、皆に愛される生き物なんですよ、きっと。
    • good
    • 0

正体ですか。

こういうのは聞かない方がいいかも、子供にしか見えない、物体・動物・妖怪・妖精・
夢ですから、正体はないです。
トトロもメイがかってにつけた名前だったようなきがします。
トトロの話は実話だと聞いたことがあります。
【時代は昭和30年代ごろ。
東京の郊外。
草壁さん一家が住んでいた古い家も本当にありました。
玄関・台所・お風呂・トイレもあのとおりでした。
サツキとメイガ見つけた、ススワタリも本当にいたらしいです。
トトロも本当にいました。・・・・・と言うより、森にトトロがいるのはあたりまえでした。
洞や古い樹のウロに棲み、のんびり気ままに暮らしていました。
ただし、普通の人には見えません。】
以上、トトロの絵本から引用しました。

参考URL:http://www.totoro.or.jp
    • good
    • 0

子供にだけ見える妖精でしょうね。

    • good
    • 0

所沢のおばけとか、トロルとからしい。


詳細は、参考URLを。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Playtown/1541/totoro- …
    • good
    • 0

「人間が生まれる前から住みついている正体不明の生き物」です。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qとなりのトトロのトトロについて

大学の講義で映画となりのトトロを扱っているのですが、
中々解けない疑問がいくつかあります。
まず、トトロとは一体何者なのかということです。
突然サツキとメイの前にだけ現れ、不思議なことをしていく生き物で、
突如バス停に来たのはなぜ?渡した木の実が意味するものは?
子供にしか見えないということですが、カンタにも見えていない
のではないでしょうか?
もう一つは何がしたくてサツキとメイの前に現れたのかということです。
最終的にトトロの存在はサツキとメイに何を与えたのでしょうか?

素直に映画を楽しんでいるだけではいけない講義なので、
こんな夢のない疑問を抱えてしまいました(^^;)
みなさんのご意見を聞かせて頂けたらうれしいです(*^^)

Aベストアンサー

それを考えるのが学問でしょう?人に聞いていては勉強になりませんよ。
とは言っても、きっかけが無ければ大変でしょうから資料や、私見を述べます。

トトロはメイがサツキと一緒に見た絵本の中に出てくるトロールのこと。メイはトロールをトトロと呼んでいて、トトロを初めて見た時に、トロールとイメージがかぶり、トトロと呼びました。
トトロは実はミミンズク。これは森の精で、鳥のミミズクも同じ発想で名づけられました。
一方トロールは北欧の妖精。体が大きく悪戯好きなイメージと粗暴なイメージがあります。この辺は日本のダイダラボッチも似ています。
様々な作品に出てきますので探してみてください。ハリーポターにも出ています。

妖精を見るには大きく3つの要素が必要です。
1)会いたいと強く思う事。(興味本位ではダメです)
2)妖精が自ら姿を見せる事。本来は“見えるモノ”で姿を消しているので、何かに夢中になったりすると目撃されたりします。(トトロの小トトロがよい例)
3)見る側の心が純粋である事。
別に子供しか見えない訳ではありません。私の友人は要請の目撃者ですが、別の妖精は見えませんでした。
猫バスも妖精の一種ですから、上記要素に当てはめれば、カンタの見えない理由も理解できるはずです。

サツキとメイの姉妹はお母さんが結核で入院しているという特殊な家庭環境を持っています。本来なら負けてしまいそうな心を一生懸命支えあって生きていますし、想像力も豊かです。
引っ越してすぐに近くの神社にお参りに行く。雨の時も軒を貸して貰う際に、地蔵に手を合わせる事から信仰心もあったでしょう。
その思いと純粋さからトトロとの縁が生まれた事は当然の経緯だと思いますし、それらを踏まえて伏線を構成したと思われます。

私は暫く長野にいました。田舎の山の中で過ごしている時、遠くの山に光の柱が動いていました。今なら当然ヘッドライトだと思います。でも、ヘッドライトなら常に平行な筈。
私の住んでいた下宿もメイ達の家同様に古く、風の強い晩にはトタンが吹き飛ぶのではないかと思う事もありましたし、青い稲穂がなびく様は映画そのものでした。
急な突風で思わずしゃがみこんだ事もあります。
トトロの風景は初老の年代の人ならデジャヴを感じる風景だと思います。
なぜトトロが彼女達の前に現れたか、彼女達が何を得たかは映画を見れば自ずと判ってくるでしょうし、その答は「1+1=2」というような万人に共通の割り切れるものではなく、一人一人に共通でありながら同一ではない「何か」なのです。

それを考えるのが学問でしょう?人に聞いていては勉強になりませんよ。
とは言っても、きっかけが無ければ大変でしょうから資料や、私見を述べます。

トトロはメイがサツキと一緒に見た絵本の中に出てくるトロールのこと。メイはトロールをトトロと呼んでいて、トトロを初めて見た時に、トロールとイメージがかぶり、トトロと呼びました。
トトロは実はミミンズク。これは森の精で、鳥のミミズクも同じ発想で名づけられました。
一方トロールは北欧の妖精。体が大きく悪戯好きなイメージと粗暴なイメージが...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報