ちょっと変わったマニアな作品が集結

【男性】目・耳・襟にかからない長さ。
【女性】肩につく場合は束ねる。
こういう規則の企業は結構ありますよね。
・食品等に髪が混入する恐れがある→女性にも同じ事が言えます。
・男性の長髪は不快感を与える恐れがある→性別や見た目を理由に不快だというならば、それは人種(黒人)差別と何ら変わりませんよね。
・慣習なんだから諦めろ→そういう先入観を取っ払って考えてみれば間違いなく差別です。
・本当に採用されたいなら髪くらい切ってこい→そういう話はしていませんから全く話になりません。

日本人は「男性は短髪、女性は長髪」という慣習の影響を受けて育つ為男性の長髪は不快だと感じる人が大半。だから、(特に接客業や公的な職では)男性に短髪を強制し外観を良くする。それが常識。
という事だと思いますが。
平等という言葉を掲げるならばまずはその歪んだ常識を改革しなければなりませんが、皆さんはどう思いますか?
私は考えているうちに、頭髪による差別を無くす事が非常に困難だという気がしてきました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中1~10件)

私もこのような男女差別に憤りを感じています。


見た目の不快に関して、それを不快と感じるのは無意識のものですし、
仕方がありませんが、それを口に出すのはどうかと思います。
「あなたの顔は醜いからなんとかしてこい!」と言われたら、
これは侮辱罪ですし、それを男の長髪が不快と同じと考えるのはおかしいかもしれませんが、
相手の外見に関して、直接的な被害がないにもかかわらず、
その是正を促している点では同じです。

あと、よく話題になった電車の中で化粧をする女性の件も、
粉が飛び交って、迷惑などという直接的な被害がないのであれば、
その姿が不快だから、という理由で非難するのはおかしいと思います。
私自身もそのような光景に良い印象は持ちませんが、特に非難する気はありません。

それと、↑で、あなたは採用される側なんだから、
企業に良い印象を持たれるようにするのは当たり前とか言っている人がいますが、
男女雇用機会均等法という法律がある以上、
この国ではそのような男女間の線引きは禁止されており、
そのような差別をする企業側が100%悪いと定義されています。
    • good
    • 3

ん~作られた社会の常識をまともに受けて


る世代の方たちですから無理でしょうね、
正直仕事が出来ればどんな面してようが髪だろうが服だろうが
関係ないんですよ、まああと20、30年くらいしないとキツイですかね。そのうち半袖スーツなんてものも出るかもしれませんよ。
大体長髪ってたってよっぽどのやつでなければ
そんな超ボサボサで一回も洗ってないような髪なんてやって
こないし、まあ長い髪の人がいてもちょっと長いかな?
くらいの人がほとんどでしょう。
ただ食事関係の仕事と人前に出る仕事のやつは清潔感はあった
方がいいですよね、これはまあ賛成かな。それ以外の物は仕事と人間関係がなんぼで髪でどうこうという問題ではないんですよ。
正直髪切ったら仕事できるようになるのか、爪切ったら料理が上手くなるのかって話ですよ。まあ固定観念に囚われたこの日本では
雇用側のニーズに合わせないと厳しいというのが現状ですが、
髪に対して殆ど制限のない職業もありますからまあ
多少の自由を主張するためにはこちらも相応の力がないと
駄目という事ですね。つまりは自由を得るためには力がいるという事です、それさえあれば誰も縛り付けるものはありません。
髪も自由です。
頭髪によるものはそうですね~今の20代くらいに方が50歳くらいになる時はもっと自由になってると思いますよ。
    • good
    • 1

>>公衆の面前では服を着ていなければならない~


>それは「男女問わず」言える事です。今回は性別に着目して考えていますから、それとこれは別です。
そうでも無いかと。
男女間において扱い上の差異を無くしたい、というのであれば
それが何に根ざすものであり、その大元を排除した場合どうなるか、
と考えるのは至極当然の話ではないでしょうか。

質問者様の言われるように世の中には様々な価値観を持つ人がいます。
先の例えは極論ではありましたが、男女間の差異を無くすために
現在の慣習や社会常識を無視しても良い、というのであれば、
ではこれも無視して良いだろうという話は必ず出てきます。

そう言った内容を考えず、今回は男女間にある待遇の話である為
これらの意見はこの問題以外には適応しない、というのは少々虫の良い話、
又は、一部をクローズアップしすぎて意味の無い過程になってはいないでしょうか。


>>性別を理由に行き過ぎた不利益を~
>あなたの尺度で頭髪の価値を図っていませんか?

前回回答を書いていて、この辺、多分突っ込まれるのではないかな、とは思っていましたが。
これは、社会常識の上でのお話です。

例えば、男女間の差別により就職が難しい
同様の仕事・結果を出していても、報酬に差が生じる

など、こういった問題に対して髪型などのファッションと同等に扱える人は、
居ないとはいいませんが、ごく少数であると思います。

慣習・常識など話の問題点については社会全体が対象となりますが、
それに対してこのような個人レベルでの要求を論拠とするのは少々厳しいかと思います。
    • good
    • 0

>・男性の長髪は不快感を与える恐れがある→性別や


>見た目を理由に不快だというならば、それは人種(黒人)
>差別と何ら変わりませんよね。

いいえ。それは違う。これを差別と呼ぶのは思想統制の世界。
短髪と長髪という例を出しているが、それではここに浮浪者のようなボサボサの髪型でボロボロの服を着ていたらどうか?poppo_さんはそれを不快に思わないのか?物理的な被害は受けていないが私は不快に思う。

差別は社会的に差を設けること。個人的信条の問題ではない。


髪に限らず衣装でも同じことは言える。
顧客に会う外勤はスーツ。客と会わないデータセンター勤めはビジネスカジュアルなんてのは差別か?
男性のスーツと女性のスーツが違うことは差別か?
業務上の利便性のためにはある程度の自由が制限されるのは致し方ない。会社の理不尽な非合理的判断ならまだしも、社会的に「男性のスカートはおかしい」のような通念が通ってしまっているならば「男性のスカート履きは認めない」などは合理的判断といえる。
    • good
    • 0

 貴方は採用して貰う側の人間だから、当然会社にとって印象がよいように工夫するのは当たり前です。


 貴方が人から是非お願いしますと言われる人間になればそんなことは関係ありません。
 芸術家・音楽家・自営業(酒井法子の旦那)・サッカー選手・そんな人はいくらでもいます。頑張ってそんな人間になってください。
    • good
    • 0

・『平等』という言葉は、スタート時の公平さを保障するものだと思います。


・平等にスタートしても、過程において差異が生じ、結果が公平とは限らないと思います。(本人の努力もあれば、環境などの差異もあろうかと思います。)

・ご質問にあてれば、
 頭髪が長い、短いに対する好み・感性をどのように持つかが各個人の自由であり、それぞれに好みが違っても良いことが平等であり、他人の価値観を認めるのも平等でしょう。
 あなたの入りたい会社が、あなたの価値観を認めるのも、その会社の価値観(規則など)を貫くのも会社の自由であり、その自由を認めることも平等でしょう。

・それぞれの個人の自由は、平等に保障されていても、それぞれの自由がうまく融合することは保障されていないですよね(それぞれ意見が違いますから、保証のしようがないですよね)。
・だからこそ、紛争の解決について法律や裁判所などがあるのですよね。
    • good
    • 0

伝統・慣習は、個々人の思考に影響及ぼしていますから、全ての個々人の思考を変えなければ変わりえないので、実際に変えるとなると相当困難です。

日本では、昔から、アメリカのように合理的ではなく、精神で如何ともせん、という精神論で物事を解決する気風があり、男の場合、髪型・服装が軍隊規律から外れていれば精神が弛んでいると見做されました。日本は、儒教の影響が大きく、上下関係が厳しく、対面的なこともありますから、尚のこと、上のものにとって良しとするものが下へと押し付けられます。いわゆる、横並び主義ですね。
法律的には、男女共同参画社会基本法などには男女平等が謳われてます。しかし、あくまでも、慣行などによって機会が妨げられないことが目的であるので、頭髪などの男女差が過小であるため、その手の慣習に対してまで、法的に問題であるとは見做されないのではないかと思います。
ただ、この法律の第3条の人権条項に、厳密に考えれば引っかかってくるとは思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。よく解りました。

お礼日時:2009/08/12 10:49

男が短髪なのは戦いで有利な為。

女が長髪なのは金が
要る時に売る為。昔は生活上の必要性が高かったのです

軍隊は今でも短髪が多い。長髪の魅力で金を得る女が多い。
短髪と長髪の違いは生活上の有利不利によるものです

ちょんまげ帯刀禁止令?も国際交流生活の不利を廃した物。
生活上の有利不利が一般社会人の行動を決めています

残念だけど不利と思う人が多いので日の丸を掲げ無い。
生活上の有利不利と頭中の考えとのどちらを選ぶかですね

平等を選ぶなら男女全員が丸坊主のピカピカ頭にするべきです
頭髪が無い人と平等に。精神論で行動するなら仏門があります

頭髪に関して古来より仏門は男女平等と思います
それは戦いと金銭から精神を切り離す為。

平等を主張しながら金銭を求めて生活する所に矛盾が在る。
平等教の極意とは得る事が出来ないなら得た者の絶滅です

平等教は宗教なので生活から離れるほど気持ち良い
しかし~ 男女ピカピカ頭法律は作らないで欲しい
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>長髪の魅力で金を得る女性が多い。
男性が長髪にしたところで不利にはならないはずです。2007年に男女雇用機会均等法が改定されました。例えば「男性の茶髪禁止。男性だけ短髪強制」という採用方法は違法だという事です。不利・誤りだと思う人がいるからこその改定です。
>得た者の絶滅~
そうですね。しかし男性の長髪を認めさせる事より、そちらの方が困難を極めると思いますよ。

お礼日時:2009/08/12 10:48

・食品等に髪が混入する恐れがある→女性にも同じ事が言えます。



同意です。
本当に問題があるようでしたら、女性も短くするべきだと思います。

・男性の長髪は不快感を与える恐れがある→性別や見た目を理由に不快だというならば、それは人種(黒人)差別と何ら変わりませんよね。

同意できかねます。
実利的な意味はなくとも、マナーの類として定着しているものと
相手を不当に貶める為の差別を同じものとは考えられません。

・慣習なんだから諦めろ→そういう先入観を取っ払って考えてみれば間違いなく差別です。

確かに、慣習や社会常識を取っ払って考えれば、男性が髪を短くする理由もありません。
が、これらは用意に取っ払って良いものではありません。
質問者様の言うような、男女間の区別を発生させる要因であることも確かではありますが、
例えば、公衆の面前では服を着ていなければならない、と言ったものも慣習や社会常識の範疇になります。
これを取り外すのであれば、(極端な例えではありますが)暑い日には素っ裸の
おっさんやおばさんが闊歩しても良いという素敵な社会になります。


・平等という言葉を掲げるならばまずはその歪んだ常識を改革しなければなりませんが、皆さんはどう思いますか

男女平等を履き違えた意見かと思われます。
現状、声の大きすぎる一部の人間の責でやや行き過ぎている所もありますが
本来、性別を理由に行き過ぎた不利益を被ないようにする為の物であって、
なんでもかんでも、男女ともに同じにする、というものではありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>同意できかねます。実利的な意味はなくとも、マナーの類として~
確かに人種差別とは違いましたね。しかしその定着したマナーが「男性だけ」に頭髪の自由を著しく束縛しているのです。昔と今は違いますし、最早理不尽なものであると言わざるを得ません。
>公衆の面前では服を着ていなければならない~
それは「男女問わず」言える事です。今回は性別に着目して考えていますから、それとこれは別です。長髪にすると「男性だけ」が、不愉快・不潔・だらしない、等と謂れのないレッテルを貼られてしまう慣習は明らかに男性の自由を奪っている。
>性別を理由に行き過ぎた不利益を~
あなたの尺度で頭髪の価値を図っていませんか?女性は髪に大きな拘りを持つ人は多いでしょうし、短髪にしろと言われても拒否するでしょう。男性が同じ事をすると「男なんだから~女々しいだの」と性別を理由に自由を奪われます。それによって精神的苦痛を強いられる人がいる事を考えていないからそんな事が言えるのですよ。

お礼日時:2009/08/12 10:34

No2です。


すみません、ここのシステム上、質問で返すのは
マナー違反であったかもしれません。
>なんか聞こえは良いですが、その風習とやらが男性に何らかのメリットを齎しますか?
男性個人には無いかも知れませんね。
ただし組織としてはメリットのほうが大きいと思います。

ひとつだけ追記させてください。
今の世の中のルールを変えるため
貴方はそのルールを守り、その中で
社会的な地位を確立してください
あなたの年齢はわかりませんが、ある程度責任の伴う地位に
到達した時点で、その地位をかけて(場合によっては捨てて)その時の若者の為に
動いてあげてください。

何十年かかけて貴方が築くであろう地位までの道のり
その道のりを誇りに感じていることが
長年の風習を愛する心 という意味で回答しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

組織として、ですか。統一という点では効果があるでしょうが、逆に言えばその風習が個性を奪うという事で。これ以上は水掛け論になりますね・・・。
ここで吠えても無意味。やはり他力本願ではなく自分で行動せねばなりませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/08/11 23:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q黒い髪の強要は人種差別では?

私は白人(父)と日本人(母)とのハーフです。髪が少し茶色いです。これを東洋風に黒く染めて来るよう強要されます。

学校ではそういうことはありませんでしたが、社会に出て、就職する時、必ず、染料番号を指定されて私から見れば「ほぼ真っ黒」に染めることを、パートでもアルバイトでも条件にされます。人種的な問題だといっても認められません。

外資系の会社で、本社が「髪の色や肌の色で人を差別してはいけません」と明記した冊子を配っている某有名ハンドバッグ店でさえ、店長や人事(日本法人の会社)が理不尽な強要をします。

私は父の祖国に対してもプライドを持っています。

なぜ日本人はいまだにこんな差別を続けるのでしょうか。
今日もお店で泣きたくなりました。

Aベストアンサー

》名前を出したいくらいです。

 名前を出して下さい。
 クダラナイ同調圧力です。

 あなたは、あなたで、いいのです。

 人種的特質であり、其れを強要することは、おかしい。
と、アナタの主張を伝えて下さい。

 アナタは、なにも間違っていません。

Q男性は短髪でなければならない、なんて誰が決めたんですか?

私は頭髪検査に多くの疑問を持っています。
学校側が頭髪服装検査をすることで、校風をよくしたり、規則を守る自制心を養うためだとか、校外から見られるときに恥ずかしくない格好でいるためだとか、それは十分理解できます。
ですが、女子生徒と男子生徒の頭髪についての制限の差に疑問があります。なぜ、男子生徒はつめいりの学ランなのに、それに襟足が少しでもかかってはいけないだとか、耳を出さなければいけないだとか決められているのでしょうか? そもそも、頭髪検査を厳しくして、成績が上がるなら誰だって守りますし、けれども学校内で公共のものを壊したりするのは、頭髪検査を先生にごまをすって通り抜けてうまいことやっている奴らばかりです。
男女の差(ジェンダー的なもの)を話しても、屁理屈といわれ、理不尽な頭髪検査で先生数人に生徒一人ずつボロクソ言われているこの仕組みがいやでなりません。
校内で悪さをしたことはありませんし、いたって真面目なのに、標的にされます。先生方は時間の無駄だと感じないのでしょうか?

Aベストアンサー

>校則には清潔な髪型であること以外に髪の長さに対しての制限は書かれていません。

なるほど,それでは疑問に思って当然ですね。

>要するに校則もあってないような学校に私は来てしまったのです。

それは,大変な学校に行ってしまったのですね。自分で善し悪しを判断しなければならない学校ですね。それは,とっても難しいことです。教師の指導も難しいですね。あなたが,これだけ納得していないところをみると教師の指導の仕方にも問題が有りそうですね。少なくともあなたに指導の真意が伝わっていないことは問題ですね。

>はっきり言って頭髪検査を始め、理解に苦しむことが多々ある学校に苦しんでいます。

理解できなくて当然です。がまんして,協力するものですから。

>校則を守って、髪を短くきることはできます。でも、そこで発言しても「今、髪が短いだろ?それでいいじゃないか。」で済まされるのです…私の思考ではどうも解決の糸口が見つからないのです…

教師にもいろいろな人がいます。なんの思慮もなく,職員で決めた細則をただ守らせることだけしか,頭に無い人もいます。あなたの学校の先生が全員そうだったら,あきらめるしかないです。
そうではなく,あなたの疑問に共感し諭してくれる先生がいたら,疑問をぶつけてみましょう。校則を守った状態で,真摯な態度で聞けば,いろいろ教えてくれるでしょう。
 あなたは,疑問に思って当然のことに疑問をもっています。ただ,この問題には万人が納得する正解はありません。どこで,妥協するかはあなたの気持ち次第でしょう。

>校則には清潔な髪型であること以外に髪の長さに対しての制限は書かれていません。

なるほど,それでは疑問に思って当然ですね。

>要するに校則もあってないような学校に私は来てしまったのです。

それは,大変な学校に行ってしまったのですね。自分で善し悪しを判断しなければならない学校ですね。それは,とっても難しいことです。教師の指導も難しいですね。あなたが,これだけ納得していないところをみると教師の指導の仕方にも問題が有りそうですね。少なくともあなたに指導の真意が伝わっていない...続きを読む

Q男はスーツなのに女は私服でも良いのは何故?

会社にもよりけりですが、よく男性はスーツ(背広)限定、
女性は私服でも良いという職場の服装規約がありますが、
なぜ男性は私服じゃいけないのでしょうか?
男の私服は他人にビジネス上の不快感を与えるが、女はそうでもないとでも言う事なのでしょうか?
あからさまに偏見のような気がします。

また会社の女性に理由を聞いてみたところ、
「スーツのほうが毎日服選ばなくて楽じゃん」と言われましたが、
別に女性用のスーツも売ってるのだから、スーツで来れば?と思います。
毎日大変なのに、わざわざスーツを避けて私服を選んで職場に来て・・・と、全く意味が解りません。
何か意味があるんでしょうか?

Aベストアンサー

No.3です。
極端な話になってしまいますが
イギリスの王室や皇室の服装を考えてみても
男性はドレスコードにあったほぼ定型の服装をするのに対し
女性は毎回違った服装になっています。
王室クラスになると、服装もまさか自分の一存で決めるわけもなく
社会通念上、最も高く評価されるあり方を追求した結果、そうなっているわけです。

まさかエリザベス女王が制服を着ないのが
「女は自由だから」という理由からではないですよ。
女性の君主なのですからね。
責任という意味においては最高レベルです。

映画祭やセレブパーティなどでも、原則男性は
スーツやタキシードなどの、何かしらの「制服」着用ですよね。
これは差別云々ではなく、せっかく男と女に生まれたのだから
互いの良さや特質を最大限に生かすべきじゃないか
そんなところから伝統が続いてきたんです。

一度デザイナーなどの書いた、男性の服装術を読まれるといいです。
昔から「男の美は制服を着たときに最高に高まる」と言われています。
制約というよりは、制服で光れてしまう男の特権 とも言えるんです。

また、デザイナーいわく、男は型にはまればはまるほど
それを着こなし、光る魅力が出てくる そうですよ。
質問者さんも多分、将来そうなるんでは。

わが夫は40代ですが、オフィスカジュアルが選べても
あえてスーツを通しています。
やはりラクとかそういう簡単なことではなく
戦略としてスーツの効果を武器にできるからです。

昔よりずっと似合います。
着物の着こなしと同じく、服装の選び方のみならず
振舞い方や文化的な背景の素養が高まれば高まるほど
板についてくるもんなんです。

一方女性の美や性質というのは
毎回型にはまることよりも
常に移ろいやすく、掴めそうにない微妙なバランスからくると言われています。
特徴そのものがそうですよね。
ウエストや胸の凹凸、ヘアスタイルのうねりや曲線・・・
こういう生き物だと、直線で画一的な制服よりも
よりバラエティ要素がないと良さが引立ちません。

>入社の時に、「わが社はイギリス発祥の洋服マナーを原点とし、それに準じて社員の服装規約を定めている」とか言って欲しかったなぁ

ま、冗談ならそれも良いですが
そういうことって暗黙の了解とか、無意識で成り立ってるものですからね。
明言化されないけど大事なことって、世の中沢山あります。
知らない人には意味がわからないが
文化的背景が読める人には意味が分かる というようなことです。

質問者さんの会社の取り決めは、どのへんにポイントがあるのかはわかりません。
ただ、もともとの社会の流れというものの上に
会社独自の判断が加わっているのは、間違いないでしょう。

No.3です。
極端な話になってしまいますが
イギリスの王室や皇室の服装を考えてみても
男性はドレスコードにあったほぼ定型の服装をするのに対し
女性は毎回違った服装になっています。
王室クラスになると、服装もまさか自分の一存で決めるわけもなく
社会通念上、最も高く評価されるあり方を追求した結果、そうなっているわけです。

まさかエリザベス女王が制服を着ないのが
「女は自由だから」という理由からではないですよ。
女性の君主なのですからね。
責任という意味においては最高レベルです...続きを読む

Qなぜ女性の長髪は誉れとされ、男性のそれは恥じとされるか。生物的な見解はあるのでしょうか?

こんにちは。

主観的と思われるかもしれないですが、私は客観性が十分にあると思っています。
女性の長髪は美しいとされ、男性の長髪は気持ち悪いとされる。

これは生物学的に説明できるのでしょうか?
どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

女は昔からお淑やかなものとされ、長い髪はその淑やかさの象徴でした。男は逞しさとか強さです。例えば男が戦闘する時、髪が長いと眼に入ったりしますよね。軍人が坊主なのは、何日も風呂に入れない可能性があるからです。このように男は髪が短いほど活動的と思われるのです。生物学的ではなく、行動パターン的、習性的というものかと思います。

Q職場で、男性ばっかり髪型に制限がある!

襟足が長いとか、色が明るいとか、色々、、
男性ばかり、注意されます。

女性が平気で男性がダメって、この風潮はなぜでしょうか?

Aベストアンサー

男尊女卑ですね。対外的なことを考えると、男の長髪や染髪は好ましくない、というのが理由だと思います。女性だけに対して、長髪はまだしも染髪まで認められているとすれば、女性が会社の中で軽く見られている、と考えられると思います。

Q一日で辞めた方いらっしゃいますか?

就職後、1日で会社を辞めたくなりました。
礼儀がすごく厳しい会社のようで、社風が合いません。
会社にはものすごく迷惑をかけるのは承知してますが、保険や年金等の手続きの前にと思い、会社に採用辞退を申し出ようと思います。
就職後、1日で会社を辞められた方、いらっしゃいますか?
そのような方がおられましたら、そのときのエピソードなど教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダメだ・・。どこ行っても一緒!」みたいな事言ってくるんだよね。あれってなんなんだろうね。ちなみに俺は今は自分に合った職場で続けてるし辞めようともとも全く思わないね。すぐ辞めた会社に至っては、「ソッコー辞めてよかったぁ」と思ってるし。自分の色に合わないところはとことん合わないからね。それは本人にしか分からないだろうし、自分がそうだと判断したなら周りの意見に振り回されちゃダメだわな。
すぐ辞めたからってどこ行っても同じって意見は低脳の意見だと聞き流そう!自分は絶対に自分に合った職場に行くんだ!ってな意識があれば大丈夫!1日で辞めてもいいと思うよ!!

こんな質問をすると、
「そんな考え方じゃどこに勤めても同じ」「会社に迷惑だから早く辞めて下さい」みたいな回答が来るよ~(笑)。

っと、まず、1日で辞める人はいますよ!まぁ合わないものは合わないんで、それは悪い事ではないと思うよ。まぁ続けてみないと真実は分からないってな意見もすごく「その通り」って意見なんだけどね。
まぁ君が「どうもおかしい。ここは違う」って思ってるなら1日でも3日でも辞めていいと思う!!
かくいう俺もすぐ辞めた事はあるし。そんな時に周りは「そんなんじゃダ...続きを読む

Q髪の毛を染めてはいけない理由を教えてください。

服装の乱れってなんでしょうか。ファッショナブルでいいじゃないですか。
髪の毛を染めてはいけない理由はなんでしょうか。髪の毛が茶色だと何がいけないんです?


教師「誰だって、服装や髪の毛の色が一番大切なことじゃないのは分かってる。でも、人間を一瞬見ただけでは、その人が『良い人間』なのか『悪い人間』なのか分からない。だから、最初にみんな、その人の服装や外見を見て評価しようとする。自分の根を評価してもらうためにはまず、外見をよくしないといけない。」

→では、身だしなみを整えて、自分の根まで評価された後なら、俗にいう「だらしない格好」をしてもいいのでしょうか?


※私の服装はしっかりしてます(笑。ヤンキーでも反抗期の少年って訳でもありません。ただ、毎朝、校門で服装のチェックをしている先生の気持ちをしりたくなったわけです。

正直、國母和宏選手が服装が乱れていると世間で責めたてられても、実力があればそれでいいと思います。外見や格好ではなくて、その人が一生かけて積み上げていくものの方が遥かに重いと思うからです。

ちなみに僕は国会議員が金髪でも真面目に国を動かしてくれるならそれでもかまわないと思います。受験や就職で髪の毛や異常なまでも細かい身だしなみで減点されるのも納得いきません。

「金髪はヤンキーが多い、(性格的に)不良や非行に走る人間は髪を染めていることが多い→金髪の人間は不合格」
との考え方は
「○○人はなまけている人が多い→不合格にしろ」
とどこが違うのですか。どちらも表面しか評価してない。ある種の差別的見解とも思います。

もちろん、変えられるものと変えられないものとで違いはあるでしょうが、

皆さんはどう思いますか?
高校生の甘い考え方でしょうか。間違っているなら一喝願います。
穴だらけの屁理屈だってこともちゃんと承知しております。
乱文失礼しました。

服装の乱れってなんでしょうか。ファッショナブルでいいじゃないですか。
髪の毛を染めてはいけない理由はなんでしょうか。髪の毛が茶色だと何がいけないんです?


教師「誰だって、服装や髪の毛の色が一番大切なことじゃないのは分かってる。でも、人間を一瞬見ただけでは、その人が『良い人間』なのか『悪い人間』なのか分からない。だから、最初にみんな、その人の服装や外見を見て評価しようとする。自分の根を評価してもらうためにはまず、外見をよくしないといけない。」

→では、身だしなみを整えて、自分...続きを読む

Aベストアンサー

先生の言っていることは一理あります。ただ意味は深いですね。

マナーを守ることは集団社会における文化的背景というものが関わっています。
日本でダメな格好が海外でダメとは限らないし、その逆も然りですね。
何でダメなの?に対して「そういう文化だから」としか言えないものもあります。
例えばご飯にお箸を立ててはいけないとか。

例に挙げたお箸を立ててはいけないのは仏教的な慣習に基づく規範ですが、「俺はキリスト教徒だから関係ねぇし、別に仏教を否定してるわけじゃねぇし」という自分なりのポリシーでご飯に箸を突き立てつつ食事をしていたら、食事を共にする相手が仏教徒なら違和感があったり不快に感じたりしますよね?
これはマナーを守らない人に対する不快もありますが、もっと重要なのは「周囲に漂う雰囲気を不快にしてしまう」ことなのです。

人間は一人では生きていません。
集団で生活し、社会を築くことで生活基盤を構築しています。
マナーというのは個々の人間に対する戒めではありますが、マナーを守ることは個々人を対象とした評価尺度の一つというものではなく、集団全体を維持してゆくための統一ルールのようなものです。ちょっと言い方を変えれば全体に合わせるために一人一人が譲歩する思いやりに近いものですね。

はみ出すということは個性である半面、社会的規律(やわらかく言えばその国の慣習や風土)を乱すことになります。時としてそれは集団生活全体に対して影響を及ぼすこともあります。勘違いしてはいけないのが「乱している本人がどう見られるか」などは全体に与える影響からみれば瑣末なことなのです。

今、世界で震災に見舞われた日本人の規律の正しさがとても高い評価を受けていますよね。「暴動が起きない」と。
これが集団生活における規律を守るということの大きな効果です。

学校生活における髪型、服装などは「守らなくたって日本が崩壊するわけじゃないじゃん」と思うかもしれません。確かにそうですし、ルールがあろうがなかろうが学業に影響がないものですよね。
でも、なぜ守らなければいけないかといえば、そのどうでも良い校律を守ることが「規範に則った社会人になるためのトレーニング」だからです。
あなたはまだ学生ですから社会に対する重大な責任を抱えてはいません。ですが、いずれはどこで生きてゆくことになろうと一人の成人として、権利と当時に責任も抱えて生きてゆくことになります。
その中には「なんで俺までこんなこと…」とか「こういうのは苦手だなぁ」なんてものもあるでしょう。でもあなた一人だけの組織ではないしあなただけのための社会ではないので、我慢しなければならない時も多々あります。
これが我慢できないような大人では信頼されないし仕事も任せられない。となればご本人も世の中でうまくやっていけない。そんな人が沢山増えたらどんな社会になるか…想像できますよね?

そうならないために学校という集団生活の場で「皆で合わせましょう」というルールを作ってマナーを身につけるのです。ルール内容そのものは大して意味がないように感じられるかもしれませんが、『相手に合わせる』『全体で統一する』『個ではなく全体を一つとして捉えて動く』ことを体で覚えることができます。経験を積ませるための実践教育ですね。
髪型・服装…些細なことばかりやらされているように見えますが、だからこそ簡単にできる課題ではないですか。高校生ならだれでもできる課題をクリアできないのなら減点対象になっても仕方がないですよね(しかも意識的に放棄するならそれは試験放棄と同じです)

同様に考え方次第の部分もありますが「オリンピックに出られる程度の努力をしてきたなら、身だしなみ合わせるくらいできて当たり前でしょ。それすらできないんならその程度の努力だったんでしょ」という見方もされてまた然りなのです(これは選手の扱いに対する視点の一つですし、バッシングに対してはまた別の価値観も働いています)

今のあなたはまだ「何でこんなことやってんだろう?」とか「いちいちウザいなぁ」で良いと思いますよ。大事なのはそれでも我慢して規律に合わせることですから。
大人になったら、制約の中でやりくりする器用さも身につけます。


小学生の頃「なんで学校を休んではいけないの?家で勉強すれば同じなのに?」と質問した子がいました。
先生は「大人になったら我慢してでも会社に行かなくてはならないし、社会や家族を支えるためには気分で休んだりできない。だから今のうちに我慢してでもやることを覚えるんだよ。勉強内容ではなく、学校に通い続けることが大切なんだ。」と言っていたのを今でも覚えています。

恩師と生徒のやりとりが私の教育に対する考え方を大きく変えてくれた気がします。
私の回答のルーツです。

先生の言っていることは一理あります。ただ意味は深いですね。

マナーを守ることは集団社会における文化的背景というものが関わっています。
日本でダメな格好が海外でダメとは限らないし、その逆も然りですね。
何でダメなの?に対して「そういう文化だから」としか言えないものもあります。
例えばご飯にお箸を立ててはいけないとか。

例に挙げたお箸を立ててはいけないのは仏教的な慣習に基づく規範ですが、「俺はキリスト教徒だから関係ねぇし、別に仏教を否定してるわけじゃねぇし」という自分なりのポリシ...続きを読む

Q男で頭髪自由な仕事

現在仕事を探しているのですが、男で頭髪自由な仕事、長さ、色などそこまで厳しくなくて緩い感じの職種ってどんなのがありますか?やはりアパレルや美容師、夜の仕事、土方系ぐらいしかないんでしょうか?
ちなみに自分の希望は製造業ですが、製造業、または鉄工所関係はどんな感じですかね? 社会人で髪型を気にするのはどうかとは思われてるかもしれませんが、自分もオシャレはしたいですし、譲れないものもあります。もちろん仕事は頑張るつもりです。あとなぜ女性は頭髪に対してそんなに厳しくないのに男にだけ厳しいんだろって思います。

Aベストアンサー

会社によるけどファッションやアパレルなんかはゆるいですね。
ウェブやゲームの内勤系なんかもそう。
ただこの手の会社はキツイ、安いことが多く髪型自由であることが「福利厚生の現物支給」になってることも少なくないです。

製造業であれば上司や経営者次第でしょう。特に先輩を見ていれば大体分かります。


女性の髪形は、それを言うことがセクハラになるからでしょう(同様の理由で男性相手でもセクハラなんだが)
確かに厳密に女性だけ服装や髪型を自由にさせるのは差別ですが、企業人は別に政治家や聖職者ではないので、法の限界内であれあそういう対応はどんどんしてきますよ。
女性の場合は見た目でモチベを上げてく人も多いのでそこを厳密にして生産性を下げるより、ゆるくして数値や目標をクリアして欲しいと考える企業が多いです。
女性の多い会社の場合は、女性の先輩から服装髪形をガンガン突っつかれるみたいですね。


服装の規定はいくつかあるけど、理由は僕らが他者に寛容じゃないからかなと思います。
しょうがないけど、そういう部分はある。
香水をつけて茶髪の女性が、男性を見て「あの人は髪が長すぎて見苦しい」とか不快に思うことはある。自分の中で茶髪・香水はOK、なわけです。
大体、この辺をうるさく言う人は仕事ができない人だったり、自分に甘い人(上記の茶髪・香水の女性)だったりします。

お金稼いでるんだし、
そういうもんだと思って、うまく立ち回ることを薦めますよ。

会社によるけどファッションやアパレルなんかはゆるいですね。
ウェブやゲームの内勤系なんかもそう。
ただこの手の会社はキツイ、安いことが多く髪型自由であることが「福利厚生の現物支給」になってることも少なくないです。

製造業であれば上司や経営者次第でしょう。特に先輩を見ていれば大体分かります。


女性の髪形は、それを言うことがセクハラになるからでしょう(同様の理由で男性相手でもセクハラなんだが)
確かに厳密に女性だけ服装や髪型を自由にさせるのは差別ですが、企業人は別に政治家や聖職者...続きを読む

Q男性がレディスを着るのは有り?

 店でなんとなく、いいな~と思って手にとった商品がレディスで残念!というシーンがよくあります。

 そういう時思ったんですが、男性がレディスを着ちゃ駄目なのかな~と思いました。恥ずかしくて試着や体に合わせてみた事は無いのですが、もしサイズが合えば着てもOKでしょうか?。それともキモいでしょうか?

Aベストアンサー

すごくアリだと思います!

私の彼は、JK類結構レディースを着ています。
筋肉質ですが相当細身で、男性としては結構な小柄・・・163位なので、メンズでは大きかったり、丈が合わなかったりするみたいです。

ただバストにふくらみを現すバストダーツが入っているのが少し気になるかもしれません…。
気にならない程度のものなら、是非是非着ちゃって下さい。

レディースがメンズ服を着るのはよくあることです。
なのに、メンズがレディースを着ると可笑しい、なんて事あるわけないです。
今の時代、男性のスカート(シルエット限定されると思いますが)だって格好いいですよ。



服なんて、似合えばなんでもアリですよ。
かくいう私はキッズラインも着てしまいます。

Q法律と校則

法律と校則はどちらが優先されますか?
例えば、生徒の私物を教師が「校則違反だから」と勝手に没収して返さないとか(窃盗?)。
法的に認められた権利である「結婚」や「免許の取得」を校則で制限するとか。
あと、生徒の髪の毛を校則の元に勝手に切っちゃったり勝手に色を黒く染めたり(傷害?)。
「単位をやらない」などと脅して言うこと聞かせるとか(脅迫?)
あと、生徒側に非があっても体罰は暴行罪?

実際に学校の中では治外法権かというようなことがまかり通ってるわけで・・・。
法的にはどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

私物の没収は財産権(憲法29条)の、免許の取得の禁止は幸福追求権(憲法13条)の、髪型の制限は自己決定権(憲法13条)の、単位をくれないのは学習権(憲法26条)の侵害と考えます。

 しかし、例えば、財産権といっても無制約ではなく、建築基準法では、敷地一杯に家を建てることが制限されます。これは、延焼により他者の財産権を侵害してはいけないということが目的なのでしょう。(公共の福祉による制限です。)このように法律には正当な目的があり、かつ、私たちが選出した議員が国会で審議して決めているのですから自分たちが決めたことだから守らなければならないといえます。(民主主義です。)

 これに対して校則はどうでしょう。例えば、茶髪の禁止ですが、禁止することによって達成しようとする教育的目的は何なのでしょう。頭の悪い教師は校則で決まっているからとしか答えられません。不良の始まりなんてのも指導力の無い教師の常套句ですし、学校の印象が悪くなるなんてのも、銀行員さえ髪を染め、卒業式では保護者席が茶髪だらけという時代には理由にはなりません。それに、父兄と面接するのに体育教師でもないのにジャージ、スリッパというだらしない格好の教師が言ったのでは説得力がありません。

 もちろん、生徒が民主的に決めたことでもありませんので、みんなが決めたから守ろうというのも当てはまりません。
 入学のときに校則を守るという誓約書を書いたから守れというのは、論外です。誓約書を書かない自由は無いのですから。

 ですから、合理的理由の無い校則なんて守る必要は無いと考えます。(法律や社会のルールは守らなければなりませんが)もっとも最高裁判例は、学校長の裁量を広く認めていますから、退学になっても救済されないでしょう。エホバの証人の子が剣道を受講せずに退学になったのが救済されたのはちょっと異質な事例ですので。

 まさに、学校は質問者さんがおっしゃるように治外法権ですね。疑問を持てば息苦しいでしょう。

私物の没収は財産権(憲法29条)の、免許の取得の禁止は幸福追求権(憲法13条)の、髪型の制限は自己決定権(憲法13条)の、単位をくれないのは学習権(憲法26条)の侵害と考えます。

 しかし、例えば、財産権といっても無制約ではなく、建築基準法では、敷地一杯に家を建てることが制限されます。これは、延焼により他者の財産権を侵害してはいけないということが目的なのでしょう。(公共の福祉による制限です。)このように法律には正当な目的があり、かつ、私たちが選出した議員が国会で審議して...続きを読む


人気Q&Aランキング