宜しくお願い致します。
岡山県またはその周辺で古い携帯や故障したパソコンを買い取り、レアメタルなどを抽出する業者はないですか??

携帯やパソコンには少量ですがレアメタルが含まれていると聞きますが、少量の場合なら気にすることなく携帯ショップや廃棄等にすればいいと思うのですが、ある程度の量になると買い取っていただくことも可能では??と思っております。

そこで、そのような形で買取を行ってくださる業者をご存知の方がおられましたら、教えていただけたらと思っております。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

パソコンについてはわかりませんが、携帯電話を買い取りしている業者?個人さん?は聞いたことがあります。


レアメタルを希望での買い取りかどうかはわかりません。

私はその方に買い取っていただきました。
携帯電話以外にも車の売買をされていたようです。
買取金額もネットで調べた価格と大差ありませんでした。
名前などは忘れましたが、山陽新聞の「サンデメ」のコーナーに買取の広告を載せていました。

今はどうかわかりませんが・・。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレアアースとレアメタルの違いについて

レアアースとレアメタルの違いについて

こんにちは。
日中間で発生している尖閣諸島問題で、中国側のレアアース日本への輸出制限が危惧されています。
レアメタルはよく耳にするのですが、レアアースとの違いをご教示お願い致します。

Aベストアンサー

 レアメタル=希少金属で、レアアースはその種類の1つです。

Q分割払い確認書の書き方を教えて頂きたいので、宜しくお願い致します。

分割払い確認書の書き方を教えて頂きたいので、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

特に決まりはありませんが以下の内容を含んでいることが重要でしょう。
・日付の記載
・当事者双方の住所、氏名等の明記
・確認事項(分割の方法、期限等)の明記
・その他(確認事項が遵守されなかった場合の処置、本書に記載のない事項が発生した場合の処置等)
・署名・押印

Q仕事が無いがある程度の収入が有る場合

自分は自営業をやっていますが不況の為このところ仕事がありません。
不動産収入がある程度有るので細々と暮らしてはいけます。
今後どうしようかと思っています。
廃業して転職するかそれとも現状のまま漫然と毎日を過ごして景気回復して仕事が来るのを待つのとどちらがいいものでしょうか。

Aベストアンサー

「自営業者で不況下でも不動産収入があるから暮らしていけるのはシアワセだぁ。今後は出来れば不動産所得を消費してしまわないで倹約して信用金庫や信用組合に積み立て貯金を組んで信用をつけて不動産担保融資を受けて賃貸借用途に供する土地建物を月賦購入して将来は大ヤヌシになろう」

Q元方事業者と特定元方事業者の違い

タイトルにも書かれているとおり、元方事業者と特定元方事業者の違いは具体的に何でしょうか。

Aベストアンサー

労働安全衛生法15条です。

元方事業者のうち特定事業を行うものを特定元方事業者といいます。
特定事業とは建設業その他政令で定める事業のことで、その他政令では造船業が現在指定されています。

つまり、建設業と造船業の元方事業者を特定元方事業者と呼びます。

Q重要事項説明は元付業者?客付け業者?

重要事項説明は、元付業者が行うものでしょうか?それとも客付け業者が行うものでしょうか?
特に客付け100%の場合、客付け業者が行うべきと思うのですが、元付業者が行うものでしょうか?
また、契約書の取り交わし等、客付け業者が行うべきじゃないですか?
宅建登録されている業者ですが、ほとんど宅建業は行っておらず、慣行的なことはまったくわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

元宅建主任者です。
重要事項説明は、宅建業者が不動産の売買や賃貸等の取引について、自ら行う場合とその媒介を行うときに際し、取引の相手方即ちお客さんに書面で以って説明を行わねばなりません。(重要事項の説明等)法第35条です。
これは全ての宅建業者の義務ですから、複数の業者が絡んでいる場合でも全社その義務があります。第35条には、ご質問の元付業者とも客付け業者ともその記述はありません。
ただし、複数の主任者が同じことを口頭で説明する義務まではありませんから、どちらかの宅建主任が担当すればいいのです。ただし、書面には全社の主任者が記名捺印をしなければなりません。
実務ではこのあたりの業務を法律どおりにやっていない場合も多々見られますが、厳密には法違反です。ちゃんとした業者はそうしています。

契約書の取り交わしは契約の当事者同士が行います。宅建業者はその手間を手伝うだけです。37条の書面交付の義務と一緒にしてはいけません。ただし、同一書面を使うことは問題はなく、そのほうが手間が省けますから、みんなそうしているのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報