竹取物語のかぐや姫は、犯した罪が消える日まで地上に落とされていたそうですが、彼女の犯した罪って何だったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

補足に対する回答です。



>>「罪」論については国文学界とかでは、よく議論されるので参照されては。
>国文学には、まったく知識がなく、何を参照したら良いかすらわかりません。参考になる書物を教えてください。

 ここで私が言った「罪」論とは、スサノオノミコト・源氏物語など貴種流離譚との関係といった、一般的な物語論についてですが、普通の図書館や本屋にはなかなか良い参考図書は無いのですが、竹取物語にも関連するものとしては、
  語られざるかぐやひめ : 昔話と竹取物語 / 高橋宣勝著. - 東京 : 大修館書店 , 1996.3.
あたりが、手に入りやすいかもしれません。最後のほうの章の「『竹取物語』と天人流謫譚」などが多少関係します。ただ、一般的な物語論の発想に慣れてないと意味不明かもしれません。

>共同体の性的タブー違反
>>どんなことが考えられるのでしょうか。教えてください。

 ekuboさんの想像で正しいと思います。
 そもそも何故、性的な罪と想像されるかというと、美女の罪として話になるのはそれくらい、という俗人的発想なのですが、それを学問的に精緻に論考されたのが、曽根誠一さんの「かぐや姫の贖罪の構造と方法」(『論集源氏物語とその前後1』新典社)で、これを参考にすると、
  (1)天界でかぐや姫が罪を犯したのは20代前半である。
   *まず、昇天する時、かぐや姫は「廿余年」である。
   *そして、かぐや姫が地上にいたのは、天界の時間で「かた時のほど」である。
  (2)かぐや姫は天界で高貴な地位にある。
   *天人が敬語を使っている。
  (2)かぐや姫の贖罪は、「不犯」によってなされる。
   *かぐや姫は求婚者を、自分は天界の人間だからと言って退ける。 →不犯が昇天の条件?
   *物語の後半に進むにつれ、かぐや姫は求婚者に心を動かし始める →この苦悩が贖罪?
   *難題を果たした求婚者や天皇に対しては絶体絶命の状況である  →それを克服するのが課題?
   (ただし、翁との別れなど非性的な「苦悩」も含めて贖罪である可能性はある。)
ということになります。
 だとすると、20代前半の高貴な女性が、苦悩しながら不犯を貫く、という贖罪に値するような罪を行うとしたら・・・。ちなみに、氏の論考では藤壺・女三宮・浮舟の密通年齢(?)も20代前半であることが指摘されています。
   


   
    • good
    • 3
この回答へのお礼

 「語られざるかぐやひめ」が図書館にありました。さっそく、読んでみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/25 17:46

 「罪」については「前世からの契り」に言及する場面とは別に、月からの使者が迎えに来たときの言葉の中に有ります。



 如何なる罪だったのかは書いてないので分かりようがないのですが、一般には共同体の秩序を破る罪だと考えられています。すなわち、日本古来の「罪」のとらえ方に従えば、「罪」とは共同体秩序の破壊であり(例えばスサノオノミコト)、「罪」という「穢れ」は共同体(月)から追放(地上へ)されせねばならず、それは「祓え」(地上でのしばらくの生活)によってあがなわれ消滅(月への帰還)します。竹取物語はこの日本古来の「罪」の構図に符合しているのです。
 「罪」論については国文学界とかでは、よく議論されるので参照されては。

 それでは、具体的には何の罪だったか、これは完全に想像になります。まあ、共同体の性的タブー違反と考えるのが自然でしょうかねえ。

この回答への補足

 ありがとうございます。

>「罪」論については国文学界とかでは、よく議論されるので参照されては。
 国文学には、まったく知識がなく、何を参照したら良いかすらわかりません。参
考になる書物を教えてください。

>共同体の性的タブー違反
 まったくの素人の私が想像できることは、
 (1)「不倫」。しかも、かぐや姫が尊い人の妻であるにも関わらず、という場合。(2)かぐや姫が巫女であった場合。(3)同母の兄妹、姉弟の結婚。こんな幼稚なことぐらいです。
 どんなことが考えられるのでしょうか。教えてください。

 

 


 

補足日時:2001/03/19 17:31
    • good
    • 1

あたしも、古典の授業では「前世からの契り」ということを習った気がします。



ただ、解釈の一つとして犯した罪があるのだと思います。
ということは、その罪の内容にも当然たくさんの解釈があるわけですが、
あたしが知っているのは不義密通? 姦通罪?
とにかく男女間の関係上での罪でした。
    • good
    • 1

昔むかしに、古典で習ったときには、「前世からの契りがあったので...」となっていました。

何か罪を犯したとかではなかったと記憶しているのですが。、

で、調べてみましたが、
「己が身は、この国の人にもあらず。月の都人なり。それをなむ、むかしのちぎりありけるによりてなむ、この世界にはまうできたりける。いまは、かへるべきほどになりにければ、十五日にかのもとの国より、むかへに人々まうで来むとす。」
とありました。やっぱり、前世の契りでいいんだと思います。

でも、私も古典でなくおとぎばなしとして読んだとき、そんな風に聞いた気もします。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qかぐや姫が主人公のはずなのに『竹取物語』???

・・・竹取物語ってなんで竹取物語でしょう。この物語で「竹取」とよばれるのは例の翁です。主人公はかぐや姫のはずなのに、どうして「かぐや姫物語」ではないの?・・・

竹取物語に関するレポートが出されていて、色々調べ物をしたのですが、ネットでこんな質問を目にしました(どこかの大学のシラバスに書いてありました)。
レポートの内容には含めませんが個人的に気になったので質問させていただきます。
確かにこの質問のとおりですよね?わかる人いらっしゃいましたらご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 むかしの物語には題名がわからないものが多く(なかには失われてしまったものもあるし、もともとないものもある)、しかしそれでは不便なので、通称がつけられています。これが固定化すると現在のような題名になるわけです。
 王朝物語でいちばん多いのは主人公の名前をとったもので、伊勢物語の在五中将物語という古名や平仲物語、源氏物語、狭衣物語、浜松中納言物語などがあります。
 これに対して、物語冒頭の一文をそのまま使って通称をつける場合があります。「夜半の寝覚」などがその典型例ですが、竹取物語もこの一種で、冒頭におじいさんのことが書いてあるので竹取物語という通称が出たのではないかと思われます。
 冒頭の文章で題名を決めるのは漢文によくある方法で(論語の章の名前がこれ)、それが日本にも入ってきたものだと思います。ずっと下って漱石の『吾輩は猫である』もこの類で、漢文が得意で、題をつけるのが苦手だった漱石の苦心の名案のようです。

Qかぐや姫はなぜ地上に降りてきたのですか?

すごくくだらない質問ですみません…。

さっき「まんが日本むかしばなし」を見ていて思ったのですが、かぐや姫はどうして地上に降りてきたのでしょうか?

古典の授業で読んだ限りではどうして降りてきたか、という部分がなかった気がするんですよね。結婚相手を探しにきたわけでもなさそうですし、何のために来たのかなぁ…と思っています。

作り話ですし、作者も不詳なので分からないのかもしれませんが、何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

月から迎えの使者がやってきたところに載っています。

本文は、

「いささかなる功徳を、翁作りけるによりて、汝が助けにとて、片時のほどとて下ししを、そこらの年ごろ、そこらの黄金賜ひて、身を変へたるがごとなりにたり。かぐや姫は罪を作りたまへりければ、かく賤しきおのれがもとに、しばしおはしつるなり。罪の限り果てぬれば、かく迎ふる」

こうなっています。これを現代語訳すると、

「わずかばかりの善行を翁が成したことによって、おまえの助けにしようと、ほんのしばらくの間ということで下したのだが、長い年月の間に、多くの黄金を賜って、生まれ変わったようになってしまっている。
かぐや姫は、罪をお作りになったので、こんなに賤しいおまえのところに、しばらくいらっしゃったのだ。罪の償いのために下界に下った期間が終わったからこうして迎えるのだ」

ということですね。

ちなみに姫がどんな罪を犯したのかわからないし、翁がどんな善行をしたのかもわからない。また、なぜ翁だけが恩恵を受けるのかもわからない。天人にそれを与える資格があるのか、そもそも天人とは何者なのか、ということも書かれてないので、謎は多いですね。

月から迎えの使者がやってきたところに載っています。

本文は、

「いささかなる功徳を、翁作りけるによりて、汝が助けにとて、片時のほどとて下ししを、そこらの年ごろ、そこらの黄金賜ひて、身を変へたるがごとなりにたり。かぐや姫は罪を作りたまへりければ、かく賤しきおのれがもとに、しばしおはしつるなり。罪の限り果てぬれば、かく迎ふる」

こうなっています。これを現代語訳すると、

「わずかばかりの善行を翁が成したことによって、おまえの助けにしようと、ほんのしばらくの間ということで...続きを読む

Q竹取物語の「かぐや姫の昇天」について…

竹取物語の「かぐや姫の昇天」の本文に

「土より五尺ばかりあがりたるほどに立ち」

というのがあるんですが、

なぜ天人は地面から五尺ぐらい
上がった所に立ち並んで
着地しなかったんでしょうか?

Aベストアンサー

「かぐや姫は罪を償うために地上に降りてきた」

天人にとって、地上とは下等な下人の住む地であり、罪人の島流しの場所。
つまり穢(けが)れている所とみなしているのでしょう。
「本来ならばこんな汚らわしい所、降り立つのも触るのも嫌でおじゃる」と。

Q竹取物語のかぐや姫誕生の場面で翁は竹を切ったのか?

 竹取物語の冒頭部分で「あやしがりて よりてみれば 筒の中 光たり それをみれば 三寸ばかりなるひと いと うつくしふていたり」とあります。現代語訳やかぐや姫の本をみると,「竹取の翁が竹を切ってみると なかに 大変かわらしい女の子が すわっていました。」となっているものがとても多いです。でも 翁は竹を切ることなく,切り株のなかに座っていたとするものや 光る竹の近くに座っていたとするものなどいろいろな現代語訳があります。いったいどうやって翁はかぐや姫を発見したのでしょうか。

Aベストアンサー

いわゆる「武藤本」が底本の原文を辿ります。
1.竹林の中で根元の光る一本の竹を見つけた。…「その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。」
その竹は伐り株ではなく、「一筋」の生きた若竹=「なよ竹」の根元のあたりでしょう。
2.不思議に思い、近づいて見ると、その一節分(だけ)が光っているのだ。…「あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。」
近づいて見ると、その根元でも「筒」=節と節の間の部分だけ光っていた。
3.更に目を凝らすと、そこに三寸ほどの身長のお人が、とても可愛らしい姿で(光を放って、立って)いらっしゃるではないか…「それを見れば、三寸ばかりなる人、いとうつくしうてゐたり。」
見ただけで身丈三寸程の人と即座にいえるのは、立ち姿だったからと見るのが自然でしょう。「いとうつくしうてゐたり」とは、(1)とても可愛らしかった、(2)「ゐる」は本動詞では「立つ」に対しての「居る」「座る」なのだが、この場合は補助動詞なので存在動詞性を帯びて行為・状態の存続していることを表わし「いる」であり、だからこそ「竹の中におはするにて」として、「いる」の敬語表現が続いているのです。
このことは、かぐや姫が竹から生まれたといった表現が一切使われていないことの確認にもなります。
また「かぐや」は「馨(かぐは)し」だけでなく「赫奕(かくやく)」たる光り輝く存在であればこそ、その一節分の筒においでになっていらっしゃるのが見えたのです。
言い換えれば(1)「生まれた」といった表現はどこにもない、(2)筒が光っているので切り取ったら姫がいたわけではなく、光のもとは姫自身であり、「なよ竹」においてそのお姿が直接見えたとしか触れていません。

「今昔物語」でも「篁の中に一の光あり。その竹の節の中に、三寸ばかりなる人あり」「片手にはその小さき人を取り、いま片へに竹を担いて家に帰り…」とあり、切ったり、生まれたりした記述はなく、ただ光をたよりに見つけ、片手に取って連れ帰っただけです。

一方「海道記」では、採竹翁(たけとりのおきな)の女(むすめ)となった赫奕姫(かくやひめ)との出会いは「翁の宅の竹林に、鶯の卵、女の形にかへりて巣の中にあり」と記されています。
この竹林に巣をかけた鶯の「かいこ」説については、この他にも「歌道寄合肝要集」「聖徳太子伝拾遺抄」「三国伝記」など枚挙に遑もありません。

なお「斑竹姑嬢」では泣き声のする「楠竹」を家に持ち帰り、そっと割ってみるとその「竹筒裏竟有一個漂亮的女姟(竹筒の中になんと一人の美しい女の児がはいっていたのです)。」とあり、こちらの方なら、泣き声やら、竹割りなりに言及されていることになりますのでご参考まで。

いわゆる「武藤本」が底本の原文を辿ります。
1.竹林の中で根元の光る一本の竹を見つけた。…「その竹の中に、もと光る竹なむ一筋ありける。」
その竹は伐り株ではなく、「一筋」の生きた若竹=「なよ竹」の根元のあたりでしょう。
2.不思議に思い、近づいて見ると、その一節分(だけ)が光っているのだ。…「あやしがりて、寄りて見るに、筒の中光りたり。」
近づいて見ると、その根元でも「筒」=節と節の間の部分だけ光っていた。
3.更に目を凝らすと、そこに三寸ほどの身長のお人が、とても可愛らしい姿で...続きを読む

Q竹取物語かぐや姫の昇天

竹取物語かぐや姫の昇天の中に

御衣を取り出でて着せむとす。

とありますが、「御衣」の動作の対象は誰なのでしょう?

「御衣」は名詞の尊敬語で、作者からの敬意というのは分かるのですが・・・


どなたかお願いします。

Aベストアンサー

かぐや姫

http://eva.genji.cc/boujin/taketorimonogatari-038.htm

天界から来た人が、かぐや姫に着せようとした。

Qかぐや姫の罪って不倫?殺人?

今私は竹取物語を習っているのですが、かぐや姫の罪が分からず困っています。月へ帰ると物思いなくなるという記述があり、恋もできないのではないかと思い、だからといって帝には不老不死の薬を渡したことから月の人々は死なない、つまり殺すなんて不可能だと思うんです。国語の授業で図書館へ行く暇もなく、できるだけ詳しく書いてあったりするサイトがあれば教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

作者もわからず、書かれた目的もわからないのだから諸説でるのは当然です。
言い寄る男からの貢物で翁たちがリッチになる。あれが欲しいこれが欲しいといっていわれた男5人は家来やお金で手に入れようとする。自分で出かけた3人は死にそうな目にあってお気の毒。
(現代に通じるテーマだなぁ(^^))
いまならセレブ(帝)とはいいとこまで行く。蹴っ飛ばすのは当時の日本の事情では考えにくいので輸入された話ではないかという説があります(帝にため口はだめでしょう)。

かぐやが罪人らしいのは使者の言葉です。中身も罰のこともない。
月から追放(^^)されていたが、男断ったので(^^)お許しがでたって理解もできます。謹慎や島流しですね。

テレビ局の社員じゃないと思うが

帝は武装して迎撃しようとするが抵抗はできなかったというのが「平和的で」この話しが保存され続けた理由にも思えます。

Q竹取物語かぐや姫の昇天 敬語

竹取物語かぐや姫の昇天で、
かぐや姫から帝への手紙の中に

かくあまたの人をたまひてとどめさせたまへど、許さぬ迎へまうで来て、取り率ゐてまかりぬれば、~


とありますが、その中の「まうづ」「まかる」の謙譲語の動作の対象が分かりません。

かぐや姫から誰への敬意なのでしょうか?

分かる方解答お願いします。

Aベストアンサー

帝です。
「迎へ(帝の治めるこの国に)まうで来て~(帝のもとから)まかる」からです。

Q竹取物語 かぐや姫の昇天

古文の質問です  かぐや姫の昇天の『えとどむまじければ たださし仰ぎて泣きおり』は誰の行動なんですか?

Aベストアンサー

>古文の質問です  かぐや姫の昇天の『えとどむまじければ たださし仰ぎて泣きおり』は誰の行動なんですか?

「竹取物語」にもいくつかの伝本があって、質問の部分についても、A「女いだきてゐたるかぐや姫、外にいでぬ。えとどむまじければ、たださし仰ぎて泣きをり。」とするものと、B「嫗抱きてゐたるかぐや姫、外に出でぬ。えとどむまじければ、たださし仰ぎて泣きをり。」とあります。質問された方のご覧になったのはA「女」と表記したものだったのではないでしょうか。Aの系統の伝本は冒頭部分も「妻の女」と表記されており、Bの系統は、「妻の嫗」と表記されています。ですから、動作の主体(誰の行動か)は「竹取の翁の妻である嫗」ということになります。
また、傍証としてAの系統の伝本でも、かぐや姫の昇天の最初のほうで、「女、塗籠の内に、かぐや姫をいだかへてをり。翁、塗籠の戸をさして、戸口にをり。」とあり、かぐや姫を塗籠(周囲を壁で塗りこめた部屋。寝室などに使う)に隠したときに、戸口に翁、塗籠の中のかぐや姫のそばに女という配置ですので、「女」とは「竹取の翁の妻である嫗」と考えられます。
文脈上からは、「女が抱いて(外に出さないように守って)いたかぐや姫は(塗籠の)外に出た。(外に出ることを)まるでとめることができないので」と続くので、とめることができなかったのは「女=嫗」となります。

以上、参考まで。

>古文の質問です  かぐや姫の昇天の『えとどむまじければ たださし仰ぎて泣きおり』は誰の行動なんですか?

「竹取物語」にもいくつかの伝本があって、質問の部分についても、A「女いだきてゐたるかぐや姫、外にいでぬ。えとどむまじければ、たださし仰ぎて泣きをり。」とするものと、B「嫗抱きてゐたるかぐや姫、外に出でぬ。えとどむまじければ、たださし仰ぎて泣きをり。」とあります。質問された方のご覧になったのはA「女」と表記したものだったのではないでしょうか。Aの系統の伝本は冒頭部分も...続きを読む

Q桃太郎の鬼退治や竹取物語のかぐや姫や七夕の織姫彦星物語は日本書記から作られたのでしょうか? 桃太郎は

桃太郎の鬼退治や竹取物語のかぐや姫や七夕の織姫彦星物語は日本書記から作られたのでしょうか?

桃太郎は天穂日命のことでは?

で、鬼は葦原中国のこと?

七夕の織姫彦星物語の話も八坂入彦皇子の次女が弟媛と書いておりひめと読む美人がいた。

天皇は美人の弟媛(おりひめ)の噂を聞いて、弟媛がいるところに出向くと言い出した。

弟媛は天皇が妃としようとこっちに向かっていると聞いて竹林に逃げ隠れた。

天皇は弟媛の家に着いたが、弟媛がいないので、近くの池に鯉を離して朝夕見て過ごしていた。

弟媛は鯉の話を聞いて、どうしても鯉が見たくて竹林を出て池に出て来てしまった。

天皇は弟媛に気付いて、妃となるように言ったら、弟媛は私は美人ではないので、姉の方が美人なので姉を妃としてくださいとお願いをし、天皇はそれを受け入れて弟媛の姉を妃とした。

そして姉の入媛は11人の子を産み、7人の男子と4人の女子を産んだ。

日本書記って竹取物語のかぐや姫と七夕の織姫彦星物語の元になってませんか?

気のせいですか?

Aベストアンサー

気のせいでしょう。

かぐや姫の話の原型は、広く世界に分布していることが知られていて、西洋に伝わったものはトゥーランドットというオペラになってたりします。七夕の話は中国原産です。桃太郎は、成立は江戸時代と言われていて、結構新しい昔話だったりします。

Q竹取物語のかぐや姫の漢字および由来について

かぐや姫の「かぐや」には漢字はあるのでしょうか?
また意味・由来のようなものもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

いろいろな説がありますね。
【迦具夜比売命】
「古事記上巻」によりますと
天皇の孫に「讃岐垂根王」という人がいます。
この讃岐垂根王の姪に「迦具夜比売命」なる名も見つける事が出来ます。
http://www.town.koryo.nara.jp/kaguya/kaguyaetc.html#densho

【富士山の御神体の浅間の大神】
白隠禅師の「無量寿禅寺草創記」にもかぐや姫についての記述があり、
かぐや姫こそが富士山の御神体の浅間の大神であるとの説が書かれています。
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/k_hime/k_story.htm

【西太平洋広域流布の説話】
西太平洋の海人族系に伝承されてきた竹取・羽衣説話などの潮流の上に、
稲作地帯でもある中国華南の説話などが伝来し、
これを一大素材として取り込み、
日本人が大きくは二度の手を加えて「説話」段階から「物語」段階へと整除・創作し定着させたものという説ですね。

【光り輝く火の神説】
「かぐやひめ」の「かぐ」は、「火の神」(火之迦具土神)で「光り輝く、火、燃える」の意味があります。
この関係は、京田辺市天王の延喜式内朱智神社の祭神が「火の神」であり、かぐや姫という説ですね。
http://koizumi-.hp.infoseek.co.jp/taketori-tanabe.htm

【かぐや姫サミット】
竹取物語の研究者ばかり集まってサミットも開かれているくらいですから、
全国各地にかぐや姫の民話が残っています。
観光協会もかぐや姫で地元をアピールしようとしていますね。
余談ですが、
私は日本古来の民話で、だんだんと伝えられていくうちに、面白く作られていく一種の英雄伝説と思いますね。

参考URL:http://koizumi-.hp.infoseek.co.jp/take-shinpo1.htm,http://www.kcn.ne.jp/~tkia/mjf/mjf-64.html

いろいろな説がありますね。
【迦具夜比売命】
「古事記上巻」によりますと
天皇の孫に「讃岐垂根王」という人がいます。
この讃岐垂根王の姪に「迦具夜比売命」なる名も見つける事が出来ます。
http://www.town.koryo.nara.jp/kaguya/kaguyaetc.html#densho

【富士山の御神体の浅間の大神】
白隠禅師の「無量寿禅寺草創記」にもかぐや姫についての記述があり、
かぐや姫こそが富士山の御神体の浅間の大神であるとの説が書かれています。
http://www.city.fuji.shizuoka.jp/k_hime/k_story.htm

【西...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報