『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

昔のクラシック登録制度における
・時期
・回数
・金額
についてご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。

現在のクラシック登録制度においては、
以下のような感じで登録が行われ…
-----------------------------------------------
<第1次登録 前年10月>
世代の20%が登録 (1万円) = 約1600万円

<第2次登録 当年1月>
世代の15%が二次登録 (3万円) = 約3600万円

<最終登録 レース2週前>
出走予定の十数頭が登録 (36万円) = 約600万円
0~2頭が追加登録 (200万円) = 約200万円
-----------------------------------------------

こうしてプールされた6000万円程度の金額が
付加賞金として1~3着馬に配られていると聞きました。

ということは、各年代のクラシック競走での付加賞金額から、
登録の実態が逆計算可能だと考えられます。

しかし、追加登録制度が始まる1992年以前は、クラシックの
付加賞金が非常に少ないのがわかります。
制度開始前年のトウカイテイオーの世代のダービーでさえ、
付加賞金の総額は1000万円程度と現在に比べて非常に少ないです。

この当時の生産頭数は現在と同じく8000頭程度いたため、
20%の馬が第一次登録を行った時点で1600万円がプールされる
はずですなのですが…。

当時はクラシック登録料がもっと安かったのでしょうか。
また、2次登録や3次登録というものが存在していたのかどうかが
気になります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

以前は、クラシック競走の第一回登録が前々年の6月15日に締め切られていました。


つまり、生まれた翌年の6月までに登録を行わなかった馬は、クラシックレースに出走することができませんでした。
当時の言い方では「四歳馬5大特別競走第一回登録」というのが正式名称です。
四歳馬(当時の年齢表記)5大特別競走というのは、皐月賞、ダービー、菊花賞、桜花賞、オークスの5つです。
オグリキャップの件をきっかけに現在の登録システムに変更されるまでは、この6月15日が第一回登録でした。
これを逃すと追加登録は一切認められません。
登録は全部で4回、3回めがレース2週前で、4回めが枠順確定時です。
2回めについては、資料を引っ張り出してみれば分かるかも知れませんが・・・
登録料は4回の総額で1万円。
今の1万円とは貨幣価値が違うので、見込みのない馬は登録をしていないことがよくありました。
話は逸れますが、ファンの側から20~30年前の貨幣価値の尺度を考えると、「特券」と呼ばれた馬券がありました。
今では誰でも買えそうな千円単位の馬券のことなのですが、当時「特券勝負!」といえば、かなり気合の入った馬券のことでした。

ここまでは間違いがありません。
以下は「確かそうだった」という記憶。
オグリはダメでハイセイコーがOKだった件は、ハイセイコーは中央移籍ではなく、元々は最初から中央に入厩する予定だったが、事情で大井に入厩することになったと後に何かで読んだ記憶があります。
なので競走馬になる前の仔馬の時点では、中央に入るものとして第一回登録が済んでいました。
オグリキャップの場合は、馬主の小栗さんがキャップに限らず自分の馬を手放す意思がまったくなかった上に、当時は小栗さんが中央に馬主登録がなかった為に、中央のクラシック競走が将来のレースの選択肢として最初からなかったために、第一回登録がなかったと聞いています。

この回答への補足

すばらしい回答ありがとうございます。
ここまでよい回答をいただけるとは感激です。


今度は
2回目登録の時期と各登録時の金額が知りたいと
思うようになりました。

どこでどんな資料を調べると情報に突き当たるんでしょうか…。

補足日時:2009/10/27 00:52
    • good
    • 0

記憶で書いていますけど


クラシック登録料は、出走辞退・抽選漏れの場合
全額返金だったと思いますが

だから、普通はよっぽどのことがないかぎり
全馬、登録をするものだったという理解でいます

その例外がオグリキャップとかねというのは
前回質問のとおりです

一応、トウカイテイオーのときのダービーが20頭立てです
40万×20頭=800万に特別登録料なのでは?

この回答への補足

回答ありがとうございます。
補足いたします。

> 記憶で書いていますけど
> クラシック登録料は、出走辞退・抽選漏れの場合
> 全額返金だったと思いますが

⇒日本中央競馬会競馬施行規程第77条にて、
 以下の場合を除いて特別登録料の返還は行わないとしています。
 よって、出走辞退では返金されません。

 (1) その特別競走が開催されなかった場合。
 (2) 出走除外となった場合。
 (3) 全頭競走中止等によりその競走が不成立となった場合。
 (4) 前走で失格となった等により、その競走に出走できなくなった場合。

> だから、普通はよっぽどのことがないかぎり
> 全馬、登録をするものだったという理解でいます

⇒2000年の菊花賞では、1997年に生産された8617頭の内、1690頭が
 一次登録を行ったという具体的な情報がWeb上で見つかります。

> 一応、トウカイテイオーのときのダービーが20頭立てです
> 40万×20頭=800万に特別登録料なのでは?

⇒mako2_uさんがおっしゃるとおり、かつては競馬法の規定により、
 特別登録料として1万円以上を徴収できませんでした。
 また、当時は追加登録制度は存在しません。
 改正競馬法が適用された最初のクラシック世代は、ミホノブルボンの代です。

補足日時:2009/10/22 00:18
    • good
    • 1

前の質問の続きですね。

(前質問回答者です)
わかる範囲のみ回答します。

私が競馬を始めた頃は、特別登録料(クラシックに限らず)って上限1万円だった気がしたので調べてみました。

現・競馬法
第18条 日本中央競馬会は、農林水産大臣の認可を受けて定める中央競馬の競走に
馬を出走させようとする者から、300万円以下の特別登録料を徴収することができる。
2 前項の規定により徴収した特別登録料は、これを前項の競走の賞金の一部に充てなければならない。
http://jra.jp/company/law/law01.html

平成3年改正
第18条第1項中
「1万円」を「300万円」に改める。
http://www.houko.com/00/01/H03/070.HTM

金額はそれぞれの回ではなく合計金額です。
現在のクラシック追加登録料は200万円ですが、仮に300万円にしてしまうと
第1回登録(1万円)/第2回未登録(0円)/追加(第3回)登録(300万円)
だと、合計301万円になってしまうので200万円に抑えているのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大変勉強になりました。
もうちょっと自分でも調べてみようかなと思います。

お礼日時:2009/10/22 00:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラシック登録について

再び、satsuです。前回と同じく私的な小説の内容に関する質問をいたします。
まさかこんな事でつまずくとは思わなかった、クラシック登録についてです。
3回必要だと言う事は分かっています。それがそれぞれいつだったかをお聞きしたい。

最近の話題で今や現役最強馬であるテイエムオペラオーは皐月賞の2回目の登録の際故障だか病気だかで登録しなかったのが(ダービーはしてたらしいです)突然毎日杯を勝ち、皐月賞へ出走する為追加登録料を払い、見事制覇を果たした、と言う事がありましたね。

Aベストアンサー

最初に、時期について少々あやふやなところがある事をお断りします。

1回目 2歳時(今年から)、時期については8月ー9月頃? 登録費用1万円

2回目 3歳の1月 登録費用3万円

3回目 3歳のクラシックレースの2,3週間前(最終登録)
登録費用36万円

確かこれくらいだったと思いますが。(金額は間違っていないのですが)

Q特別登録

特別登録についておしえてください。お願いします。

Aベストアンサー

特別競走(ステ-クス)
 対比:平場(競走)

事前に出走の登録を行って開催するレース。
登録料を払って登録するが、レースの結果で
その登録料を分け合う。

JRAでは通常1週前の夕刻(全レース終了後)に
登録を締切る。木曜に最終的に出走が確定する。
平場は木曜に出走意思を示し登録すれば出られ
るが、特別競走は事前に登録した馬しか出走
できない。重賞レースは特別競走に含まれ、
賞金が高く格式も高いレースのことである。

ダービーなどのクラシックレースの場合は、
1.トライアルレースの上位入着馬
2.獲得賞金順
3.獲得賞金が同じ場合の馬多数の場合は抽選
などとなっています。またフルゲートは18頭。

出走可能なフルゲートを超える場合は、平場も
特別も獲得賞金の順番やトライアルレースで
出走権を得るとかのルールを元に出走が決定
する。特に重賞レースの出走可能順序(選考
基準)は週刊競馬ブックなどに記載されている
場合も多く、週刊競馬ブックの一読をお勧め
します。選考基準はレース毎に違います。
フルゲートもコース毎に定められています。

特別競走(ステ-クス)
 対比:平場(競走)

事前に出走の登録を行って開催するレース。
登録料を払って登録するが、レースの結果で
その登録料を分け合う。

JRAでは通常1週前の夕刻(全レース終了後)に
登録を締切る。木曜に最終的に出走が確定する。
平場は木曜に出走意思を示し登録すれば出られ
るが、特別競走は事前に登録した馬しか出走
できない。重賞レースは特別競走に含まれ、
賞金が高く格式も高いレースのことである。

ダービーなどのクラシックレースの場合は、
1.トライアルレース...続きを読む

Q出馬表が発表される前、レースに登録だけする料金って必要なのですか?

よくレースに出走しないけれど登録だけしてる馬っていますよね?
あれってお金いくらくらいかかるのでしょうか?

Aベストアンサー

JRAのホームページを見てみました。

以下は、第4回京都競馬番組表を参照して書いたものです。
http://www.jra.go.jp/keiba/calender/program/pdf/19kyo4.pdf

◎秋華賞  
      第1回特別登録料(平成19年 9月30日締切)     6万円
      第2回特別登録料(平成19年10月11日締切)     24万円

◎菊花賞  
      第1回特別登録料(平成18年10月27日締切)     1万円
      第2回特別登録料(平成19年 1月26日締切)     3万円
      第3回特別登録料(平成19年10月 8日締切)     36万円

      追加登録の場合 (平成19年10月 8日締切)    200万円
      ※ 1、2回の特別登録をしていなかった場合でも、「追加登録」で登録できる

○その他の特別競走(重賞以外の特別競走)
      第1回特別登録料(当該競走施行直前の日曜日締切) 1万円
      第2回特別登録料(当該競走施行直前の木曜日締切) 2万円

特別登録料は、1~3着になった馬が、7:2:1 の割合で収得します。
 

JRAのホームページを見てみました。

以下は、第4回京都競馬番組表を参照して書いたものです。
http://www.jra.go.jp/keiba/calender/program/pdf/19kyo4.pdf

◎秋華賞  
      第1回特別登録料(平成19年 9月30日締切)     6万円
      第2回特別登録料(平成19年10月11日締切)     24万円

◎菊花賞  
      第1回特別登録料(平成18年10月27日締切)     1万円
      第2回特別登録料(平成19年 1月26日締切)     3万円
      第3回特別登録...続きを読む

Qクラシック登録制度の変遷について

ハイセイコーは地方馬なのにクラシック登録されていましたが、
ホスピタリティやオグリキャップはクラシック登録
されていないために涙を飲みました。

同じ地方馬でもこんな差がなぜ出るのでしょうか。
また、現在でも、地方馬がクラシック登録できるでしょうか。

Aベストアンサー

>昔のクラシック登録の期限や値段についてご存知でしたら、
>教えていただけないでしょうか。

 時期が今よりも早かったというのは、ずっと前に本で読んだだけなので
 正確には分かりません。

 金額については
 http://www.jra.go.jp/50th/html/gjpro/06.html
 の下の方に書いてます。

 それで生産頭数がこんな感じ
 http://www.jbba.jp/statistics/seisan.html
 
 今年の登録頭数がこんな感じ
 http://www.jra.go.jp/datafile/ranking/g1/index.html

  生産頭数に対して、登録料を支払った馬の割合が今も昔も変わらず、
  1次から3次登録まであったとし、金額の比率も同じだったとすれば、
  1次登録料は1500円程度になりますね…

 登録料に関して言えば、必ずしも上昇し続けたわけではないようです。

 1番上のリンク先を見てもらえば分かりますが、
 昭和52年の有馬記念は8頭立てで42万2千円でした。1頭あたり5万4千円ほど
 平成2年の有馬記念は16頭立てで19万6千円でした。1頭あたり1万2千円ほど

>昔のクラシック登録の期限や値段についてご存知でしたら、
>教えていただけないでしょうか。

 時期が今よりも早かったというのは、ずっと前に本で読んだだけなので
 正確には分かりません。

 金額については
 http://www.jra.go.jp/50th/html/gjpro/06.html
 の下の方に書いてます。

 それで生産頭数がこんな感じ
 http://www.jbba.jp/statistics/seisan.html
 
 今年の登録頭数がこんな感じ
 http://www.jra.go.jp/datafile/ranking/g1/index.html

  生産頭数に対して、登録...続きを読む

Q手前を変えるって?

よく直線を向くときに手前を変えるって言うじゃないですか、それって何ですか?
それと、その時の変えさせる方法ってあるんですかね?

Aベストアンサー

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ送りながら、右後肢を地面に着ける。
馬は元々左利きで左手前の駆歩が得意だそうです。しかし、左前肢だけで走る癖をつけると、そっちにばかり負担がかかり、故障も起こり易いし、疲れて伸びがなくなります。適当に手前を変えることの出来る馬は、ラストで二の脚を繰り出します。テイエムオペラオーなどは、最後の直線で手前を変えるのがうまいそうです。また、コーナーを回るには、右回りなら右手前、左回りなら左手前で走らないと無理があるので、必ず調教されるもののようです。

●手前を変える方法
例は乗馬の場合で、右手前から左手前に変える方法ですが。
適切なタイミングで、扶助を与える、という方法になるるかと思います。
どういうことかというと、手前を変える最初の段階では馬は重心を僅かに右から左に移すそうです。なのでタイミングを見て、騎乗者が右足で馬を押して扶助してあげる方法がとられると思われます。
なお、手綱は左の手綱を十分譲って、右手綱を控えながら、押し手で馬の肩をちょっと押してあげるようです。

500kgの重さのものが、時速60kmの速さで前進しながら微妙に重心を移すわけですから、ちょっとしたズレから大きな故障が発生しやすくなるのではないでしょうか。サイレンススズカも、勝負どころで手前を変える時に故障が発生したものと思われます。

参考URL:http://dion.keibado.ne.jp/keibabook/000612/esc.html

●手前を変えるとは
馬の駆歩は、半身に構えた肢勢で、左肢に比べ右肢が前に出た肢勢と、その逆の肢勢があります。前者を「右手前」の駆歩、後者を「左手前」の駆歩と呼んでいます。
右手前の襲歩では、次のようにして1完歩が完成です。
1.左前肢 
2.右前肢を上げこれを前方に送る。
3.右前肢を地面に着け、左後肢で地面を蹴る。
4.前方に伸ばした前肢を軸にして、体を支えながら前方へ送る。
5.四本の肢を宙に浮かし、後肢を前に運んで着地の態勢を整える。
6.左後肢を地面に着け、体を前へ...続きを読む