位置情報で子どもの居場所をお知らせ

XPから7へデータの引越し作業をしているのですが、エクセル・ワード・PDFのファイルの一部が、「クライアントは要求された特権を保有していません。」とエラーメッセージが表示され、新PCへ保存が出来ません。
読み込みはすべてのファイルにおいて出来ますが、一部のファイルのみ保存出来ずに、別のファイルに保存しようとコピペして保存を試みたのですが、上記のエラーが出ます。
どなたか解決策を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

win7のデスクトップにあるであろうexcel,wordのアイコンのプロパティで


互換性 特権レベル 管理者としてこのプログラムを実行するに
チェックマークを付けることでこの問題を(解決)回避できるかもしれません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクライアントは要求された特権を保有していません

エクセル2002で、ドライブに名前をつけて保存をしようとすると、Dドライブでは「クライアントは要求された特権を保有していません」のメッセージで、保存できません。
又、Cドライブに保存するときは、「c¥00xslを保存できません。フォルダーが読み取り専用に設定されています。」のメッセージです。
ただデスクトップには、素直に保存でき、上書き保存もできます。以前にDドライブに保存したファイルがあり、それに上書きをしようとしてもできません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フォルダの所有権やアクセス権を確認し修正して下さい。
http://support.microsoft.com/kb/308421/ja
http://support.microsoft.com/kb/883007/ja

QwordのCドライブへの保存

windows7を使用しています。
word文書をCドライブへ直接保存しようとすると「C:\にアクセスできません。アクセスが拒否されました。」というメッセージが出て、保存できません。
Cドライブ直下に直接保存したいのですがどのようにして対処すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、その画面の右側の部分に「管理」があればそれを、なければ、同じ画面に「コンピュータ名」が表示されていると思いますので、それをマウス右クリックしてメニューから「管理」を選択します。
いずれもスタートメニューにない場合は、エクスプローラを起動して、コンピュータ名のアイコンをマウス右クリックしてメニューから「管理」を選びます。
「コンピュータの管理ウインドウ」が開いたら、左ペインにある「ローカルユーザーとグループ」をクリックし、表示が変わったら、右ペインの「ユーザー」をクリックして展開します。
そこにログインしているユーザー名が表示されていますので、マウス右クリックして、プロパティを表示させ、「所属するグループ」タブを選択して、自分がどのグループに所属しているか確認します。
※1複数のグループに所属していると思いますが、administrators が表示されているなら問題ありません。

※2表示されていなかったら、administrators を追加するのですが、「ない」ということは、自分は管理者権限を持っていないということになりますので、ここで追加することはできません。
administrator アカウントのアイコンを見てください。下向きの矢印がついているなら、administrator アカウントは無効になっていますので、そのアイコンを右クリックして、プロパティを表示させ、□アカウントを無効にする のチェックを外し、OKします。
そこまでやったらログオフします。
ログオフすると、どのアカウントでログインするか選択する画面になりますので、administrator でログインしてください。
そして、※1の前までのステップを実行し、通常のアカウントの所属グループに administrators を追加します。

Windows7をインストールすると、設定したアカウント(ユーザー)は管理者アカウントになります。(administrators グループに所属)ですので、※のところで問題ないとの結論になると思います。

ユーザーが管理者アカウントでない場合、※2以下の操作ができないかもしれません。
(やったことがありません。)その場合は、別にアカウントがあり、それが管理者アカウントになっているはずですので、そのアカウントでログインして操作してください。

スタートボタンを押してスタートメニューを開き、その画面の右側の部分に「管理」があればそれを、なければ、同じ画面に「コンピュータ名」が表示されていると思いますので、それをマウス右クリックしてメニューから「管理」を選択します。
いずれもスタートメニューにない場合は、エクスプローラを起動して、コンピュータ名のアイコンをマウス右クリックしてメニューから「管理」を選びます。
「コンピュータの管理ウインドウ」が開いたら、左ペインにある「ローカルユーザーとグループ」をクリックし、表示が変...続きを読む

QWindows7について

Windows7について

社内の環境で使用しているため、Windowsのログインユーザの権限はPowerUsersで
利用しています。
Cドライブの直下に保存を行いたいファイルがあるのですが、
保存することができません。
保存を行おうとすると「ファイル名 クライアントは要求された特権を保有していません」
と表示が出てしまいます。
Cドライブのセキュリティで「PowerUsers」グループを追加しましたが、
保存出来ませんでした。
次に「Eveyone」も追加してみましたが保存することは出来ませんでした。
社内で使用しているシステムの中にはCSVでC直下にデータを落とす仕組みに
なっているものが複数あります。
ユーザには管理者権限を与える訳にはいかず、困っています。
Windows7の仕様としてあきらめるしか手はないでしょうか?
ご教授ください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたはシステムの管理担当者ですか?

>社内で使用しているシステムの中にはCSVでC直下にデータを落とす仕組みになっているものが複数あります。
常識はずれなシステムですね。
通常は専用のフォルダを作成してそこに落とすべきです。
Cドライブのルートを一般ユーザーアカウントで変更可能にすることはお勧めできません。
システムの修正をお勧めします。

QCドライブ直下への保存について

知り合いの年配の方から「ワードを直接Cドライブの直下に保存したいんだができない。見に来てくれないか」とお願いされました。
OSはwindows7です。
私もそれほどPCに詳しくないので、事前に調べたところ(このサイトでもお世話になりました。)
直接Cドライブへの保存は無理なので、Cドライブ配下にフォルダを作ってそこに保存するか、
またはAdministratorでログインすれば直接保存できることがわかりました。

ここでアドバイスをいただきたいのですが、この年配の方のPCをAdministratorでログインできるように設定変更するべきでしょうか?

私としては何かややこしいことになるのが嫌なので、直接Cドライブの直下への保存は断念してもらおうと思っているのですがいかがでしょうか?

この年配の方はなぜこんな簡単なことが最近のPCではできないのか?と素朴な疑問を持っているようなのですが、それは私も同じ思いです。
なぜできなくなってしまったのでしょうか?

以上よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

データの管理上、C:\へのデータ保存は、おどろくほどの非常識です。

データを保存した場所を指定してバックアップソフトが動いたりするわけですが
C:\やC:\WINDOWS\のような、システムが使うところにデータを保存すれば
システムが作成したバックアップ不要のファイルなどもバックアップに含まれることがあります。

もちろん、手作業で扱う上でも
なんだかよくわからないシステムファイルとデータファイルがまざり
データを選択しづらく、また誤った操作を起こす恐れがあります。

一般的には、ディレクトリはアプリケーションなどで保持されるので
一度保存する場所を指定すれば、その後の操作が煩雑になることは稀ですし…
どうしても、ディレクトリー指定が頻繁に発生するような運用をするのであれば
むしろ、D:\に保存するようにするほうがシンプルでしょう。


管理者権限を通常状況で使うということは
悪意あるプログラムも、常時管理者権限で起動できることを意味するので
システムを破壊するプログラムなどに対して、非常に弱くなります。

QDirコマンドでフォルダ内ファイルの合計サイズをだすには?(コマンドプロンプトにて)

いろいろ調べましたが不明な点があり、質問します。

WindowsのDOSプロンプトでdirコマンドを打つとフォルダ・ファイルの一覧が表示されますが、その中にファイルサイズが表示されています。
このサイズを合計できるコマンドはありませんか?
DIRコマンドのオプションを調べましたがそれらしいものが見当たりません。
具体的には
C:\xxx\配下に50個程度のファイルがあります。
その50個の合計サイズを知りたいです。
xxxフォルダの親フォルダにはアクセス不可です。

ずーっと悩んでいます。よろしくお願いします。

なお、OSはWindowsNTか2000で使用予定です。

Aベストアンサー

カレントドライブ、カレントフォルダを
C:\xxx\
にした状態で、

dir /s /a-d

/sパラメータででサブディレクトリすべてを検索
/a-dパラメータでディレクトリ以外のファイル(つまり属性に関係なくすべてのファイル

これを実行すると最後にファイルの個数とファイルサイズの合計を表示します。

もし、隠し属性のファイルは合計しないのであれば、

dir /s

だけで良いと思われます。

Q共有フォルダの共有権限の移行について

以前に質問しました件の続きになります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8696391.html

共有フォルダの移行を考えておりますが、
現在は下記のような構成になっており、手動で共有権限を与えるのは手間がかかる状況です。
permcopyコマンドを使用すると指定したフォルダの共有権限は移行できますが、
その配下にあるフォルダの共有権限は移行できませんでした。
配下にあるフォルダの共有権限を含めて移行する方法はありますでしょうか。

※net shareコマンドで共有フォルダに含まれるユーザー等は分かりますが、
含まれるユーザー数が多く手動設定では手間がかかります
※robocopy(オプション:-e -copyall)コマンドで、
セキュリティ権限の移行は配下のフォルダも含めてできました

フォルダ名:フォルダA、フォルダB、フォルダC
階層:フォルダA⇒フォルダB⇒フォルダC
ユーザー:TestUser1、TestUser2、TestUser3
共有設定:フォルダA(everyone)、フォルダB(TestUser1)、フォルダC(TestUser2、TestUser3)
セキュリティ設定:フォルダA(everyone)、フォルダB(TestUser1)、フォルダC(TestUser2、TestUser3)
※このような構成が多くあります

お力添え頂けれ幸いです。
宜しくお願いします。

以前に質問しました件の続きになります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8696391.html

共有フォルダの移行を考えておりますが、
現在は下記のような構成になっており、手動で共有権限を与えるのは手間がかかる状況です。
permcopyコマンドを使用すると指定したフォルダの共有権限は移行できますが、
その配下にあるフォルダの共有権限は移行できませんでした。
配下にあるフォルダの共有権限を含めて移行する方法はありますでしょうか。

※net shareコマンドで共有フォルダに含まれるユーザー等は分かりますが、
...続きを読む

Aベストアンサー

>その配下にあるフォルダの共有権限は移行できませんでした。
>配下にあるフォルダの共有権限を含めて移行する方法はありますでしょうか。

フォルダの共有設定自体には階層化されている認識が無いため、方法は無いと思います。

共有設定をしているフォルダに対して一つ一つpermcopyを実行していくしか無いでしょう。
つまり「コンピュータの管理」-「共有フォルダー」-「共有」に載っているもの全てです。(管理共有を除く)

共有フォルダの一覧の取得は簡単なのでそれほど難しくなくバッチが作成出来ると思いますが。

共有フォルダのネスト、つまり共有フォルダとして設定しているローカルフォルダの下層のフォルダにさらに共有設定をするのは、今回のようにいろいろと問題が出ます。

出来れば運用を見直したいところですがそうもいかないですね。

Q「管理者としてこのプログラムを実行する」がチェックできない

最近PCを買い替え、Windows Vistaに慣れず四苦八苦しているものです。

プログラム(.exeファイル)を右クリックしプロパティを開くと、
互換性タブに「管理者としてこのプログラムを実行する」という
項目がありますが、グレー表示となっており、チェックを入れられません。
チェックを入れられるようにするためには、何の操作をすればよいか、
ご存じの方教えてください。

スタートアップに登録しているプログラムの中で管理者権限を必要と
するものがあり、ユーザアカウント制御(UAC)の機能により毎回
管理者のパスワードを求められるため、上記設定により常に管理者
権限で実行するようにすることで解消したいと考えています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

NO1追加
ユーザーアカウント制御を有効にしましたか?
「スタート」「コントロールパネル」「ユーザーアカウントと家族のための安全設定」「ユーザーアカウント」「ユーザーアカウント制御の有効化または無効化」クリック「ユーザーアカウント制御」「続行」「ユーザーアカウント制御(UAC)を使ってコンピュータの保護に役立たせる」チェックを入れ「OK」再起動。

QWin7でアクセスを拒否されました」が表示される

モノ好きでPCをXPからWindows7に移った(現在併行)のですが、操作に右往左往しています。
そのうちの一つ。
ドキュメントにしろあちこちで「アクセス拒否されました」と言われ中身を見ることが出来ません。
例えば、ライブラリのドキュメントの中のマイドキュメント、My Weblog。
パブリックのドキュメント
ホームグループの中のcookies,MyDocument,スタートメニュー等々です。
見られる処もあります。
保存した先を見つけられない現象が度々あり困っています。XPではエクスプローラーでフォルダーをたどるとほとんど見られました。
W7に於いて、隠しファイルは別にしても、XPの時のように自由に見られるようにするにはどうしたら良いのでしょうか。ご助言をお願い致します。

Aベストアンサー

おはようございます。

アクセス拒否は、

(1) 最初に管理者権限のあるユーザーでログインします
(2) フォルダーを右クリックし、プロパティを選択。
(3) セキュリティタブをクリック、下の詳細設定をクリック。
(4) 所有者タブをクリック、編集をクリックし一覧から
新しい所有者(Administrators権限のあるアカウント)を選択し、
「サブコンテナとオブジェクトの所有権を置き換える」にチェックしてOKをクリック。
(5)「内容を読み取るのに必要なアクセス許可がありません。
デェレクトリの云々」というメッセージが表示されたら「はい」をクリックでOK。


エクスプローラーでツリー状に展開するには

(1)フォルダを開き左上にある整理をクリック→
プルダウンメニューのレイアウトの
ナヴィゲーションウィンドウにチェック

(2)コントロールパネルからフォルダーオプションをクリック、
全般タブのナビゲーションウインドウの
自動的に現在のフォルダーまで展開するにチェックを入れればOKです。


7はスタートメニューの「プログラムとファイルの検索」とタスクバーにショートカットが
使い勝手が良くて気に入っています。

おはようございます。

アクセス拒否は、

(1) 最初に管理者権限のあるユーザーでログインします
(2) フォルダーを右クリックし、プロパティを選択。
(3) セキュリティタブをクリック、下の詳細設定をクリック。
(4) 所有者タブをクリック、編集をクリックし一覧から
新しい所有者(Administrators権限のあるアカウント)を選択し、
「サブコンテナとオブジェクトの所有権を置き換える」にチェックしてOKをクリック。
(5)「内容を読み取るのに必要なアクセス許可がありません。
デェレクトリの云々」というメッセー...続きを読む

QNTFS アクセス権を継承させない方法 について教えて下さい。

NTFS アクセス権を継承させない方法 について教えて下さい。

「親フォルダ―子フォルダA、子フォルダB」のようなフォルダ構造があって、
既にアクセス権が設定されているとします。
この時に親フォルダのアクセス権の設定を変えて、子フォルダAにはそれを
継承させるけど、子フォルダBにはそれを継承させないというようにアクセス権
を設定したいのですが、方法が分かりませんどなたか教えて頂けますでしょうか。

※手で設定することもできるのですが、アクセス権を継承させたい、させたくない
 フォルダ共に膨大で手で設定するのは限界があります。

Aベストアンサー

フォルダのプロパティを表示させ(複数選択しても可能です)、セキュリティタブ下側の[詳細設定ボタン]をクリック、アクセス許可の下の方にある「子オブジェクトに適用するアクセス許可エントリを親から継承し、」(以下略)のチェックボックスをはずすと、同じく「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、」(以下略)チェックボックスを使わない限り、親フォルダのアクセス許可を変更しても継承しなくなります。

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング