人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

混載差益とは、実重量と容積重量を組み合わせることで得れる差益との記述をみましたが、具体的にはどういう差益ですか?簡単な計算方法があればお教えください。

A 回答 (3件)

>混載差益とは


この言葉は、あまりお目にかからないですが、多分下記のようなことを指していると思います。
航空貨物混載異業者は、例えば(JALのような航空運行業者でなく)非運行業者のことです。そしてAWB(エアウエービル)を発行して運送業を行っています。
クライアントへの料金体系は、貨物の容積と重さを両方使い、1Kg=6000ccで換算して、chargeable weiht(運賃計算用重量)にて計算します。

例えばこういう貨物の場合:
 重量60Kgで、容積0.500m3とする。
(15Kgxcartonsx4cartons、50cmx50cmx50x4cartonsの場合)
 容積0.5m3をccに換算(x1,000,000)して割る6,000
 つまり、0.50/0.006=83.33となる。
 これで、容積の換算重量値は83.33となり、これは重量60Kgより大きいので、chargeable weight=83.5Kgとなる。(.5K単位できりあげ)
 この重量に、Kg当たりのrateをかけて本運賃が決まる。
 例えば、83.5KxJPY800/Kg=JPY66,800となる。
このように運賃を決めます。

他方、混載業者ですから、他のshipper(s)の貨物も同様に預かり飛ばすわけです。すると、お客により、容積取り貨物、重量取り貨物が混ざっているでしょう。同一便同一向け先であれば、そうれら貨物総計の重量と容積で、航空機運行会社に依頼するわけです。運行会社の計算方法も同じですから、それだけで、混載業者に差益が出るわけです。

混載業者の利益はそれだけではありません。
当然、運行会社からの運賃(rate)は安いはずです。(いわば仕入れ値に当たる)
もう1つ、航空運賃体系は大口になればなるほど、つまりchargeable weightが大きいほど割安運賃となります。例えば、45Kgまで xx/Kg、100Kgまでyy/Kgのようにです。ここでKgはchargeable weightで、xx≦yyの関係にあります。クライアントには少量貨物の割高rateで売り、運行業者からは、大量貨物の割安rateで仕入れることができるのです。(minimum chargeもあります)

この3要素が、主に混載業者の利益源です。

冗長になりましたがお分かりでしょうか。
海上混載業者も似ています。クライアントには、1重量トン=容積1m3 換算となり、これをrevenu tonといいます。仕入値(運行会社から)は通常コンテナ1本単位となります。ここから混載業者の利益が生じます。minimum freightは、1 revenue tonとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お教え頂き有難うございました。つまり、非運送事業者は、複数の荷主の様々な貨物(容積重量+実重量の貨物)を航空会社へ一塊の貨物として引き渡す。この時にもし、この一塊の容積重量が10m3と仮定すると、
お教えいただいた計算方法を用いると、1,666kgsが航空会社に引き渡す時の重量となる。仮に支払い運賃を¥100/kgとすると¥166,600。
一方混載の中身は例えばA社の実重量は100kg、容積重量は0.5m3で実重量が運賃適用貨物となり、A社への運賃を¥150と仮定。A社への請求は¥15,000.B社の実重量もA社と同様と仮定し、B社への請求も\15,000.
C社の実重量は900kgs、容積重量は9m3=1,494kgs。C社への適用運賃を¥140と仮定。1,494kgsx\140=\209,160。荷主への請求合計は\239,160。ゆえに混載業者の利益は¥72,560。ぐたぐたしたものになりましたが、考え方はこういうことでしょうか。お教え頂き有難うございました。

お礼日時:2009/11/09 22:39

>ゆえに混載業者の利益は¥72,560。

ぐたぐたしたものになりましたが、考え方はこういうことでしょうか

ざっくり言えば、その通りです。
ただ、
>容積重量が10m3と仮定すると、お教えいただいた
>計算方法を用いると、1,666kgsが航空会社に引き渡す時の重量となる
にていては、10m3でかつ、重量が、1,667.0Kg以下であることが条件です。(つまり容積取りであること)

もう1つ、chargeable weightは。0.5Kg単位(この桁で)切り上げですから、10m3は、1,667.0Kgとなります。

私は、商社の立場であり、air混載業者の経験はありませんので、実際にはこれ以外にも何かメリットはあるかもしれませんな、分かりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最後まで丁寧にお教えいただき有難うございました。いい勉強になりました。

お礼日時:2009/11/11 00:50

国際航空輸送運賃にかかわることですか、国際海上輸送運賃にかかわることですか?


それとも全然別?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問内容へ返信頂き有難うございます。国際航空輸送運賃について質問させて頂きましたが、国際海上輸送運賃についてもお教え頂けれるのでしたら、航空、海上ともにお教えいただければ幸いです。宜しくお願い致します。質問内容に不足がありお手数をお掛けしました。

お礼日時:2009/11/08 20:46

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマルチナショナルとトランスナショナルの違い

たびたび質問させていただきます。
大変基本的なことなのですが、タイトルの通り、マルチナショナル(multinational company)と、トランスナショナル(transnational company)の違いについて、教えてください。

ちなみに、私が調べたところでは、日本語ではどちらも「多国籍の」という訳ができるようですが、それぞれの概念は異なっているようで、

マルチナショナルは「工場、鉱山、海外事業所等の資産を2国ないしそれ以上の国々において支配する全ての企業で、企業の資産が多国籍であることを軸としている」、トランスナショナルは「自国外に製品やサービスを扱う事業を所有または支配する企業で、扱う事業が多国籍であることを軸としている」という概念の違いがあるようです。

ここまで調べたのですが、いまひとつ理解できません。トランスナショナルな企業の資産は1国のみと考えてよいのでしょうか? どなたか分かりやすく、説明していただけないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マルチナショナルな企業からトランスナショナルな企業への変化(transformation)は、例えるなら、子供から大人への成長過程のような、連続的なプロセスとして捉えることができます。

ですから、ここまではマルチナショナル、ここからがトランスナショナルというように、明確に線引きをすることは難しいですが、両者の典型を挙げて説明することはできます。

例えば、A国に本社を置く企業のB国にある子会社が、研究開発、生産から販売まで本社と同じような組織を持ち、B国人を雇用し、B国で調達した材料を使って製品を作り、B国内で販売しているような場合は、この企業はマルチナショナルな企業の典型であると言えます。

またある企業が、A国にもB国にも従業員を抱えながら、ある製品の研究開発はそれに適したA国で、別の製品についての開発はB国で、あるいは生産の前工程はA国で、後工程はB国で行なっているような場合は、かなりトランスナショナルな企業であると言えます。

上述の変化(transformation)の到達点(goal)における企業の姿はどのようなものになるでしょうか?それは、EUのように世界経済が(その企業にとっては)実質的に単一の市場となったときに、製品の研究開発、生産、販売、その他の(本社)機能とそのための人材とを、世界中に最適に配置したとき実現されるであろう姿、ということになるでしょう。

マルチナショナルな企業からトランスナショナルな企業への変化(transformation)は、例えるなら、子供から大人への成長過程のような、連続的なプロセスとして捉えることができます。

ですから、ここまではマルチナショナル、ここからがトランスナショナルというように、明確に線引きをすることは難しいですが、両者の典型を挙げて説明することはできます。

例えば、A国に本社を置く企業のB国にある子会社が、研究開発、生産から販売まで本社と同じような組織を持ち、B国人を雇用し、B国で調達した材料を使っ...続きを読む

Q流通フローって?

流通フローの意味があまりよく理解できないので教えてください。

Aベストアンサー

流通・フローですね(^_-) 同じ意味。
 平たく言えばお金が人から人の手に渡ることがフローです。GDPは国内のフローの総和です。経済活動の大きさをこれで表わします。日本のGDPは凄い量なのでお金持ちだということになっていますが、これは違います。お金持ちかどうかはフローは関係ありません。ストックの大きさです。これは欧米が凄いのです。過去数百年の間に植民地から收奪したものがたまりたまってますから、収入が大した事ないのに優雅な生活を楽しんでいます。
 日本の熟年もストックは凄いのですが、これを使ってくれないのが問題。企業はもっと熟年にターゲットを絞った商品を開発するべきです。あ、余談が長くなってしまいましたm(_=_)m

Q物流見積もり 単価

こんにちは。

倉庫保管、国際輸送の見積もりに「RT」、「FT」という単位があります。
これらはどのような意味なのでしょうか?
kg,m3 等の単位でご教示いただけるとありがたいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

RT=REVENUE TON
FT=FREIGHT TON
で同じ意味で使われています。海上運賃や付随する費用を計算するときの単位で、重量1TON=容積1M3 として換算して、より大きい数値を「海上運賃等計算用TON」として使うという意味です。

もし10M3で、2.5トンの貨物なら、10RTとして計算される。
例えば鉄鉱石なら重量取り、機械物、雑貨等なら多分容積取りになります。
ただコンテナ輸送のFCL(コンテナ一本単位輸送)は、1本いくらで計算される。

Q航空貨物代理店と混載業者の違い

表題の通り、航空貨物代理店と混載業者の違いを教えてください。

航空貨物輸送の引き受けには上記二つの組織が行うことになっていると書かれているのですが、その違いについて触れられていないため、質問させていただきました。

回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・航空貨物代理店

民間航空の世界的組織であるIATAの承認を受けた、IATAの代理店のこと。

航空会社自身では、自社の航空機で運送する貨物を各地で集荷・配送する事は困難なので、集荷・配送業務を航空貨物代理店に委託する。

運送業務の主体は航空会社で、航空貨物代理店が下請けになる。

・混載業者

バラバラの顧客からの小口貨物の依頼を受け、同一方向に行く荷物をまとめてコンテナを仕立てて、航空機会社や船舶会社にコンテナ単位で輸送依頼し、到着地でコンテナから小口貨物に戻して、個々の宛先に配送手配する業者。

運送業務の主体は混載業者で、航空会社が下請けになる。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A