法廷サスペンスでお勧めがあったら教えてください。
ちなみに「A few good men」は見ました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

ANo.1さんが回答してくれている「真実の行方」は


特に最後の方は背中に寒いものを感じますよ。
演技力があるんですよ。
    • good
    • 0

海外TVドラマで「弁護士プレストン」は良かったよ。

    • good
    • 0

映画でなければ、“The practice”というアメリカドラマがあります。

2年連続エミー賞は伊達ではないです。チャンスがあれば必見ですが、今のところ、スカイパーフェクTVでしか観られないかも知れません。あ、衛星チャンネルという事です。
    • good
    • 0

サスペンスになるかどうかわかりませんがジョディ・フォスターがオスカーを受賞した


「告発の行方」はいかがでしょうか?
その他
「ギルティ・罪深き罪」レベッカ・デモーネイ主演
「ゴースト・オブ・ミシシッピ」アレック・ボールドウィン主演
「ザ・ファーム 法律事務所」トム・クルーズ主演
「推定無罪」ハリソン・フォード主演
「相続人」ケネス・ブラナー主演

・・・などなどいかがですか?すでにご存知でしたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/21 17:20

評決のとき(マシューマコノヒー主演 ジョングリシャム原作)


レインメーカー(マットディモン主演 ジョングリシャム原作)邦題は違うかも
推定無罪 (ハリソンフォード主演 スコットトゥロー原作・・だったかな)

個人的にジョングリシャムものが好きです
法曹界から文壇デビューした人の作品はどれも説得力がありますから
舞台は法廷に限らないけど、他に同氏の「依頼人」『ペリカン文書』「ザ・ファーム」なども
手に汗握るどきどきモノですよ。 原作もオススメです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/21 17:21

こんにちは♪


私も法廷サスペンス大好きです。

お勧めは「ゴースト・オブ・ミシシッピー」です。
なかなか、考えさせられる映画でした。

出演者は、アレック・ボールドウィン、ジェームズ・ウッズ他です。

「12人の怒れる男たち」はリメイク版もありますよ♪
(タイトルは「12人の怒れる男」だったと思います。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/21 17:21

メチャメチャ古い映画(1957年)ですが、「12人の怒れる男」は今見ても損はないと思います。



参考URL:http://www1.freeweb.ne.jp/~naohara/data/004.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/21 17:21

検察側の証人、別名情婦はいかがですか。


アガサ・クリスティ原作です。

参考URL:http://www.stmarymead.com/jp/witness.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/21 17:22

「真実の行方」(主演 リチャード・ギア)「容疑者」(主演 シェール)あたりはいかがでしょう。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/21 17:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミステリーとサスペンスの違い

以前テレビで「サスペンス」と「ミステリー」の違いは

「サスペンス」は犯人が最初から分っている。(古畑任三郎やコロンボ)
「ミステリー」は、探偵が事件を解決するまで、犯人が分からない(名探偵コナンや金田一など)

であるといっていました。
ですが、古畑任三郎やコロンボは倒叙ミステリですよね。ということはサスペンス(=倒叙ミステリ)はミステリの一分野ということなのでしょうか。
違いについて教えてください。よろしくお願いします

Aベストアンサー

サスペンスは、「ハラハラ・ドキドキ」←情緒を刺激する。(頭脳は使わない)
ミステリーは、「読者自身が知能を使って」顛末を解明(想像)する。
-------
従って、ミステリーには、「ハラハラ・ドキドキ」は、必ずしも必要ない。
一方、サスペンスには、「ハラハラ・ドキドキ」の条件が必須。

では、無いかと感じますが…

Qa few good manのセリフ

デミムーアがトムクルーズを誘う際に、

if you were not for....

だったか過去形でもの凄い控え目なさそい方をしていたのですが、
その一文をどうしても思い出せず質問させて頂きました。
覚えている方、是非お教えください・・・。

※もしかするとa few good manじゃないかも。。。

Aベストアンサー

>もの凄い控えめな誘い

これかな?

" I was wondering if... how'd you would feel about my taking you to dinner tonight. "

参考URL:http://www.imdb.com/title/tt0104257/quotes?ref_=tt_trv_qu

Qサスペンスとミステリーの違い。

前番組で

「サスペンス」は犯人が最初から分っている。(古畑任三郎やコロンボ)
「ミステリー」は、探偵が事件を解決するまで、犯人が分からない(名探偵コナンや金田一など)

であるといっていました。
ですが、古畑任三郎やコロンボは倒叙ミステリですよね。ということはサスペンス(=倒叙ミステリ)はミステリの一分野ということなのでしょうか。
違いについて教えてください。よろしくお願いします。
あと、スリラーミステリーはどういうのですか。具体的な番組名を教えてくれると有難いです。
それに、はまっていた『相棒』と犬神家の一族はサスペンスかミステリーか教えてください。具体的なジャンルでお願いします

Aベストアンサー

>「サスペンス」は犯人が最初から分っている。(古畑任三郎やコロンボ)
>ですが、古畑任三郎やコロンボは倒叙ミステリですよね。
質問者さんのご指摘通りです。
こういう分類をしたその前番組さんの解釈間違いです。

「火曜サスペンス劇場」はサスペンスであったという前提に立てば、
最後まで犯人がわからない「火曜サスペンス劇場」は前番組さんの言い分ではサスペンスではなくなりますので。

サスペンスとミステリーを同じ土俵で分類することが間違いと言うことで。

>スリラーミステリーはどういうのですか。
ミステリーが意外な結末を迎える作品の総称としてとらえることにしましょう。
出来事や事件の大小は関係なくです。
スリラーが主人公と対峙する正体が何にせよ、
主人公に襲いかかる恐怖という明確な主題がある作品と言えます。
妖怪、化け物、幽霊と対峙するならホラーになってしまうと思いますが、
主人公の予想だにしないかつ優位に立ちにくい秘密結社やテロ集団から精神的に追い詰められたり、
命を狙われたりしていたらこれは立派なスリラーと言えると思います。
主人公が巻き込まれたテロ集団との戦いの中で、
そのテロ集団の首謀者が実は主人公のよく知っている○○で意外な結末だった。。。というシークエンスは充分に「スリラーミステリー」と言えると思います。
ドラマ「ブラッディーマンディ(TBS)」はその一つだと思います。

ドラマ「相棒」に関しては、
複数の脚本家が参加している刑事推理物というミステリーで、
スリラーサスペンス、シリアスサスペンス、コメディーサスペンス、アクションサスペンス、ホラーサスペンス、サイコパスサスペンスのてんこ盛りだと思います。
倒叙ミステリの手法を使ったストーリーもあったかな。。。

映画「犬神家の一族」に関しては、
探偵推理というミステリー作品で、
親子の情念によるスリラー、サイコ的要素を含んだサスペンスだと思います。

>「サスペンス」は犯人が最初から分っている。(古畑任三郎やコロンボ)
>ですが、古畑任三郎やコロンボは倒叙ミステリですよね。
質問者さんのご指摘通りです。
こういう分類をしたその前番組さんの解釈間違いです。

「火曜サスペンス劇場」はサスペンスであったという前提に立てば、
最後まで犯人がわからない「火曜サスペンス劇場」は前番組さんの言い分ではサスペンスではなくなりますので。

サスペンスとミステリーを同じ土俵で分類することが間違いと言うことで。

>スリラーミステリーはどういう...続きを読む

Qサスペンスホラー洋画のタイトル教えて。だいぶ前に見たホラーサスペンス映

サスペンスホラー洋画のタイトル教えて。だいぶ前に見たホラーサスペンス映画です。若い主人公が病院だったと思いますけど、夜勤のアルバイトをする事になって、そこで死体置き場から死体がなくなったり、。。。実は犯人が信用してた刑事だったのですけど、これでタイトルわかりますでしょうか。洋画です。すいません。手がかりが薄くて。教えて下さい

Aベストアンサー

先に答えてらっしゃるように『モルグ』と『ナイトウォッチ』で間違いないと思います。
同じ方が監督しているので、物語はともかく、劇中に同じアイテムが登場するなど、面白い趣向がなされています。

ただ、質問にネタバレは止してほしかった。
未見の方もおられるわけだし、そのあたりは考慮願いたいものです・・・。

Qミステリー、サスペンス、スリラー、推理の違い

日本語を勉強中の中国人です。映画や小説の分類を言う時に使う「ミステリー」、「サスペンス」、「スリラー」、「推理」という一連の言葉の違いは何なのか、教えていただけないでしょうか。

また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ミステリー」「サスペンス」「スリラー」「推理」……これら小説(ストーリー)のジャンル分けや定義については、「国語」のカテゴリよりも趣味>読書>小説のカテゴリで質問された方が、より適切な回答が得られるかもしれません。
私はこれらの小説を好む読者の一人として、個人的には次のように考えています。

これらの小説の多くは犯罪や事件を題材として扱っていますので、まず基本として、ある犯罪が起こされて、最終的には犯人が逮捕されて事件が解決する……という主題材があるとします。
ご質問の「一連の言葉の違い」は、その主題材のどの部分に主な焦点を当てて小説(ストーリー)を描くかという、ジャンルの違いを表しています。
例えば、

1)『……したがって犯人は○○氏、あなたです!』……などのように、誰が、なぜ、どのような方法で犯罪を行ったのか?を推理・解明していく課程に主眼を置いたストーリー →「推理」、「ミステリ」

2)『身に迫る危険を露ほどにも知らぬ被害者の背後から、凶器を手にひそかに近づく犯人……被害者の運命や如何に?!』……などのように、読者に精神的緊迫感を与える描写を主眼に描かれたストーリー →「サスペンス」

3)『あっ、いま2階の窓が割られた音が聞こえた。犯人が凶器を手に侵入したに違いない。あっ、足音が近づいてくる。もはや逃げ場所も隠れ場所もない。ああ、私はどうしたらいいんだ!』……などのように、主人公が味わう恐怖感の描写に主眼を置いたストーリー →「スリラー」

となります。
もちろん実際の作品は複数の要素を併せ持っていて、読者側からはジャンル分けしにくいけれど、出版社が便宜上分けている場合もあります。

なお、「推理」ものは、「ミステリ」とほぼ同じものと思われますが、「ミステリ」の方がやや範囲が広くて、サスペンスやスリラー要素の大きい物も含むようです。
また「スリラー」に幽霊など超自然的要素を加えた物は「ホラー」にジャンル分けされます。

ちなみに50~60年前までは、「探偵小説」(現在の推理モノの一部で、主人公が名探偵である物)、「猟奇小説」(現在では犯罪小説、スリラーなど)という分類もありましたが、現在では使われていません。

いつもながら、質問者さんの日本語はお見事です。不自然な点は見当たりませんでした。

「ミステリー」「サスペンス」「スリラー」「推理」……これら小説(ストーリー)のジャンル分けや定義については、「国語」のカテゴリよりも趣味>読書>小説のカテゴリで質問された方が、より適切な回答が得られるかもしれません。
私はこれらの小説を好む読者の一人として、個人的には次のように考えています。

これらの小説の多くは犯罪や事件を題材として扱っていますので、まず基本として、ある犯罪が起こされて、最終的には犯人が逮捕されて事件が解決する……という主題材があるとします。
ご質問の「一連の...続きを読む

Q題名教えて下さい。サイコ・サスペンス?サスペンス?

もう一度観たいと思うのですが、題名を忘れてしまって困っています。
ちょっとグロいやつなんですが…サイコ・サスペンスでしょうか??
内容はあやふやなんですけれども、
「警察学校の優秀な成績の学生人5、6人が無人島に連れてこられ、そこでヒントを拾いながら犯人を捜すという実践的な試験をすることになったんだが、一人ずつ何者かによって殺されてしまう。犯人が残した痕跡を鑑識しながらメンバー達は“無人島のはずだから、の中の誰かが犯人なのか?”と疑ってしまう」という感じの話です。
ある人は頚部切断されて血を抜かれて死んだり、バルブを修理しようとして銛で刺されて死んだり、車椅子の男は拳銃に仕掛けられた罠を知らずに自分で引き金を引いて死んで、煙草を吸う女性は煙草に酸が仕込まれて溶けて死んだりします。
結局は主人公のうちの一人の男が犯人で、女の人と黒人の男の人の二人が生き残ったと思います。
説明が下手ですみません。間違っている箇所があるかもしれませんが、大体こんな話です。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
「マインド・ハンター」でしょうか?↓

http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=3836

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B000G8NVK2/250-8991326-4109033?SubscriptionId=1PGV4GGGAXZ1AMXAKKG2

参考URL:http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=324175

Qホラーとサスペンスとミステリーは別物なのですか?

物語のジャンル 「ホラー」「ミステリー」「サスペンス」の違いが分かりません。


幽霊やモンスターが登場するのは、ホラーでしょうか?
そう思えばいいのでしょうか? 


この他にも「推理もの(推理小説)」というジャンルもあるでしょうか?

「ミステリー」は物語のジャンルを表す言葉ではないような気もしますが。

ご意見お願いします。

Aベストアンサー

 「ミステリ」は現在では幅広く色々なタイプの作品を含む総合的なジャンルの名称となっています。そのため、一口でミステリと言っても、その中には色々なタイプの作品が含まれており、「サスペンス」もそのミステリの中に含まれます。

 ただ、誰が言い出したのか知りませんが、最近「最後に犯人が明らかになるのがミステリ、最初から犯人が明らかになっているのがサスペンス」という誤った定義が流布しているのが困りものなのですが、この認識は明らかな間違いです。
 例えば、日本で昔から「サスペンス小説のベスト1」と言えば、ウイリアム・アイリッシュの『幻の女』とされて来ましたが、この作品は最後の最後であっと驚く意外な真犯人の正体が明らかになるという作品です。この例に限らず、「サスペンス」と呼ばれる作品の多くは最後まで犯人が分からないのが普通です。
 なお、ミステリにおいて始めから犯人が分かっているスタイルの作品を「倒叙物」と言います。倒叙物はジャンルと言うよりは描き方のスタイルなので、倒叙物のサスペンスももちろんありますし、倒叙物のユーモア物も、本格物もあります。直木賞作品でもある東野圭吾『容疑者Xの献身』は始めから犯人が明かされていますが、その年の「本格ミステリ・ベスト10」で1位を獲得したようにサスペンスではなく本格物ですね。「刑事コロンボ」シリーズも、犯人が知力を振り絞って構築した完全犯罪をいかにコロンボが打ち破っていくかという謎解きの物語なので、サスペンスではなく、本格物と言って良いと思います。
 これに対して「サスペンス」は、ミステリの中でも謎の解明そのものを中心にした物ではなく、ストーリーの緊迫感や追い詰められた状況の焦燥感などを中心に描いていくようなタイプの作品をさします。犯人が最初から明かされているかどうかは全く関係ありません。
 ただ、読者が真相を推理するための条件をきちんと提示しないまま書かれる作品は、何でもかんでも「サスペンス」と読んでしまう傾向もなきにしもあらずです (^^;)。

 また、「ホラー」は日本語で言えば恐怖小説で、元々は幽霊や怪物などの超自然的要素が出てくる作品を指していましたが、普通の人間が人を殺していく作品も読んでいて恐怖を感じるという事で「ホラー」と見なされるようになってきました。
 その流れが決定的になったのは、トマス・ハリスの名作『羊たちの沈黙』が全米ホラーの最優秀作品に与えられる「プラム・ストーカー賞」を受賞してからです。言うまでもなくこの作品には怪物じみた人間は出てきますが (^^;)、本物の幽霊も怪物も出てきません。しかし、この作品もホラーなんだとされて以来、アメリカでホラーと呼ばれる作品の大部分は、このようなただの人間が殺人事件を起こしていくタイプ作品になってしまい、現在に至ります。
 しかし、普通の人間が殺人事件を起こしていくという話ならば、普通にミステリでもあるわけで、結果として現在では「ホラー」も「ミステリ」の一部と見なされるのが普通になってしまいました。

 「推理小説」は本来は「探偵小説」と呼ばれていたジャンルです。これは何か事件が起こり、公立探偵(警察官など)や私立探偵(素人探偵含む)がその事件を捜査していくというスタイルの作品をひっくるめて呼んでいました。これは本格からサスペンスやハードボイルド、はてはSFまでも含んだ幅広い物でした。
 しかし、戦後になって当用漢字の制度が制定された際、「偵」の字が当用漢字を外れてしまい、「探偵」という言葉が公式には使えなくなってしまいました。そこでその代わりとして使われるようになったのが、探偵は事件を解決するのに推理する事が多い事からつけられた「推理小説」という言葉です。
 ですから、本来はジャンルの総称であって、「推理小説」に実際に推理が出てくるかどうかはさして大きな問題ではなかったのですが、この言葉が定着し、成立の過程を知らない人が増えてくると「推理がないのに『推理小説』と呼ぶのはおかしい」という本末転倒的な意見が出てくるようになってしまいました。
 そこで代わってジャンル総称としては「ミステリ」という言葉が使われるようになってきたという経緯があります。ですから、「ミステリ」と「推理小説」は同じ物と考えて間違いではないでしょう。
 ただ、「ミステリ」も直訳すると「謎」となるので、案の定「『謎』が出てこないのに『ミステリ』と呼ぶのはおかしい」と言い出す人も、最近は増えているようです (^^;)。現在では「偵」の字は常用漢字に含まれるため、「探偵」も普通に使えます。ですから、いっそ「探偵小説」に戻してしまえばいいんじゃないかという気もしますねぇ (^^;)。

 いずれにせよ、小説におけるジャンルは明確に区別できるようなはっきりした物ではなく、その作品のおおざっぱな特色を表しているだけに過ぎません。「サスペンス」ではない「ホラー」なんてまずあり得ないように、かぶっている部分も多々ありますし、それほど気にするような物ではないと思います。

 「ミステリ」は現在では幅広く色々なタイプの作品を含む総合的なジャンルの名称となっています。そのため、一口でミステリと言っても、その中には色々なタイプの作品が含まれており、「サスペンス」もそのミステリの中に含まれます。

 ただ、誰が言い出したのか知りませんが、最近「最後に犯人が明らかになるのがミステリ、最初から犯人が明らかになっているのがサスペンス」という誤った定義が流布しているのが困りものなのですが、この認識は明らかな間違いです。
 例えば、日本で昔から「サスペンス小...続きを読む

Q法廷もの のお勧め教えてください

いわゆる 法定もの でお勧めを教えてください。
洋画でも邦画でも、古いやつでもかまいません。
どちらかというとヒューマニズムものよりサスペンスもので、法廷での駆け引きなんかを描いたやつが好みです。
今まで見た中では「ニューオリンズ・トライアル」が一番でした。
「真実の行方」「推定無罪」あたりもよかったです。

Aベストアンサー

まず、古いものを
◆「情婦」ビリー・ワイルダー監督 1957年
◆「十二人の怒れる男」シドニー・ルメット監督 1957年
  文学座の芝居も観ました
◆「或る殺人」オットー・プレミンジャー監督 1959年
新しいと言ってもも13年前
◆「評決のとき」ジョエル・シュマッカー監督 1996年

Qミステリーとサスペンス、どちらが好きですか?

小説やドラマや映画、どれでも良いのですが、
ミステリーとサスペンス、どちらが好きでしょうか?

好きな理由も、簡単に教えて頂きたいと思います。

それでは回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも好きですが、強いて言うならサスペンス。

ミステリーは結末の種明かしまで分からないストーリーが多いですが「ええ、そこ!」という場合もあります。読んだり見たりしていた時間を返せ、といいたくなる時があるわけです。

サスペンスはあらかじめそこは分かっていて、緊張感を楽しむものですから、納得がいかなければそこでおわりです。
刑事コロンボなんて大好きでしたね。

Qお勧めのサスペンス・ミステリーをおしえてください。

 タイトルどおりですが、
お勧めのサスペンス映画があればおしえてください。
最後は一応ハッピーエンドのものがいいです。
(救いのないエンディングは苦手なので・・。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「プレイ 獲物」
刑務所で同じ部屋になった男は、無実だと判断され出所していきます。その男に妻への伝言を頼むのですが、この男こそ世間を騒がせている連続殺人犯だと分かり、刑務所を脱獄し妻と子供を救おうと奮闘します。予告編をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=VRoNi12AqRA

「ヘッド・ハンター」
ヘッドハンターとして成功しセレブな生活をしていましたが、実は家計は火の車で、裏の仕事として有名な絵画を専門に盗んで売り、生活費に当てていました。手口はヘッドハントした人物の家に侵入すると言うものでしたが、今回ヘッドハントした男の家で最大の危機に・・・・・予告編をどうぞ。
http://www.earthstar.jp/movie/headhunter.html

「顔のないスパイ」
議員が殺されます。この手口が死んだはずの伝説のスパイと同じ方法だった事から、引退したCIA捜査官と若手のFBI捜査官二人で捜査に当たります。最後に意外な真実があきらかになります。予告編をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=92O_igPMJ_c

「ドライヴ」
昼はハリウッドのスタントマン、夜は強盗を逃がすドライバー。この男がある人妻に一目惚れ。服役中の夫には多額の借金が。この借金を返すための強盗にドライバーとして加わるのですが・・・予告編をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=kc2D68QsAnQ

「トランジット」
現金輸送車を襲って大金を手にしたのですが、すでに道路封鎖され検問が実施されていました。男たちは大金を家族でキャンプに行く車の荷物に紛れ込ませます。検問後に取り戻そうとするのですが・・・予告編をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=M-KUd-cHAGg

サスペンス・スリラー・ミステリーの区分がむつかしいので、色々混ざっているかとは思いますが、結構楽しめる作品で、あまり皆さんが気が付かないような作品を挙げてみました。決してA級ではありませんが、ヒットしていない作品でも面白いです。

「プレイ 獲物」
刑務所で同じ部屋になった男は、無実だと判断され出所していきます。その男に妻への伝言を頼むのですが、この男こそ世間を騒がせている連続殺人犯だと分かり、刑務所を脱獄し妻と子供を救おうと奮闘します。予告編をどうぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=VRoNi12AqRA

「ヘッド・ハンター」
ヘッドハンターとして成功しセレブな生活をしていましたが、実は家計は火の車で、裏の仕事として有名な絵画を専門に盗んで売り、生活費に当てていました。手口はヘッドハントした人物の家に侵入すると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報