値段が1~2万します。そして雨をはじき、
ムレは外に出すと言っています。
あれって本当なのでしょうか?
本当であれば買ってもいいのですが、、、
実際はどうなのでしょうか???
1~2万出す価値があるのでしょうか???
実際着ている人、感想を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

【2016年おすすめ】こちらのサイトにおすすめ登山用レインウェアが画像付きで記載されています。


株式会社WILBY 登山用のレインウェアおすすめ10選。どんな天候にも大丈夫
http://sakidori.co/article/92579

A 回答 (9件)

 「雨をはじき、ムレを外に出す」機能を持った素材を"防水透湿性素材"と言います。

そして、防水透湿性素材を使用したウエアを"ハードシェル"と呼びます。レインウエアもハードシェルの一種です。

 パタゴニアで1~2万円で買えるハードシェルはないと思うのですが。現行品で最も安いのがレインシャドージャケットで、これは3万円弱の価格です。

 この「雨をはじき」という文言は、言葉そのままだと"撥水性"のことになりますが、完全防水ではないが強力な撥水処理を施したウエア(当然ですが透湿性はハードシェルより高い)を"ソフトシェル"と呼びます。ソフトシェルならパタゴニアでも2万円弱の製品があります。
 登山用の機能性素材に少し詳しくないと、カタログの文言だけではハードシェルとソフトシェルを混同することがあるので注意が必要です。

 ハードシェルに使われる"防水透湿性素材"の代表格がゴアテックスです。これはゴアテックス社による素材で、各アウトドアメーカーはゴアテックス社から素材の提供を受けてウエアを開発・製造しています。

 ただ、ゴアテックス製のウエアはどのメーカーでもジャケットだけで2万円前後、上下セットで3万円あたりが最も安価な製品になるので、1~2万円あたりの価格帯の製品は、ゴアテックスではなくウエアメーカーがオリジナルで開発している防水透湿性素材を使用している可能性が高いです。

 防水透湿性、すなわち「水は通過させないが水蒸気は通過させる」機能のメカニズムには、大きく分けると2種類あります。

 1つ目は「多孔膜メンブレンによるもの」で、水分子は通過させないが水蒸気分子は通過させる程度の大きさの"穴"が無数に開けられた膜を使う、というものです。ゴアテックスがその代表格です。

 もう1つは、「親水性の無孔膜コーティング(またはメンブレン)によるもの」で、穴がない親水性の素材がウエア内の水蒸気を吸湿し、ウエア内外の湿度勾配によってウエアの外に蒸散させる、というものです。
 ま、ゴアテックスも湿度勾配がなければウエア外に透湿することはないので、透湿性能を湿度勾配に依存しているという点では同じですが。

 絶対的な性能はそれぞれの素材の性質によるので一概には言えないのですが、後者の無孔膜コーティングの方が安価にできるので、1万円台からある各メーカーオリジナル素材を用いたハードシェルは、たいていこちらの素材を使っています。

 理屈で考えると、単に"水蒸気の通過を阻害しない"多孔膜メンブレンより、"積極的にウエア内の水蒸気を吸湿する"無孔膜コーティング系の素材の方が、多くの状況で透湿性能を上げやすいはずです。現に多孔膜メンブレンの代表格であるゴアテックスも、現在のものはメンブレンの内側に無孔膜コーティング層を設けています。

 現在は大部分のウエアメーカーがゴアテックス製品を展開する一方で、オリジナル素材を用いたハードシェルのラインアップも展開しています。そのたいていはゴアテックス製品より安価な価格設定にした"廉価版"という位置づけです。

 少し事情がことなるのはモンベルとパタゴニアでしょうか。
 モンベルはオリジナル素材を2種類(ドライテック系とハイドロブリーズ系)開発しているのですが、ドライテック系の方はゴアテックス製品と同価格帯のモデルもラインアップしていますし、ウエア以外のシュラフカバーなどの製品ではドライテック系の方をメインにしてモデル展開をしています。
 またパタゴニアはゴアテックス製品をほとんど作らず(数年に一度、想い出したようにゴアテックス製ウエアをラインアップすることがある程度)、メインは完全にオリジナルのH2Noという素材でモデル展開しています。価格帯も他社ゴアテックス製品と完全に同価格帯(日本ではむしろ高価格帯)です。

 コロンビアはオムニテックというオリジナル素材を開発していて、やはりメインはそちらに移行しつつあります。

 私はモンベルのゴアテックス製ジャケット、スーパーハイドロブリーズ製のレインスーツ(上下セット)、パタゴニアのH2No製のジャケット、オンヨネのブレステック製のレインスーツを持っています。ゴアテックスとH2Noは複数持っています。

 防水透湿性の性能自体は体感的にはどれもほぼ同じですし、簡単な実験をしてみてもやはり同等です。
 ウエアとしての総合的な機能性は、素材だけではなく各部の仕様に依るわけですが、価格を考えなければベストは文句なしにパタゴニアです。ま、3万円のモンベルのゴアテックス製ハードシェルの倍以上の値段がするのですが、性能も倍違うかと言われれば微妙ですが、モンベルより良いのは確かです。

 透湿性能(ムレを出す性能)だけで言えば、オンヨネのブレステックという素材で作られたウエアも良いです。これも1万円ちょっと程度の価格帯のレインスーツ(上下セット)で、レインウエアとしては最も安い価格帯になるのですが、いくつかの状況では明確にゴアテックスより透湿性が良い、と感じます。

 モンベルは機能と比較した価格が非常に安いのが魅力です。マムートあたりの5万円のジャケットとモンベルの3万円のジャケットで、機能的には同等か、むしろモンベルの方が良いくらいですから。ま、マムートが高すぎるのですが。(マムートを扱っているショップの店員が「マムートなんて"高いだけ"ですよ」と言ってましたが、私も同感)
 スーパーハイドロブリーズ製のレインスーツで1万円あたりですが、これも仕様的にはレインウエアとしては完成されているので、この価格は大バーゲンだと思います。

 コロンビアは所有したことがないので判りません。

 ノースフェイスはアメリカのノースフェイス本体とはまるきり別で、実はその正体はゴールドウインです。
 結局日本メーカーなので無難な造りと仕様なのですが、細かな仕様が私の好みとは微妙にピントがずれていて、数着入手してもすぐ嫌になって手放しているので、長く所有したウエアはありません。

 タラスブルバは・・・何故かまったく食指が動かないですね。今まで興味を惹かれたモデルもないですし。ミレー、ロウアルパイン、アゾロも同様です。

 マムート、アークテリクスは価格が高すぎるので守備範囲ではありません。

 性能的にはゴアテックスでなくても1万円当たりの価格帯の製品で十分"透湿"を実感できます。
 試しにレインウエア上下を着て30分ほど動かずにじっと座ってみると判ります。
 ビニールカッパ(防水性は完璧だが透湿性はゼロ)を着こんで30分ほどじっと座っていると、冬でも身体から出る水蒸気がカッパ内側で結露して"びしょびしょ"に濡れます。防水透湿性素材を使ったウエアだと、ウエア内側はまったく結露しません。

 むろん、これらの素材は結局のところ、ウエア内外の湿度勾配によって湿度が高い方(ウエア内側)から低い方(外側)に水蒸気を放出しているだけなので、暑くて汗をかくような時に、その汗までガンガン放出してくれるわけではありません。汗をかく量が激しくてウエア内が水蒸気飽和に達してしまえば、激しく蒸れることになります。透湿するより身体から水蒸気が"供給"される方が早い場合に飽和に達するわけですから、これは当然のことですが。

 ですが、雨の中ででも着てみれば、その絶大な効果はすぐ判ると思いますよ。
 ゴアテックス登場以前は、森林限界を越えた山で雨に降られると簡単に死人が出ました。私もその頃は体力が有り余る年齢でしたが、危険な場面に何度も追い込まれました。
 それがゴアテックスの登場によって本当に劇的に変わりました。私は初めてゴアテックスのウエアを着て行動した時は、マジに感涙に咽びましたもん。
    • good
    • 64

 モンベルのストームクルーザーを使っています。

山登りでは当然汗をかきますから、それを全部気体のうちに吐き出すことは、まあ上り加減によって違いますが、
 私が初めて穂高連峰に登ったときには、あまり「雨が降る」事を想定していなかったので、ゴム引きの(おばさんが自転車に乗るときに使う)物より、はるかに機能無し。雨は入ってこないだけで、汗かいたら内側からビショビショでした。(着ていないのも同然)後日、同様な山行で、モンベルのストームクルーザー持って行ったら、少なくとも、内側からビショビショにはなりませんでした。
 MB社しか知らないけど、うちの近所じゃ、¥35,000しますね。
これを使い始めて17年位たちますが、裾が擦り切れた以外、シーズン初めに撥水スプレーを掛ければ、問題なし。
 普段、家に出入りするところでハンガー干ししてあれば、災害のときに役立つでしょう。   災害など無い方が良いことですが。
 よって、私が買った値段よりも安く、もっと機能的になっているかも知れないので、これは「買い」です。
 アウターパンツは、同メーカー製 決算時期に\7000位で買ったけど、ポケットのファスナーが、下げて閉まる、普段着とは逆ですね。意識して開け閉めしないと開きっぱなし、財布など、絶対に失ってはならない物を入れておくのは不都合。海外旅行用の首から提げるパスポートケースが役に立ちます。
    • good
    • 18

自分はノースフェイスで妻はモンベルでどちらもゴアテックスです。


トレッキング用にいつでも車に積んでいるので観光地などでも重宝してます。
汗をかく春スキーでもTeeシャツ一枚の上から着てますがムレないので快適です。
購入してから10年近く経ちますが機能的にもデザインにも問題ありません。
コストパフォーマンスというより使用頻度の問題ではないですか?
使用場面が多ければ購入しても損はないと思います。
    • good
    • 20

知恵袋とのマルチポストですよね。


あちらで答えているので双方放置しないでくださいね。

>上下セットで3万円あたりが最も安価な製品になるので、1~2万円あたりの価格帯の製品は、ゴアテックスではなくウエアメーカーがオリジナルで開発している防水透湿性素材を使用している可能性が高いです。

モンベルのレインフィールダー上下セットで\22,800(基本定価販売)、プロモンテやハミックスあたりの廉価版は\19,800位でよく見かけますよ。
    • good
    • 8

モンベルのストームクルーザーを気に入ってキャンプ、バス釣り等、使用しています。

 ゴアテックスは最高です。 モンベルが好きなブランドなので、レインウェア系は家族揃って指名買いしてますが、コロンビア、パタゴニアに較べてデザインがいまいちな部分があります。 機能的には問題、家族からの苦情もありません。 製品には必ず、ゴアテックスの札が付いています。 2~3万円前後のモノを選べば間違いはないでしょう。 しかし、いくらゴアといえども寿命はあります。 毎週の様に、釣りに行かれる方であればもって2,3年だと思いますので、一度、専門店等で相談されるのもお奨め致します。
    • good
    • 11

cherrytroutと申します。



レインウェアはタラスブルバ(アシックス)のゴアテックス。
モンベルもゴアのジャンパーをレインウェアとしても使用。

普通のウェアに比べればかなり違います。
7、8月の昼間以外は殆ど蒸れません。結露は無比で快適に過ごせます。
山登りではなければ、フリースとの相性が抜群で、ドンドン透湿して快適に過ごせます。
ただ、寒い時期はダウンと違い保温性の違いで少し寒く感じるかもしれません。

コロンビア、パタゴニアはお勧めしません。
ノース、モンベル、タラス、マムート辺りの登山専門メーカーに限ります。
登山ショップオリジナルゴアテックスでも大丈夫ですけど・・・

メンテナンスをしっかりすれば5年以上持ちます。間違ってもシリコン系
防水スプレーは駄目です。フッ素系スプレーを使用してください。

ゴアは使えば良さが分かりますが、どうしても値段にこだわるなら、
エントラントG-IIまたはエントラントXTと言う素材の物を試してください。
    • good
    • 4

モンベルのストームクルーザーを使っています。


自転車と釣り、スキー(雨の日)などが主な用途です。
確かに快適です。値段なりの価値は十分あります。
特に、雨の中のスキーはストームクルーザー+厚手のフリース+インナーの組み合わせ以外考えられません。
でも、勘違いしないで欲しいのですが、例えばサイクルウエアー一枚でも汗をかくときにこんなものを着たら中はやっぱりサウナ状態になりますよ。
蒸れに関しては サイクルウエア>コットンT>>>普通のウインドブレーカー>ゴアテックスですよ。
    • good
    • 4

あのお方のご指南を受けてパタゴニアではなく


モンベルのストームクルーザーを購入しました。

先日、濡れ雪が降りしきる日に1日中農作業してみました。

びっくりするほど快適でした。
まったくと言っていいほど蒸れません。
雨がっぱを着ている事すら忘れるほどです。

これまでバイク用に着ていた安物レインウェアとは全く別物です。

>1~2万出す価値があるのでしょうか???

ワタクシが思うに、それ以上の価値はありますね。
詳しくはあの方のご教授で詳しくご説明があると思います。
ではよろしくお願いします。
    • good
    • 6

まあ、パタゴニアはやめたほうがいいとおもいます。

日本の調査捕鯨船を襲うグリーンピースなどのカルト団体のスポンサー企業ですからね。1~2万円出して調査妨害の協力しても意味は無いと思いますよ。
    • good
    • 22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング