『忠犬もちしば』のAIを育てるとグッズが貰える!>>

こんにちは。
テレビの通信関係については全くの無知なので、
投稿させていただきました。よろしくお願いいたします。

海外にすむ友人より依頼を受けました。
現地でBBCやCNNの放送を視聴したいので、アンテナ等の設備を整えて
ほしいとのことです。いま友人は日本に滞在しており、数日後の帰国
までに日本製のアンテナを購入することを希望しています。
ちなみに、使用するテレビはBS対応のチューナーがついていません。

考えられる方法としては
(1)外付けのチューナーと110度CSアンテナを購入する
 -しかし、チューナー製造会社に問い合わせたところ、
  チューナーやアンテナは日本向けに作られたものであった、
  海外に持っていって使うことは不可能だと言われてしまいました…
☆日本のチューナー,アンテナを海外で使うことは無理なのでしょうか?

(2)インターネットで衛星放送がみられるPCを購入する
 -しかし、現地のネットはとても遅いようで、対応するのは難しいと 思われます。

なんとかして海外でBBCやCNNを見れる環境にしてあげたいと思うので
すが、どのような方法がベストでしょうか?現地はインフラもしっかり
整備されていない状況なので、もちろんインターネットプロバイダーの
機能を果たすものは充実していないことと思われます。
日本でアンテナ等を購入し、現地で活かせる方法を教えてくださる方、
どうかよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>(1)外付けのチューナーと110度CSアンテナを購入する


>ちなみに地域は中央アジアです。

該当の地域の「TVの方式」が
http://e-words.jp/p/r-tvsystem.html
の表の「NTSC方式」ではない場合、どんなに大きなアンテナ、チューナー装置を持って行った所で、一切まったく何も映りません。

何故なら、チューナーから出てくる「NTSC方式のTV信号」を「テレビが映像化できない」からです。

どうしても、と言うなら「巨大な日本用アンテナと、日本用チューナーと、日本用テレビ」をセットで準備しないとなりません(コンセントの電圧が100Vじゃない場合、変圧器も必要)

もちろん、この「日本用テレビ」は、衛星受信専用になってしまい、現地のテレビ放送は映せません。
    • good
    • 0

>現地でBBCやCNNの放送を視聴し


一応、衛生放送の場合には、大気圏散乱波を使って受信する方法があります。ただし、衛生のアンテナの関係で日本国内にほとんどが届くようになっていますので、台湾・韓国・台湾よりの中国・日本海沿岸のソ連に限られます。
アンテナの低価格なものは
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%B5%B7%E5% …
より
http://www.kontec.com/cstv/antenna.htm
等があります。日本の放送を行っている衛生放送衛生の軌道がどこにあるのか、
http://www.tohoku-satellite.jp/satellite/kaigai_ …
周波数がいくつで、どの市販海外向けアンテナで受信可能な周波数帯にあるのか、を調べてください。
ミリ波帯のアンテナで、なるべく巨大なアンテナ(巨大なほうが弱い電波を受けやすい)を購入することになるでしよう。
適当な増幅器と適当な受信機が必要です。有料放送の場合には、送られてくる電場の中に受信停止信号が含まれていますので、代金の支払契約の手続きも忘れないでください。
BCL関係用語が分からないのであれば、BCL関係の知識を現地語で学んでから購入しても遅くはないと思います。
保守の関係が有りますから、アンテナの設計程度ができる知識が必要です。

BBCの短波放送に限っては下記参照
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa697735.html
CNNの放送は下記参照
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4713936.html

短波は
http://waga.nikkei.co.jp/hobby/hobby.aspx?i=MMWA …
神田に出かけることが出きるのであれば、オヤイデあたりで、エナメル線を5-10kgぐらい(100m以上)買って持ちかえれば、現地で短波の1/4波長か1/8波長の逆Lアンテナを立てられるでしょうから短波の受信はある程度安定するでしょう。

最後に電源に気をつけてください。日本の電源は、
50HZ又は60HZで
公称値100V 、95-105Vの範囲で受電可能。
欠相がほとんどない
という、世界でもまれに見る環境にあります。100Vなんて使っているのは日本ぐらいですから。
すると、現地で電源コンセントに日本で買った家電製品を差し込んだとたん、爆発炎上する(ブラジルの高名な音楽家が来日公演の土産として持ちかえったTV受信機をブラジル国内で使用した結果、出典は音楽関係バラエティ放送)なんてことがおこりますので。

知識がない一般人に対しての回答としては「信頼できるのは、電池式に限る」です。だから、電池式の短波ラジオをすすめます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>usokokuさん

ご丁寧に返信いただきありがとうございました。

詳しいご説明いただき嬉しい限りです。
いろいろと調べてみたいと思います。

お礼日時:2009/11/26 17:35

地域を書かないと回答が付きにくいと思います。


日本に向けられた衛星の放送を海外で受信できないことはないですが、それなりの設備(大型のアンテナなど)が必要になります。
たとえば日本で米国のいくつかの衛星放送を受信しようと思うと、1m以上の直径のパラボラが必要だったりします。

また国によっては放送方式が違うので、日本製のチューナを接続してもテレビに画像が出ない場合があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>MOMON12345さん

返信いただきありがとうございます!
大型の設備が必要になるのですか…

ちなみに地域は中央アジアです。

なにか新しい情報がありましたら、また教えてください。
よろしくお願いいたします。 

ご丁寧に返信いただきありがとうございました。

お礼日時:2009/11/26 16:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外でBSデジタルは受信できますか?

現在、仕事の関係でタイに住んでいます。
こちらではNHKワールドくらいしか日本語放送を見ることが出来ず困っています。
BSデジタルの通信衛星は赤道近く上空にあると聞いたのですが、それは日本に向けて電波を飛ばしていてタイからでは受信は不可能なのでしょうか?
分かる方いらっしゃったら、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記サイトをご覧になっていただきたいのですが、
BSデジタル放送を受信するためには、
北京でも7m程度のアンテナが必要だそうです。

基本的に日本国内をサービスエリアとした放送ですので、
残念ながら海外での受信は想定されていません。


一般家庭での受信を考えると、近隣の台湾や韓国周辺でないと難しいと思います。

参考URL:http://www.chinasakura.net/sat/index.php

Q米軍基地向けのテレビ放送を見る方法

最近知ったのですが、米軍基地に近いところに住んでいると、基地家族向けのテレビ(AFN)が受信できることがあるそうです。日本では見られない米国のドラマなどが見られるのなら、ぜひ私も試してみたいのですが、周波数、基地からの距離、アンテナの方向など、具体的なアドバイスをいただけると嬉しいです。

ちなみに、私は横浜市の南部に住んでおり、最寄の基地は横須賀基地です。

あと、気になるのが「違法性」なんですが、AFNラジオが聞けるのなら、テレビもOKですよ……ね?

Aベストアンサー

残念ながら横浜ではAFNテレビを視聴する事は出来ません。
横田基地内のAFNテレビはいわばケーブルテレビですので。

AFNテレビが視聴できるのは沖縄県の嘉手納基地周辺だけです。
(ただ出力がべらぼうに高いので、「沖縄本島の大半で視聴出来る」と言った方がいいかも?)
チャンネルはアメリカ方式の8chで、これは日本方式の6chに相当します。

また、山口県の岩国基地周辺や青森県の三沢基地周辺でもAFNテレビが放送されていますが、
使用しているチャンネルがアメリカ方式の66chと、日本方式の62chよりも高い周波数で放送されているため、
一般的な日本国内仕様のテレビでは受信は出来ません。

QBSアンテナの大きさによる雨対策の効果

 雨対策として、大きいサイズのBSアンテナを設置しようと思うの
ですが、BSデジタル受信に関し、アンテナのサイズにより、どの程
度の効果があるか、何か数値あるいは目安はありませんか?

 例えば、どの程度の強さの雨まで受信できるようになるか(例えば
50cmなら1時間に20mmあたりからブロックノイズが乗り始め
るけど75cmなら40mmからだとか)、あるいは、年間平均受信
可能(不可能)時間(例えば45cmだと東京で年間平均100時間
くらい見られないけど1mなら10時間だとか)、といった情報があ
るとありがたいです。

 数字がなくても、経験豊富な方の勘も歓迎します。

 因みに、山梨県の谷間に住んでおり、BSしか映りません(地デジ
は全く受信不可、地アナは一部CHのみ何が映っているかやっとわか
る程度、ケーブルや光は来ていません)。
 強い雨の日には、何も見られなくなってしまいます。また、BSだ
けだと再放送がない番組が多く、放送時に雨だと見逃してしまうこと
にもなります。今年、篤姫は2回録画できませんでした(後刻のBS102
では録りましたが)。
 家庭での使用ですが、効果が期待できるなら、少々の無理はする
(大きなものを付ける)つもりです。鉄筋コンクリートの堤防状構造
物にアンカー打ち可能。

 雨対策として、大きいサイズのBSアンテナを設置しようと思うの
ですが、BSデジタル受信に関し、アンテナのサイズにより、どの程
度の効果があるか、何か数値あるいは目安はありませんか?

 例えば、どの程度の強さの雨まで受信できるようになるか(例えば
50cmなら1時間に20mmあたりからブロックノイズが乗り始め
るけど75cmなら40mmからだとか)、あるいは、年間平均受信
可能(不可能)時間(例えば45cmだと東京で年間平均100時間
くらい見られないけど1mなら10時...続きを読む

Aベストアンサー

書き込み拝見しました。私も気になりまして、大きな図書館で資料を探して見ましたら、だいぶ目当ての情報を探せました。

降雨量・降り方・降雨減衰量・東京での最悪月時間率(東京で雨の多い月で、その月の総時間数をその雨の降り方になる時間で割ったもの。その強さの雨になる確率と読んでください)と並べると、
15mm/hr 中降り 2dB 1.0%
30mm/hr     4dB 0.3%
45mm/hr 大降り 6dB 0.18%
60mm/hr どしゃ降り 8dB 0.1%
70mm/hr       11dB (これ以上の雨の数字はありませんでした)
ということでした。どしゃ降りなら最悪月に0.7時間という確率ですね。

そのどしゃぶり60mmのときの降雨減衰が8dB。一般的な45cmアンテナをベランダに出して、そのベランダで受信した時のC/N比が控えめで18dB(電波の強い大阪で理想的な状態なら20~22dB)くらいですから、この雨だとBSアナログ放送で画面がざらっぽく、わずかにノイズらしいものが見える状態でしょう。BSデジタルだとまだ耐えてくれるので(C/N比で7~9dBを割ると受信不能に)、45cmアンテナだと「1時間に70mmから80mmくらいの雨までが受信限界」といったところでしょう。

マスプロの現行製品で、東京(山梨でもそう差はありません)で受信した際の予想C/N比を参考までに計算すると
BSC-45R(45cm径・1万円くらい) 22.19dB
BSC-60RG(60cm・72600円) 24.49dB
BSC-100RG(100cm・152000円) 28.49dB
BSC-120RG(120cm・206000円) 29.59dB
45cm径で70mmの雨がギリギリなら、100~120cm径で100mmの雨ならギリギリ、と考えていいのでは。(計算に使った衛星の輻射電力に少し古い数字を使ってますので、実際はもう少し、各サイズとも良い結果になるかと)

雨による受信障害の影響は、その土地の雨の降り方(一時にどかっと降る地域や長い時間降り続く地域では、受信障害の出方が大きく違う)を統計的に処理して判断する必要があるとのことで、私がさぐった本では東京や名古屋・大阪といた限られた数字しかありませんでした。NHK放送技術研究所のまとめた、もう少し直感的な数字で「雨で受信できない状態が5分以上続く回数」というのがあって
東京-50cmで年14回 60cmで9回 75cmで5回
だそうです。(この数字はアンテナのコンバーターが古い時代のものなので、現行の製品なら各サイズでもっと回数は少ないでしょう)

最新のB-SATの受信にかかわる資料が探せなくて、古いBS-3あたりの数字を使い、アナログ受信に必要な厳しい条件で計算しています。毎時間降雨量にして15mmの差(70mm/hrから85mm/hrといったように)を埋めるのに、アンテナサイズで20cmは大きくしたい...それには数万円の差が...ということで、かなり選択に迷いたくなる数字です。CSデジタル放送が始まる前に日本や海外の通信衛星を受信するために苦労した方の感覚がちょっとだけわかりました。

45cm径がケーブルつきセットで1万円しない価格で量販店に並んでいるのを見た後で120cm径の価格と性能差を見ると、「うーん」とやられる方が多いでしょう。アルミで安く成型され、数が出るので量産されている製品と、そう数の出ない製品を精度の高い成型をFRPで作ってという部分で「比べるのが無理」というのはありますが...。アンテナを検討されるときには本体の価格だけでなく、アンテナを支える基台にも予算を割り当ててください。コンクリート上にアンカーが打てるとのこと、120cmだと風速40mで200kg近くアンテナを支える台に負担がかかりますので、いい基台をおごってあげてください。

あとケーブルですが、送信の出力が高いBSで、10mくらいの最短距離で分配もせずに使うのであれば、5C-2Vでも問題ありません。教科書的には「損失の低いケーブルを」なのですが、BSの場合受信レベルが十分で、短距離ならグレードの低いケーブルの損失を差し引いてもまだマージンがあることが多いです。「目的の信号をノイズとより分ける」「目的の信号を受信に必要なレベルまで高める」というアンテナの2大機能からいうと、BSでは「必要なレベルまで高める」のは市販されているアンテナを説明書どおり組み立てれば十分得られるのですが「ノイズとより分ける(C/N比の問題)」は今回の雨のように問題になりやすいです。必要ならブースターを使える「必要なレベルまで高める」問題に比べて「ノイズとより分ける」作業は、アンテナの性能を高める(この場合は口径をあげる)以外に方法がありません。

大口径のパラボラアンテナは、海外の衛星を受信するためのものを販売している店がいくつかありまして(大阪のセブロン電子とか...まだ営業してるだろうか)それにBS用のコンバーターをつける手があります。ただし「口径はあるけど精度がなく、コンバーターに電波が集まらない」製品もあるので、国内メーカーのERP製で選ばれるといいですよ。

長文失礼しました。いやー勉強になった(回答打ってるほうが)

書き込み拝見しました。私も気になりまして、大きな図書館で資料を探して見ましたら、だいぶ目当ての情報を探せました。

降雨量・降り方・降雨減衰量・東京での最悪月時間率(東京で雨の多い月で、その月の総時間数をその雨の降り方になる時間で割ったもの。その強さの雨になる確率と読んでください)と並べると、
15mm/hr 中降り 2dB 1.0%
30mm/hr     4dB 0.3%
45mm/hr 大降り 6dB 0.18%
60mm/hr どしゃ降り 8dB 0.1%
70mm/hr       11dB (これ以上の雨の数字はありませんでし...続きを読む

Q海外での日本の衛星放送視聴について

日本の衛星放送(NHKアナログ・BSデジタルなど)は、韓国などの日本近隣の地域で受信することは可能なのでしょうか?もし出来るのならば、
○日本で市販されているアンテナでもOKなのですか?
○画質はどの程度ですか?
○NHK受信料は? など・・・
教えてください!

Aベストアンサー

はじめまして

少し古い資料ですが、

海外で受信出来る日本語衛星放送一覧です。↓

http://www.chinasakura.net/sat/001.htm

上記URLと衛星の関係から、BSアナログはBSAT-1a・1b、BSデジタルは、BSAT-2cからの表を見るようです。下記が衛星とチャンネルとの関係です。↓

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kazu_f/digital-sat/trapon-bsat.html

韓国でのパラボラアンテナ直径例は、のっていないのですが台湾または、中国の近郊あたりが参考になると思います。

日本国内でのメーカーカタログの一例では、120cmまでのっていました。(国内の標準的なサイズは45cmクラス)

http://www.maspro.co.jp/web_catalog/search.php?cat=1_2&page=34-39&dp=2

海外受信は、ノウハウと各国で規制があるようですので、下記URLが参考になると思います。

参考URL:http://www.chinasakura.net/sat/rule.php

はじめまして

少し古い資料ですが、

海外で受信出来る日本語衛星放送一覧です。↓

http://www.chinasakura.net/sat/001.htm

上記URLと衛星の関係から、BSアナログはBSAT-1a・1b、BSデジタルは、BSAT-2cからの表を見るようです。下記が衛星とチャンネルとの関係です。↓

http://www5e.biglobe.ne.jp/~kazu_f/digital-sat/trapon-bsat.html

韓国でのパラボラアンテナ直径例は、のっていないのですが台湾または、中国の近郊あたりが参考になると思います。

日本国内でのメーカーカタログの一例で...続きを読む


人気Q&Aランキング