つまらない質問で申し訳ありません。
モーフィアスとネオが戦う場面のセットに掛軸があるのですが、その掛軸に書いてある文字の意味がわかりません。漢字のような気がするのですが...

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

すみません。

補足です。
勝速日の意味を調べてみました。
先の方のおっしゃる通り合気道のことばで
「かつはやひ。実践の場においてはいっさい遅疑逡巡することなく一瞬にして相手を制すべき機先の動のことをいう。」
のだそうです。
ところで日本に「勝速日神社」ってあるんですね。関係ないですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「かつはやひ」の意味まで調べていただき感激です。
映画の内容に関係する言葉だったのですね。
疑問がすっきり解決したので、今一度マトリックスしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/23 19:38

すでに回答が出ていますが、「勝速日」です。

「かつはやひ」と読みます。合気道の用語です。
スクリーンプレイ出版社から出ている『マトリックス』を読むと、その意味も書いてあります(今は手元にないのでわかりません)。この本はおすすめです。そのほかにもいろいろとおもしろいマトリックスの裏話(?)が楽しめますよ。

参考URL:http://www.screenplay.co.jp/sp_series/matrix.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「かつはやひ」なんて言葉はじめて耳にしました。
どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/03/23 19:32

「勝速日」と書いてあったと思います。


意味はそのままでしょう。
一度しか観てないので間違ってたらごめんなさい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネオの戦う動機

こちらの都合上すばやいレスは必ずしも保証できませんので、一週間くらいレスがなくても不満を覚えない気長な人だけお答えください。

「マトリックス」という映画で、主人公のネオがモーフィアスたちのために戦う動機が見えません。
個人的には寝返ったサイファーのほうが動機的にまともに思えます。
確かにザイオン(でしたっけ? マトリックスに敵対している人類は)側の人間には戦う動機があります。コンピューターを殲滅しなければ、(彼らにとって潜在的脅威である)自分たちが滅ぼされてしまうからです。そのように解釈できます。
しかしマトリックスの電池にされている「家畜」側の人間としてはどうでしょうか? なにも強制労働させられているわけではありません。現実の肉体はともかく、精神的にはまともな一生を送れるのです。不満は、マトリックスに属していたほうが少ないはずです。
ネオに限らず、「元家畜」側の人間は皆そのはずです。そしてこれから「無理やり」解放されてしまうであろう人々も。モーフィアスのしていることははっきりいっておせっかいであり、マトリックス側がわざわざ宣伝するまでもなくテロリストであり、自分たちの生活を脅かす敵である、というように感じられると思います。

あるいはネオは、ザイオン側の人間たちに「消される」ことを恐れたのでしょうか? サイファーの裏切りは命がけなわけで、ならばその勇気がないものはしぶしぶ「粛清」を恐れてザイオン側につくでしょう。
しかしそのような消極的協力であれば、ラスト、ネオが命がけでモーフィアスを救う理由がわかりません。
なぜネオは「自分をこんな劣悪な環境に追い込んだ」元凶たるモーフィアスをわざわざ救おうと思えるのか。

ネオの動機が見えません。彼にどのような心理が働いたと考えられるか。どなたか教えてください。

こちらの都合上すばやいレスは必ずしも保証できませんので、一週間くらいレスがなくても不満を覚えない気長な人だけお答えください。

「マトリックス」という映画で、主人公のネオがモーフィアスたちのために戦う動機が見えません。
個人的には寝返ったサイファーのほうが動機的にまともに思えます。
確かにザイオン(でしたっけ? マトリックスに敵対している人類は)側の人間には戦う動機があります。コンピューターを殲滅しなければ、(彼らにとって潜在的脅威である)自分たちが滅ぼされてしまうからで...続きを読む

Aベストアンサー

「風の谷のナウシカ」のコミックスはお読みになりましたか?
表面上平和で健康に暮らせるとしても、
死を自分の手で選ぶ事ができない事は、
やはり幸せとは言えないというメッセージを感じました。
辛くても、苦しくても、自分の力で生きてこその自分の存在。
それを求めてるんでしょうね。

・・・ザイオンは(笑)
ネオは、そうですね。
ようするに、軽く洗脳されたようには思います。
さらに恋をした事で、ザイオンの主張に強く同意するようになったのは明白です。
どちらかと言えば、個人的に、「彼女との幸せを願っている」、というほうが、納得がいきますよね。

まあ、そういった導入部があって、
次第に自分の考え方も、ザイオンの思想に同調するようになったのでしょう。
導入部がどうであれ、自分の主張にもなっていることは確かです。
好奇心も影響しているでしょうね。
途中まで足を踏み入れて、あれだけの好待遇ですし、
さらにメシアまで言われて、
特に男性ならば、ちょっとその気になってもムリないです。(夢ないですね・・・)

主に、彼の中には、そういった経過を経て、
個人間に芽生えた、
愛情、友情、そして憎しみの方が、主にが原動力になっているように思います。

・・・言われてみれば・・・そうだなあ、と、いまさら思ってしまいましたが・・・

「風の谷のナウシカ」のコミックスはお読みになりましたか?
表面上平和で健康に暮らせるとしても、
死を自分の手で選ぶ事ができない事は、
やはり幸せとは言えないというメッセージを感じました。
辛くても、苦しくても、自分の力で生きてこその自分の存在。
それを求めてるんでしょうね。

・・・ザイオンは(笑)
ネオは、そうですね。
ようするに、軽く洗脳されたようには思います。
さらに恋をした事で、ザイオンの主張に強く同意するようになったのは明白です。
どちらかと言えば、個人的に、「...続きを読む

Qモーフィアスのサングラス

マトリックスに出てくるモーフィアスのサングラスは
売っているのでしょうか?
構造は鼻に挟んでいるの?

Aベストアンサー

いろんな眼鏡屋さんのサイトで取り扱ってるみたいです。
以下のURLは、その中のひとつですが。。。

参考URL:http://www.kyoto-net.com/opt/MATRIX-MORPHEUS.html

Q思春期に観た映画を再度観ると感動できなくなった..........

20年前位観た感動作ヘップバーン作品を今観なおすと感動できなくなったのです。当時私はヘップバーンに一目ぼれし作品を観ては泣いていたものです。初めて観た作品は「ローマの休日」ですが、今観なおすと普通のラブストーリーにしか見えません。

当時はヘップバーンに盲目していたので、あの美しさのみに感動していたのではないかと考えています。また大人になるにつれ現実を知りすぎてあのころの純粋さがなくなったのでしょうか?

「ティファニーで朝食を」もそうです。今観ればファッションと排他的生活観を前面に押した作品にしか見えません。当時は理解してなかったのですが、ヘップバーンは娼婦役だったんですね。あの偏見的な日本人役も癇に障ります。

皆さんこの様な経験ありませんか?

Aベストアンサー

年をとったって事ですねよね
まぁ、そんなに悲観的に考えなくても良いのではないでしょうか。それだけ自分の経験値が上がったということなんですから。
当時感動したということは、その当時は感情移入できたということですよね!それが今は冷静に見れてしまうということでからね。
特に青春ものなんかは当時は共感してましたが、今では懐かしいですもの。
でも、何度観ても泣いてしまう作品もありますよね。
私は『ほたるの墓』は何度観ても泣きます。だからもう見たくないんですが、TVでやってるとどうしても見ちゃって、それでまた泣きます。こういう作品は自分にとって本当にすばらしいものなんでしょうね。

Q頭脳戦 知能戦 大どんでん返し この要素を含む映画

頭脳戦 知能戦 大どんでん返し この要素を含む映画

最近映画にはまってしまい、
色々なジャンルを試してみてきたのですが
自分の中で上記の3つの要素があるの作品が見ていて時間を忘れてしまう程楽しめました。
その中でも「インセプション」はかなり強烈で印象的でした。


ショーシャンクの空に
アザーズ
スティング
オーシャンズ シリーズ
ユージュアル・サスペクツ
シークレットウィンドウ
デスノート
ハイドアンドシーク

が友達に紹介されて見た何本かの中で特におもしろかった作品です。

なのでぜひ、
頭脳戦 知能戦 大どんでん返しのいずれかがある映画をおすすめしてください。
よろしくお願いします。

ソウ
キューブ
などのちょっとグロテスクな作品は後味が悪いといいますか気持ち的に沈み感があるので遠慮したいです。
爽快感のある最後に「やられたー!!」「すごい!!」と思わされてしまう作品を教えてください。

Aベストアンサー

頭脳戦、知能戦、大ドンデン返しの3つを含めた作品なら、スパイク・リー監督の『インサイト・マン』がお勧めです。

 過去の名作ですがビリー・ワイルダー監督の『情婦』もこの3つが入っています。

 エロ・グロが強烈ですが大ドンデン返しといえばミッキー・ロークとロバート・デ・ニーロ共演の『エンゼル・ハート』。今のどんでん返し系の映画は全てこの映画が基になったいると思います。

 他に『インセプション』が良かったのなら、クリストファー・ノーラン監督作品をお勧めします。
 『フォロウィング』『メメント』『プレステージ』の3作品は面白い。

 とりあえずこれだけ。
  

Q「存在の耐えられない軽さ」と言う映画のdvdが欲しいのですが........。

「存在の耐えられない軽さ」と言う映画のdvdが欲しいのですが、ネット通販で探してみても見当たりません。どこで売っているか教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

#1のRikosです。

この映画のDVDは、2003年6月3日発売予定ですので
どこのサイトでも、予約のみのようですよ。

http://store.yahoo.co.jp/digiconeiga/dl-36226.html

http://www.whv.jp/database/database.cgi?cmd=dp&num=1026&UserNum=&Pass=&AdminPass=&dp=

参考URL:http://store.yahoo.co.jp/digiconeiga/dl-36226.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報