もうすぐ入院する予定です。
入院中にヒマな時間に読書したいのですが
日ごろから活字中毒というくらい読書していて
好きな作家の作品はほとんど読んでしまいました。
以下の作家から好みがわかるかと思いますが
類似した作風の作品や作家さんお勧めを教えてください。
また速読なほうなので分厚いものや上下巻など読み応えのあるもの
シリーズものなどが好みです。

・東野圭吾
・乃南アサ
・和久俊三
・高野和明
・夏樹静子
・渡辺純一(医学物のほう)
・西村京太郎
・松本清張
・横山秀夫
・内田康夫
・篠田節子
・小池真理子
・折原一
・笹沢佐保
・瀬戸内晴美
・鈴木光司
・高村薫
・平岩弓枝
・三浦綾子
・宮部みゆき
・雫井脩介

中でも好みなのは、乃南アサの音道シリーズ、東野圭吾、宮部みゆき、あたりです。

苦手なものは海外のもの、舞台が外国のもの、時代もの、です。
島田荘司の御手洗シリーズ、有栖川有栖さんの作品はあまり好きではなかったです。

森博嗣氏はシリーズもの(S&MやV)はどの作家さんに近い作風でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

篠田節子さんの「仮想儀礼」は読まれましたか?


上下巻で、それぞれがかなり厚いので読み応えはありますよ。
http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E5%84 …
http://www.amazon.co.jp/%E4%BB%AE%E6%83%B3%E5%84 …

文庫の方が宜しければ
吉田修一 著 「悪人」(上下)などはいかがでしょう?
http://www.amazon.co.jp/%E6%82%AA%E4%BA%BA-%E4%B …
http://www.amazon.co.jp/%E6%82%AA%E4%BA%BA-%E4%B …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

両者ともリンクを見てきました。
両方とも私の好みのようです!!

篠田節子のものはだいぶ読んでいますが
面白いものと、暗い感じのものとありますね。
これは面白そうです。
まだ新書しかないようなので荷物になるので文庫が出るのを待ちます。

今回は吉田修一のほうを買ってみます!!
面白そうな本をゲットできると考えるだけでワクワクします。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/09 21:41

こんばんわ、長めでしたら、


酒見賢一「陋巷に在り」はいかがでしょう?
 中国ものですが、13巻あります。
 孔子がサイキックバトルやっちゃいます。
 
    • good
    • 0

かなり読んでしまっているようなので


外国物は苦手とのことですが
カズオ・イシグロさんなんてどうでしょうか。
日系英国人です。
    • good
    • 1

黒木亮 「巨大投資銀行」、「エネルギー」


池井戸潤「空飛ぶタイヤ」、「鉄の骨」
垣根涼介「ワイルド・ソウル」、「ゆりかごで眠れ」
白石一文「この胸に深々と突き刺さる矢を抜け」、「一瞬の光」
天童荒太「永遠の仔」、「家族狩り」
真保裕一「栄光なき凱旋」
山崎豊子「二つの祖国」

有名な作家ばかりですが、どれも長めです。

この回答への補足

情報ありがとうございます。

それぞれの作品を調べてみました。
ひょっとして回答者様は男性かな?


天童荒太はいくつか読んでますが教えていただいたものはまだ読んでいませんでした。あらすじを見て、とても興味がある内容ですので
これはぜひ読んでみたいと思います。
「家族狩り」はオークシヨンで安く出ていたので早速落札してきました。

ありがとうございました。

補足日時:2010/01/09 22:18
    • good
    • 0
この回答へのお礼

来週の頭から入院します。
「家族狩り」オークションで買い、入院までとっておこうと思ったのですが、読み始めたら止まらなくなり、ぜんぶ読んじゃいました!
すごく面白かったです。

お礼日時:2010/01/22 23:31

これだけ読書歴があるならば、新しいジャンルにチャレンジしましょう、時間もあるようだし。



瀬戸内ならば、晴美でなくて寂聴「源氏物語」けっこう長いし、時代物ですが、平安時代のものは江戸期のものと違って、楽しいかも知れない。

ほかには、たとえば、村上春樹全作品、三島由紀夫全集、太宰治全集、芥川龍之介全集、宮沢賢治全集などに、手を染めると、読む楽しみ以外に、考える楽しみが身に付くかも知れない。

読むのも財産だけれど、考えるのはまた次元の違う財産を形成します。

あなたの期待した回答とは違うかも知れないけれど。

この回答への補足

ありがとうございます。

瀬戸内寂聴になっての作品もいくつか読んだのですが、どうもやはり好みでなくて・・・

村上春樹もわりと読んだのですが何が面白いの?という感想なんです。ごめんなさい。

太宰治、芥川龍之介、宮沢賢治は学生のころにほとんど読破してます。

時代物や翻訳物、さまざまなジャンルを読んできてます。

いろいろな分野に手を出してみて、やはり時代物、翻訳物は今ひとつ楽しめなかったんです。
といいつつ、アガサクリスティやパトリシアコーンウェルは全部読みましたけど・・・(^^ゞ

ありがとうございました。

補足日時:2010/01/09 22:10
    • good
    • 0

No.3です。



伊坂幸太郎
「重力ピエロ」
「アヒルと鴨のコインロッカー」
「オーデュボンの祈り」
あたりが有名でしょうか。他にもいろいろ作品があります。
今気づいたのですが(質問文をちゃんと読んでいなくて申し訳ないです)、伊坂幸太郎は島田荘司の影響が大きいとのことですので、作風が好みに合わないかもしれません・・・

海堂尊は田口・白鳥シリーズが有名です。
「チームバチスタの栄光」
「ナイチンゲールの沈黙」
「ジェネラルルージュの凱旋」など。

乾くるみは「イニシエーションラブ」が一番有名です。
私は騙されましたが(驚きました)、話自体はありふれた恋愛ものなので好みではないかも・・・
「リピート」もおもしろかったです。

歌野晶午は「葉桜の季節にきみを想うということ」が有名。騙されました(笑)
個人的には「家守」が好きですが短編集ですね・・・
信濃譲シリーズもあります。(殺人事件もの)

多島斗志之は「黒百合」がこのミスで10位以内を取っていたように思います。
私も外国と時代ものはどうしてもダメだったのですが、不思議と多島作品の場合違和感なく読めます。
「海賊モア船長の遍歴」なんかは時代もの&外国が舞台で苦手2拍子の設定なんですけれど、なんの抵抗もなく楽しく読むことが出来ました。

更に個人的な趣味で・・・
逢坂剛「百舌の叫ぶ夜」
荻原浩「噂」
天野節子「氷の華」
五十嵐貴久「誘拐」
なんかもおもしろかったです。

私はお恥ずかしながら本読みだしたのがここ2~3年のことです。
作家さんやシリーズを読むのではなく、おもしろい作品重視で読んでいます。
質問者様の読まれている数がものすごく多いので、逆にお勧め作品を教えて頂けないでしょうか・・・

この回答への補足

再度のお返事ありがとうございます。

伊坂幸太郎はいろいろ調べていますと
わりと人気のある方のようでオフィシャルHPを見たりしていましたが
作品間でリンクされてるものなど多いようですね。
島田荘司の作風と似ているとなるとちょっと好みではないかも・・・

海堂尊もHPを見てきました。
ドラマにもなったやつですね。
これは読んでみたいです。(^。^)

乾くるみ、歌野晶午、の「騙されました」ってやつ
読んでみます。私も騙されたいです(笑)

>質問者様の読まれている数がものすごく多いので、逆にお勧め作品を教えて頂けないでしょうか・・・

乃南アサの「風紋」上下「晩鐘」上下 (晩鐘は風紋の続編のようになってます)

同じく乃南アサの「音道貴子シリーズ」で
1.凍える牙(直木賞受賞)
2.花散る頃の殺人 これは短編集
3.鎖 これは必読。最初に凍える牙を読むべし
4.未練 これも短編集
5.嗤う闇 これも短編
6.風の墓碑銘 長編
これは短編は略してもOKです。

東野圭吾も人気作家で、ガリレオはドラマなどになってますが
私は「手紙」「秘密」あたりがお勧めです。

他に夏樹静子「量刑」も良かったです。

真保裕一の「奪取」上下、「誘拐の果実」上下も楽しめました。

補足日時:2010/01/09 21:45
    • good
    • 0

山崎豊子、三浦綾子

この回答への補足

山崎豊子は「沈まぬ太陽」「白い巨塔」「不毛地帯」は読みました。
三浦綾子はほとんど読んでしまいました。
山崎豊子著で他にお勧めの作品があれば教えてください。
よろしくお願いします。

補足日時:2010/01/09 01:54
    • good
    • 0

貫井徳郎


桐野夏生
多島斗志之
乾くるみ
横溝正史
海堂尊
伊坂幸太郎
歌野晶午

・・・あたりはどうでしょうか。
個人的には多島斗志之が一番好きです。

最近私が読んだ長編は福井晴敏の「亡国のイージス」です。

この回答への補足

貫井徳郎は「慟哭」と、「症候群シリーズ」は読みました。
桐野夏生は、「OUT」や「リアルワールド」、「残虐記」、「柔らかな頬」、「グロテスク」、「水の眠り灰の夢」を読みました。
多島斗志之は、「症例A」を読みました。
横溝正史は若いころに殆ど読みました。
その他の紹介された作家さんは未知のものです。
福井晴敏の「亡国のイージス」、「Twelve Y.O.」、「終戦のローレライ」は読みました。
ご紹介いただいた作家さんでまだ私の未読のものでお勧めの作品はありますか?
また私の未知の作家さんのものでまずはこれがお勧めという作品は何でしょうか?
引き続き教えて頂けると幸いです。

補足日時:2010/01/09 01:40
    • good
    • 0

「屍鬼」(小野不由美・新潮文庫)がおすすめです。

村にやってきたよそものの一家は、おかしな力を持っている?という疑いから始まります。読みごたえはばっちりなのに、読む始めたら止められなくてついほぼ徹夜してしまったほどでした。この作者は十二国記などのファンタジーも書いていますが、これは現代日本が舞台のものなので、一般小説として楽しめると思います。

この回答への補足

情報ありがとうございます。
早速検索してみたらハードカバーで上下巻、文庫本で1-5巻と
とても読み応えがありそうなので
早くもネットで購入手続きしました!

補足日時:2010/01/09 01:38
    • good
    • 0
この回答へのお礼

1巻から5巻まで揃いました。
来週から入院します。
この本5冊持っていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/01/22 23:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東野圭吾さんレベルの作品・作家を教えてください!

昨年会社を退職し、自由時間ができたので読書に没頭しています。
といっても作家及び作品に対する情報は乏しく、とりあえず話題の方の本を読んでいます。

東野さんの中では特に下記4つが好きです。
「白夜行」「幻夜」
「パラレルワールド・ラブストーリー」
「時生」

ワクワク・ハラハラするもの、意外性のあるものが好きで、おまけに感動がついてきたら最高です(パラレル、時生は感動しました。でも「秘密」「分身」はあまり好きではありません)。
上記4つが好きならコレも好きだろう!と思われる作品を教えて頂けませんか?

また、色んな方の作品を読んでみたいので、オススメの作家さん・作品を教えてください! 
短編集ではなく長編がいいです。文庫本で出ているもの希望です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も東野さんの以上の作品が好きです。
他の方もおっしゃってますが、森博嗣さんの「すべてはFになる」からは一気に読みました。
以下に挙げます。

・乃南アサさん「結婚詐欺師」
・宮部みゆきさん「魔術はささやく」「レベル7」「龍は眠る」「火車」「鳩笛草」「クロスファイア(鳩笛草の続編)」
・桐野夏生さん「OUT」(映画化)
・横山秀夫さん「半落ち」(映画化)
・真保裕一さん「ホワイトアウト」(映画化)「奪取」(ニセ金づくりに巻き込まれた若者たちの話で、ハラハラ+おかしさあり)
・島田荘司さん「占星術殺人事件」に始まる御手洗潔シリーズ。ミステリーという要素以外の人の心を打つような深さがある作品は「異邦の騎士」「数字錠」「最後のディナー」「最後の一球」など。ただこれらの作品はシリーズの順番に読んだほうがいいと思います。
・貫井徳郎さん「慟哭」(悲しいお話だけど先が読めずハラハラ)「失踪症候群」「誘拐症候群」「殺人症候群」3部作
・乙一さん「暗いところで待ち合わせ」(感動的な要素が強い)
・坂東眞砂子さん「狗神」(日本古来の風俗を意識した作品)
・貴志祐介さん「青の炎」(悲しく感動的)「黒い家」(映画化。社会派ホラー)「ISOLA-13番目の人格―」(ミステリー?)
・筒井康隆さん「時をかける少女」(おなじみ)「家族八景」「七瀬ふたたび」「エディプスの恋人」(七瀬シリーズ3部作)
・加納朋子さん「一番はじめにあった海」(ちょっと変わったミステリー?)

ぜひご参考までに。

こんにちは。
私も東野さんの以上の作品が好きです。
他の方もおっしゃってますが、森博嗣さんの「すべてはFになる」からは一気に読みました。
以下に挙げます。

・乃南アサさん「結婚詐欺師」
・宮部みゆきさん「魔術はささやく」「レベル7」「龍は眠る」「火車」「鳩笛草」「クロスファイア(鳩笛草の続編)」
・桐野夏生さん「OUT」(映画化)
・横山秀夫さん「半落ち」(映画化)
・真保裕一さん「ホワイトアウト」(映画化)「奪取」(ニセ金づくりに巻き込まれた若者たちの話で、ハラハラ+おかしさあり)...続きを読む

Q東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

東野圭吾の加賀恭一郎シリーズが好きな方に質問です。

新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」という一文がありましたが、これはどの本のことをいっているのでしょうか?
加賀刑事が出てくる本は全部読んでいたつもりですが、思い浮かばなくて・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も東野圭吾さんの本が大好きです。
加賀恭一郎シリーズもしっかりチェックしてます。

>新参者の最後に「加賀は警視庁捜査一課にいたが、ある殺人事件の裁判で、弁護側の情状証人として出廷したため異動させられた」

こちらの文章ですね、私も気になりました。
それで多分なのですが・・
加賀恭一郎が好きになったバレリーナのお話がありました。(眠りの森)
その好きになった女性が罪を犯してしまい、加賀さんが解決するけれど、
女性をこれから弁護して守っていく・・という流れの結末だったと思います。

それが、「弁護側の情状証人として出廷した」なのかなぁ・・と想像しました。
いかがでしょうか。

Q恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方、他に好きな作家さんは?

恩田陸さんと宮部みゆきさんの小説が好きで近頃よく読んでいたのですが、違う作家さんの本も読みたくなりました。

恩田陸さんと宮部みゆきさんが好きな方は、他に同じくらい好きな作家
さんでお薦めのものがあれば教えてください。

ちなみに恩田陸さんの作品で好きなものを上から三つあげるなら、〔麦の海に沈む果実〕、〔ネバーランド〕〔夜のピクニック〕で
宮部みゆきさんだと、〔蒲生邸事件〕〔クロスファイア〕〔模倣犯〕です。

貴志 祐介さんのクリムゾンの迷宮を読んでみようかとも思ったのですが、ゲームが特に好きというわけでもないので迷っています。

宮部みゆきさんと恩田陸さんの作品は、まだ読んでいない物もあります
が時間がかかっても読破するつもりですので、他の作家さんでお薦めな作品の紹介お願いします。

Aベストアンサー

私は野沢尚なんかも好きです。
とりあえず、「呼人」「殺し屋シュウ」あたりから始めると入りやすいかもしれません。

ちょっとほのぼの系ミステリなら加納朋子なんかも良いです。
どちらかと言うと女性向かも知れません。
「ななつのこ」「魔法飛行」「ささらさや」なんかがお勧めです。

他には、真保裕一なんかも面白い作品がたくさんありますし、
他の作家も...。
ちょっと紹介しきれないですね。

Q奥田英朗さん東野圭吾さんがスキです。似たような作家の方は?

最近また小説を読むようになりました。
以前は推理小説が好きでベタですが、赤川次郎さんや西村京太郎さんのものを良く読んでいました。
最近は、ラジオで奥田英朗さんの『ガール』が面白いと聞き読んでみたらはまりまして『インザプール』『町長選挙』など、次々に読みました。東野圭吾さんも同様にラジオのオススメを聞き読むようになりました。似たような作家のオススメの本などありましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

奥田英朗は、空中ブランコってのもあるけど。
はじめて読んだとき、篠田節子の「女たちのジハード」に似てると思った。ついでに篠田節子は初期の林真理子に似てると思った。
これくらいでヒントになるんだろうか。

北村薫の空飛ぶ馬とかどうだろう?

Q乃南アサ

音道刑事のシリーズ「風の墓碑銘(エピタフ)」は
単行本にならないのですか?
単行本になる基準とかあるのでしょうか。

Aベストアンサー

2006年に発売されたのが単行本ですね。

http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E5%A2%93%E7%A2%91%E9%8A%98-%E4%B9%83%E5%8D%97-%E3%82%A2%E3%82%B5/dp/4103710071

質問の意図はおそらく文庫本のことかと思いますが、他の作品はだいたい2年半ぐらいで文庫化されているようですから、今年の暮れ頃か来年のはじめ頃には文庫本になるのではないでしょうか?

基準とかは出版社にもよるでしょうし、また作家にもよると思いますから、一概には言えないと思います。

新潮社のサイトなどで新刊(文庫)のチェックなどをマメにしておくと、いち早く情報をゲットできるかも知れませんね。

http://www.shinchosha.co.jp/bunko/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報